八田靖彦・奇跡の言霊ブログ(旧・奇跡の占いブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 涙の向こうには必ず幸福がある・・・その笑い声を明日を生きる力に変えよう

<<   作成日時 : 2008/08/26 21:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像昨夜は仕事が終わった後、地下鉄で竹橋から新宿へ。2日前にサザンオールスターズのライブで会った、芸能関係の仕事をしている友人と早くも再会。サザンとの暫しの別れとなった横浜の夜について、改めて語り合いながら歩を進める。エレベーターに乗り7階へ。この日は『ルミネtheよしもと』へ、芸人のライブを観にきたのだ。昔は友人と、人力舎にホリプロと様々な事務所のお笑いライブを観に足を運んだものだが、最近はお互い忙しくなってそんな機会も少なくなってしまった。扉が開く。エド・はるみと世界のナベアツの似顔絵が迎えてくれた(写真)。歳をとってから漸く大ブレイクを果たした、苦労人の2人である。ナベアツさんは『ジャリズム』で初めて東京に進出した頃から才能を買っていたので、最近の活躍は個人的に嬉しい。ピンでブレイクした彼だが、あくまで、相方の山下しげのりさんとのコンビとして売れたいという希望を持っているそうだ。エド・はるみは、日曜劇場の『tomorrow』でベテランに引けをとらぬ名演技を見せている。離婚を経て長く交際した男性とも、芸に専念するために別れたという。その苦悩を天が見ていたからこそ、現在の成功があるのだろう。



無料で配られた『オロナミンC』を片手に、いよいよ劇場内へ。想像していたよりもアーバンな造りで、うめだ花月のような雑然さを想像していた自分としては面食らった。観客が次々と入る中、前説担当のシューレスジョーさんが登場。『とんねるずのみなさんのおかげでした』の人気コーナー、“細かすぎて伝わらないモノマネ選手権”で小倉智昭さんの真似で人気のある芸人さんだ。テレビで見るよりも、精悍で男前である。腰の低いところに好感が持てた。そして、開演のブザーが鳴る。



当日の出演者は南海キャンディーズ、アップダウン、FUJIWARA、ライセンス、ハリガネロック、レイザーラモン、鉄拳、ダイノジの8組と大山英雄率いる新喜劇の面々。南海キャンディーズは、山里亮太のツッコミのトーンにキレを感じる。もともとTOKIO司会のバラエティー『ガチンコ!』に前コンビの『足軽エンペラー』で出演中から、あのオール巨人師匠に一目おかれていた実力派だ。相方の山崎静代とのやりとりにも、2人のコンビ仲の良さが伝わってくる。お互いピン活動が忙しくなっても、『コメディNO,1』の坂田利夫・前田五郎両師匠のように、コンビをずっと維持するタイプだろう。FUJIWARAは、この日の一番のお目当て。原西孝幸の天才的なボケと藤本敏史のスピード感あるツッコミは、中堅芸人でもトップの実力だろう。藤本の『死ね!』という呼びかけに原西が『生きる!』と強く言い返すギャグがあるが、あれが学校でもっと流行れば、“いじめ”も減るのではないだろうか。



ハリガネロックは、初代M−1準優勝だけあって安定した漫才を聴かせてくれた。ユウキロックはケンドーコバヤシと、大上邦博はルート33の堂土さんとコンビ別れを経験している。現在のそれぞれの活躍は喜ばしい限りだが、そこに至るまでは紆余曲折があったのだ。スケッチブックを使ったピン芸で著名な鉄拳は、個人事務所を経て昨年吉本に入ったという。終始客席とのやりとりを大切にする姿勢に、普段の人柄が感じられた。M−1ファイナリスト経験者である漫才トリのダイノジは、ツッコミの大地洋介(おおち)がエアーギター世界一3連覇を逃した話が、やがて喩えの古い様々な出来事に発展。ボケの大谷伸彦とのやりとりは、円熟したプロの腕を感じさせた。



休憩を挟んで、新喜劇のコーナーへ。福山雅治の物まねで人気が出た新喜劇の副座長・大山英雄は、毎日この舞台を踏んでいるという。ホームタウンだけあって、安定した演技を見せていた。そして、ミュージシャンを経て吉本に復帰した、本田みずほの元気な姿を観ることが出来たのは個人的に嬉しかった。『めちゃ×めちゃイケてるッ!』の創世記にあたる深夜番組『とぶくすり』世代で、伊集院光氏と共に彼女が司会を務めた『うるとら7:00』(NTV)によくハガキを送っては採用されていた自分としては、『よゐこ』の濱口優との悲恋の後にブラウン管から姿を消した彼女の苦悩を、察して余りあるものがあったのだ。現在はエリートサラリーマンと結婚し、公私共に充実しているようで喜ばしい。笑顔の向こうには慟哭がある。そして、涙の向こうには幸福の花が咲く。これからも、素晴らしい芸で観る者を楽しませてくれるだろう。




昭和が生んだ偉大なる天才芸人・東八郎(1936〜88)の言葉を思い出した。



芸人はどんなに辛い時でも、笑ってなくちゃいけない。笑わせなくちゃいけない




人一倍の悲しみを知らなければ、人を笑わせることはできない。



ひとしきり道化師の優しさに触れたら、きっと明日も頑張れる気力が出てくるだろう。




いつも一生懸命生きている全ての人に、どうか、天の温かい祝福が訪れんことを。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
涙の向こうには必ず幸福がある・・・その笑い声を明日を生きる力に変えよう 八田靖彦・奇跡の言霊ブログ(旧・奇跡の占いブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる