八田靖彦・奇跡の言霊ブログ(旧・奇跡の占いブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 平成22年の幕開けにあたって

<<   作成日時 : 2010/01/01 16:50   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 2 / コメント 0

画像新年明けましておめでとうございます。


昨年も、この『奇跡の言霊ブログ』にアクセスいただき、誠にありがとうございました。


本年は庚寅(かのえとら)、八白土星の星回りになります。



八白土星の年回りは、一般に「変化、革命」の年とされます。国家の根幹に関わる法律が成立するなど、その後の世界に大きな影響を与える状況が現出する年です。過去の出来事としては1929(昭和4)世界恐慌、1938(昭和13)国家総動員法制定、1947(昭和22)日本国憲法施行、1956(昭和31)売春禁止法公布、1965(昭和40)日韓基本条約調印、1992(平成4)PKO法案成立など、重要な政治案件が挙げられます。また、1974(昭和49)田中角栄金脈問題で退陣、1992(平成4)佐川急便献金事件など、政治家の金銭スキャンダルが世を賑わす星回りです。元日から与党幹事長の疑惑が有力紙一面で報じられていますが、激動の年のファンファーレとも言えるでしょう。艮宮同会、良い意味での運勢好転か不運な改悪になるかは、その時点での民の意識レベルに関わってきます。艮宮には「山」の意味があるので、山の災害や噴火に注意したいところです。



今年は、平成22年になります。数霊の観点からいくと、“22”は現実と希望が一致せず、精神的に苦痛を得るという凶暗示があります。アセンションの事実上の開始&完了となる今年は、未来への希望を民が渇望するも、悪化の一途を辿る現実に絶望を強いられる一年となるでしょう。




天地鳴動が噂される今年は、「庚」に注目です。庚は更(あらたまる)の意味。10年に一度必ずやってくる庚の年には、天下がひっくりかえるような事件が目白押しです。政治に関しては今年、危惧されるのは「要人を狙った暗殺などのテロ」でしょう。過去の歴史を繙くと、1860(万延元年庚申)は大老井伊直弼暗殺(桜田門外の変)、1910(明治42年庚戌)は大逆事件発生、1960(昭和35年庚子)は安保闘争に山谷労働者3000人暴動、浅沼稲次郎社会党委員長刺殺、1970(昭和45年庚戌)は三島由紀夫自決、1980(昭和55年庚申)は衆参ダブル選挙中に大平正芳首相急死、2000(平成2庚午)は小渕恵三首相急死と、社会を震撼させる政治闘争や政治指導者の遭難が多い年です。昨年は政権交代がありましたが、相次ぐ民主党最高幹部による天皇陛下への不敬発言で、自衛隊や警察の有志、右翼団体にマグマのような不満が溜まっています。ポイントは「外国人参政権」と「夫婦別姓」です。政府がいずれかの法案成立に本格的に動いた時には、不穏な動きが現実になる危険性があります。「二・二六事件」のような事態がやって来ないよう、与党の幹部には改心をしてもらいたいものです。鳩山由紀夫内閣は普天間移設問題や日本航空の問題で、予算と引き換えに退陣の公算が高いでしょう。党内も様々な派閥への細分化が進みます。ただ、参院選前に北方領土返還や北朝鮮から拉致被害者帰国などイベントがある場合、延命するかもしれません。退陣の場合、後継は総務相の原口一博(昭和34年7月2日生五黄土星)が本年から最大幸運期に入り最有力です。自民党は党勢回復の目処が立たず、解体過程に入ります。保守勢力は平沼赳夫・城内実を中心に結集を模索するでしょう。与党実力者に不測の事態がある場合、秋〜冬にかけて総選挙→政界再々編の可能性があります。



経済に関しては、この10年で最も暗く厳しい状況になるでしょう。鳩山政権は年末の『新成長戦略』で「GDPを2020年までに650兆にする」と夢のようなことを言っていますが、政府内の経済政策の不統一で厳しい状況は変わりません。昨年は「派遣村」騒ぎがありましたが、今年もリストラや雇い止めが続出し、ハローワークは多くの求職者で溢れます。1月2月は二番底、失業率はいよいよ8〜9%になり、中小企業の倒産件数も増える模様。鳩山内閣はピンチに陥ります。また、今年は「家族関係に波乱」の暗示があります。同族企業は兄弟親戚で権力争い・内部分裂に注意です。政界同様、経済界にもトップ交代の嵐が吹き荒れる様相です。貧困層は社会への恨みを増幅させ、極左活動への傾斜や性犯罪、傷害や強盗事件などを頻発させそうです。女性は強姦被害に遭わないよう、夜間の外出には特に気をつけなければいけない一年になります。



国際情勢は、世界地図に大きな変化が現れる模様です。八白土星のアメリカは1929年ウォール街大暴落、1974年ウォーターゲート事件でニクソン大統領辞任、2001年は同時多発テロ(9.11)と社会を震撼させる事件が起きていますが、今年は国家の存立に関わる問題が噴出する年になるでしょう。バラク・オバマ大統領は、デフォルト危機と自身の暗殺を狙う勢力への警戒に昨年以上に注意を払わねばなりません。アメリカの国力低下による、中東の力学変化にも注意が必要です。イランの奇襲により、イスラエルが壊滅する可能性もあります。欧米では、イギリスは不人気のブラウン労働党政権に代わりデービッド・キャメロン率いる保守党が政権を奪取する可能性があります。ドイツはウクライナの不安定な情勢に関心を強める模様です。ロシアは新たな世界秩序での優越を狙って、日本と北方領土返還を含めた同盟強化を模索するでしょう。朝鮮半島は、中国の後押しを受けた北朝鮮が南進し、韓国を制圧して南北統一をする可能性があります。中国も上海閥と北京閥の抗争が激化し、文字通り『カオス(混沌)』となります。世界中の富裕層が、自国の混乱を逃れるべく日本への亡命を図るでしょう。華僑が都内の土地を買い占めているのはその前兆といえるでしょう。



不安定な社会情勢を目の当たりにして、中間層は宗教や哲学といった神秘的なものに救いを求める傾向があるようです。地球に嫌気がさし、宇宙開発などに世間の関心が向く可能性があります。年末は大雪と寒波が都市部を襲いましたが、交通機関の不通(電車への飛び込み自殺の増加)や高速道路の大事故、異常気象に注意が必要です。秋以降は、天変地異の加速が懸念されます。地震には、最も注意を要します。スポーツは、野球は原辰徳監督率いる巨人と、マーティ・ブラウン新監督率いる東北楽天に優勝のチャンスが巡ってきそうです。Jリーグは、3連覇を果たした鹿島アントラーズと今年はガンバ大阪が優勝を争いそうです。相撲は、エストニア出身で昨年は関脇を勤めた把瑠都(1984年11月5日生七赤金星)に、優勝と大関昇進のチャンスが巡ってきそうです。カナダ・バンクーバーで行われる冬季オリンピックでは、最年少日本代表・高木美帆がスピードスケートでメダルを獲得する可能性があります。



芸能音楽は、関西や九州出身の若手タレントが脚光を浴びる一年になりそうです。岡田将生、三浦春馬といった期待の若手俳優陣も益々人気が上昇する一方、三浦友和や平泉成といった名バイプレイヤーが更なる名声を得る作品に恵まれそうです。『おくりびと』のような、世界的に評価を受ける邦画が登場する可能性があります。男性アイドルは、ジャニーズはSMAPが5人での活動を一段落させ、嵐が国民的アイドルの座を手中にするでしょう。今年リリースしたシングルでミリオンセラーを記録するものが登場するかもしれません。Jrでは、森本慎太郎が更なる飛躍を遂げそうです。女性アイドルは、AKB48の独壇場になるでしょう。「ノースリーブス」「渡り廊下走り隊」に続くユニットが登場しそうです。大島優子、菊地あやか、指原莉乃、奥真奈美といった注目株が台頭するでしょう。 音楽シーンは、EXILEや倖田來未を擁するエイベックスの快進撃が続きます。昨年のアリスのように、往年の人気グループの再結成があるでしょう。不況を反映してか、ベストアルバムやカバーの乱発も予見されます。10代の女性からは、Lil'BやSCANDAL、西野カナといった等身大の恋心を歌うアーティストが更なる支持を得ます。子供を育てながらモデル活動を続ける、益若つばさのような『家庭も仕事もパーフェクトに両立する』女性が、時代を反映して更なる脚光を浴びるでしょう。21世紀最初の10年の終幕は、民衆が絶望の中から、それでも希望を持たずにはいられない一年となりそうです。




私たち人間は、この世に“魂を鍛える”という使命を帯びてやってきました。



嬉しいこと、辛いこと。楽しいこと、悲しいこと。



それらは全て、生まれる前に自らが“勉強”として課した試練なのです。



それらを乗り越えて、それでも頑張って経験を積もうという清らかな願い。



それを持ち続けている人には、必ずや天の温かい助力が降りてくることでしょう。






新年にあたって、今回は天皇皇后両陛下が昭和36年、立山黒部を訪問された際の写真を使わせて頂きました。




当時はご成婚3年目。敗戦の灰燼から立ち上がった日本国民は、美智子妃殿下の美しさに国家再建の思いを重ね、高度経済成長へと歩みを始めました。まだ、日本人に共通した「夢」が残っていた時代です。






日本国はいま、建国以来の存亡の危機にあります。





今こそ、日本人は神性を思い起こし、心の眼で行動しなければなりません。





先人の努力への感謝を忘れ、漫然と生を浪費している不勉強な「愚民」には、必ず「鉄槌」が下るでしょう。





どうか日本国民一人ひとりが、この八百万の神々が護る「言霊幸わう国」に生まれた意味を悟ることを、切に祈ります。





この世を賢く生き抜く智慧。何が本物で、何が偽物かを見抜く眼力の養い方。




ひたむきに生きる全ての日本人へ、今年も天から授かった言霊をお伝えします。




どうぞ魂の旅のお供に、この『奇跡の言霊ブログ』をお携えください。





本年も、どうぞ宜しくお願い申し上げます。







〜西ひがし むつみかはして栄ゆかむ


               世をこそ祈れ としのはじめに 〜




                          昭和十五年   昭和天皇御製




画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
西野カナ 歌詞
《送料無料》西野カナ/LOVE one.(通常盤)(CD)商品価格:3,059円レビュー平均:5.0 【CD】もっと・・・/西野カナ ニシノ カナ商品価格:1,223円レビュー平均:4.5 送料無料 CD/西野カナ/Dear・・・/MAYBE/SECL-831商品価格:1,223円レビュー平均:5.0 PlayZ:渋谷のギャルも注目 メンズエッグの現役イケメンモデル5人組が歌手デビュー &lrm;2009&#24180;12&#26376;27&#26085;&lrm; ユニットは、6月... ...続きを見る
西野カナブログ
2010/01/01 21:53
大島優子最新DVD『と、ゆうこと。』 |
JUGEMテーマ:女性タレント・アイドル・グラドル ...続きを見る
アマゾン探検隊
2010/01/04 20:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
平成22年の幕開けにあたって  八田靖彦・奇跡の言霊ブログ(旧・奇跡の占いブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる