八田靖彦・奇跡の言霊ブログ(旧・奇跡の占いブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 平成18年総括ー来年も、共に善き魂の旅を

<<   作成日時 : 2006/12/28 19:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像本年最後の更新である。昨日までに取引先との挨拶も全て終え、『筆ぐるめ』で作った年賀状もポストに入れ終えた。会社でやることといえば、大掃除しかない。要らない書類は容赦なくシュレッダーにかけ、処分に困る物品はとりあえず倉庫に押し込んだ。正月休みの間にクリーニング会社が清掃を行ってくれるので、床はとりあえず放置。まぁ、外見としては綺麗になったからよしとしよう。


昼を食べ終わった後は、下から上がってきた今年の最終業績データに目を通す。景気は回復しているというが、地方の話を聞いていると依然厳しい状況が続いているという。NHKの『クローズアップ現代』で繰り返し放送されているようなことが、現実の出来事なのである。日本の前政権が担った5年間の“改革”で、我が国の“美徳”や“伝統”は地に堕ちる寸前にまでいった。幸いにして9月に神州日本復活の慶事が起こったが、あれを契機として、志を持った日本人が1人でも多くそれぞれのフィールドで立ち上がってくれることを願ってやまない。



午後5時。今日で年内の業務は終わりである。職員も皆、今日は続々と家路を急いでいる。軽く「じゃあ、来年もよろしく」と言い残して私もオフィスをあとに。山手線で高田馬場へ。今日は東西線を使わずに早稲田まで歩く。頬を撫でる微風が心地よい。本日は『創作うどん屋 きごころ』にて、「肉つけうどん」(\780)で早めの夕食。先月オープンしたばかりの店だが、早くも早大生を中心に客を掴んでいるようだ。うどんと肉味噌のコンビネーションが絶妙。美味すぎるとしか言いようがない。幸福な気持ちに浸っていると、入り口の上に掲げられた木の板に記されているスローガンが視界に。そこには、こうあった。


    「笑顔から  人のこころに  染みわたる

                     精一杯の  おもてなし

                                喜びあふれる  人の縁



なんと素晴らしい言葉だろう。以前「顔施」の話をしたが、人間は笑っているだけで他人への大きなもてなしをしている。心から相手の心を思いやり、少しでも自分の能力や優しさを使いたいという気持ち。古来、大和民族はそういう人間として当たり前の心を刻んで農耕生活を営んでいた。戦後に創られた日本国憲法、教育基本法はそういう祖先の心を一切無視して今日まで続いている。それを日本人の手で変えようという動きが顕著になってきたのは、この国の覚醒がゆっくりと始まっている証左に他ならない。これからは、洪水のような情報の中から“本物”を見極める時代だ。勉強の足りない人間は取り残されるだろう。自分も心して、時代の風を読んでゆきたい。


早稲田大学に到着。文学部棟PCルームで、今まさにこの記事を更新している。キーボードを打ちながら、今年あった出来事を振り返っていた。


正月早々、16年連れ添った愛犬との死別があった。私が家に帰ると、尻尾を振っていつも喜んでくれた可愛い奴だった。


4月、死ぬほど憧れた大学に遂に入った。20代の最後に、こんな人生のイベントが用意されているとは。神様とは、憎いほどの演出をしてくださるものだなと感じた。


かつて同じ夢を追いかけた、盟友との奇跡的な再会もあった。今もあの頃と変わらず、己の生命を燃やし続けていた。彼女の人生が素晴らしいものになるよう、心から願ってやまない。


研究の成果か、ブログで予測した出来事がかなりの確率で当たるようになった。依頼者の数も格段に増えた。お蔭様で秋には、大学の学園祭で鑑定会も開くことができた。私にはきっと、他人様を導くお役目があるのだろう。


読者の皆様からも、多くのメールやコメントを頂いた。『奇跡の占い』時代は“人名に使ってはいけない漢字は名づけの参考になります”という声が大きかったが、言霊ブログになってからは他の方のブログでも引用してくださったりと、本質的な内容面で支持してくださる声が多かった。ある企業の社長様からは、「あなたのブログの言葉をいつも会社の朝礼で使わせてもらっている」という声を頂いた。身に余る光栄だ。もちろん、批判の声も初めの頃は断続的にはあった。レベルの低いものが多かったが、4月を境にピタッと来なくなった。早稲田と言えば、一応世間では優秀と見做される。圧倒的な学歴や教養というのは、愚者へのあまりにも雄弁な威嚇になるということがよくわかった。私は早稲田に入ったといっても、籍を置いているのは大学では一番偏差値が低い学部だ。政経や法学部なら本当の秀才しか入れないが、私はいたって普通の人間である。ただ、他人が見ていないところで努力をすることに関しては、誰よりも自信を持っていたかもしれない。来年も、自分なりの努力を重ねて皆様の人生の糧になるような研究を続けていきたいと願う。



今年も一年、八田におつき合い頂きありがとうございました。


来年も共に、希望への試みを続けましょう。


それでは、よいお年を。







月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
平成18年総括ー来年も、共に善き魂の旅を 八田靖彦・奇跡の言霊ブログ(旧・奇跡の占いブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる