八田靖彦・奇跡の言霊ブログ(旧・奇跡の占いブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ハレとケ」の循環が疲れた魂を癒す・・・今こそ“まつりの国”日本の再建を

<<   作成日時 : 2011/06/12 19:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 3 / コメント 2

画像外出に上着が必要ないほど汗ばむ季節に入ったが、いかがお過ごしだろうか。先週あった大きなイベントとして思い出されるのは、やはり『第3回AKB総選挙』であろう。総投票数は108万票というから、地方の首長選挙を遥かに超える規模だ。結果は、昨年2位の前田敦子が首位の大島優子を逆転してトップに返り咲いた。昨年の総選挙時はこのブログで『来年は前田が首位を奪回して“第2次前田内閣”が誕生する』と予言したが(『AKB総選挙終わる・大島優子と前田敦子はアイドル界の“鳩菅”か』参照)、無事的中で易者としても面目を保った感がある。今回は知名度の高い板野友美が“神7”から陥落し、柏木由紀が3位に躍進するという大波乱。悲喜交交だったが、上位メンバーの挨拶は皆素晴らしい内容であった。前田は「私の事は嫌いでも、AKBの事は嫌いにならないで下さい」とスピーチ。現在の総理とは違う、組織のトップに立つ“器”を垣間見た。プロフェッショナルである。上武大学の田中秀臣教授は朝のテレビで、「秋元康氏が自らつくり上げたおニャン子とは真逆の発想。ファンが育て、アイドルはより努力する」と分析していた。私も易者として独自の考察をさせてもらうと、日本社会の動きは、260年続いた幕藩体制の名残で各地域の盛衰と連動している(幕末に敵対した会津と薩長が現代もなお確執がある点等に注目)。昨年は栃木出身の大島優子の首位奪取に連動して、参院選では栃木を地盤とする渡辺喜美率いる“みんなの党”が参院選で躍進した。となると、千葉出身の前田敦子が天下を獲った今年は、やはり千葉を地盤とする政治家が脚光を浴びる年となる可能性が高い。あの、でっぷりとした体つきが印象的な財務大臣も今年、宰相の座を射止めるだろうか。なんとも、暗い世の中である。日本は“まつり”の国だ。不遇をかこつ日本人が疎外感を増幅しないよう、こういった“まつり”は、一つでも多い方が良いかもしれない。



画像旧知のKご夫妻から、自宅に荷物が届いた。ご夫妻の出身地である、新潟産の“あおさ味噌汁”と、亀田製菓のあられ “サラダホープ”だ(写真)。故郷に帰られたときも、私のことを気に掛けていてくれたその心に感謝である。K夫妻とは、私の盟友がかつて在籍していたバンド、SHINAPSさんのライブをきっかけに知り合った。テレビドラマの挿入歌にも使われ世間でも話題を呼んだ楽曲『7月16日の約束』は、Kご夫妻の結婚を題材にした実話である。あの頃は、ライブというお祭りの度に、現場で出会える方々と交流するのが楽しみであった。柏でライブが会った際は、よく産まれたばかりの赤ちゃんを連れて来られていたが、この間は4歳になった姿を写真で拝見し、その成長の早さに驚いた。4年といえば大学の在学年数と同じだから、なかなかの年数だ。新潟も影響も受けた東日本大震災は、日本人にある種の意識革命を齎した。事実婚を続けていたカップルが急に入籍したり、各種アンケートで『一番頼りになる人は誰ですか』の問いに「家族」という答えが圧倒的な声で1位になったりと、魂の強固な繋がりを欲しはじめたようだ。



画像昨日は、てくてくと歩いて近所の生田神社に参拝。神功皇后元年(西暦201年)創建、天照大神の和魂(にぎみたま)であられる稚日女尊(わかひるめのみこと)を祀る、兵庫県を代表する最高位の神社である。敷地内にある“生田の森”(写真) では、恐らく交際中であろうカップルが何組も、手を繋いでデートを楽しんでいた。神に近づく者の顔は、皆おだやかで心から人生の果実を楽しんでいる。私が不幸に苦しむ相談者に助言を求められた時に言うのは、「この世も、そんなに悪いもんじゃない」ということ。辛い時期が続いたなら、必ずその分だけ幸福が降りる。ただそれは、他人を恨んだり、陥れたりといった悪行をせず、只管真摯に生を燃やしてきた者のみにあてはまる。日本人のDNA、真骨頂は“互助”だ。覚醒できない愚物は救えないが、“社会で足場を築いて、自分なりに頑張りたい”と願っている魂は、絶対に救わねばならない。



民俗学者の神崎宣武氏が、昨年の7月17日の日経夕刊で“ハレとケは心の安定剤”と題して、こんなことを語っておられた。


昔の人も精神的な不安は常に感じていた。
そのために考え出したのがハレとケの文化だ。
日常の生活(ケ)が続くと、だんだん気が枯れてくる(ケガレる)。
それを晴らし気を取り戻すのがハレ(気晴らし)で、
その結果、気が戻って元気になる。
そのためにハレの日を年に何度か用意していた



人は疲れれば休養と滋養をとる。
集団も同じで、気が枯れてくれば、休養と滋養が必要になる。それが祭りだ。
そこでは日ごろつまはじきにされている人も持ち場を与えれられ、集団の一員になれる。
祭りは単に仕事を休み、おいしいものを食べるだけではない。
皆が参加できるよう、うまく工夫された仕組みがあったんです。
そして個人も集団も精神の安定を回復する




アイドルのイベントでも、被災地のボランティアでも、神社へのお参りでも何でもいい。




斜めに構えず、楽しそうだなと思うことがあったら、思い切り飛び込んでみてほしい。




前向きなあなたの人生は、きっと、大丈夫。







関連記事:

AKB総選挙終わる・大島優子と前田敦子はアイドル界の“鳩菅”か

平成23年の幕開けにあたって

幸福を招く“名前に使いたい吉字”第6弾・この漢字が凶運から必ずあなたを守る!

時代の変化が目前に迫るこの瞬間に・・・“愛”を分かち合って新たな『出発』を

2010永田町大乱―権力の司祭たちよ、自己を捨てて今こそ護国へ走れ

“別れ”は魂を鍛える試練・・・睫毛に涙を溜めながらその瞳で明日を見据えよう

生き急ぐ若者たちへー気持ちを取り直して生命を“再生”させる習慣を

目に見えない温かさを胸に・・・“やり甲斐”のある時代を共に築こう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大島優子 身長
大島優子2位も「票数は皆さんの愛です」 &lrm;2011&#24180;6&#26376;9&#26085;&lrm; 第3回AKB48選抜総選挙の開票イベントが9日、東京・日本武道館で行われ、昨年の第2回1位の大島優子(22)は12万2843票で2位。5月25日の速報発表で1位の好スタートを切ったが、13万9892票を集めた第1回覇者の前田敦子(19)に逆転を許 ... (続きを読む) AKB48前田敦子、大島優子らメンバー一斉にブログ更新 &lrm;2011&#24180;6&#26376... ...続きを見る
特ダネ!ニュースダイジェスト
2011/06/12 21:46
AKB48 総選挙 速報 総選挙
AKB48/Everyday、カチューシャ(通常盤Type-A/CD+DVD/イベント参加..... ★送料無料・定価1575円の2011年大島優子の卓上カレンダーをプレゼント★♪送料無料・お..... 江口愛美の正体は来週まで持ち越されるとのこと - AKB48まとめんばー 「将来は『&amp;lt;em&amp;gt;AKB48&amp;lt;/em&amp;gt;といえば江口だよね!』と言ってもらえるような存在になること」 次週の『週刊プレイボーイ』では、謎のベールに包まれた彼女の過... ...続きを見る
トリックスター
2011/06/13 06:42
浩宮様こそが、待ち望んでいる世界人類のメシア=救世主
世界の首脳が顔を合わせて、サミット等が行われたりしています。しかし、これらの現象は、いかなる国のいかなる人が政治を行っても、上手くはいかない世になっていることを知らされているのです。 ...続きを見る
【 日々の感謝 】
2011/06/15 11:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。(*^_^*)
総選挙は一部生中継で放送されていたので見ていましたが皆すごく必死で泣いている子ばかりで、ちょっと感動してしまいました。相当なプレッシャーとかあるのにすごいなーなんて思ったりもして。

文中にある『辛い時期が続いたなら、必ずその分だけ幸福が降りる』という言葉、勇気づけられます。(^^♪ここ数年辛いこと続きなので(笑)その分幸せが来るといいな…。
aino
2011/06/14 16:02
aino様、コメントありがとうございます。

どんな世界であれ、一生懸命やっている人達の姿は美しいものですね。長崎にいる友人の霊能者と、AKB総選挙と今後の社会情勢について話していたんですが、日本が再び世界の脚光を浴びる時代が来たら、黒髪が美しい柏木由紀さんが天下を獲ると言っていました。『大日本ブーム』の到来を前に、彼女が3位まで上ってきたという所に、日本女性の底力(日本国の開闢は天照様と卑弥呼でしたね)を感じます。その時は、鹿児島出身の政治家や財界人の動きに注目です。

人生晴れたり曇ったりと祖先は言いましたが、まさにその通りですよ。どしゃぶりの雨は、いつまでも続かない。お日様の光が眩しくてたまらない時だって、必ず来るんです。その日を信じて、頑張っていきましょう。

大阪でお目にかかれたらいいですね。
ご多幸を祈念しております。

八田修一
2011/06/15 23:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ハレとケ」の循環が疲れた魂を癒す・・・今こそ“まつりの国”日本の再建を 八田靖彦・奇跡の言霊ブログ(旧・奇跡の占いブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる