八田靖彦・奇跡の言霊ブログ(旧・奇跡の占いブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS グッバイ・ハトヤマ・・・今こそ“無私”の境地で日本再生の狼煙を

<<   作成日時 : 2010/06/03 19:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 4 / コメント 2

画像本当は今回、瑛太と木村カエラの結婚について、生野陽子以来2年ぶりに有名人の運命鑑定でもやろうかと思っていた。まあそれは別の機会でいい。鳩山退陣である。大阪の樽床伸二が急遽、民主党代表選に出馬することで永田町も騒がしくなっているようだ。市井にいる多くの識者の方々が、めいめいのブログでそれぞれに国を憂いて雄渾の文章を書いておられるので、私は例によって、自分の思い出話から入りたい。民主党両院議員総会で行った退陣表明では、民主党の母胎となった『さきがけ』という単語を彼の口から聞いた。かつて新党さきがけの塾生であった私が鳩山に初めて会ったのは、結党4周年パーティーが行われた平成9年の秋だ(当時のさきがけ幹事長は、現『たちあがれ日本』の園田博之)。彼は当時さきがけを既に離れ、菅直人と初代民主党を結党して幹事長を務めていた。初対面のイメージは「鳩山一郎の孫だからいずれは総理を目指す気か。それにしても線が細いな」というもの。それから、雌伏13年。愚かな民が与えた308議席に乗って、この男の許に宰相の椅子が転がり込んだ。




画像テレ朝の『スーパーモーニング』にさきがけの代表代行を務めた田中秀征が出ていたが、普天間移設問題で指導力を発揮できない鳩山について「あの頃と彼は何も変わっていない」と手厳しく批判していた。当時既に、党の代表幹事を務めていた鳩山の力量を見抜いていたのだろう。武村正義や秀征は自民党型リベラル(=皇室尊重・体制内改革)であったが、鳩山は菅や枝野幸男と組むことを選んだ。“保守のサラブレッド”という皮を被って、スマートに“リベラル”を唱えた方が得策と判断したのだろう。総理まで登りつめたのだから、それは正解だったのかもしれない。森田実はかつて、細川護煕〜橋本龍太郎内閣の連立四代を評して『さきがけという鵺(ヌエ)的政党が存在した所に政権の迫力が殺がれた』という趣旨の発言を残オた。この発言には首肯できる。理想だけでは、国家という現実の生き物は運営できない。青臭い“書生”だらけの「さきがけ」には、それがわからなかった。



そして現民主党のビヘイビアにも、「さきがけ」からの成長が感じられない(むしろ退化したか)。鳩山の退陣表明を今朝の天声人語は「星菫派」に擬えていたが、それは余りにも褒めすぎだ。秀征がいみじくも言った「何も変わっていない」、中曽根康弘が言うところの “アイスクリーム→アイスキャンデー”連中が、“国家”(nation)”という観念を嫌って“政治主導”の名の下に、日本を護ってきた強固な官僚組織の解体を企図した。日本にとってはまことに不幸な9ヶ月であったと言えよう。



画像両院議員総会終了後の、小沢一郎の“皆さんと会うのも最後でございますので”という挨拶が気になった。検察審査会での沙汰を覚悟したか、それとも生命の灯そのものが消えることを知っていての諦観からきた本音か。小沢一郎という人間の慟哭は、本当に心を開いて話せる“友達”を、ただの一人も得られなかった所にあるのかもしれない。





画像昨年、大学で江戸時代の儒教思想の演習を受講して以来、小林秀雄をよく読み返している。大阪支局赴任に当たっても、ダンボールに彼の著作を多く詰め込んだ。小林は、日本人の行くべき“道”を探し続けた思想家である。そして、ドストエフスキーやモオツアルトを経て、『本居宣長』で遂に“無私”の高みへと到達した。その中から、享楽と無蒙に溺れる、愚かな現代の日本人への警鐘ともいうべき一文を引用したい。




本当に、死が到来すれば、万事は休する。

従って、われわれに持てるのは、死の予感だけだと言えよう。

しかし、これは、どうあっても到来するのである。

己の死を見る者はいないが、日常、他人の死を、己の眼で確かめていない人はないのであり、死の予感は、其処に、しっかりと根を下ろしているからである。

死は私達の世界に痕跡しか残さない。残すや否や、別の世界に去るのだが、

その痕跡たる独特な性質には、誰の眼にも、見紛いようのないものがある。

生きた肉体が屍体となる、この決定的な外物の変化は、

これを眺める者の心に、この人は死んだのだという言葉を、

呼び覚まさずにはいない。






あなたは、“死の予感”を思ったことがあるだろうか。






大阪の空を眺めながら、今はただ只管、国の行方に思いを馳せるだけである。





グッバイ・ハトヤマ。






グッバイ・オザワ。






・・・・グッバイ・ニッポン。





関連記事:

人は苦しむために生まれてくるもの・・・だがその先には心を温め合える“絆”がある

人生は最後に花開くもの・・・魂を鍛え抜いていつか“真(まこと)の花”を咲かせよう

花無きを待って空しく枝を折る莫かれ・・・希望を形にする時代を創るために働こう

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
死後の世界・あの世は存在する
黄そけいの花 現在、人の死について、脳死とか、いろいろと言われていますが、死とは、どういうことを意味するのでしょうか。 「息を引き取る」と言われますように、息をスーッと吸い込んで止まってしまい、呼吸が出来なくなってしまうことです。 対照的に、赤ちゃんは、「オギャー」と息を吐いて誕生し、その産声を聞いて、皆安心するのです。 ...続きを見る
【 日々の感謝 】
2010/06/03 21:40
鳩山首相が突然の辞意
さすがに宇宙人といわれるだけのことはある。 ...続きを見る
かきなぐりプレス
2010/06/03 22:12
鳩山首相辞任・・・今の国会議員に首相に相応しい人は誰もいない・・・今こそ国民が選び民意が反映される総...
2日民主党の鳩山由紀夫首相が ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2010/06/03 23:21
鳩山辞任、後継は菅直人か?鳩山由紀夫首相、社民党政権離脱や「政治とカネ」の問題めぐり退陣・小沢一郎幹...
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ ...続きを見る
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の...
2010/06/04 08:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
民主党では誰が代表になって首相になっても、日本は滅びると思います。
「維新政党・新風」を応援しましょう。
coffee
2010/06/04 08:09
coffee殿

私に特定の支持政党はありません。

日本人がこのまま目覚めないのであれば、おっしゃる通り日本は滅ぶでしょうね。

どうすれば、祖先に顔向けできるか。

他人を当てにするのではなく、自分の力で前向きに生きてゆく者しか、生き残れないと思いますね。

小林秀雄が説いた“無私”はそういう意味で、これからの日本の大きなテーマとなってゆくと思います。
八田修一
2010/06/04 14:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
グッバイ・ハトヤマ・・・今こそ“無私”の境地で日本再生の狼煙を 八田靖彦・奇跡の言霊ブログ(旧・奇跡の占いブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる