八田靖彦・奇跡の言霊ブログ(旧・奇跡の占いブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS “信じるにたる自己”を心の柱に据えて・・・引き返せない覚悟で新しい年を往こう

<<   作成日時 : 2012/02/05 23:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 3 / コメント 0

画像旧暦でも新年となった。金曜はスーパーで恵方巻きを買って、北北西を向きながら、一気にかぶりついた。こうやって、心置きなく毎日白い飯にありつける日常が、なんと幸せなことか。世界に目を遣ると、ホルムズ海峡の封鎖懸念で大国間に緊張が走っているが、どこで軟着陸できるだろう。日本はアメリカに付き合ってイランへの制裁に加わったが、サウジアラビア産の調達だけで消費を賄えるか。相変わらず、日本経済復活の出口は見えない。ソニーにシャープ、パナソニックの墜落は、ものづくり日本の落日を象徴している。パネルへの投資分の回収を急いだ結果が、結局は経営ミスに繋がった。NECは、5000人の社員をリストラするという。増加した失業者の“負の念”が、事件を起こす引き金とならなければいいが。原発も、間もなく全て止まる。関東地方で稲穂型の地震雲が出現しているのも気になるところだ。東京では首都直下型地震に備えて大規模な訓練が行われたが、馬鹿にせず真面目に考えている人は救われるだろう。今年はいわゆる、戦後の世界を支配してきた“現代”の終焉となる年かもしれない。



画像週末の神戸新聞を読んでいて、面白い記事があったので紹介したい。奈良県橿原市の新堂遺跡で、12世紀初めに埋められた井戸の中から、オニの顔を墨で描いた土器片が見つかったという。丸く割られた茶碗の底に描かれたオニは、への字口から2本の牙が上向きに生えていて、太い眉毛とどんぐり目が特徴的(写真)な、コミカルな仕上がりだ(漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の両津勘吉にどことなく似ている)。当時は末法思想が流行し、井戸はヒトが暮らす世界と、地中にあるとされたオニの棲む世界を結ぶ通路であると考えられていた。節分の時期にこれが発見されたという事象が興味深い。平安時代の日本人も、「鬼は〜外」と言いながら、不要な土器を井戸に投げ捨てたのだろうか。それから千年、マヤ暦やアセンション思想で、現世もやはり末である。井戸に投げ捨てられるのは今回は土器ではなく、進化したはずが退嬰の一途を辿るヒト自身の姿であろうか。



画像節分を迎える一週間前は、近所の生田神社に平成23年の感謝を込めて参拝した。正月は十日戎もあって西宮神社にはよく足を運んだが、生田の神様にお目通りするのは年が明けてから初めてだ。拝殿の前には、今年の干支である辰を描いた巨大絵馬が(写真)。二紀会常任理事も務める洋画界の大御所・中西勝画伯の手によるものだという。大きさは縦2メートル、横3メートル。今年で満八十八歳とは思えない、力強い筆だ。ギョロッと上を向く辰の目玉をじっと見ていると、荘厳さよりも怖さを感じる。辰は一体、この国をどこへ連れて行こうとしているのか。そういえば、私も今年で人生3度目の年男だ。若いつもりが、年をとった。残りの人生で何ができるか、それを考えつつ行動したい。




今夜は、福田恒存の『人間・この劇的なるもの』から一節を引きたい。



なんぴとも孤立した自己を信じることはできない。


信じるにたる自己とは、なにかに支へられた自己である。


私たちは、そのなにものかを信じてゐるからこそ、


それに支へられた自己を信じるのだ






何が起きても動じない“柱”を心に築いて、それを支えに新しい年を往こう。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「神武天皇と建国記念日 紀元節祭」 神道へのいざないブログ 第43話
藤原大士先生のブログ、「神道へのいざないブログ」より、「神武天皇と建国記念日 紀元節祭」を転載させて頂きたいと存じます。 ...続きを見る
【 日々の感謝 】
2012/02/10 06:45
人は、猿から進化したのではない
いろいろな歴史教科書の中に、人類の進化として、はじめは猿であったところから北京原人のようになり、そこから段々と進化して現在の人になったと書かれています。 ...続きを見る
【 日々の感謝 】
2012/02/14 06:48
「大阪維新の会というけれど」 藤原大士の一日一言 1102話 
藤原大士先生のブログ、「藤原大士の一日一言」より、「大阪維新の会というけれど」を転載させて頂きたいと存じます。 2012年2月13日 (月) 藤原大士の一日一言 1102話 大阪維新の会というけれど 現在の日本の政治家を見て、安心、満足している人は、ほとんどいないは... ...続きを見る
【 日々の感謝 】
2012/02/17 06:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
“信じるにたる自己”を心の柱に据えて・・・引き返せない覚悟で新しい年を往こう 八田靖彦・奇跡の言霊ブログ(旧・奇跡の占いブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる