八田靖彦・奇跡の言霊ブログ(旧・奇跡の占いブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 依存型結婚の哀しき結末・・・吉岡秀隆・内田有紀夫妻が離婚

<<   作成日時 : 2005/12/23 01:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 1 / コメント 0

画像倉本聰脚本「北の国から」での共演をきっかけに結婚し、芸能界でのおしどり夫婦とされていた吉岡秀隆・内田有紀夫妻が21日、離婚届を提出した。夫の吉岡は1970年8月12日生まれの三碧木星。8月12日生まれの人は伝統や格式を重んじ、愚直なまでにその維持にこだわる。家庭では意外と暴君で周囲を疲れさせる傾向。俳優の陣内孝則や元光GENJIの諸星和己、SOPHIAのボーカル・松岡充も同じ誕生日。妻の内田は1975年11月16日生まれの七赤金星。11月16日生まれの人は幼少期に不幸を抱えやすく、何事においても孤立しやすい。恋愛は起伏が多く依存型で常に欲求不満を抱える星回り。漫画家の亜月裕や漫才師のオール巨人、女優のサエコも同じ誕生日。なぜ、この2人の結婚は3年で破綻を迎えざるを得なかったのか。


九星の相性を見ると、七赤が三碧を傷つける相克関係。ウマの合う人とは積極的に関わろうとする七赤だが、基本的に人間関係が苦手でそれを三碧はやがて疎ましく感じ、離れてゆく。吉岡は名にプライドの高さが幸運に水を差す「秀」と、やはり人間関係に陰りが差す「隆」という人名に不適当な漢字を持っている。柔和な面と短気な面が入れ替わりやすい難しい生活を送る傾向が強い。しかしこの結婚は内田に問題があった。音霊「う」は“消極的で優柔不断、陰気で動揺しやすい。執念深く、好機を逃しやすい”。「ゆ」は京都の学習塾女児殺害事件でも触れたように、美貌に恵まれるも他人からの評価に傷つきやすい。私の研究だと、恋愛で深手を負ったり、結婚と離婚を複数繰り返すなどの可能性が高い厄介な音霊だ。そして名前の音霊「ゆき」は“信念をとことん貫く頑固者。根は純真だがそれが相手に伝わりにくい”。内田は陰陽の配列も吉相で総画も24の最大吉数を持っているが、NEWS未成年メンバー飲酒事件で表舞台から去ったフジテレビアナウンサー・菊間千乃と同様、姓名を構成する画数が全て吉数という女性にとって極めて凶意の強い大波乱の型となっていた。


8月12日生まれと11月16日生まれの相性は、肉体や魂の絆を強めれば結婚も上手く行く可能性が高かった。そして子どもを持つことが夫婦強化の最大の出来事であるが、この機会に恵まれなければどちらかが相手への依存を強めてしまう傾向が強い。内田は来年から2年は運気の底で、女優復帰もままならない精神状態が続くだろう。本格的な運気回復は34歳から。吉岡も来年は最も試練の年で、離婚が今年好調だった仕事にも影響を及ぼすだろう。再婚のチャンスは2009年に巡ってくる。


今回の離婚は内田の感情の鬱積によるものだが、2人とも根本的に性格が優しいため離婚後も良好な関係を保てる。展開次第では復縁の可能性も強い。しばらく離れて、お互い人間的に更に成長してから再会するのがいいだろう。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
千原ジュニアが内田有紀と・・・
千原ジュニアが内田有紀と“デート” http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070411-00000026-dal-ent ...続きを見る
今日は何あった?
2007/04/13 07:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
依存型結婚の哀しき結末・・・吉岡秀隆・内田有紀夫妻が離婚 八田靖彦・奇跡の言霊ブログ(旧・奇跡の占いブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる