アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「音楽関連」のブログ記事

みんなの「音楽関連」ブログ

タイトル 日 時
南の空に、再び輝く星が五つ・・・サザンオールスターズ復活に横浜燃ゆ
南の空に、再び輝く星が五つ・・・サザンオールスターズ復活に横浜燃ゆ 5年前の8月23日。その日は雨だった。横浜の天気は荒れていた。まるで、彼らとの長い別れを惜しむ日本国民の心模様と、その先の日本の未来を暗示するかのように。日産スタジアムに到着し、会場を取り巻く周囲の熱狂を肌で感じながら、私はラストライブとなった30周年大感謝祭に足を運んだことを思い出していた。“彼ら”とはもちろん、日本最高のロックバンド・サザンオールスターズである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 1

2013/08/12 12:29
涙と勇気を、明日への祈りに-Mr.Childrenライブに埼玉燃ゆ
涙と勇気を、明日への祈りに-Mr.Childrenライブに埼玉燃ゆ だいぶ遅くなってしまったが、5月22日にさいたまスーパーアリーナで行われたMr.Children のツアー[(an imitation)blood orange]公演に足を運んだことについてレポートを残しておきたい。色々なツテをたどったものの、チケットが獲れなかった今回のツアー。しかし土壇場で譲ってくださる方が見つかり、会社を定時で上がり地下鉄茅場町から上野、そしてJRでさいたま新都心駅へ。入り口に到着した時には、開演の19時を10分以上回っていた。『Aゲート 200レベル 237・238扉 3... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/17 10:54
大事なものは変わってゆくーそれでも積み上げてきた記憶は決して無駄じゃない
大事なものは変わってゆくーそれでも積み上げてきた記憶は決して無駄じゃない 前回の記事では久々に飛鳥涼の詩を引いたが、ほどなくして彼が自身のコンサートで、CHAGE and ASKAの復活を宣言した。無期限活動休止から早4年、あの美しいハーモニーを再び聴けると思うと、本当に胸が躍動する。急に懐かしくなり、Youtubeで過去の彼らの楽曲を聴きながら、書庫から21年前の『月刊カドカワ』の特集号を久々に手に取った(写真)。剣道で大きな挫折を味わった福岡の大学生・宮崎重明が、ビートルズ好きの同級生・柴田秀之とめぐり逢い、いかにして不世出のデュオが生まれたかが、本人達へのインタ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 0

2013/01/28 18:17
生きていればこその“再会”に感謝―プリンセス・プリンセス復活ライブに足を運んで
生きていればこその“再会”に感謝―プリンセス・プリンセス復活ライブに足を運んで 日本武道館で行なわれた、プリンセス・プリンセスのライブに足を運んだことについて記しておきたい。かなり長い文章になるのでご承知を。武道館でライブを観るのは、4月のTM NETWORKのライブ以来7ヶ月ぶり。前回同様、17時過ぎに九段下駅前にある取材先の企業を出た後、ラーメンで腹ごしらえをして歩いて武道館へ。千鳥ケ淵付近は、恐らくアラフォーと思われる大人で一杯だ。「チケット譲ってください」の紙を掲げる人も多い。正門につくと、縁の深い芸能人やラジオ局、レコード会社からの花が多く並べられていた。ツアーグ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/11/24 19:05
身にしみて夕日の影ぞ壁に消えゆく-日本に“太陽の季節”は再び到来するか
身にしみて夕日の影ぞ壁に消えゆく-日本に“太陽の季節”は再び到来するか 旧友のK氏から連絡があり、11月に日本武道館で行なわれるプリンセス・プリンセスのライブに誘われた。ぜひ観たいと思っていたので、本当にありがたい。プリプリといえば、日本の音楽史上で最も大きな成功を収めたガールズバンドだ。私は20代の頃、インディーズバンドや女性ヴォーカリストとセッションして作詞活動を行なっていた。その時に目標としていたのが、プリプリのドラマーであった富田京子氏が書く詞であった(つるの剛士もカバーした名曲『M』は富田氏の作詞)。中学時代は『GB』や『PATI-PATI』といった音楽雑... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/10/29 09:53
どんなに辛い時でも“感謝”を忘れないこと、それが大いなる成功を掴む最大の秘訣
どんなに辛い時でも“感謝”を忘れないこと、それが大いなる成功を掴む最大の秘訣 少々古いが、今月1日に発表された日銀短観について触れたい。製造業のDI(業況判断指数)がマイナス3となり、3期ぶりに悪化した。エコカー補助金の終了で内需が失速したこと、そして輸出が落ち込んだことが主因である。今回は中国での反日デモの影響は反映されていないので、次回の調査ではもっと厳しい結果となるだろう。先月は日本触媒の姫路製造所で爆発事故が起きたが、懸念されるのは紙おむつや生理用品よりも、自動車向け塗料の調達に影響が出るという点だ。塗料の原料となるアクリル酸エステルの、実に国内生産の5割を日触は... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/10/19 09:34
光と闇と、日本人の夢を背負った男に感謝の花束をー桑田佳祐『音楽寅さん』ライブに足を運んで
光と闇と、日本人の夢を背負った男に感謝の花束をー桑田佳祐『音楽寅さん』ライブに足を運んで 土曜日に、サザンオールスターズのFCで当選した『桑田佳祐の音楽寅さん2012 』収録ライブに行ったことについて記したい。新橋でラーメンをすすり腹ごしらえをした後、ゆりかもめに乗って『船の科学館』駅へ。車窓から外を眺めると、お台場合衆国スタジアム前には夥しいレインコートの列が。一体、何人が今回のFC限定無料ライブに当選したのだろうか。駅に着くと、階段やトイレの付近はサザンのランニングシャツや、伝説の茅ヶ崎ライブの法被を着た人などで溢れかえっている。改札前で、旧友のK氏と合流。大阪にいた2年間は会う... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/07/09 01:08
第4回AKB総選挙の考察-お互いを“癒し合う”日本というシステム
第4回AKB総選挙の考察-お互いを“癒し合う”日本というシステム 先週も色々あったが、今回は社会現象となったAKB選抜総選挙について、易者の立場から考察したい。第4回となったAKB総選挙は、下馬評の高かった大島優子(昭和63年10月17日栃木生三碧木星)がセンターを奪回し、『ヘビーローテーション』以来となる“第2次大島内閣”の誕生と成った。不動のセンターと謳われた前田敦子の卒業・不出馬にSKE・NMB・HKT総勢237名の出馬、総投票数は138万票と、その規模は過去と比較にならない。一般紙やNHKのみならず、今年は海外でも大きく枠を割いて報道されていた。“時代... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 3 / コメント 0

2012/06/10 23:28
誰の上にも暖かな光は降り注ぐ-Mr.children“POPSAURUS”ライブに東京燃ゆ
誰の上にも暖かな光は降り注ぐ-Mr.children“POPSAURUS”ライブに東京燃ゆ 26日に東京ドームにて行われたMr.childrenのデビュー20周年記念ライブ“POPSAURUS”に足を運んだことについて記しておきたい。当日の東京の天気予報は“晴れ”。傘を相棒にする必要もなく、バッグひとつ持ってJRに乗り込んだ。錦糸町のホーム内の立ち食いそばで昼飯を済ませ、水道橋に到着。余ってしまっていたチケットをお譲りすることになった方と合流する。私は平成11年の“DISCOVERY”以来、ライブには何度も足を運んでいるが、その方はなんと今回がライブ初参戦とのこと。ご自身の年齢も、ミス... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/05/27 22:21
金色の夢を抱きながら、明日はせめて晴れを願う・・・TM NETWORKライブに足を運んで
金色の夢を抱きながら、明日はせめて晴れを願う・・・TM NETWORKライブに足を運んで 4月24日・25日の2日間に亘って行われた、TM NETWORKの日本武道館ライブ-“Incubation Period”を観覧したことについて記しておきたい。私が足を運んだのは後篇である2日目。当日は16時半に、九段下にある取材先の会社へ訪問した。終了後は歩いて、そのまま武道館に向かうという魂胆である。鉛色の空が、突然大量の水を眼下の人間たちに浴びせ始めた。急いで、傘代わりにクリアファイルを頭に乗せつつ、田安門を走り抜ける。TMを毎日のように聴いていた頃は中学生だった私も、今や立派な中年だ。息... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/04/30 02:31
“すばらしい日々”よ、永遠に続け・・・ユニコーン大阪城ホールライブに足を運んで
“すばらしい日々”よ、永遠に続け・・・ユニコーン大阪城ホールライブに足を運んで 10月18・19日に大阪城ホールにて行われたユニコーンのライブツアー『ユニコーンがやってくるzzz・・・』に足を運んだ。今回はツアー最終公演となった19日の模様を中心に記しておきたい。前日の公演で、ボーカルの奥田民生が「今日は明日の最終日のひとつ前ということで、非常に中途半端なライブです」とMCでジョークを言った。それを聞いて急に最終公演が観たくなった私は、ネットの掲示板でチケットを譲って下さる方を探す。すぐに見つかり、仕事を早めに切り上げて前日と同じ大阪城新橋を走った。ホール前で待ち合わせし、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 3 / コメント 4

2011/10/24 18:34
消えない希望の歌よ、暗闇へ届けーMr.children“SENSE”ライブに大阪燃ゆ
消えない希望の歌よ、暗闇へ届けーMr.children“SENSE”ライブに大阪燃ゆ 19日に大阪・長居スタジアムで行われたMr.childrenの“SENSE”ライブに足を運んだことについて書き留めておきたい。大阪で仕事をして早1年半が経とうとしているが、長居駅で降りるのは初めてだ。梅田から乗った行きの御堂筋線の車内は、今ツアーのTシャツやタオルを身につける人々で溢れていた。昨年12月にリリースされたアルバムのツアー最終盤ということもあって、まだ関西に色濃く残る夏の余韻に、更なる思い出の花を添えることは必定である。隣に座った青年が聴いていたウォークマンからは、『HANABI』が... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 5 / コメント 2

2011/09/24 02:54
「ハレとケ」の循環が疲れた魂を癒す・・・今こそ“まつりの国”日本の再建を
「ハレとケ」の循環が疲れた魂を癒す・・・今こそ“まつりの国”日本の再建を 外出に上着が必要ないほど汗ばむ季節に入ったが、いかがお過ごしだろうか。先週あった大きなイベントとして思い出されるのは、やはり『第3回AKB総選挙』であろう。総投票数は108万票というから、地方の首長選挙を遥かに超える規模だ。結果は、昨年2位の前田敦子が首位の大島優子を逆転してトップに返り咲いた。昨年の総選挙時はこのブログで『来年は前田が首位を奪回して“第2次前田内閣”が誕生する』と予言したが(『AKB総選挙終わる・大島優子と前田敦子はアイドル界の“鳩菅”か』参照)、無事的中で易者としても面目を保... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 3 / コメント 2

2011/06/12 19:52
人生は一場の戯れ・・・それでも努力せずにはいられない生き方こそが“本物”
人生は一場の戯れ・・・それでも努力せずにはいられない生き方こそが“本物” 一週間、いかがお過ごしであっただろうか。今週も個人的には仕事が相変わらず忙しかったが、社会では、みずほフィナンシャルが度重なるシステム障害の落とし前をつける形で再編を余儀なくされるなど、新たな時代の胎動が聞こえてきている。それにしても、政界ではいよいよ内閣不信任案の提出が最大のテーマだ。空前絶後の売国宰相・菅直人は、サミットで太陽光パネル1000万戸構想をぶち上げるなど、相変わらず稚拙さと無能を曝している。民主党内では、ここ何年か不仲だった小沢一郎と渡部恒三が、合同誕生会という名の手打ち式を行っ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/05/29 20:03
至誠に悖る勿かりしか・・・この激動の瞬間に静かに未来を想う
至誠に悖る勿かりしか・・・この激動の瞬間に静かに未来を想う 前回の記事のコメント欄でも触れたが、お陰さまで35歳の誕生日を迎えた。当日は普通に仕事が忙しかったので、料理屋でひとり、寿司と焼き鳥で祝う(写真)。ありがたいことに、顧客や友人からも祝福のメールなどを頂いている。「八田先生と知り合えて良かったです」と言ってくださる方もいれば、「ブログの内容だけ読んでて、てっきり60歳を超えておられるのかと思ってました」というものまであった。ブログの前身のHPまで遡ると、ネットで情報発信を始めてから早9年目である。27歳当時の自分の文章を読み返すと、既に老成してい... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/24 23:39
きっと明日は今日より素晴らしい・・・自分を励ましながら人生のストーリーを紡ごう
きっと明日は今日より素晴らしい・・・自分を励ましながら人生のストーリーを紡ごう お陰様で、堅気の仕事が多忙を極めている。一体、近畿を何往復しただろうか。スケジュール帳を眺めると、時々自分の字なのに汚くて何が書いてあるかわからなくなる。まあ、仕事があるのは有り難いことだ。京都に行った時は、帰りは息抜きに祇園で夕飯をとることが増えた。先日は、鴨川沿いにある鰻の有名店『いづもや』で“花いずもうめセット”(¥3,040)を食す(写真)。鯉の洗いは、酢味噌で頂いた。大正5年に新京極で創業し、戦後直後から現在の先斗町で営業しているという老舗。鴨川の風情を眺めながら上質の鰻に舌鼓を打つの... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 3 / コメント 0

2011/02/24 23:36
12月8日という忘れられない日に・・・素晴らしい歌の記憶に抱かれて人生を往こう
12月8日という忘れられない日に・・・素晴らしい歌の記憶に抱かれて人生を往こう 12月8日は、音楽面で非常に印象深い出来事が多かったので書き留めておきたい。「人間活動に専念したい」と無期限活動休止を宣言した、宇多田ヒカルの横浜アリーナでのラストライブ『WILD LIFE』。平成10年のデビュー以来、音楽シーンのトップを駆け抜けてきた彼女との暫しの別れを惜しんで、1万人以上のファンが会場を埋め尽くし絶叫したという。彼女の音楽が年代を超えて10年以上も大きな支持を受けた理由は、楽曲の根底に“洗練された人間くささ”があったからであろう。「First Love」では誰もが経験した叶... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/12/12 00:36
大切な気持ち、大切な思い出・・・“手づくりの翼”を心にいつまでも広げよう
大切な気持ち、大切な思い出・・・“手づくりの翼”を心にいつまでも広げよう 今年も早、残り100日である。ようやく秋らしくなってきたが、今年に入ってからまだ一度も経験していないことがある。それは『ミュージシャンのライブに行くこと』だ。大阪へ転勤になり多忙になったことも大きな理由のひとつだが、楽しみにしていた、12月の桑田佳祐のライブもなくなってしまった。音楽はネットやCDで聴くよりも、やはり直接体感するのが一番である。そんなことを考えていたら、かつて一緒のバンドで楽曲制作をしていた盟友が、ある友達バンドのサポートで来阪すると連絡をくれた。彼女と会うのは9ヶ月ぶり。長年、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/24 02:05
日々研鑽、日々努力・・・それぞれ頑張ってまた楽しい日本をつくろう
日々研鑽、日々努力・・・それぞれ頑張ってまた楽しい日本をつくろう 三連休をいかがお過ごしだろうか。私はお陰さまで、大変忙しくさせてもらっている。ただ、せっかくの休みなので、音楽を聴いたり適当に気分転換の時間も確保している。ここ何日かは、UVERworldのニューシングル『クオリア』がヘビーローテーションだ(AKB48さんの新曲も同じタイトルだったか)。TAKUYA∞のボーカルは、哀しいほどに切ない。目を閉じて聴いていると、高校時代に詩の創作や写真に熱中した日々が蘇るのは、一体何故だろう。新曲は、『劇場版 機動戦士ガンダム00』の主題歌だという。ガンダムといえば... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/19 22:55
どれだけ優しさと涙を交換できるか・・・「かなしみ」を胸に明日も希望を歌おう
どれだけ優しさと涙を交換できるか・・・「かなしみ」を胸に明日も希望を歌おう 歌手の大黒摩季が、子宮疾患の治療に専念するために無期限の活動休止を発表した。大黒といえば、私が高校生だった90年代前半に『チョット』『ら・ら・ら』などヒットを連発。ZARDの故・坂井泉水と共に、当時栄華を極めたビーイング発ガールポップの旗手として大きな存在感を放っていた。昨日の朝はフジ系の『とくダネ!』に出演し、休止前のラストライブを披露。近頃再結成を果たしたLUNA SEAの真矢らをサポートに、『夏が来る』を熱唱していた(写真)。小倉智昭とのトークでは、卵巣嚢腫や子宮内膜症と戦いながら、体外授... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 1 / コメント 2

2010/08/27 14:54
先人の熱き魂に触れる季節に・・・虚飾を捨てて美しい生き様を探そう
先人の熱き魂に触れる季節に・・・虚飾を捨てて美しい生き様を探そう 前回書いた祖先のお墓参りの後は、神戸にある割烹『貴舟』に行った。この場所は子供の頃から、法事などで親戚が集まった時によく利用している。京都で修行を積んだ板さんが淡路・沼島産のいい鱧(はも)が入ったと言うので、そのフルコースに舌鼓を打つ。特に、焼き霜の味は最高であった(写真)。鱧は東京ではあまり見かけないが、関西においては高級食材として名が通っている。京都では、かつて日常的に天皇の召し上がる食べ物として献上されたそうだ。7月の祇園祭は別名『鱧祭』とも言って、多くの関西人が口にするらしい。沼島は海底... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/19 17:48
喜びも悲しみも分かち合った日々に花束を・・・桑田佳祐氏の復活を心より願う
喜びも悲しみも分かち合った日々に花束を・・・桑田佳祐氏の復活を心より願う 前回は帰京中の出来事について書いたが、敢えて触れずにおいたことについて今回書きたい。桑田佳祐に食道癌が発覚し、秋に予定されていたアルバムリリースと冬の全国ツアー『全国への階段』が全てキャンセルとなった。FCの先行チケット抽選で東京、大阪公演とも当選していた私にとっては、年末の最大の楽しみがなくなってしまい大変残念な気持ちだ。一昨日は、そのFCから会報『代官山通信』の最新号が届いた(写真)。内容は癌公表前の制作されたもので、桑田が「四六時中、音楽主義宣言。」と銘打ってツアーへの意気込みを語っている... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/08 12:02
“今が一番いい”と思える人生のために・・・いつか胸を満たしてた夢まで戻ろう
“今が一番いい”と思える人生のために・・・いつか胸を満たしてた夢まで戻ろう 最近、電車など外での移動中にASKAのニューアルバム『12』(写真)を聴いている。何度も書いているのでご存知の方も多いと思うが、かつてプロの作詞家を目指した自分にとって、飛鳥涼は最もリスペクトする作詞家の一人だ。昨年のCHAGE and ASKA無期限活動休止宣言が記憶に新しいが、52歳になったASKAなりの解釈で、かつてソロ、チャゲアス名義で出した名曲をカバーしている。収録されている『月が近づけば少しはましだろう』は、平成8年にリリースしたソロアルバム『NEVER END』に収められている一曲... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/11 12:07
黙っていては進めない・・・どんな時でも希望の歌を口ずさんで前を向こう
黙っていては進めない・・・どんな時でも希望の歌を口ずさんで前を向こう バンクーバー五輪が始まった。4年前のトリノ五輪では荒川静香の金メダルのみであったが、今回はどのような結果になるであろうか。昨日の女子モーグルでは、期待の上村愛子が4位で一歩届かずという結果に終わった。不本意だっただろうが、日の丸を背負うプレッシャーは、我々の想像を絶するところにあっただろう。プログラムの前には、上村と夫の皆川賢太郎が歩んだ軌跡がドキュメントとして放送されていた。婚姻届を提出に行った区役所の前で、「遂に夫婦になっちゃいました」とおどける上村の姿が微笑ましい。皆川は本番直前のインタビ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

2010/02/15 10:14
多くの悩み、多くの苦しみ・・・それがあなたの笑顔に必ず花を添える
多くの悩み、多くの苦しみ・・・それがあなたの笑顔に必ず花を添える 昼の仕事では、お世話になった企業へのご挨拶回りが続いている。先日は、O先輩とともに恵比寿にある某商社へ。対応してくれた広報の女性は初対面ながら私のことを知っていたらしく、仕事の話は置いといてすっかり対面鑑定の様相になってしまった。大変喜んでくれたので結果オーライか。その後、今年の9月にオープンしたばかりの「MLB cafe TOKYO」へ。 あのベイブ・ルースの肖像をはじめ、大リーグの名シーンがパネルとして飾られている、野球ファンにはたまらない空間だ。1階のカフェ「FIELD CAFE 66」に... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/23 18:14
この街でまだ夢の途中ー友よ、また会おう
この街でまだ夢の途中ー友よ、また会おう 12月13日、20時25分。私はJR代々木駅に降り立った。『Live labo YOYOGI』で行われる、SHINAPSのライブを観に行くためである。前のライブを観てから、およそ100日ぶり。こんなに時間が開いたのは初めてだ。この日は、秋にバンドからの脱退を表明した盟友がドラムを叩くラストステージである。こうして駅から、浪人時代に代ゼミに通った頃と同じ道を往くのも一体何度目だろう。早稲田での学生生活が終焉に近づき、新聞社の仕事が激務になってきた現在、“青春の一片”であった代々木に通う機会を失うの... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/15 21:12
神による選別の季節を前にーただ、ひたむきに高次の魂と夢を語れ
神による選別の季節を前にーただ、ひたむきに高次の魂と夢を語れ 元財務相の中川昭一が急死した。鬱病の薬を酒で恒常的に飲んでいたことによる事故と思われる。個人的には、政界再編後に重要な役割を演じるキーマンになると見ていただけに残念だ。昭和58年正月に起こった父・一郎の非業の死をかすかに記憶している私としては、中川家に流れる“悲運の血”を感じる。父の果たせなかった総理の座を息子がいずれ射止めると、多くの保守が期待した。ただ今は冥福を祈るばかりだ。これも、アセンションによる魂の移行だと考えたい。本当なら、鳩山内閣に入閣している“破壊工作員”連中こそ、この世から消え... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/04 21:30
人間は独りでは耐えられない・・・だから心通い合う“連れ”を探す旅に出よう
人間は独りでは耐えられない・・・だから心通い合う“連れ”を探す旅に出よう 月曜日からいよいよ早稲田の後期が始まるということで、自宅で夕飯を食べながらテレビを見るという生活も再びおあずけである。昨夜はステーキ(写真)を食べながら、少しづつ溜まってきていたビデオを観る。先日行なわれた『キングオブコント2009』では、激戦をくぐり抜けて東京03が第2代チャンピオンとなった。メンバーの角田晃広さんは、前に組んでいたユニットで『ボキャブラ天国』に出演していた頃から注目していた。私生活では離婚も経験し、ずいぶん精神的に苦しんだ時代が長かったようだ。メンバー全員が30代半ばというこ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/09/27 01:31
この一日を“一生”だと思うこと、それは偶然の重なりを“より良い必然”へと変える
この一日を“一生”だと思うこと、それは偶然の重なりを“より良い必然”へと変える 我が故郷の兵庫で、新型インフルエンザによる死者が出た。今度は老人ではなく、38歳の主婦だという。言うまでもなく、今日は総選挙が行なわれる。結果いかんによっては、今年に入ってからこのブログで警告し続けている、アセンションによる“淘汰”という意味で、全国で症例が続出するだろう。どうかこの国が護られるよう、国民の心眼が啓くことを願いたい。木曜日は仕事を終えた後、日本橋の記者クラブから半蔵門線で渋谷へ。先輩の記者の方が取材の折に先方から試供品をもらってこられるので、そのおこぼれでカバンの中は発売前のダイ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/30 01:19
歌舞伎小論ー伝統芸能の松明(たいまつ)を継ぐ者たちの魂に触れたい
歌舞伎小論ー伝統芸能の松明(たいまつ)を継ぐ者たちの魂に触れたい 今年の2月、日本経済新聞の夕刊『人間発見』のコーナーに人間国宝・常磐津一巴太夫氏が登場されていた。昨年12月に歌舞伎座で大好評を博した、坂東三津五郎の『娘道成寺』での語りが絶賛された後のインタビューである。「浄瑠璃には義太夫、清元がありますが、常磐津は義太夫のように見台に傷がつくほど力を入れてはいけないし、清元のように、喉の上から引っ掛けるようにきれいな音を出すのではない。高い音も低い音も正面にストレートに出すのですから、舞台で許される動きはあごの角度だけです。高い音は上げて、低い音は下げる。登... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/08/26 21:46
ミュージカル小論ージーン・ケリー『雨に唄えば』が日本のエンターテイメントに与えた影響について
ミュージカル小論ージーン・ケリー『雨に唄えば』が日本のエンターテイメントに与えた影響について 『雨に唄えば』("Singin' in the Rain")を取り上げたい。ジーン・ケリー(Gene Kelly)演じるドン・ロックウッドが土砂降りの雨の中を愉快にタップダンスを踊り唄うシーンは、たとえどんな沈鬱な状況にあっても、胸のうちに一条の希望の光を射してくれる不朽の一作である。今後も、多くの人の心の中に残っていくであろう作品だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/05 17:15
人生のはるかな道のりを有意義にするためにー“徳”を磨き高めることを心掛けよう
人生のはるかな道のりを有意義にするためにー“徳”を磨き高めることを心掛けよう 梅雨も真っ盛りである。外に出るときは足元が悪い上に片方の手も傘で塞がり、急いでいる時も俊敏に動くことができない。深夜番組を見ていると、この季節はストレスが溜まっている方が多いようだ。来る夏に向けて、もう少々の辛抱であろう。私はといえば、大きな懸案が先週末に片付いた。昨年は休止した早稲田祭での対面鑑定会を復活させるべく奔走していたが、全ての必要書類が揃い、実行委員会に無事受理されたのだ(写真)。今回の出展にあたっては、早稲田大学第二文学部長の大藪泰教授に顧問をお願いした。哲学の小島雅春教授にも、多... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/24 02:08
夢に年齢は関係ない・・・なお辛く苦しいときも、己の目標に食らいつけ
夢に年齢は関係ない・・・なお辛く苦しいときも、己の目標に食らいつけ 大相撲の東関親方が定年で退職されるそうだ。関脇・高見山大五郎といえば、私が子供の頃は、丸八真綿の『二倍、二倍!』のCMが印象的だった。ハワイマウイ島出身で、昭和39年初土俵。はじめはちゃんこの味になじめず、ケチャップをかけて胃に流し込んだという。その陽気さと相撲へのひたむきさで、多くの日本人から愛された。「40歳まで現役で相撲をとる」と言っていた彼だったが、その1ヶ月前に引退。当時の文相・森喜朗は、相撲好きで知られた昭和天皇に「高見山は残念だったろうな」と言われたという。そのことを森から伝えられ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/24 23:24
果てしなく続く「すばらしい日々」・・・ユニコーンライブに足を運んで
果てしなく続く「すばらしい日々」・・・ユニコーンライブに足を運んで 忌野清志郎が亡くなった。日刊スポーツは一面見出しで「清志郎が死んだ」と、通常の体言止めではなく異例の動詞表現でその衝撃を伝えていた。RCサクセションといえば『雨上がりの夜空に』などが代表曲だろうが、私は事実上のラストシングルとなった『I LIKE YOU』が好きだ。バンドが危機的な状況の中で、結成20年を記念して制作された一曲。“暫く会えなくなるかもしれないけど、俺達はみんなが大好きだぜ”という、清志郎からファンへのメッセージであったと勝手に思っている。ここ2年ほどは盟友・仲井戸麗市と再び共演す... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 1 / コメント 2

2009/05/04 15:54
空に輝く星のように・・・清らかな魂に愛の松明(たいまつ)を捧げよう
空に輝く星のように・・・清らかな魂に愛の松明(たいまつ)を捧げよう GWに入った。皆さんは、どのようなプランを立てておられるだろうか。私は3日にさいたまスーパーアリーナで行われる、ユニコーンの『蘇える勤労ツアー』ライブを観に行く位で、あとは自宅で鑑定に集中するつもりだ。いい陽気である。昨日は兵庫の顧客から送って頂いた、『多幸(たこ)せんべい』(写真)を食べながら、芸能関係のニュースをチェック。ロサンゼルス発のカジュアルファッション『FOREVER 21』の日本初上陸で、1200人が原宿に集結したという。昨年の『H&M』の銀座進出時もそうだったが、今回も長蛇の列を... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/01 01:27
Mr.children結成20年ーそして、少年たちの終末なき音の旅は続く
Mr.children結成20年ーそして、少年たちの終末なき音の旅は続く 今日で33歳になった。お陰様で、多くの方からメールなどで祝福の言葉を頂きありがたい。歳を取るのがそろそろ愉快でなくなってきたが、より“進化”した自分を見せてゆきたいと思っている。昨日は、友人からの突然の誘いで、幸運にもさいたまスーパーアリーナで行われたMr.childrenのライブに足を運ぶことができた。その時の模様を記しておきたい。新宿からいざ埼京線で大宮へ。駅でお弁当を買い、京浜東北線で『さいたま新都心駅』に到着。スーパーアリーナへは徒歩で駅5分だが、その間に「チケット譲ってください」の紙を... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/20 01:33
“何としても”という熱意・・・それが不可能を可能にする“奇跡”を連れてくる
“何としても”という熱意・・・それが不可能を可能にする“奇跡”を連れてくる FUNKY MONKEY BABYSが出ていた『music lover』を観ていた。恋の歌特集ということで、『恋の片道切符』に『Lovin'Life』、『桜』の3曲を熱唱。テレビ画面の前で一緒に口遊みながら、彼らのパフォーマンスに酔いしれた。時を同じくして、末期がんで「余命数カ月」と宣告されていた英国の女性タレント、ジェイド・グッディが亡くなったとのニュースが入った。グッディといえば、先月の22日には痛み止めの薬を携帯して結婚式を挙行。化学治療の影響で髪が抜け落ちた姿で現れ、恋人と熱い接吻を交わ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/23 03:29
新しい誓いを立てる季節に・・・夢追い人が集う街で“己の道”を確かめたい
新しい誓いを立てる季節に・・・夢追い人が集う街で“己の道”を確かめたい WBCでの、日本の快進撃が続いている。キューバを完封で撃破した昨日の試合は、7回の表でイチローが放った久々のヒットを、中島裕之が見事な犠牲フライで得点に生かした場面が印象的だった。本当に、いいチームになったとしみじみ感じた。今回の“侍ジャパン”は、30代の年長組が20代のメンバーと焼肉を囲んで決起集会を行うなど、チームの一体感醸成に心を砕いていたようだ。今日の韓国戦でも、そのチームワークの良さを発揮。2−2の同点で迎えた8回、小笠原道大と岩村明憲の猛打で3点を奪取した時は、テレビの前で歓喜の声を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/21 01:14
卒業の季節に・・“卒業できない記憶”を胸に抱いて新しい夢へと挑もう
卒業の季節に・・“卒業できない記憶”を胸に抱いて新しい夢へと挑もう レミオロメンのアルバム『レミオベスト』を聴いている。彼らの歌では、『明日に架かる橋』が一番好きだ。以前『ミュージックステーション』でこの歌を演奏した時、ドラムの神宮司治さんが楽しそうにスティックを振り回していたのを覚えている。今朝の『めざましテレビ』では、渋谷109の前で『3月9日』を歌う彼らの姿が映し出されていた。街を往く多くの少女たちが、ボーカル・藤巻亮太の声霊に感応して足を止める。盛り場にいる女の子達に、根っからの悪い子は殆どいない。皆、“真実の愛”を探し求めている優しい魂たちだ。そういう... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/03/10 23:18
時代の変化が目前に迫るこの瞬間に・・・“愛”を分かち合って新たな『出発』を
時代の変化が目前に迫るこの瞬間に・・・“愛”を分かち合って新たな『出発』を 今日は有休を取って、自宅でゆっくりしている。テレビでは、アカデミー賞で外国語映画賞を受賞した「おくりびと」のニュース一色だ。TBSでは、主演の本木雅弘氏が、朝から『はなまるマーケット』で司会の薬丸裕英と中継でやりとりしていた。『シブがき隊』時代の戦友同士のやりとりに、感慨を抱いた主婦も多かったのではないか。本木氏によれば、この映画の構想は15年も前に遡るという。当時500部しか刷られていなかった青木新門氏の「納棺夫日記」を手にとり、「蛆も命なのだ。そう思うと蛆たちが光って見えた」という文中の一節... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/24 20:26
不妊に悩む女性たちへ再び・慟哭の河を乗り越えて再度の奇跡を祈ろう
不妊に悩む女性たちへ再び・慟哭の河を乗り越えて再度の奇跡を祈ろう 昨夜はテレビをずっと観ていた。今週の『ミュージックステーション』はレベルが高い。1番手の沖縄出身3人組、ステレオポニーの「泪のムコウ」は、繊細なボーカルに期待が持てる。機動戦士ガンダムの主題歌だそうだ。かつての「ZONE」のポジションに就くのではないか。再結成後早くも2度目の登場となるUNICORNは、アルバム『シャンブル』から『HELLO』を歌う(写真)。重厚な旋律といい歌詞といい、聴きながら16年前の解散前のラストアルバム『スプリングマン』に収録されていた「甘い乳房」を思い出した。かつて「い... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 3 / コメント 0

2009/02/22 04:07
「魂の絆」は永遠に続く・・・“お互いにありがたい”と思える時代を繋いでゆこう
「魂の絆」は永遠に続く・・・“お互いにありがたい”と思える時代を繋いでゆこう UNICORNの新曲『WAO!』を聴いている。やはり“あの5人にしか出せない”音だ。昨夜関東ローカルで放送された特別番組『蘇るユニコーン』では、奥田民生が「もう改めて解散とかはしないだろう」と発言していた。解散から16年、厳しい世界でそれぞれに経験を積んで、才能と人間性を真摯に磨いてきたからこその言だろう。盟友からメールが来たので、久々に電話で話す。22日に、代々木でライブをやるという。彼女がドラムを叩いているバンド『SHINAPS』のボーカル・森崎佳法さんが、今月から始まるTBSの連続ドラマ『... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/15 22:47
オペラ小論ー『トリスタンとイゾルデー三島由紀夫の最期との関連性を思考する』
オペラ小論ー『トリスタンとイゾルデー三島由紀夫の最期との関連性を思考する』 新聞の切抜を整理していたら、三島由紀夫の憂国忌について書かれていた記事を見つけた。西尾幹二氏が講演する演壇の後ろには、あの鋭い眼光でこちらを睨みつける三島の写真が。会場に用意された450の椅子は、すぐに満席となったそうだ。そこの流れていたのは、ワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」。生前の三島が、愛してやまない作品だったという。一体何が、彼の心を捉えてやまなかったのだろう。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/31 23:12
再びはじまる「すばらしい日々」のために・・・ユニコーン再結成に寄せて
再びはじまる「すばらしい日々」のために・・・ユニコーン再結成に寄せて 桑田真澄氏が、早稲田の大学院スポーツ科学研究科に無事合格したという。大隈講堂をバックに語る氏の写真を見たが、23年間温めた夢の実現を目前に、子供のような笑顔をつくっておられた。春になったら、お話できる機会などあれば嬉しいが。音楽ファンにとっても、“長い間願っていた夢が叶う”ような出来事が正月に起きた。伝説のバンド『UNICORN』の、16年ぶりの再結成である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 2

2009/01/28 22:36
笑いと涙は紙一重・・・多くの思いを背負って舞台に立つ魂に拍手を贈りたい
笑いと涙は紙一重・・・多くの思いを背負って舞台に立つ魂に拍手を贈りたい テレ朝の『Mー1グランプリ』を観ている。今年の本命は西野亮廣・梶原雄太のキングコング。『イケメンのツッコミとチビのボケ』という形が、ナインティナインの亜流と揶揄されたこともあったが、早すぎたブレイクにも驕らずにちゃんと漫才をやってきた、その真摯な姿勢は評価したい。梶原は借金による失踪や離婚と、短い人生ながら既に大きなマイナスを背負っている。残念ながら、敗退が決まった本年のネタは勢いに欠けていた。西野は今年も、幕の裏で涙に濡れているのだろうか。勝負の世界は厳しい。昨年は敗者復活戦から勝ち上がったサ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/12/21 20:26
“別れ”は魂を鍛える試練・・・睫毛に涙を溜めながらその瞳で明日を見据えよう
“別れ”は魂を鍛える試練・・・睫毛に涙を溜めながらその瞳で明日を見据えよう FUJIWARAの原西孝幸の実母・尚子さんが急死したという。尚子さんは原西の相方・藤本敏史の母親と共にテレビに出演する機会も多く、お茶の間でも人気があった。『吉本印天然素材』以来、長期低迷が続いた息子を精神的に支えてきただけに、原西本人にとっては言葉にならない別れだっただろう。芸歴10年を越えてようやくブレイクを果たした息子の活躍する姿を見て、尚子さんは『もう思い遺すことはない』と思ったのだろうか。今週は、朝日の夕刊でザ・ドリフターズの加藤茶さんが『人生の贈りもの』のコーナーに登場しておられた。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/12/06 23:24
人生は最後に花開くもの・・・魂を鍛え抜いていつか“真(まこと)の花”を咲かせよう
人生は最後に花開くもの・・・魂を鍛え抜いていつか“真(まこと)の花”を咲かせよう NHKで放送されている、『爆笑問題のニッポンの教養 早稲田大学スペシャル』を横目でチラチラ見ながら、更新でもしようと思い立った。先日、宮沢章夫先生の授業中にクルーがカメラで教室を撮影していたが、果たして私は映っているのだろうか。まぁそれはいい。例の元厚生事務次官連続殺傷事件も、結局は小泉毅という「ただのならず者」が起こした、自爆テロという形で決着したようだ。国立大学の理工学部に入る頭脳を持っていながら、コミュニケーション能力の欠如を社会への怨念に転化。最後は警視庁に車を乗りつけ、自らの「下らない... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/11/25 23:18
私たちの夜明けは近い・・・“生きる勇気”をひたむきな後進たちに伝承しよう
私たちの夜明けは近い・・・“生きる勇気”をひたむきな後進たちに伝承しよう ようやく有給休暇が取れた。今日は明け方まで色々作業があるので、明日の起床は『笑っていいとも!』のスタートと同じ頃だろうか。さきほど早稲田から帰り、とりあえず深夜の寛ぎタイムである。フジテレビでは『カトパン』を放送していたが、ゲストのmisonoやFUJIWARAの藤本敏史が、サンタの格好で出ていた。今年も、もうそんな季節になったか。この1年の総括と、来年の暦の解読に本腰を入れなければならない。溜まっていたビデオも、ぼちぼち整理しはじめる。土曜深夜の『COUNTDOWN TV』を、ようやくチェック... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/11/12 02:45
小室哲哉逮捕・・・そして、我が少年期は遠くなりにけり
小室哲哉逮捕・・・そして、我が少年期は遠くなりにけり 本当は、今日は昨日参加した早稲田祭と、六大学野球・早慶戦後のちょうちん行列について書こうと思っていた。しかし同じ早稲田でも、今日は残念な事態になってしまった、あるOBについて書かねばなるまい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/11/04 12:11
風、光、木の葉・・・肉体は滅んでも、魂は愛すべき存在のそばに“寄り添って”いる
風、光、木の葉・・・肉体は滅んでも、魂は愛すべき存在のそばに“寄り添って”いる いま、BS日テレで放送されている『音楽のある風景』を見ながら、このブログを更新しようと思い立った。画面からは、60年代〜80年代のフォークやニューミュージックが、次から次へと流れてくる。本来は団塊の世代を対象にした番組だが、懐かしい気持ちになるのは何故だろう。先ほどはテレビ東京の『音遊人(みゅーじん)』に、アレンジャーの石川鷹彦氏が出演されていた。かぐや姫の代表曲『神田川』では情感溢れるマンドリンを演奏し、伊勢正三率いる“風”の『22歳の別れ』では、あまりにも有名な冒頭のギターフレーズを生み出し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/27 01:41
歓喜の祝宴に涙あふれて・・・絆を広げて幸福の花咲く旅路を往こう
新幹線で山形へ行った。東北へ旅に出るのは、何十年ぶりだろうか。以前お子さんの名付けでご相談を受けたご夫婦が、この度めでたく挙式されるというので、披露宴に呼んでくださったのだ。易者にとって、鑑定を依頼してくださった方が幸福になってくれるのは、やはり至上の喜びである。はやる気持ちを抑えて、東京駅を発った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/10/05 23:15
B'z結成20周年ライブ・・・そして、二人の“Brotherhood”は終わらない!
B'zの結成20周年ライブを観に、横浜の日産スタジアムに足を運んだ。先月、サザンオールスターズの30周年ライブを観に来て以来、1ヶ月ぶりである。Yahoo!の天気予報ではちょうど公演時間が“豪雨”の予報だったので、雨合羽をバッグに忍ばせて出発。Tシャツは、5年前に静岡で行われた『The final Pleasure IT'A SHOWTIME!!』公演のロゴが入ったものを着用した。新横浜駅で降りると、そこには『GREEN』や『ELEVEN』といった過去のライブツアーで製作された、めいめいのツアー... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/09/22 01:38
天の願いは“魂の成長”・・・“いい男”や“素敵な女性”と出会う機会に心から感謝しよう
台風が近づいている。最近、雨の夜は帰りにタクシーを利用することが多くなった。今夜も、JRを降りてからタクシー乗り場に並んだ。自分の乗る番が来たが、目の前に止まったちょうちんマークの個人には以前に嫌がらせをされたので、後ろの人に譲り次の車に乗る。タクシーに乗った時は、必ずと言ってよいほど運転手さんと家まで話すことにしている。天気のこと、政治のこと、経済のこと、音楽のこと・・・運ちゃんはよくラジオを聴いているから、世情に詳しい。ウマが合った運ちゃんから、代金を値引きしてもらえることもあった(もちろん... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/20 00:07
何かを始めることに迷っているあなたへ・“勇気”と“笑顔”がなければ、決して幸福はやってこない
通勤の時、Mr.childrenの新曲『HANABI』をウォークマンでずっと聴いている。明日最終回を迎えるドラマ『コード・ブルー〜ドクター・ヘリ緊急救命』の主題歌としてあまりにも有名だが、発売日にCDをすぐ買いに走ったのは実に『Any』以来6年ぶりだ。15年以上彼らの音楽を愛聴している者としては、直球で胸に去来するものがあった。ドラマの方はもともとは新垣結衣に注目していたが、戸田恵梨香と比嘉愛未が著しい成長を見せていた。戸田は中学を卒業後、女優一本で身を立てるために上京したという。同じ兵庫出身と... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/09/10 22:03
決してあの時代(とき)を忘れない・・・サザン、横浜の夏空にしばし消ゆ
ご存知の通り、昨夜はサザンオールスターズ30周年記念LIVE“真夏の大感謝祭”に足を運んだ。このライブをもって無期限の活動休止に入るということで、長年ファンクラブに入っている身としては感慨も一入である。いつか彼らが活動を再開する時に、振り返るためのモニュメントとして、記事として書き留めておきたい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 2

2008/08/24 18:13
サザンオールスターズは必ず“全員集合”するー嗚呼、わすれじのレイド・バック
ご存知の通り、我らがサザンオールスターズが結成30年を迎える今年一杯で無期限の活動休止だという。物心ついた頃から彼らの音楽を聴いて育ち、ファンクラブ“サザン応援団”にも入っている身としては大変残念だ。今回の休止宣言で特徴的なのは、過去に“結果として”何度も長期の活動休止をした彼らが、“前もって”休止宣言をしたことだ。そういえば、天野祐吉、島森路子という名物編集長を生んだ雑誌『広告批評』も、やはり30周年記念号をもって休刊だという。かつて広告代理店に勤めた身としては、こちらも感慨深い知らせである。... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 4

2008/05/21 21:09
ふいの雨音に心は夢へと飛んで・・・今日も“しづかに”今世の務めを果たそう
木曜は仕事が終わった後、竹橋からすぐに東西線で大学へ。6限の『心理学概論』の講義を受講。今回の担当は、元法務教官の藤野京子氏。1年生の時分に、『臨床心理学』の講義でお世話になった方だ。今回のテーマは、氏のライフワークである『犯罪被害者遺族の心理療法』について。山口母子殺害事件の死刑判決直後とあって、タイムリーなテーマに学生も興味津々の様子。急性ストレス障害など具体的な症例のレジュメと共に、「もう一度会いたい」と題された、社団法人被害者支援都民センター発行の遺族自助グループによる手記が配布される。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/27 14:00
人間は“笑うから”幸せになれる・・・魂を鎮めて鏡に映る自分と向き合おう
週の真ん中に来た。講義は早くも自主休講して、記事を更新したい。先週の土曜は、昼に早稲田大学南門通りにある『早稲田どらま館』にて、“カナデコトビート旗揚げ公演 コブタが野バラで夢をみた”を鑑賞。演劇サークル『早稲田大学演劇倶楽部』の有志で結成された、新しいパフォーマンス集団である。主宰の相馬加奈子さんは、“芝居をやる”という目的のために稲門をくぐったという。今回足を運んだのは、文学部カフェの前でビラを配っていた吉成生子さんというメンバーの方から、その熱い志を伺ったのがきっかけだ。詳しい内容はスペー... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/04/16 20:57
情熱と才能はイコール・・・“若さ”とは年齢ではなく『前向きな気持ちの持ち様』
先週末から昨日にかけての話をしたい。土曜日は昼より、新宿のアジアンダイニング『ホイアン』にて、“早稲田大学食べ放題研究会”の例会。幹事長の野添君は同じ社会人ネットワークのメンバーで、その縁でこちらのサークルにも顔を出すことになった。学内誌『SLOPE WALKER』のインタビュー記事掲載でお世話になった、文芸サークル「ぶんぶ〜ん」のYさんも来ていたので、暫しおしゃべり。今回は第一文学部の男性と清泉女子大学の女性が初参加とのことで、ご挨拶を兼ねてベトナム料理に舌鼓を打ちながら即席の対面鑑定を行った... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/12/04 21:00
笑い、泣き、学び、語る・・・“天命の時間”を必死に使うことに執着せよ
ようやく今週も終わった。こんなに忙しいのは何年ぶりのことだろう。とりあえず、この一週間を振り返りたい。日曜・月曜は依頼されていた鑑定結果を全国へ順次発送。依頼が溜まっている時の祝日ほど、ありがたいものはない。夜は、買ったはいいが読んでいなかった週刊誌各誌を一気に読破。『FLASH』の「メンバーが語る“すばらしい日々”〜ユニコーン誌上復活祭」の企画にひとしきり感慨を覚える。解散から早14年、バンドブームを引っ張った伝説のバンドに、再結成を望む声が高まっているという。リーダーだった川西幸一は否定的な... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/10/13 22:21
4vs67,000!Mr.childrenライブに日産スタジアム燃ゆ
やや遅くなったが、一昨日に観に行った日産スタジアムでのMr.childrenのライブについて書こう。当日は最新アルバム『HOME』 の1曲目に収録されている 「Wake me up!」をBGMに文字通り起床。とりあえず、新聞を読みながら朝食をとっている間もアルバムは流しっぱなしに。なんとも幸せな朝である。そして、昼から新横浜へ。3時過ぎに到着した駅は、溢れんばかりの人波で視界が遮られた。何の接点もない見知らぬ人達だが、この場所に来た目的は間違いなく同じであった。一体、彼らは今日、どんなアクトを見... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/09/11 22:29
夏の終わりに改めて思う・・・“モノを創る”とは“多くの人の笑顔を創る”ということ
夏も終わりである。歳を取ったのか、年を追うごとに季節が抜けてゆくのを早く感じるようになった。30歳を過ぎたから、本来は仕事の件で頭を悩ます日々が当然なのだが、目下の最大の懸案は夏休み後に提出する『中国語』の夏季課題である。もう2ヶ月近く復習していないから、モノになりかけていた発音もすっかり忘れてしまった。この歳で大学の宿題で頭を悩ますとは、幸せなのか幼稚なのか。自分が早稲田から飛び立つのは、ひょっとしたら40歳を過ぎてからになるかもしれない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/09/01 17:02
“誰かのために生きる”ということ・・・それは見上げた人だけがわかる月のようなもの
今朝は早く起きたので、日曜に録画しておいた日本テレビの『music lover〜今夏最初で最後の桑田佳祐ライブ』を観ながらゆっくりと朝食。最近は毎朝、豆腐と枝豆を食べるようになった。大豆は脂肪を燃焼させ、コレステロールを分解するという。メタボ腹にはまだ遠いが、摂取し始めてからは体の調子も頗る良い。テレビでは、桑田がアンコールで名曲『祭りのあと』を歌っていた。私が高3の秋にヒットしていた歌だ。当時は早稲田の赤本片手に、「眠れない街に愛する女性(ひと)がいる〜」と訳もわからず口ずさんでいたが、三十路... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/08/28 20:48
追悼・阿久悠ー“梁塵”をひたむきに紡ぎ続けた男
昭和を代表する作詞家・阿久悠先生が旅立たれたとの報が、日本中を駆け巡った。同郷であり、同じ詞を書く者として非常に尊敬していただけに、今回の突然の訃報は残念でならない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 1

2007/08/02 14:46
新しい生命に去り行く生命・・・口笛を吹きながらこの世で共に“素敵な夢”を叶えよう
ゴールデンウィークもあっという間に終盤である。皆様は、ご旅行や行楽などに出掛けられただろうか。一応、自分がどのように過ごしたかを振り返ってみる。火曜の午後は、盟友が在籍しているバンドのライブで知り合ったご夫婦から、お子さんが誕生したと携帯にメールが入った。生まれたばかりの、赤ちゃんの写真つきである。母子共に健康ということで一安心。半年以上、命名について幾度もご相談を頂いていた。一緒に考えさせてもらった名前を付けるという。芸術に特性がある画数にしたので、ひょっとしたら将来バンドを始めるかもしれない... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/05/05 20:33
本物の“美”は人間を沈黙させる・・・心に『感動』という名の小石を積もう
一昨日の事について書きたい。休日だったので朝は遅めに起きた。前夜の残り、焼き鮭とポトフで朝食。大して面白いテレビもなかったので、ずっと見ていなかった大泉洋主演『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』の最後の30分をビデオで見る。母親役の田中裕子は、いつから老母の役が似合うようになったのだろう。「日本のお母さん」といえば昔は京塚昌子さんだったが、平成の世は彼女がその代名詞になるのかもしれない。まだまだ続くリリー・フランキー人気の余波で、今度は月9のドラマになるそうだ。今年はドラマだけでなく、舞... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/12/19 20:24
生き急ぐ若者たちへー気持ちを取り直して生命を“再生”させる習慣を
自殺問題がまだ収束しそうにない。今日も山形で高校2年の女子が自ら命を絶った。いじめが原因かどうかは定かではないが、生きていれば輝かしい時代が必ず来たにも関わらず、10代の未熟な判断で“魂の学び”を自ら放棄した罪は非常に重いと言わざるを得ない。“死にたいな”“生きているのが辛いな”と毎日のように考えている弱い魂は、やはり弱々しい魂と感応同交してしまう。ニュースでの相次ぐ自殺報道で、「じゃあ自分も死のう」などと考えるのは愚者の発想である。いま一度、それなりの修養を備えた大人が、本当の意味での“いのち... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/11/22 23:16
この一日を生き抜くことに価値がある・・・共に“勇ましい高尚なる生涯”を
昨日は久々に仕事を休んだ。平日に休むのは、週末に休むのと違ってまた格別だ。社会は普通に動いているのに、自分だけがボヘミアン。そんな疎外感と優越感とが入り混じった思いが、また新たな創作活動の糧になる。ゆっくり新聞を読みながら、クロワッサンとガーリックパンで朝食。太陽が連れてきた、光の粒子が庭先で遊戯を始めた。まるで自分の今年の運勢ように、今日の天気も晴れ晴れだなどと他人が聞いたらサムイことを考えたりする。洗濯した後に掃除機を掛けていたら、早稲田の社会人サークルの友人から電話が。なんでも、秋の学園祭... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/20 21:00
孤独は時に人を強くするー忘れられない歌を明日も胸に抱こう
仕事を18時に終え、夜風に吹かれながら山手線沿線を歩いた。巣鴨に着いたところで、腹が鳴ったので夕食。駅前の回転寿司屋に入る。テレ東の『出没!アド街ック天国』でも紹介された有名な店だ。1皿130円の割にネタの活きがいい。口の中でとろけるサーモンを、あさりの味噌汁で喉に流し込む。寿司はいくら食べてもカロリーが肉に比べて低いから、ダイエットにはいいらしい。目の前にプリンが流れてきた。本能のまま手を出しそうになったが、理性でなんとか抑える。最近、ようやく体重も落ちてきた。毎日少しずつ積み重ねた努力を、一... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/09/22 23:20
友よ、今宵も優しい歌に抱かれて
今日は、本八幡のライブハウスに足を運んだ。かつて同じロックバンドで一緒に楽曲をつくっていた、旧き同志が現在在籍するバンドの演奏を観るためだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/04/28 23:29
“すばらしい日々”を創るためにーくちびるにいつも歌を持て
何気なくテレビを見ていて、ドキッとする瞬間がある。最近ソニーのハンディカムのCMでかかっている、ユニコーンの『すばらしい日々』が耳に入ってきたときだ。あの奥田民生がボーカルを務め、現在は「気志團」のプロデューサーとして活躍中の阿部義晴がキーボードを弾いていた伝説のロックバンド。活動期間は僅か6年だったが、ハイレベルな音楽性と唯一無二の存在感で日本の音楽史に鮮烈な足跡を遺した。深夜にTBSで放送されている『CDTV』の「再結成してほしいバンド投票」でも、今もなおこのバンドは上位にランクされている。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/03/08 22:39
苦節6年目の栄冠!倖田來未が日本レコード大賞を受賞
昨年の大晦日に行われた「第47回日本レコード大賞」で、倖田來未の「Butterfly」が大賞に選ばれた。『エロかっこいい』をテーマに10代から圧倒的支持を受けた2005年の勢いを今後も維持できるか?星回りから探っていこう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 5 / コメント 0

2006/01/02 17:31
桑田佳祐3時間完唱!サザンオールスターズが東京ドーム3DAYS
不世出の天才・桑田佳祐率いるサザンオールスターズのライブツアー『みんなが好きです!』の東京ドーム公演を観に行った。「希望の轍」「愛と欲望の日々」「栞のテーマ」など新旧の名曲を披露、音楽の神に選ばれた男のパフォーマンスに魅せられた3時間であった。ボーカル・桑田佳祐は1956年2月26日生まれの八白土星。1956年12月11日生まれのキーボード・原由子、1956年4月4日生まれのドラムス・松田弘も八白。1955年12月21日生まれのベース・関口和之は九紫火星。1954年10月19日生まれのパーカッシ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 9 / コメント 0

2005/12/04 21:46
桜井和寿跳ねる!Mr.childrenが東京ドームで熱狂ライブ
東京ドームで行われたMr.childrenのライブを観に行った。「LOVEはじめました」で始まり、最新アルバムのオーラス「潜水」で締めくくった2時間半。日本でトップに君臨し続けるモンスターバンドの圧倒的な実力を見せつけられた至福の時間であった。ボーカル・桜井和寿は1970年3月8日生まれの三碧木星。1969年11月19日生まれのドラムス・鈴木英哉、1969年8月26日生まれのベース・中川敬輔、1969年9月24日生まれのギター・田原健一はいずれも四緑木星で、積極的な三碧とは対照的で何事も主体性に... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/11/27 02:03
GLAYの偉大なるリーダー・TAKUROに第1子が誕生!
90年代後半に日本の音楽シーンを席巻したロックバンド「GLAY」のリーダー・TAKUROに第1子が誕生したことがわかった。1971年5月26日生まれの本名・久保琢郎は二黒土星。1977年8月15日生まれで五黄土星の妻・岩堀せりとは比和の関係。夫婦というより戦友、同志といった結びつきで、攻撃性を包み隠してお互いを常に尊重しあうことがポイント。同一空亡なので、いつまでも仲睦まじく暮らせる可能性が高い。5月26日生まれの人は人を惹き付ける能力に長け、自分に寄ってくる人を尊重するので人望が厚い。思い... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 2

2005/10/16 14:44
“鍵盤の魔術師”の落日・・・小室哲哉が金欠でJ1スポンサー料滞納
90年代の音楽シーンを席巻し、TMNETWORK、globeのリーダーとしても活躍したミュージシャンの小室哲哉が、メーンスポンサーとなっているJ1大分のスポンサー料7千万円を滞納していることが分かった。1958年11月27日生まれの六白金星。伝説のギタリスト・ジミ・ヘンドリックスや松下幸之助と同じ誕生日。普段は温厚で腰も低いが己のスタイルを頑なに守り通し、自分を理解してくれる人間には愛情を注ぐ。しかし自分への批判者は決して許さないといった傾向。人生の盟友・1957年10月25日生まれの宇都宮... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 2

2005/09/16 23:25
スタジアム伝説最終章・・・渡辺美里西武ドームに涙の別れ
日本ガールポップの偉大なる先駆者・渡辺美里の西武ドームファイナルライブ“NO SIDE”を観に行った。20年に及ぶ音楽人生の集大成となった3時間半、3万9千人の大観衆を前に数々の名曲を披露。前人未踏のライブはこの日伝説となった。1966年7月12日生まれの七赤金星。七は七福神の七で、喜悦、安心、団欒といった幸福の星。絶頂期を過ぎても根強いファンに支えられる理由はこの星にある。今年は変動期で、スタジアムライブに終止符を打ったのも新しい挑戦に魅力を感じたためか。外格20の四大凶数を抱えるも、辺は2... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 0

2005/08/07 12:14

トップへ | みんなの「音楽関連」ブログ

八田靖彦・奇跡の言霊ブログ(旧・奇跡の占いブログ) 音楽関連のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる