八田靖彦・奇跡の言霊ブログ(旧・奇跡の占いブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS やっぱり“家族”は温かい・・・一番大切な存在に私たちは何を残せるか

<<   作成日時 : 2011/03/03 22:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像雛祭りをいかがお過ごしだろうか。私は平日の夜は大体、支局で終電まで仕事をしている。来月には35歳になるが、体力は年々落ちつつもまだまだ職場で深夜までの作業も苦ではない。その代わり、土日は自宅でゆっくり寝て、鑑定作業をしながら(こちらも頭脳労働だが)一週間の鋭気を養う。日曜の夜は、テレビを点けていたら『サザエさん』が始まったので久々に観ていた。今週はもちろん、雛祭りがテーマ(写真)。ワカメちゃんが、カツオやタラちゃんに何度も「ありがとう」と感謝の言葉をを述べていたのが印象的だった。雛飾りを背に、家族が仲良くご飯を食べる姿がこんなにも温かく映るのは、それだけ現代が殺伐とした社会になってしまっているからか。放送開始から40年以上という超長寿番組だが、最近はなんと視聴率20%超えを連発しているという。ネットやゲームなど趣味が多様化する現代で、この数字は驚異的だ。90年代初頭からの長きリセッションで、現代人の生活のあらゆる場面での『安全弁』がなくなった今、磯野家の姿は世代を超えた“安らげる場所”であり“憧れ”なのだろう。“大切な気持ちを取り戻す”という意味では、この不況も、悪いものではないのかもしれない。



画像例のニュージーランド・クライストチャーチの地震だが、遂に救助活動が打ち切りとなった。被災者のご家族にとっては、筆舌に尽くし難い慟哭の只中であろう。今朝の朝日新聞に掲載された、石原孝記者の記事は大変秀逸で、胸を締め付けられた。行方不明となっていた娘のために急遽現地に飛んだ父親だが、激しく倒壊したカンタベリービルの姿を目の当たりにして「わずかな望みも絶たれたなという感じがしました。自分の心を納得させる作業の連続だった」という。娘と2人だけで行った京都旅行の思い出を語った後には、「私たち家族は、子どもたちが短い人生を精いっぱい生きてきたことを褒めてあげたい。子どもたちが私たちに与えてくれたことを、これからの人生に生かしていきたい」と。父親の娘への限りない愛情と、本当に心の通った良い家族であったことが、丁寧に描写されている。最愛の子供に失うという想像を絶する状況の中で、これだけの言葉を父親から引き出した石原記者の仕事ぶりに、心から敬服したい。



画像支局の自分の席に資料用として無造作に積んでいた、古新聞が邪魔だと総務に指摘されたので、この時間に必要な切り抜きだけ残して、後は縛るという作業をしている。早く整理をしなければいけないのだが、ついつい記事の本文に目がいってしまい中々進まない。色々目を通していると、政治や経済よりも社会問題、特に“家族”についての問題の記事を多く残していることに気づく。前にブログを休止した際も、再開にあたって“家族の問題について書いていきなさい”というメッセージが天から降りてきたことを思い出したが、更新のペースは落ちようともこのブログを終了させようとは思わなかったのは、やはり私の頭や指を使って、占いというフィルターを通して稀薄になった“家族”という『愛の形』を説くお役目が、私にまだ課せられているということなのだろうか。それならそれで、大変に名誉なことだ。整理していた新聞の中から、昨夏他界された歌人・河野裕子さんの追悼記事を見つける(写真)。河野さんは、温かい家族の情景を切り取った作品を多く遺した歌人だ。晩年の10年は、乳がんと闘いながら創作活動を続けた。その最期の病床では、やはり歌人となった2人のお子さんの看病を受けながら、枕頭にあったティッシュの空き箱にまで歌の断片を記していたという。末期の乳がん闘病中に出版された歌集『葦舟』に収められた、その執念の歌を紹介したい。





一日に 何度も笑ふ笑ひ声と 笑ひ顔を 君に 残すため





・・・やっぱり、“家族”は、温かい。





画像




関連記事:

お母さんは“家庭の太陽”・・・汚れた雑音に負けず子供たちに無償の光を

苦しい時こそ人は人間らしさを取り戻せる・・・あなたは決して一人じゃない

あなたの味方は必ずいる・・・何度も気を取り直して社会へと踏み出そう

人生で一番必要なことは“あなたに逢えて良かった”と思ってもらえること

愛に飢えた魂たちへ・・・怨念の泥濘(ぬかるみ)を浚って光へとその歩を動かせ

人は誰もが長所を持つ生き物・・・生きている、ただそれだけでいい

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
やっぱり“家族”は温かい・・・一番大切な存在に私たちは何を残せるか 八田靖彦・奇跡の言霊ブログ(旧・奇跡の占いブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる