八田靖彦・奇跡の言霊ブログ(旧・奇跡の占いブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ある芸人の訃報に接して・・・『一片の氷心』を胸に抱ける生き様を

<<   作成日時 : 2006/11/13 22:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

画像集中して仕事に取り組んでいると、やはり考えるのは“効率的な休憩の取り方”である。普通の方ならベランダに出てタバコでも吸うのだろうが、私は喫煙者ではない。言葉を考える作業は目を酷使するので、眼精疲労を取る意味もあってよく空を眺めては気分転換することにしている。太古の昔からおそらく変わらないであろう、しかし一度として同じ形状はありえない雲の動き。とても絵やコンピュータグラフィックでは再現できない、聖なる太陽のグラデーション。いつかは帰る“あの世”への微かな懐かしさを、私はそこに見るのである。


昼に中華丼を食べながらヤフーのニュースを見ていたら、目を疑うようなヘッドラインが。お笑いコンビ『フォークダンスDE成子坂』のツッコミ担当として活躍した芸人の村田渚が、自宅マンションで死亡しているのを発見されたという。享年35。あまりにも突然の、そして早すぎる旅立ちであった。彼らを初めて知ったのは13年前。伊集院光氏が司会をしていた、日本テレビの「うるとら7:00」という番組に出ていたのを見た時だ。当時から放送作家を志して伊集院氏のラジオ番組にハガキを送ってはよく採用されていた私だが、ボケ担当の桶田敬太郎との絶妙のコントラストに、早い段階から注目していた。


彼らがテレ朝の『ガハハキング爆笑王決定戦』やフジの『ボキャブラ天国』シリーズで注目され、将来を嘱望されながらも突然解散したのが平成11年のこと。得がたい存在感でコンビ消滅を惜しむ声は多かった。彼の芸をライブで最後に観たのは2年前。新宿明治安田生命ビルでの『ホリプロお笑いライブ』であった。車掌に扮し、山手線にある駅の特徴をダジャレを交えて紹介してゆくという一人漫談。相変わらず達者な喋りで、他の若手芸人と格の違いを見せつけてくれたのを覚えている。このすぐ後、相方の不祥事で『坂道コロンブス』を解散した松丘慎吾と新コンビ『鼻エンジン』を結成。NHKの「爆笑オンエアバトル」にも挑戦し、いよいよもう一花咲かせるかという矢先の、突然の旅立ち。連続して相方を失った松丘氏には、心から同情を禁じ得ない。


16時頃、ふらっとオフィスを出て近くの橋に行った。目の前には、あの日村田がネタで使った山手線が。そして、空には煌々と光る夕陽が、朝から昼と大活躍だった水色と出番交代の打ち合わせ中。その姿があまりにも美しかったので、思わず携帯のカメラに収めた。“あの世”と“この世”は地続きだ。あの雲の先は、天界に繋がっている。ひと足早く“あの世”へ帰った村田は、いま“この世”をどんな思いで眺めていることだろう。



盛唐の詩人、王昌齢の『辛漸を送る』という詩を引こう。



寒雨江に連なりて 夜呉に入る

平明客を送れば 楚山弧なり

洛陽の親友 如し相問わば

一片の氷心  玉壺に在りと




昨夜、あなたは冷たい雨が長江の川面に降り注いでいるこの呉の地にやってきた。そうして今朝はまた早く、洛陽へと旅立って行くのだが、あなたの行く手には楚の山がぽつんと姿を見せている。

あなたがこれから洛陽に帰って、親友たちがもし私のことを尋ねたなら、王昌齢は一片の氷が玉の壺の中にあるような、清く澄み切った心境でいる、と答えておくれ。




呉の地を“あの世”に、洛陽を“この世”に置き換えてみたい。夜、眠っているときに夢の中で逢ったあの人は、“あの世”で元気にやっていただろうか。朝、眠りから覚めて“この世”に再び戻った時、清く澄み切ったあの人の顔が、記憶の片隅に微かに残っているだろうか。



この世のことは、夢のまた夢である。


いつ、“この世”での修行年限にリミットが来るかはわからない。


しかし、いつ“あの世”へ帰ってもいいように、悔いなく誇り高い生き方をすることが肝要である。



日々の濁流に流されることなく、いつか『一片の氷心』を胸に抱ける生き様を。




※村田渚さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
衝撃のニュース3連発
今日は衝撃的なニュースが次から次へと飛び込んできた一日でした。 ...続きを見る
一口馬主のつれづれ日記
2006/11/13 23:40
桶田の相方
村田渚氏(35)、死去。 元・フォークダンスDE鳴子坂、現・鼻エンジンのツッコミ。 ...続きを見る
迷走日報。。。
2006/11/14 06:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ある芸人の訃報に接して・・・『一片の氷心』を胸に抱ける生き様を 八田靖彦・奇跡の言霊ブログ(旧・奇跡の占いブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる