アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「心が軽くなる生き方とは」のブログ記事

みんなの「心が軽くなる生き方とは」ブログ

タイトル 日 時
日本の未来が間もなく決まる・・・聖なる祈りを捧げて命あまさず生きよ
日本の未来が間もなく決まる・・・聖なる祈りを捧げて命あまさず生きよ 西岡武夫参議院議長が亡くなった。毎日新聞の岩見隆夫氏は「もうひと花咲かすに違いない、日本の政情不安に一石を投じることになるだろう、と確信に近いものを感じていた」とその死を惜しんだが、混迷続く素人集団民主党の中でも抜群の安定感を示し、筋を通すプロフェッショナルの政治家の姿を体現した、稀有な存在であった。筆者は直接お目にかかったことはないが、早稲田の先輩であり、マスコミに籍を置いたという共通点で西岡氏には親近感を感じていた。新自由クラブへの参加と離党、国政と知事選合わせ3度の落選経験。その政治家人生... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 3 / コメント 1

2011/11/06 19:37
舌打つて鵙(もず)も月日も逝く如し・・・先人の汗と努力を水泡に帰すな
舌打つて鵙(もず)も月日も逝く如し・・・先人の汗と努力を水泡に帰すな 先週、食堂でタンメンを食べながら朝日の文化欄を読んでいたら、劇団『第三舞台』が解散という記事が掲載されていた。鴻上尚史氏が早稲田大学時代に結成し、まさに80年代の小劇場ブームを牽引した輝ける存在だ。私が子供の頃の鴻上氏といえば、ゲームの『ドラゴンクエストV』の歌を唄ったり、深夜に話題を呼んだフジの『TVブックメーカー』にベッター(賭人)として出演するなど、そのユニークな活動で人気を得ていた。月刊誌で「演劇やってベンツに乗ろう」という見出しだったか、稽古場でポーズをとる氏の姿を見かけたことがあった... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/31 18:27
聴こえてくる秋の足音を前に・・・ただ過ぎてゆく“日々”を“感謝”で彩ろう
聴こえてくる秋の足音を前に・・・ただ過ぎてゆく“日々”を“感謝”で彩ろう 三連休はいかがお過ごしだっただろうか。私は自宅で静養しながら、18日にライブへ行くUNICORNのアルバムを聴いていた。彼らの音を生で聴くのは2年半ぶりなので(『果てしなく続く“すばらしい日々”・・・ユニコーンライブに足を運んで』参照)、どんな演目なのかを想像するだけで胸が躍動する。そんな幸せな休日の中、欧州の金融大手、デクシアが破綻したというニュースが入った。以前の記事で世界恐慌、ブラックマンデー、リーマンはいずれも9〜10月に発生していると指摘したが、ギリシャに端を発する欧州危機の銃爪が弾か... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 2 / コメント 1

2011/10/11 12:49
消えない希望の歌よ、暗闇へ届けーMr.children“SENSE”ライブに大阪燃ゆ
消えない希望の歌よ、暗闇へ届けーMr.children“SENSE”ライブに大阪燃ゆ 19日に大阪・長居スタジアムで行われたMr.childrenの“SENSE”ライブに足を運んだことについて書き留めておきたい。大阪で仕事をして早1年半が経とうとしているが、長居駅で降りるのは初めてだ。梅田から乗った行きの御堂筋線の車内は、今ツアーのTシャツやタオルを身につける人々で溢れていた。昨年12月にリリースされたアルバムのツアー最終盤ということもあって、まだ関西に色濃く残る夏の余韻に、更なる思い出の花を添えることは必定である。隣に座った青年が聴いていたウォークマンからは、『HANABI』が... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 5 / コメント 2

2011/09/24 02:54
東日本大震災から半年の節目に・・・小さな光を探して未来に“美しい花”を咲かせよう
東日本大震災から半年の節目に・・・小さな光を探して未来に“美しい花”を咲かせよう 長崎に在住されておられる顧客のKさんから、お土産を頂いた。長崎カステラ本家・福砂屋のカステラに佐賀祐徳神社名産の“稲荷ようかん”、そして蘇州林の麻花兒(マファール)というお菓子のセットである(写真)。久々に、カステラにかぶりつく。卵と砂糖、水飴のハーモニーがなんとも絶妙だ。福砂屋は寛永元年(1624年)創業。ポルトガル人から南蛮菓子の製法を伝承された後、日本人の口に合うよう改良を重ねたという。創業以来不変なのは、卵の手割りから泡立て、混合、攪拌、焼き上げまで一人の職人がつきっきりで仕上げる点だそ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 2 / コメント 2

2011/09/12 12:47
必ず来る夜明けに向かって・・・かつてなかりし苦しさをたへゆく強き民となろう
必ず来る夜明けに向かって・・・かつてなかりし苦しさをたへゆく強き民となろう 震災から1ヶ月が過ぎた。民主党政府は相変わらず無策無能を曝しているが、気仙沼では朝市が再開されるなど、市井の自助努力により復興への胎動が徐々に聞こえてきている。私がかつてキャストとして身を置いた、東京ディズニーランドも営業を再開した。ミッキーとの再会に涙する子供達の姿を観ると、やはりエンタテイメントは現代人に必要不可欠なものだという思いを強くする。プロ野球では、我が早稲田の斎藤佑樹が初勝利を飾った。北海道から素晴らしいプレーで、被災地を励ましてあげてほしい。石巻には今週、歌手の長渕剛氏が訪問して... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 10

2011/04/17 20:31
「心の一灯」の提案
知己である漫画家・橘しいな先生より、素晴らしいご提案がございました。どうか被災者の皆さんのために、生活に余裕のある方は、節電にご協力ください。以下、頂いたご提案を転送させて頂きます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/03/13 19:43
よろずの願ひ叶はざらめや・・・・青春の記憶を胸に今年も多くの魂を護りたい
よろずの願ひ叶はざらめや・・・・青春の記憶を胸に今年も多くの魂を護りたい ようやくブログに向かう余裕ができた。正月前後は記憶が飛び飛びなので、順不同でつらつら書いてゆくがご了承願いたい。それにしても、開催中のアジアカップでは、ザックJAPANに大いなる感動をもらっている。準々決勝では完全アウェイの中での、2-3の奇跡的な大逆転勝利。後半18分、吉田麻也の退場で10人となった隙に2点目を入れられた時は敗北を覚悟したが、香川真司の期待通りの活躍には心が躍動した。45分、長谷部の縦パス→香川のドリブル→伊野波雅彦のシュートに、天佑を感じた日本人は一体何人いただろうか。伊野波... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 8 / トラックバック 3 / コメント 0

2011/01/29 17:09
笑顔と涙がわき出づる復興の街で・・・希望の灯を永久にともし続けよう
笑顔と涙がわき出づる復興の街で・・・希望の灯を永久にともし続けよう 自宅近くの元町で開催されている、『神戸ルミナリエ』に足を運んだ。平成7年の1月に起こった、阪神・淡路大震災で亡くなった方々への、鎮魂と追悼を目的として行われてきたこの企画も、はや16回目を数える。駅で降りると、そこにはかき分けるのも困難な人波が。会場へと続く道は、すべて車両通行止めとなっている。不測の事態に備えて、警察の警備も物々しい。『鎮魂と絆のゾーン』と題された車道には、『目的地までおよそ60分』と記された看板が掲げられていた。天気も良く微風も心地良い、夜の散歩にはいい機会である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/07 23:27
全ての事がいい予感であり吉兆ーいま一度、“家族の大切さ”を確認して心を温めよう
全ての事がいい予感であり吉兆ーいま一度、“家族の大切さ”を確認して心を温めよう そんなこんなで、早くも師走である。そろそろ、元日に発表する平成23年の予言を書かねばならない。来年は、端的に言えば“世代交代が加速する”一年になるだろう。まあそれは本編に譲るとして、明治安田生命が、恒例の『今年生まれた赤ちゃんに付けられた名前』ランキングを発表した。男児は「大翔」と書いて“ひろと、はると、やまと”、女児は「さくら」が首位だという。2位以下は「虎太郎」や「大雅」、「陽菜(ひな、はるな、ひなた)」「結愛(ゆあ、ゆな、ゆめ)」など。このブログを長いこと読んで下さっている方はお気づきだと... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/12/03 23:10
磨かずて身に光なしー若者よ、無限の可能性を最初から狭めてはいけない
磨かずて身に光なしー若者よ、無限の可能性を最初から狭めてはいけない お陰様で、仕事は年末の挨拶回りが始まり大変忙しい。景気が上向かない現状で、やるべき仕事があるのは幸せなことだ。連日、就職難だと騒がれている。日経によれば、10月1日現在大卒の内定率が史上最低の57%だという。今夏にも読売が『就職留年7万9000人』と大きく報じていたが、私は申し訳ないが大学生には同情できない。大企業の求人倍率は0.57倍だが、中小企業のそれは2.16倍もある。中小が大学で就職説明会を行っても、学生は集まらないという。プライドが高いのか何かは知らないが、仕事なら世の中に“いっぱいあ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/21 20:54
“仲間を大切にする社会”は必ず再びやってくるー秋の祝日に考えたこと
“仲間を大切にする社会”は必ず再びやってくるー秋の祝日に考えたこと ファッション業界の老舗新聞紙として著名だった『日本繊維新聞』が、11月1日をもって経営破綻・休刊となった。私は2年前の春、この会社で記者募集があった際に受験し、社長面接まで行っている。結局縁はなかったが、あの時私を面接していた人たちは、これから就職活動をしなければならないのだろうか。当時は社員数も50名以上はいたと思うが、営業停止時は33名。リストラで大鉈もふるったのだろうが、5億円の負債はどうにもならなかったのだろう。経済評論家の三橋貴明氏も、最近自身のブログで斜陽産業としての新聞業界について... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/11/04 12:58
日々研鑽、日々努力・・・それぞれ頑張ってまた楽しい日本をつくろう
日々研鑽、日々努力・・・それぞれ頑張ってまた楽しい日本をつくろう 三連休をいかがお過ごしだろうか。私はお陰さまで、大変忙しくさせてもらっている。ただ、せっかくの休みなので、音楽を聴いたり適当に気分転換の時間も確保している。ここ何日かは、UVERworldのニューシングル『クオリア』がヘビーローテーションだ(AKB48さんの新曲も同じタイトルだったか)。TAKUYA∞のボーカルは、哀しいほどに切ない。目を閉じて聴いていると、高校時代に詩の創作や写真に熱中した日々が蘇るのは、一体何故だろう。新曲は、『劇場版 機動戦士ガンダム00』の主題歌だという。ガンダムといえば... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/19 22:55
自分のステージを上げるために・・・“行き止まり”の柵を立てずに向上心を燃やそう
自分のステージを上げるために・・・“行き止まり”の柵を立てずに向上心を燃やそう 『ハナ肇とクレージーキャッツ』で活躍した谷啓さんの訃報が入った。自宅で階段を昇っている時に誤って頭から落ち、脳挫傷でそのまま不帰の人となったという。なんとも、喜劇人らしい幕切れだ。2年前、早稲田の文学部で宮沢章夫先生の『サブカルチャー論』を受けた時、クレージー映画が題材になったことがあった。高度経済成長時代、谷さんが植木等と共に大衆の希望の星であったことを、改めて知った記憶がある。谷さんといえば『ガチョーン』という不滅のギャグがあまりにも有名だが、私が子供の頃は既に、お笑いから俳優業の方に軸足を... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/09/12 16:52
迫り来る未曾有の国難と対峙するために・・・日々それぞれの“たのしみ”を見つけよう
迫り来る未曾有の国難と対峙するために・・・日々それぞれの“たのしみ”を見つけよう 9月に入ってすぐ、沖縄で5.5kmの巨大な渦が出現したというニュースが入った。海上保安庁によれば台風による強い風が原因だというが、発生場所はあの“ニライカナイ” 九高島である。いつまでも心眼を開けない愚民を飲み込むヘルズ・ゲート(地獄の門)か、それともアセンションした魂を迎えるヘブンズゲートか。リヴァイアサンの話で言えば、今の日本は富める者への“嫉妬”で、多くの貧しい者が“大罪”を犯している危険な状態ということかもしれない。猛暑が続いているが、今夏は実に42万5000羽ものニワトリが死んだという... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/09/04 23:36
どれだけ優しさと涙を交換できるか・・・「かなしみ」を胸に明日も希望を歌おう
どれだけ優しさと涙を交換できるか・・・「かなしみ」を胸に明日も希望を歌おう 歌手の大黒摩季が、子宮疾患の治療に専念するために無期限の活動休止を発表した。大黒といえば、私が高校生だった90年代前半に『チョット』『ら・ら・ら』などヒットを連発。ZARDの故・坂井泉水と共に、当時栄華を極めたビーイング発ガールポップの旗手として大きな存在感を放っていた。昨日の朝はフジ系の『とくダネ!』に出演し、休止前のラストライブを披露。近頃再結成を果たしたLUNA SEAの真矢らをサポートに、『夏が来る』を熱唱していた(写真)。小倉智昭とのトークでは、卵巣嚢腫や子宮内膜症と戦いながら、体外授... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 1 / コメント 2

2010/08/27 14:54
苦労のない所に楽しみはない・・・「仕入れ」と「出荷」の連続で人生を豊かにしよう
苦労のない所に楽しみはない・・・「仕入れ」と「出荷」の連続で人生を豊かにしよう 暦では処暑だが、全国的には相変わらずの酷暑が続いている。仕事で訪問先に行くときはよくタクシーを利用するが、運ちゃんも「こんなんは初めてでっせ」と口を揃えて言う。日本は、亜熱帯化しているのだろうか。先週は、大阪商工会議所に足を運んだ。25代目となる現会頭は、京阪電鉄のCEOである佐藤茂雄氏。政府関係の公職を兼任して多忙を極めておられるが、重大な経営・政策判断の局面に入ると、必ず比叡山に籠もって瞑想をするという。忙しない日々の中にあって、沈思黙考して自分を“リセット”する時間が、何よりも鋭気を養う肝... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/08/23 17:51
喜びも悲しみも分かち合った日々に花束を・・・桑田佳祐氏の復活を心より願う
喜びも悲しみも分かち合った日々に花束を・・・桑田佳祐氏の復活を心より願う 前回は帰京中の出来事について書いたが、敢えて触れずにおいたことについて今回書きたい。桑田佳祐に食道癌が発覚し、秋に予定されていたアルバムリリースと冬の全国ツアー『全国への階段』が全てキャンセルとなった。FCの先行チケット抽選で東京、大阪公演とも当選していた私にとっては、年末の最大の楽しみがなくなってしまい大変残念な気持ちだ。一昨日は、そのFCから会報『代官山通信』の最新号が届いた(写真)。内容は癌公表前の制作されたもので、桑田が「四六時中、音楽主義宣言。」と銘打ってツアーへの意気込みを語っている... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/08 12:02
“自尊心”こそ心の支え・・・近しい存在を大切にして誇り高い人生を模索しよう
“自尊心”こそ心の支え・・・近しい存在を大切にして誇り高い人生を模索しよう 夏休みで帰京していた間のことについて書き留めておきたい。金曜は午後から休みを取り、新幹線で東京へ。首都の土を踏むのは、実に84日ぶりである。錦糸町の駅では、400mを越えたスカイツリーの、その順調な建設の進捗ぶりに驚く。東京本社に顔を出し、社長や役員に関西方面の現状を報告した後、東西線に乗って早稲田へ。早大生としてこの街に通ったのは僅か4ヶ月前のことなのに、もう既に遠い青春の記憶となりつつある。4年生時に英語の授業でペアを組んだY嬢と再会。在学中によく通ったグラウンド坂上にあるふぐ屋『若竹』にて... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/04 23:21
人間が“生まれる”ということ・・・その奇蹟に感謝して優れた魂と喜びを分かち合おう
人間が“生まれる”ということ・・・その奇蹟に感謝して優れた魂と喜びを分かち合おう 最近、知人から「八田さんの悪口が書かれたスレが2chに立ってますよ。大丈夫ですか」と心配されることが多い。それだけ、私も有名になったのだろうか。チラッとそれらに目を通してみたが、恐らくスレッドを立てた犯人は同一人物で、かつて『大学学部板』の“早大二文スレ”で私を叩いていた男子の早大生(今も在学中かは知らない)だろう。『ソープ板』や『中国板』で、私を“イケメン”だと言ってホメ殺ししている。プロファイリングするに、就職が決まらずヒマを持て余しているか、あるいは1度も異性とつき合った経験がないか。私が... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/21 14:53
目に見えない温かさを胸に・・・“やり甲斐”のある時代を共に築こう
目に見えない温かさを胸に・・・“やり甲斐”のある時代を共に築こう 普天間の移設問題は日米合意で辺野古に決着したという。一体、今までの騒ぎは何だったのだろうか。昨日の朝は、田勢康弘氏の『週刊N新書』を見ていた。番組の前半では、衆院安全保障委員長を務める民主党の安住淳が、ヘラヘラしながら今後の政局について話していた。なんの信念もない電波芸者。“脳水大臣”赤松広隆と並ぶ、早稲田の恥ずべき先輩である。現政権の最大の欠陥は、「誰も危機感を感じていない」という点であろう。毎日新聞の松田喬和専門編集委員が、15日の朝刊で「鳩山内閣の懸案は基地、献金、景気の“3K”であったが... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/23 17:16
心と心で結んだ絆が必ずこの国を再生させるー鯉のぼりに温かい未来を重ねて
心と心で結んだ絆が必ずこの国を再生させるー鯉のぼりに温かい未来を重ねて 関西の地より、初の更新である。引っ越し作業も、伯父夫妻をはじめ親族総出の協力でほぼ片付いた。感謝に堪えない。会社の阪神支局は大阪に在るが、住居は生まれ故郷である兵庫の地に定めた。作業の休憩中には、ある親族に「天国のおばあちゃんが、あなたが帰ってくるから皆に協力してって指示を出したんじゃないか」と言われた。伝統的に女系の八田当家に於いて、唯一の男子だった私を祖母は大変可愛がってくれた記憶がある。仕事での赴任とはいえ、この土地に帰ってきたことを喜んでくれているのだろうか。先月の20日には、34歳にな... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/05 19:18
現実の社会の痛みに耐えること、その試練が夢を更新させ続ける力になる
現実の社会の痛みに耐えること、その試練が夢を更新させ続ける力になる 大阪赴任が間近に迫り、荷造りの方を急ピッチで進めている。今回の更新が、転勤前の最後の更新になるかもしれない。多くの友人たちが別れを惜しんで壮行会を企画してくれたが、急な辞令のためにマンション探しや引っ越し手続きの作業に時間を取られ、その全てに顔を出すことは難しい状況になってしまった。この場を借りて感謝とお詫びの念を表したい。ダンボールへの詰め込み作業で悩むのは、書庫に溢れる本という本の中から、どれを選んで大阪へ持っていくかということだ。向こうでも鑑定活動は続けるので占いの基本書と資料は当然持って... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/04/25 18:49
花無きを待って空しく枝を折る莫かれ・・・希望を形にする時代を創るために働こう
花無きを待って空しく枝を折る莫かれ・・・希望を形にする時代を創るために働こう 大阪赴任の日が間近に迫り、仕事と並行してダンボールに物を詰め込む多忙な毎日である。このブログも、更新の間隔が著しく開くと思うが、どうかご了承願いたい。この一週間で記憶に残ったことについて記しておく。月曜は、取材で早稲田にある専門商社へ。母校・早稲田大学の文学部キャンパス裏に本社を置いて40年、プリント配線板という、地味ながらも日本人に生活向上に大きな役割を果たしてきた技術を扱っている優良企業だ。大学時代は、キャンパスに登校する度に必ずこの会社の前を横切っていた。先輩記者である月刊経済誌の編集長と... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/18 14:48
最も大きな快楽は人を楽しませること・・・その作業に生きている意味を見出そう
最も大きな快楽は人を楽しませること・・・その作業に生きている意味を見出そう 巨人の木村拓也守備コーチがクモ膜下出血で急逝した。38歳の誕生日を目前にした、突然の旅立ち。木村さんといえば“球界のキムタク”の愛称で、爽やかな笑顔で人気を集めた。今年の正月、日テレの『中井正広のブラックバラエティ』に阿部慎之助や山口鉄也と共に出演し、野球物まねで楽しませてくれた姿が忘れられない。短いながらも、素晴らしい生き様を見せてもらった。合掌。月曜日は、昼に日本橋三越本店で開催されている日本美術院主催『第65回 春の院展』に足を運ぶ(写真)。同人の先生方による新作を眺めることができる、なん... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/04/07 22:09
一滴の雨水も聚まれば大洋を成す・・・早稲田の森よ、永遠なれ
一滴の雨水も聚まれば大洋を成す・・・早稲田の森よ、永遠なれ お蔭様で、木曜日に早稲田大学を無事に卒業した。その前後のことについて記したい。水曜は大隈庭園裏にあるホテル『リーガロイヤル東京』で、早稲田大学校友会主催「卒業式前夜祭」に参加。このホテルに入るのは、なんと4年間で初めてである。この日の司会は、昭和58年第一文学部卒のフジテレビアナウンサー・牧原俊幸氏。冒頭で「先日まで“キャンパスナイトフジ”という女子大生番組を担当しておりましたので、大学生は得意でございます」と笑いを取っていた。翌日一緒に卒業を迎える同級生と、しばし歓談。我が第二文学部は卒業予定... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/03/27 18:37
功の崇(たか)きはこれ志・・・人生の大事業を成す為に勤勉を親友にしよう
功の崇(たか)きはこれ志・・・人生の大事業を成す為に勤勉を親友にしよう 古い付き合いの友人・C嬢から、ハワイ帰りのお土産をもらった。ホノルル限定の人気ブランド・『88TEES』のTシャツである(写真)。Tシャツを受け取って家に帰ったら、ちょうどテレビで『さんまのまんま大全集』を放送していて、ゲストの佐々木健介がやはりこのブランドのTシャツを着ていた。C嬢のことをこのブログで書くのは初めてだが、彼女は某国立大学の法学部を出た後、外資系で役員の秘書をされている才媛だ。大変活動的で、多忙な毎日の合間を縫っては、国内外を問わず旅に出て休暇をエンジョイしている。仕事も遊びも一... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/21 20:06
“今が一番いい”と思える人生のために・・・いつか胸を満たしてた夢まで戻ろう
“今が一番いい”と思える人生のために・・・いつか胸を満たしてた夢まで戻ろう 最近、電車など外での移動中にASKAのニューアルバム『12』(写真)を聴いている。何度も書いているのでご存知の方も多いと思うが、かつてプロの作詞家を目指した自分にとって、飛鳥涼は最もリスペクトする作詞家の一人だ。昨年のCHAGE and ASKA無期限活動休止宣言が記憶に新しいが、52歳になったASKAなりの解釈で、かつてソロ、チャゲアス名義で出した名曲をカバーしている。収録されている『月が近づけば少しはましだろう』は、平成8年にリリースしたソロアルバム『NEVER END』に収められている一曲... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/11 12:07
土筆(つくし)が顔を出す季節に・・・「人生の春」を迎えるために力を蓄えよう
土筆(つくし)が顔を出す季節に・・・「人生の春」を迎えるために力を蓄えよう お蔭様で、早稲田大学の卒業が決まった。この4年間は仕事との両立で正直大変だったが、それなりの達成感はある。私の活動を応援し、激励してくださった全ての方に感謝したい。一昨日は、三遊亭楽太郎の“六代目 三遊亭円楽”の襲名披露があった。『笑点』仲間の桂歌丸師匠も、肺炎に冒された身に鞭打って出席。とても病身とは思えない元気な姿に、一ファンとして安心した。襲名挨拶では「2つの涙が出ました。1つは33年ぶりに寄席で披露できること。もう1つは口上に大将(先代円楽)がいないことです」と感泣した楽太郎。青山学院出... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/04 11:30
未熟なうちは成長する・・・1分も無駄にせずこの瞬間を前進への糧にしよう
未熟なうちは成長する・・・1分も無駄にせずこの瞬間を前進への糧にしよう 私立大学の一般入試も、ほぼ全て終了したようだ。前にこのブログでも書いた、秋の学園祭での対面鑑定会に来てくれた受験生のT君から、無事に早稲田の文学部に合格したというメールが届いた。「信じられません。これで夢の早大生になれます。本当にありがとうございます」と、心からの喜びを表現してくれていた。言うまでもなく、いわゆる“並の勉強”では、稲門は到底くぐれない。寸暇を惜しんで、参考書と向かい合ったのだろう。本人の努力はもちろんだが、不況が長く続く現在において、両親が物心両面で支援しなければ難関学校の合格は... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 3 / コメント 0

2010/02/28 15:42
人間の本分は堪忍と辛抱の中に・・・悲劇と喜劇の連続をそれでも生き切ろう
人間の本分は堪忍と辛抱の中に・・・悲劇と喜劇の連続をそれでも生き切ろう バンクーバー五輪では、日本男子勢の活躍が話題となっている。スピードスケートの長島圭一郎・加藤条治に続き、関西大学の高橋大輔がフィギュアでは日本初となるメダルをもたらした。一昨年秋の、右膝の靭帯断裂という試練を乗り越えての今回の栄冠に、心から拍手を贈りたい。表彰台に上がった息子の姿に、母親の清登さんは「大輔は家族の宝物です」と涙ながらに語ったという。一方で、織田信成君は演技中に靴紐が切れるというアクシデントに見舞われ7位。「彼の人生には笑いの中にも悲しみがある。彼が人を笑わせようとして、どれだけ苦... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 6 / コメント 0

2010/02/21 16:02
黙っていては進めない・・・どんな時でも希望の歌を口ずさんで前を向こう
黙っていては進めない・・・どんな時でも希望の歌を口ずさんで前を向こう バンクーバー五輪が始まった。4年前のトリノ五輪では荒川静香の金メダルのみであったが、今回はどのような結果になるであろうか。昨日の女子モーグルでは、期待の上村愛子が4位で一歩届かずという結果に終わった。不本意だっただろうが、日の丸を背負うプレッシャーは、我々の想像を絶するところにあっただろう。プログラムの前には、上村と夫の皆川賢太郎が歩んだ軌跡がドキュメントとして放送されていた。婚姻届を提出に行った区役所の前で、「遂に夫婦になっちゃいました」とおどける上村の姿が微笑ましい。皆川は本番直前のインタビ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

2010/02/15 10:14
この人生は“乾乾”(けんけん)の連続・・・そこに反省を加えて成功を手中にしよう
この人生は“乾乾”(けんけん)の連続・・・そこに反省を加えて成功を手中にしよう ようやく終了した、早稲田大学の卒業試験を振り返ってみたい。最初に提出したレポートは、中国問題の専門家・杉原たく哉講師の『比較イメージ論』。講義で3週に亘って取り上げられた文化大革命を題材に、日中の国民性の乖離と今後の展望について叙述した。暴君・毛沢東の威光をバックに専横を極めた『四人組』(江青、王洪文、張春橋、姚文元)の下で、中国人民は貧しい生活を余儀なくされていた。“批林批孔”のスローガンが喧伝される中、人民はそれでも孔子への崇敬の念を消さず、“中庸”を実践する周恩来首相を、孔子の化身として支... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/07 17:27
平成22年の幕開けにあたって
平成22年の幕開けにあたって 新年明けましておめでとうございます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/01/01 16:50
聖夜に・・・
聖夜に・・・ 今年もあの言葉を・・・ ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/24 14:19
多くの悩み、多くの苦しみ・・・それがあなたの笑顔に必ず花を添える
多くの悩み、多くの苦しみ・・・それがあなたの笑顔に必ず花を添える 昼の仕事では、お世話になった企業へのご挨拶回りが続いている。先日は、O先輩とともに恵比寿にある某商社へ。対応してくれた広報の女性は初対面ながら私のことを知っていたらしく、仕事の話は置いといてすっかり対面鑑定の様相になってしまった。大変喜んでくれたので結果オーライか。その後、今年の9月にオープンしたばかりの「MLB cafe TOKYO」へ。 あのベイブ・ルースの肖像をはじめ、大リーグの名シーンがパネルとして飾られている、野球ファンにはたまらない空間だ。1階のカフェ「FIELD CAFE 66」に... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/23 18:14
この街でまだ夢の途中ー友よ、また会おう
この街でまだ夢の途中ー友よ、また会おう 12月13日、20時25分。私はJR代々木駅に降り立った。『Live labo YOYOGI』で行われる、SHINAPSのライブを観に行くためである。前のライブを観てから、およそ100日ぶり。こんなに時間が開いたのは初めてだ。この日は、秋にバンドからの脱退を表明した盟友がドラムを叩くラストステージである。こうして駅から、浪人時代に代ゼミに通った頃と同じ道を往くのも一体何度目だろう。早稲田での学生生活が終焉に近づき、新聞社の仕事が激務になってきた現在、“青春の一片”であった代々木に通う機会を失うの... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/15 21:12
人は決して無力ではない・・・あなたを必要としている存在のために生きよう
人は決して無力ではない・・・あなたを必要としている存在のために生きよう 忙しい合間を縫って、色んな人と会ったり色んな場所を訪れている(物書きの基本だが)。この時期に、どうしてその場所に来たのか。どうしてその人と出逢ったのか。考え出したら止まらないが、とにかく「縁」を大切にする生き方を来年も心がけたい。水曜は、芸名の選定に関わらせて頂いた歌手のイザナギTaRO氏と、秋葉原で正月明けにO.Aするラジオ番組の打ち合わせ(写真)。TaRO氏と2人だけでゆっくり話すのは今回が初めて。深夜番組なので、リスナーは夜の街を流しているタクシーやトラックの運ちゃんが多いかもしれない。年... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/12 21:39
ありがとう、櫛風沐雨の戦士たちー09ラグビー早明戦を終えて
ありがとう、櫛風沐雨の戦士たちー09ラグビー早明戦を終えて 日曜日に国立競技場で行われた関東大学対抗ラグビー・第85回早明戦を観に行った。前日に慶應義塾大学が帝京大学に敗れたので、早稲田は明治に引き分け以上で優勝が決まる。8年連続勝利していた早明戦だったが、昨年は遂に記録にストップがかかった。優勝のかかった今年は、絶対に負ける訳にはいかない。代々木口で幹事の吉田英史君と合流。チケットを持って席に入る。座席は、早稲田のえんじ色と明治の紫紺が拮抗していた。明治は、平成時代初頭に主将を務めた吉田義人氏が監督に就任。「重戦車」復活で、昨年に引き続いての早明戦連勝... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/07 23:51
誰もが視野狭窄の時代に―自分の生まれた国を建て直すということ
誰もが視野狭窄の時代に―自分の生まれた国を建て直すということ 休養していた。多くの方から心配して頂き感謝に堪えない。ちょっと疲れが溜まっているので、これからもちょくちょく休ませてもらえればありがたいと思っている。ただ、ペンはこれまで通り過激にいくので、そこは心配して頂かなくて結構である。久しぶりに経済について語ろう。日銀が量的緩和(らしきもの)を行う動きを見せたが、不徹底なため円高を解消するには至らなかった。経済音痴の副総理・菅直人がデフレ宣言をした後に自身のHPで左翼革命家丸出しの錯乱文章を書いて世の失笑を買っていたが、現政権に円高とデフレのダブルパンチ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 4 / コメント 3

2009/12/02 21:54
自分にできるすべての善行を積むーそれに皆が気づけばこの世は必ず変わる
自分にできるすべての善行を積むーそれに皆が気づけばこの世は必ず変わる 漫才師の亀山房代が急死した。死因は心室細動だという。亀山といえば、「ザ・ぼんち」の里見まさとの2番目の相方として世に出、上方漫才大賞を受賞した実力派であった。人生には、その人にとって絶対に必要な“邂逅”というものが2,3度ある。「ザ・ぼんち」解散後は鳴かず飛ばずだった里見まさとを再び表舞台に出し、その後の“ぼんちおさむとの再会→ザ・ぼんち再結成”へと繋げた亀山は、まさとにとっては“神の化身”と言っても良い存在であったのではあるまいか。残された長女はまだ7歳だという。娘さんも、大変に厳しい魂の学び... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/11/25 22:00
「君のおかげ」で優しくなれる・・・お互いを思い合える社会を再び建設しよう
「君のおかげ」で優しくなれる・・・お互いを思い合える社会を再び建設しよう フジテレビで放送している『たけしの日本教育白書』を観ていた。去年も中々良い番組だったが、今年も興味深い内容だ(爆笑問題の太田光のギャグが今年は少々下品過ぎるが)。最近の親は、子供の運動会に行っても自分で弁当を作らず、デリバリーを頼んだりファミレスで済ますという。一緒に夕食をとっても、食べているものは皆バラバラ。昭和といえば、例えばドラマの『前略おふくろ様』や『寺内貫太郎一家』の食事風景にあるように、父親を中心とした家族団欒が一般的であった。封建的な面が強かったそれが、全て良かったとは言わない。し... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/22 23:45
涙の海を越えて人間は“大人”になるー09秋の早慶戦を終えて
涙の海を越えて人間は“大人”になるー09秋の早慶戦を終えて 祝日はどのように過ごされただろうか。めっきり寒くなったので、私は自宅で厚着をしながら週末の早稲田祭対面鑑定会で予約を頂いた方の鑑定精査をやりつつ、体力回復のために昼寝した。お陰で大分蓄積していた疲労も飛んだようだ。本番までに体調を崩さないようにしたい。今日は、日曜に観に行った東京六大学野球・秋の早慶戦について書こう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/04 00:53
偉大な魂が彼岸に続々旅立つ時代に・・・ただ全ての幸福を“弘誓”したい
偉大な魂が彼岸に続々旅立つ時代に・・・ただ全ての幸福を“弘誓”したい 金曜日は午後から、有楽町の帝国ホテルへ。4階松の間で行なわれた『富士谷紹憲先生を偲ぶ会』に出席(写真)。入口で記帳を済ませ中へ。正面には、富士谷先生の遺影と愛用されていた遺品のカバンが飾ってある。生前の富士谷先生の人脈の広さからか、政界・マスコミ界では大物と言われる方々も顔を見せていた。富士谷先生が生前、特に目を掛けられた藤井孝男元運輸大臣、森英介前法務大臣の挨拶の後、『全国知事会』の会議終わりで駆けつけた上田清司・埼玉県知事の音頭で献杯。上田知事は「先生の国を思う烈情の万分の一、それ以下の一か... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/11 19:10
最愛の我が子を亡くされたご両親へ・“あの世”での再会を胸に命の炎を燃やし抜こう
最愛の我が子を亡くされたご両親へ・“あの世”での再会を胸に命の炎を燃やし抜こう 台風18号の上陸が近づいている。伊勢湾台風に近い被害が懸念されているが、これもアセンションによる“日本洗浄・大淘汰の序章”であろう。私は今夜もいたって平静だ。お陰様で、早稲田祭で行う対面鑑定会の予約を続々と頂いている。それだけ、悩みを抱えた魂が世に溢れているのだろう。以前、メールで鑑定した地方にお住まいのご婦人が、私に会うために上京してくださるという。ありがたいことだ。今日は、ご本人の了解を得て、そのご婦人の出来事について書かせて頂きたい。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/07 23:52
神による選別の季節を前にーただ、ひたむきに高次の魂と夢を語れ
神による選別の季節を前にーただ、ひたむきに高次の魂と夢を語れ 元財務相の中川昭一が急死した。鬱病の薬を酒で恒常的に飲んでいたことによる事故と思われる。個人的には、政界再編後に重要な役割を演じるキーマンになると見ていただけに残念だ。昭和58年正月に起こった父・一郎の非業の死をかすかに記憶している私としては、中川家に流れる“悲運の血”を感じる。父の果たせなかった総理の座を息子がいずれ射止めると、多くの保守が期待した。ただ今は冥福を祈るばかりだ。これも、アセンションによる魂の移行だと考えたい。本当なら、鳩山内閣に入閣している“破壊工作員”連中こそ、この世から消え... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/04 21:30
11月7日/8日早稲田祭・出張対面鑑定会詳細のお知らせ
11月7日/8日早稲田祭・出張対面鑑定会詳細のお知らせ 場所:早稲田大学早稲田キャンパス・法学部棟8号館3階307教室(大隈重信銅像正面左・写真の建物) ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/30 20:32
新しい世界へ旅立つあなたへー懐かしい歌も笑い顔も胸に抱いて前を向こう
新しい世界へ旅立つあなたへー懐かしい歌も笑い顔も胸に抱いて前を向こう 失踪していた漫画『クレヨンしんちゃん』の作者・臼井儀人氏と見られる遺体が発見されたという。漫画が原作となった映画『BALLAD』の大ヒット中の悲報とあって、世間には衝撃が走っている。漫画家は、精神的にも金銭的にも非常に不安定な職業だ。ちばあきおをはじめ、自ら命を絶った例も多い。多くの人に夢を与える職業は過酷だ。『クレヨンしんちゃん』は『漫画アクション』に連載していただけあって、社会派の佳作が非常に多かった。今はただ、臼井氏が残した作品群がこれからも愛され続けることを願ってやまない。合掌。水曜は前... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/19 22:50
苦界を乗り越え“この体”で生を燃やしぬこうー片岡鶴太郎展に足を運んで
苦界を乗り越え“この体”で生を燃やしぬこうー片岡鶴太郎展に足を運んで 千葉三越で開催されている「墨戯彩花(ぼくぎさいか) 片岡鶴太郎展'09」に足を運んだ。お笑い芸人としてスタートし、ボクサー、俳優、そして絵師と、華麗な転身を続ける我らが鶴太郎。今では、気安く「鶴ちゃん」と呼べない存在になってしまったが、その作品は、あくまで我々と同じ庶民の側に立った、温かみを失わない視点を保ち続けている。画業14周年を迎え、円熟味を増してきた彼の最新作を楽しみに、会場へと入った。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/13 19:58
“死にがい”とは一体何だろうかーその答えは“よく生きる”時間の中にある
“死にがい”とは一体何だろうかーその答えは“よく生きる”時間の中にある 今朝は、大工さんの槌音で目が覚めた。真向かいのお宅が、家を建て替えておられる最中だ。確かに眠りを妨げられたのかもしれないが、トンカチのリズムが何故か心地良い。太宰治が自裁の前年に、『群像』で『トカトントン』という作品を発表している。太平洋戦争の終結後、新しい時代の槌音がトカトントンと聴こえてくるという、暗さの中にもユーモアが垣間見える秀作だ(新潮文庫『ヴィヨンの妻』所収)。まもなく、生誕百年の桜桃忌である。三鷹には久しく足を運んでいないが、今年も彼の魂に感応した若者が、鎮魂の念を持ち寄るのだろう... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/17 17:27
優しさを繋いでゆくということーどんな苦境にあっても明日を捨ててはいけない
昨日、大隈講堂で行われた『夜回り先生』こと水谷修氏の講演会を観に行ったことを記したい。今回の講演会(『薬物乱用防止講習会』)は早稲田大学関係者限定の聴講ということで、講堂の座席は学生と教員で占められた。学生部長である島田陽一教授の開会挨拶の後、水谷氏が登場(下写真)。氏を肉眼で見るのは初めてだが、やはりその身体全体から、強い信念を感じる。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/13 23:02
荒ぶる魂と陸の王者の雄叫びは嵐を呼んだー春季早慶戦を終えて
日曜に春季早慶戦を観に行った時のことを記そう。朝6時に起床し、六大学野球観戦時の“正装”(こちらの写真)に身を包みいざ出発。半蔵門線の青山一丁目駅から徒歩で、外苑前のいちょう並木へ。朝9時の開門を前に、入場順位の早い学生たちが長蛇の列を成している。戦隊ヒーローやメイド、目玉の親父といったコスプレを身に纏った集団もいた。それぞれに、大学の一大イベントを盛り上げようという工夫なのだろう。幹事の吉田英史君と合流。10時過ぎに球場に入った。この日の天気予報は“曇り”。もしもの時のために、傘とレインコート... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/02 01:11
夢に年齢は関係ない・・・なお辛く苦しいときも、己の目標に食らいつけ
大相撲の東関親方が定年で退職されるそうだ。関脇・高見山大五郎といえば、私が子供の頃は、丸八真綿の『二倍、二倍!』のCMが印象的だった。ハワイマウイ島出身で、昭和39年初土俵。はじめはちゃんこの味になじめず、ケチャップをかけて胃に流し込んだという。その陽気さと相撲へのひたむきさで、多くの日本人から愛された。「40歳まで現役で相撲をとる」と言っていた彼だったが、その1ヶ月前に引退。当時の文相・森喜朗は、相撲好きで知られた昭和天皇に「高見山は残念だったろうな」と言われたという。そのことを森から伝えられ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/24 23:24
空に輝く星のように・・・清らかな魂に愛の松明(たいまつ)を捧げよう
GWに入った。皆さんは、どのようなプランを立てておられるだろうか。私は3日にさいたまスーパーアリーナで行われる、ユニコーンの『蘇える勤労ツアー』ライブを観に行く位で、あとは自宅で鑑定に集中するつもりだ。いい陽気である。昨日は兵庫の顧客から送って頂いた、『多幸(たこ)せんべい』(写真)を食べながら、芸能関係のニュースをチェック。ロサンゼルス発のカジュアルファッション『FOREVER 21』の日本初上陸で、1200人が原宿に集結したという。昨年の『H&M』の銀座進出時もそうだったが、今回も長蛇の列を... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/01 01:27
丹心を留取して汗青(かんせい)を照らさん―限られた生命の中で真心を時代に刻もう
河村たかしが、名古屋市長選で当選したという。“総理を狙う男”のキャッチフレーズでテレビにもよく出ていた河村だが、結局は「名古屋の総理」に落ち着いたということだろう。豚インフルエンザの件が気掛かりだ。GW中にメキシコへ旅立つ日本人も多いと聞く。感染が拡大しないよう祈りたい。土曜は早稲田で授業前に、昨年ご縁あって鑑定依頼を頂いたご姉妹と再会。初めて会った時より、随分とお綺麗になられていたので驚く。私が誕生日を迎えたということで、気を遣って沢山のプレゼントをお持ちくださった。御姉様からは、永楽屋細辻伊... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/27 00:33
花も草木もあなたも・・・それぞれに課されている“お役目”を真摯に全うしよう
芸能関係で大きなニュースが次々と入ってきている。SMAPの草g剛さんが逮捕された一件が最も世間に衝撃を与えているようだが、私にとっては小室哲哉の検察求刑がどうなるかに関心がある。TMNETWORKの長年のファンとしては、執行猶予がついた方が活動の早期再開が期待できる。しかし、彼の真の更生を考えた時、やはり実刑が妥当ではないかという思いにもかられる。それぞれ、“大きな魂の学び”を得なければならない時期ということだろう。昨日の大きなニュースといえば、タレントの清水由貴子さんが父の眠る霊園で硫化水素自... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/04/23 14:00
生命とはどこまでも温かきもの・・・なけなしの“愛”をお互いに献じ合おう
イチローがプロ18年目にして、遂に3086安打の日本記録を打ち立てたという。先日のWBCでの活躍も記憶に新しいが、胃潰瘍も乗り越えての今回の快挙に拍手を送りたい。一方、国内では作家・上坂冬子さんの訃報が入った。日本を代表する保守の論客であり、伝統的な日本女性の気高さを体現した稀有の存在であった。闘病中も新聞や雑誌で旺盛な言論活動を展開し、最近でも左翼の鶴見俊輔と対論集をだすなど、立場を異にする人物ともつき合う度量の深さを見せていた。死の床でも、日本の将来に思いを馳せていただろう。享年78。合掌。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/17 23:11
ミツバチはどこへ消えたのかーアセンションの時代を生き抜くために
お陰様で、東京大神宮(写真)の参拝からスタートした本日の『陽春開運ツアー』も無事終了した。参加者の方には、ご満足頂けたようで嬉しい。待ち合わせの頃と終了の頃では、顔つきがだいぶ変わっておられた。神様に、真摯な姿勢でお目通りすることで、憂いや苦悩から解放されたのだろう。第3回は、8月を予定している。今回の参加者の方から、アセンションについて質問が出た。今月の頭に書きそびれたこのテーマに絞って、今夜は参考になるものを紹介したい。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/12 22:17
何に対しても誠実であること、それは“魅力的な人格”を創る最善の道
今週から、大学の新学期が始まっている。文学部がある戸山の図書館では、入口に眩しいばかりの桜が咲き誇っている(写真)。顔にまだ幼さをとどめている新入生も、早稲田に入学できた喜びを噛み締めていることだろう。一方、顔なじみの同級生は皆、求職活動で一様にリクルートスーツ姿である。「八田さん、聞いてくださいよ。今日、面接でこんなこと言われたんですよー」という問いかけに応えることが多くなった。新しい仕事の開始までまだ時間があるので、この年齢で学生専業という、なんとも幸福な一時期を過ごしている。偶然か必然か、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/10 17:31
幸福の旅路は優しさとともにーだから男は『我妹』(わぎも)を探し求める
水嶋ヒロと絢香が結婚を発表した。人気絶頂のイケメン俳優と歌姫の決断に、まずは心から拍手したい。昨年はコブクロとのコラボレーションで元気な姿を見せていた絢香だったが、昨日の記者会見ではいまひとつ顔がすぐれないようだった。それもそのはず、彼女はデビュー直後から、甲状腺機能亢進症の一種であるバゼドー病を患っており、今回の結婚を機に療養生活に入るという。夫の水嶋は「彼女は必要不可欠。彼女なしでは走っていけない。この人を逃したら一生後悔すると思った。守っていきます」と力強く宣言。妻の絢香にとっても、この世... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/04 16:47
WBC2009総括ーそして、ヤマトには必ず再び陽が昇る
日本のWBC2連覇が決まった。宿敵・韓国を下しての勝利である。この試合をずっと観ていた日本人なら、10回表のイチローの打席に、“神”が訪れていたことを確信したはずだ。先発の岩隈久志はよくやった。5回裏のレフト・内川聖一の二塁へのスーパープレーには、日本中で歓喜の拍手が沸いたのではないか。内川は、村田修一の戦線離脱後に、優勝したら25番のユニフォームを持ってグラウンドを回りたいと言っていたという。どこまでも、“いい男”である。7回表の片岡易之、イチロー、中島裕之の3連打で2点目を入れた時は、完璧に... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 13 / コメント 2

2009/03/24 22:41
新しい誓いを立てる季節に・・・夢追い人が集う街で“己の道”を確かめたい
WBCでの、日本の快進撃が続いている。キューバを完封で撃破した昨日の試合は、7回の表でイチローが放った久々のヒットを、中島裕之が見事な犠牲フライで得点に生かした場面が印象的だった。本当に、いいチームになったとしみじみ感じた。今回の“侍ジャパン”は、30代の年長組が20代のメンバーと焼肉を囲んで決起集会を行うなど、チームの一体感醸成に心を砕いていたようだ。今日の韓国戦でも、そのチームワークの良さを発揮。2−2の同点で迎えた8回、小笠原道大と岩村明憲の猛打で3点を奪取した時は、テレビの前で歓喜の声を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/21 01:14
あなたは決して一人ではない・・・それぞれの持ち場で自ら“太陽”となれ
ようやく昼飯である。磯谷利恵さんが殺害された名古屋の『闇サイト殺人』の判決が地裁で出た。神田司、堀慶末に死刑、川岸健治は無期懲役。ネット時代の生み出した“膿”とも言うべき事件だが、永野宏子裁判長は女性ということもあり、被害者の無念を汲んでの判決だろう。全員が死刑判決でなかったのは非常に残念だ。川岸は自首を理由に無期になったというが、この男が最初にネットで呼びかけなければ事件は起きなかった。人間の根源的な欲求である共認機能(分かち合い)が、誤った形で露見した端的な例とも言えよう。この期に及んで、容... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 0

2009/03/18 13:24
人は皆、遊びをせんとや生まれけん・・・試練を乗り越えて“人生の春のドア”を開けよう
金曜の昼は、先輩の整理記者M氏に誘われパレスサイドビル9階『RESTAURANT ALASKA』にてランチ(\3,990)を頂く。夜は、昼の10倍の値段はするという高級店だ。皇居を一望できるカウンター席で、シュリンプのピラフとデザートのシャーベットに舌鼓。晴れの日は、皇居から放たれる光を全身で浴びることができるので体調も頗る良い。食事をしながら、これからのマスコミの展望と、ホワイトデーには何を返すかについて意見交換。インターネットが驚くべきスピードで浸透し、若者が新聞を信用しなくなった。これは“... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/03/15 02:17
卒業の季節に・・“卒業できない記憶”を胸に抱いて新しい夢へと挑もう
レミオロメンのアルバム『レミオベスト』を聴いている。彼らの歌では、『明日に架かる橋』が一番好きだ。以前『ミュージックステーション』でこの歌を演奏した時、ドラムの神宮司治さんが楽しそうにスティックを振り回していたのを覚えている。今朝の『めざましテレビ』では、渋谷109の前で『3月9日』を歌う彼らの姿が映し出されていた。街を往く多くの少女たちが、ボーカル・藤巻亮太の声霊に感応して足を止める。盛り場にいる女の子達に、根っからの悪い子は殆どいない。皆、“真実の愛”を探し求めている優しい魂たちだ。そういう... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/03/10 23:18
青年よ、常に野心家たれーそして、いつまでも心優しき人であれ
フジテレビで4時間以上放送されていた『開局50周年特別企画 ボクらの心に流れる歌』をずっと見ていた。懐かしい『ミュージックフェア』から『僕らの音楽』まで、選りすぐりの映像が速射砲のように出てくる。『夜のヒットスタジオ』の、山口百恵引退時の『さよならの向う側』がノーカットで聴けたのは嬉しかった。芸能人としての成功よりも、普通の女性としての幸福を選んだ姿は、いま見ても本当に潔い。夜ヒットが22年の歴史に幕を下ろした、平成2年9月の最終回は確か録画して倉庫に保管してある。明日は休みだから、久々に引っ張... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/28 03:01
不妊に悩む女性たちへ再び・慟哭の河を乗り越えて再度の奇跡を祈ろう
昨夜はテレビをずっと観ていた。今週の『ミュージックステーション』はレベルが高い。1番手の沖縄出身3人組、ステレオポニーの「泪のムコウ」は、繊細なボーカルに期待が持てる。機動戦士ガンダムの主題歌だそうだ。かつての「ZONE」のポジションに就くのではないか。再結成後早くも2度目の登場となるUNICORNは、アルバム『シャンブル』から『HELLO』を歌う(写真)。重厚な旋律といい歌詞といい、聴きながら16年前の解散前のラストアルバム『スプリングマン』に収録されていた「甘い乳房」を思い出した。かつて「い... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 3 / コメント 0

2009/02/22 04:07
“作為覇道”から“無為神國”へ・・・今こそ新しい次元への準備を始めよう
大学も2ヶ月ほど休みとなり、精神的にも身体的にも余裕ができた。日曜は中央線で久々に中野へ。駅に着くなり、気持ちが高揚する。いざ、中野サンプラザへ(写真)。8階第5会議室にて行われる、富士谷紹憲先生の新春講話『視界ゼロ、混迷する日本において、日本人はどう生きるべきか?」を拝聴するためにこの日は足を運んだ。富士谷先生は「昭和の歴代総理の指南番」と言われた安岡正篤師の直弟子で、「永田町の陰陽師」とも言われる方だ。最近は「夕刊フジ」をはじめ、マスコミへの登場も多い。今回は先生の弟子である友人のプラネット... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/26 21:46
面前の路径、狭めることなかれ・・・人生に無駄なことなど一つもない
今週の仕事も終わった。とりあえず、大学の試験期間中のことについてざっと振り返っておこう。12日の祝日は自宅でレポート作成。フランス文学者として著名な芳川泰久教授の演習の課題である、フロイトとカバラ占星術の関わりについて論じる。パソコンを叩きながら、フジテレビの夕方のニュースに麻生太郎総理が出ていたのに目を遣る。麻生が最後に一筆揮毫したのは、『国家の誇り』。一国の総理なら、誰もが常に考えていることだ。三木武夫以来の、33年ぶりの任期満了選挙が現実味を帯びてきている。火曜日は、大学で小林竜雄先生の演... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/24 00:10
幸福と繁栄は“辛苦の賜物”・・・たとえ小さくとも“決意の一歩”を踏み出そう
先ほどまで、フジテレビで放送されていた『HERO』を観ていた。8年前に放送されていたレギュラー放送の総集編も昨日から観ていたが、やはり木村拓哉という人間は、普通の芸能人ではない。郷ひろみさんと同じく、画面からも圧倒的なオーラを放っている本物の大スターだ。映画「ハウルの動く城」で共演した美輪明宏氏が、その俳優としての才能に惚れ込み告白したというエピソードはあまりにも有名だ。三島由紀夫や田宮二郎に似た色気とオーラを彼に感じたのだろう。私が出た高校が、かつて木村さんが一年だけ在籍した高校の近くにあり、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/04 02:45
平成21年の幕開けにあたって
新年明けましておめでとうございます。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/01/01 02:09
平成20年総括-来年も、共によき魂の旅を
本年最後の更新である。昨日は、勤務先の新聞社で内輪の納会。帰りは神保町から水道橋まで、早稲田大学の先輩でもある壮年の経済デスクT氏と歩いた。氏は高校も早稲田実業で、荒木大輔の1年後輩だという。いまは国分寺に移った早実キャンパスの話、今年逮捕された、先輩にあたる小室哲哉の話、ジャーナリズムの在るべき姿・・・等々、10分程度だったが有意義な話ができた。水道橋駅付近が騒がしい。この日東京ドームで行われた、EXILEのライブを観終わった人々の笑顔と熱気で包まれていた。厚生労働省の調査によれば、来春までに... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/12/28 03:06
この世界はすべて『神の島』・・・間もなく舞い降りる夜明けに“祈願”と“感謝”を繰り返そう
年の瀬ということで、社も取材先、取引先の挨拶ラッシュが続いている。私が所属する整理部にも、毎日お歳暮のおすそ分けが回ってくる。見出しの制作で煮詰まると、すぐ机の端で待機している菓子や煎餅、ゼリーに手が出てしまう。お陰でまた太りそうだ。そんな“たぷたぷ”の腹を抱えて、昨夜は大学で、『民俗芸能』の講義を受講。今週のテーマは、沖縄の巫女信仰について。地図で沖縄本島・南部知念半島から向かって右、“久高島”という名の島がある。かつて琉球王朝に君臨した尚氏が、琉球開闢の神(アマミキヨ)が五穀を持って伝来した... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/12/18 00:18
寒牡丹、その大小を言うなかれ・・・熱い生き様を誇れる瞬間をつくろう
日曜は関東大学ラグビー対抗戦・第84回早明戦を観に、国立競技場に足を運んだ。鼻水が止まらないので、顏の半分を覆うマスクで防御。13時半にJR千駄ヶ谷駅で、幹事の吉田英史君と合流する。今年も『生命のメッセージ展in早稲田大学』の実行委員ということで多忙のようだ。なんとか、試合前の校歌斉唱に間に合い着席。今回は学生席ではなく割高の自由席に座る。客席は、紫紺に染まる明治の応援団が圧倒的な数を占める。早明戦は8年連続敗北中、特に昨年は71−8の大差での惨敗。そして今年は24年ぶりに大学選手権への出場を逃... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/12/09 00:38
“別れ”は魂を鍛える試練・・・睫毛に涙を溜めながらその瞳で明日を見据えよう
FUJIWARAの原西孝幸の実母・尚子さんが急死したという。尚子さんは原西の相方・藤本敏史の母親と共にテレビに出演する機会も多く、お茶の間でも人気があった。『吉本印天然素材』以来、長期低迷が続いた息子を精神的に支えてきただけに、原西本人にとっては言葉にならない別れだっただろう。芸歴10年を越えてようやくブレイクを果たした息子の活躍する姿を見て、尚子さんは『もう思い遺すことはない』と思ったのだろうか。今週は、朝日の夕刊でザ・ドリフターズの加藤茶さんが『人生の贈りもの』のコーナーに登場しておられた。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/12/06 23:24
私たちは幸せを実感するための“共同体”・・・惜しみない愛をお互いに与え合おう
Yahooのトップニュースで、元モーニング娘。のリーダー・飯田圭織さんが、生後7ヶ月の長男を腎不全で失っていたことを知った。なんと、厳しい試練を神は彼女に与えたのだろう。以前『オーラの泉』で、女優の寿美花代さんが、初めて授かった長男・信夫ちゃんを生後6ヶ月で殺されたことを涙ながらに話しておられたのを思い出した。犯人は自宅のお手伝いで、自分の不遇な出自とスターの子供として生まれた信夫ちゃんを比べ、それを恨んでの犯行であった。芸能史に残る、なんとも悼ましい事件だ。そんな花代さんを献身的に支えたのは、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/12/01 02:30
あなたの味方は必ずいる・・・何度も気を取り直して社会へと踏み出そう
フジテレビで放送されていた、『たけしの日本教育白書』を観ていた。論客揃いの見応えある内容で、4時間半という暴力的な放送時間も長くは感じられなかった。ネットで太田光の殺害を予告する書き込みで逮捕された少年とのやりとりの場面では、スタジオの緊迫した空気がブラウン管からも伝わってくる(番組中の 「たけしさんは、理解できなかったらフライデー襲撃しちゃうんだから」という太田の発言には爆笑させてもらったが)。中盤からは東国原英夫・橋下徹両知事を招いての討論。両知事と私の共通点は、“早稲田出身の真正保守”とい... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/11/23 02:16
声は心がつくりだすもの・・・正しい想像力をふくらませて“熱い人生”を送ろう
今週の土・日は自宅で静養した。お陰様で、体調は頗る良い。土曜の深夜は、TBSの『スーパーサッカー』を見る。鹿島アントラーズが天皇杯で惜敗したのは残念だった。今週のメインは、『実況伝説』のコーナー。“世界の松下”の愛称でスポーツアナとして活躍し、今年、局内の人事異動で現役を去った松下賢次元アナが出演していた。ドーハの悲劇、マイアミの奇跡など歴史的な瞬間に立ち会った興奮を話す松下氏だが、私にとっては『ザ・ベストテン』の第3代司会者のイメージが強い。司会在職中に番組で知り合った系列局の女子アナと結婚さ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/11/17 01:27
縁は縁を呼ぶ、しかしその縁を“繋げてゆく”のは己の“誠意ある生き方”である
前回の続きになるが、有給休暇を取った水曜日のことについて書こう。記事を更新したあと、午前6時頃に就寝して12時に起床。朝刊各紙を読みつつ、溜まっていたビデオを見る。『たけしのTVタックル』では、教育問題を取り上げていた。ノーベル物理学賞を受賞した益川敏英氏がある会見で『共通一次(現・センター試験)は、カッコに入れるだけの選択問題。あれは教育汚染だ』と語っていた映像が流れ、深く頷く。あれは日本から二度と“天才”を出さないために、GHQが考案した日本弱体計画の一端だ。今年のノーベル賞受賞者は、4人と... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/11/14 20:49
風、光、木の葉・・・肉体は滅んでも、魂は愛すべき存在のそばに“寄り添って”いる
いま、BS日テレで放送されている『音楽のある風景』を見ながら、このブログを更新しようと思い立った。画面からは、60年代〜80年代のフォークやニューミュージックが、次から次へと流れてくる。本来は団塊の世代を対象にした番組だが、懐かしい気持ちになるのは何故だろう。先ほどはテレビ東京の『音遊人(みゅーじん)』に、アレンジャーの石川鷹彦氏が出演されていた。かぐや姫の代表曲『神田川』では情感溢れるマンドリンを演奏し、伊勢正三率いる“風”の『22歳の別れ』では、あまりにも有名な冒頭のギターフレーズを生み出し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/27 01:41
新次元出現前の混迷の最中で・・・この苦しい日々をいつか“授かった贈り物”に変えよう
金融激震が続いている。時事通信から逐一入ってくる商況の変動への対応に追われ、今日は椅子を温める暇もなかった。13年ぶりの1ドル=92円台、そしてそれに伴う“終値7649円8銭”である。ソニーの連結決算大幅修正、いわゆる“ソニーショック”が大きかったようだ。輸出企業の大打撃はもちろん、地方銀行の貸し渋りにも拍車がかかるだろう。月曜に行われた日銀支店長会議では、初めて全国の景況感を下方修正したという。中小の経営者で、年を越せずに命を投げ出す人も出てくるだろう。どうか、絶望だけはしないでいただきたい。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/24 20:58
歓喜の祝宴に涙あふれて・・・絆を広げて幸福の花咲く旅路を往こう
新幹線で山形へ行った。東北へ旅に出るのは、何十年ぶりだろうか。以前お子さんの名付けでご相談を受けたご夫婦が、この度めでたく挙式されるというので、披露宴に呼んでくださったのだ。易者にとって、鑑定を依頼してくださった方が幸福になってくれるのは、やはり至上の喜びである。はやる気持ちを抑えて、東京駅を発った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/10/05 23:15
“恐慌前夜”に慌てふためく莫れ・・・奉仕を忘れず『平安』の時代(とき)を信じよう
10月に入った。我々が住む地球が生まれ変わる為の“陣痛”とも言うべき、激動の出来事が世界で起こっている。米下院の金融安定化法案否決に端を発した金融危機は、いよいよブラックマンデー(世界同時株安)の悪夢と、本格的な“恐慌”の到来を予感させる。ニューヨークのダウ工業株30種が、下げ幅777ドルという驚愕の値をつけた。ドルの暴落の果ての終わりの見えないインフレが、貧困層の暴徒化という、地獄の季節の幕開けのファンファーレとなろう。世界皇帝を気取って暴虐の限りを尽くした『2つのR家』支配=アメリカ一極体制... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/10/01 23:52
涙の向こうには必ず幸福がある・・・その笑い声を明日を生きる力に変えよう
昨夜は仕事が終わった後、地下鉄で竹橋から新宿へ。2日前にサザンオールスターズのライブで会った、芸能関係の仕事をしている友人と早くも再会。サザンとの暫しの別れとなった横浜の夜について、改めて語り合いながら歩を進める。エレベーターに乗り7階へ。この日は『ルミネtheよしもと』へ、芸人のライブを観にきたのだ。昔は友人と、人力舎にホリプロと様々な事務所のお笑いライブを観に足を運んだものだが、最近はお互い忙しくなってそんな機会も少なくなってしまった。扉が開く。エド・はるみと世界のナベアツの似顔絵が迎えてく... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/26 21:35
人と人とが知り合うこと、その“束の間の邂逅”を明日を生きる糧にしよう
盂蘭盆を迎え、先にあの世へ旅立った親族や友人へ自然と思いを馳せるようになった。ときどき夢の中に出てきてくれたら嬉しいのだが、最近はその機会もない。こちらの世界でまだやるべきことが沢山残っているから、邪魔をしないようにという粋な配慮だろうか。今年の秋で易者生活も10年目に突入するのだが、ありがたいことにご縁あって鑑定を依頼してくださった方々から、毎年お中元を戴く。昨日はお子さんの命名で相談に乗らせてもらった山形のご夫婦から、チルド便で特産品を頂いた。こんな人間でも、人に感謝される人生を送れているの... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/13 23:48
檄文―誰もが“愛”に飢える時代に新しい次元の胎動を感じよ
秋葉原で、何人も殺傷される通り魔事件が起きた。犠牲になられた方には、来世での善き再生を祈りたい。そして遺族の方には、今は掛ける言葉もない。物質的な豊かさを得た代わりに、先進国に生きる我々の心は貧しくなった。それを端的に表したのが今回の事例ではないか。来るべき2012年のアセンションに向け、我々は何を信じて歩を進めれば良いか。今回は、今後の世界情勢を読む意味で、易占家としての立場から“檄文”のようなものを綴ってみたい。いくつか重要な予言を含んでいるので、心臓の悪い方は以降の記事の閲覧は控えて頂きた... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 4

2008/06/09 19:29
自分の友と自分の魂・・・それだけが両手にあればこの世は必ず“楽園”になる
かつてTBSの女子アナとして人気を誇った川田亜子が自殺した。理由は錯綜しているが、生きる気力を失くしたのだろう。難関を突破して民放キー局のアナウンサーになり、文句のない美貌と絶大な人気を得ても、人生に絶望して死を選んでしまう“この世”とは、一体何なのだろうか。こういう結末を選ぶのなら、彼女はアナウンサーに“なんか”ならなければ良かったということになる。このブログをよく読んで下さっている方から、早くも「川田さんが亡くなったのは、やっぱり“亜”の字は人名に使ってはいけない漢字だったからでしょうか」と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/26 19:10
サザンオールスターズは必ず“全員集合”するー嗚呼、わすれじのレイド・バック
ご存知の通り、我らがサザンオールスターズが結成30年を迎える今年一杯で無期限の活動休止だという。物心ついた頃から彼らの音楽を聴いて育ち、ファンクラブ“サザン応援団”にも入っている身としては大変残念だ。今回の休止宣言で特徴的なのは、過去に“結果として”何度も長期の活動休止をした彼らが、“前もって”休止宣言をしたことだ。そういえば、天野祐吉、島森路子という名物編集長を生んだ雑誌『広告批評』も、やはり30周年記念号をもって休刊だという。かつて広告代理店に勤めた身としては、こちらも感慨深い知らせである。... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 4

2008/05/21 21:09
同性愛に悩む方へ・・“人を愛する心”を“社会を愛する心”にスライドさせる気持ちを
年に1〜2回ほど、ゲイやバイセクシャル(両性愛者)の方からカウンセリングを求められることがある。今までの累計だと、レズビアンよりもホモセクシャルの方の相談が多い。私はヘテロセクシャル(異性愛者)なので、完全に相談者の方の苦しみをシェアできる訳ではない。ただ、私は男性の易者なので、ホモの方にとっては同性で相談しやすいということなのだろう。同性愛の方にとっての最大の問題は、やはり“恋愛の成就”。いま付き合っている相手と、今の生活をいつまで続けられるだろうか。それぞれの両親に、いつカミングアウトすれば... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/05/16 19:31
よき友は心の花の添木かな・・・友情と楽しい思い出を糧に大きな花を咲かそう
連休明けは、皆様いかがお過ごしだろうか。私は連休の間、毎朝10時過ぎに起きるという自堕落な生活を送っていたせいか、昨夜は定時に眠れず重い頭を抱える一日となった。まあそれは徐々に調整するとして、連休の間唯一外出らしい外出をしたので、そのことについて書こう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/07 21:17
何故に“お穢土”は生きにくい・・・疲れは湯舟に沈めて明日も身体を起き上がらせよう
いよいよ黄金週間である。読者の皆様は、旅行など計画されておられるだろうか。それともガソリン税の暫定税率復活で、車も使えないから家で寝て過ごす予定だろうか。とりあえず、今週後半の動きを記しておこう。水曜日は前回の記事を早稲田のPCルームで更新後、文学部棟の202教室へ。昨年の演習でお世話になった詩人の白石公子先生が、今年も引き続き水曜日に出講されていると聞いたので、久々に会いに行ったのだ。3ヶ月ぶりに会った先生は髪も伸び、一段とお綺麗になられていた。新聞記者に転職したことを伝えると、先生も新聞でエ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/05/03 20:14
晴れてよし、曇りてもよし・・・天の試練を享受しながらただこの道を往け
新しい仕事の話で駒込へ行った。すぐに終わったので、思いがけず早くも『東京散策』の第6弾を敢行することにする。まずはJR駒込駅からスタート。天下の山手線沿線の一角を占める駅だというのに、駅前はなんだか兵庫の田舎にずいぶん似ている。駒込橋の向こうに神社が見えたので、歩道を渡り早速参拝へ。ここ大国神社は天明三年の創建で、大国主命(おおくにぬしのみこと)を祀っているという。御三卿・一橋家当主の徳川家斉は鷹狩の帰りにこの神社に参拝し、後に江戸幕府第11代将軍に就任した。その逸話から、出世大国や日の出大国の... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/03/19 12:54
生と死の間で「存在」すること、それは魂を浄化する“修行”の軌跡
元レピッシュのキーボード奏者・上田現が亡くなった。レピッシュと言えば、明治大学の学生仲間で結成されたスカ・バンドで、平成元年に出現したバンド・ブームの牽引役を担った。当時中学1年だった私は、音楽番組でキーボードのみならずあらゆる楽器を演奏する上田のパフォーマンスに衝撃を受けた思い出がある。早すぎた晩年には、元ちとせの『ワダツミの木』の作者として脚光を浴びた。緩やかに流れる水を湛えたようなメロディーは、彼が自身の人生で最も大衆の支持を集めた記念碑となる。芸術家として、短くも幸せな生涯だったのではな... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/03/11 15:24
人は皆“生かされている”・・・今日もそれぞれの持ち場で“主役”たれ
風邪も快方に向かっているので、最近あったことを思い出しつつ書き留めておきたい。その前に、お気づきの方もいらしゃると思うが、このブログのトップページの左下方に、小さな日本地図がある。一体何のためにと思われる方もいらっしゃるかもしれないが、これは『なかのひと』というマーケティングツールだ。具体的に言えば、『自分のブログに、どこの企業からアクセスがあったか』を測るシステムである。昨秋に導入したのだが、名だたる有名企業やら官庁やら、果ては日本最南端のIT企業さんと、多くの組織からアクセス頂いているようで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/06 13:35
ひたむきに生きる女性たちへー流れる汗も涙もそのままに“ひとすじの道”を
本業である占い関連の記事を連続アップしたが、久々に言霊をお伝えしたい。早稲田の試験も全て終わったので、漸く平日の夜を自由時間に充てることができる。先週は法事から帰郷後、溜まっていたDVDの整理をした。正月に録ったお笑い番組も全然観ていなかったので、故郷の名物である『炭酸せんべい』を食べながらしばし鑑賞。最近の若手はイキがいい。『ラララライ体操』でブレイクした藤崎マーケットは、普通に漫才をさせても中々上手かった。芸の基礎がしっかりしていれば、すぐ消えることはないだろう。女性芸人では、やはり柳原可奈... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/02/11 18:07
感謝の心は人生を開く最良の道・・・「千々よろずのまよひ」を克服せよ
ようやく食中毒も完治である。美味しいものを食べられなくなる生活というものが、こんなにも悲惨だったのかということを気づかせてくれた出来事であった。療養中は友人からお見舞いの連絡も貰ったが、「普段から過激な物言いをしているから、毒でも盛られたのかと思った」とのコメントには笑ってしまった。とりあえず、病の前後のことを書きとめておこう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2008/01/24 21:21
『一陽来復』は真実である・・・“この世”で存分に苦しんで“あの世”で「楽」をせよ
水曜日の話をしたい。仕事が終わった後、会議室に職員が集まって年末のレクリエーションがあった。今年は商品券が当たるクジ引き大会があるというので、私も参加。経験から言って、こういう場所で高額のものが当たるのは、あまり幸福とはいえない。宝くじの高額当選者がその後の人生で不幸に見舞われるケースが多々あるからだ。案の定、私が引いたのは“残念賞”のQUOカード1000円分。まあ、今後の人生もとりあえず一安心である。コンビニで、ペットボトルでも買ったときにでも使おうか。その後は急いで早稲田大学へ。白石公子先生... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/22 21:45
人は皆“休まず歩む旅人”・・・楽しい思い出と友情を胸に人生を往こう
昨日の動きを記したい。前日から続く微熱をおして、午前10時に自宅を出発。陽光眩しい空模様が、一日の安寧を示唆してくれているように見えた。正午をまわった頃、先日臨時対面鑑定会を行った、早稲田大学新学生会館に到着。『生命のメッセージ展』が最終日ということで、顔を出しに行く。地下2階の演劇練習室に入り、鈴木共子氏による詩の朗読、ダンサー三木友幹氏による『千の風になって』をバックにしたダンス、ギタリスト高木しょうへい氏による弾き語りと、40分間に亘る神聖な一時を享受した。PCルームと中央図書館で時間を潰... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/10 20:19
人生は不測の連続・・・“誰のものでもない運命”を強い意志で切り拓こう
水曜から昨日までの話をしよう。水曜は早稲田で白石公子先生の『表現・芸術系演習33』を受講。前回提出した、水月昭道著『高学歴ワーキングプア 〜フリーター生産工場としての大学院』 (光文社新書) の書評の講評である。今年の6月に西武新宿線で起きた爆弾テロ未遂事件が、研究職の夢破れた院卒者による社会への復讐心からきた犯行であったことを踏まえ、街に溢れる“フリーター博士”の救済を訴えた書評にしたが、今回は先生がかつてなく激賞してくださった快心の一作となった。授業後に先生と談笑すると、「あなたの書評を読ん... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/08 18:03
人にはそれぞれ与えられた『役割』がある・・・情欲は捨てて“小さき人”を誇ろう
いよいよ師走に入ったので、ブログの壁紙も張り替えてみた。体調はいまひとつだったが、それなりに活発に動いたこの一週間を振り返ってみたい。先週の土曜は大学で中国語の授業後、馬場下町前の喫茶店『シャノアール』にて知人の占星術師と面談。彼によれば、私は今までのどのクライアントよりもホロスコープのエネルギーが強かったという。その霊視によれば、私の前世は代々日本人で、みな僧侶や神官といった宗教指導者であったそうだ。こうしてこのブログで“説法”のようなことをやっているのも、前世の影響だろうか。昔、ある人物から... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/12/01 16:30
他人とつながり心を交わすこと、それこそ“今世の旅”の大切な宝物
最高気温が急激に低下し、朝はクローゼットからオーバーを引っ張り出した。少し風邪気味なので、抗菌用マスクも準備する。いよいよ冬である。このブログの壁紙も、間もなくクリスマス用に張り替えようか。とりあえず、土日の出来事を振り返ろう。土曜は、大学での前期授業『応用倫理学』で知り合ったUさんと久々に再会。早稲田中学裏のケーキ店『D-style tokyo』にて、モンテリマール(\420)に舌鼓を打ちながらおしゃべり。卵白にハチミツとナッツなどを加えた、なんとも言えない柔らかさが美味い。Uさんは少し会わな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/20 21:00
目に映る現実を楽しくすること、それは豊かな世界の終わりを持つこと
充電も自分なりに完了したので、久々に更新することにした。とりあえず、この一週間で記憶に残ったことを並べてみよう。11日の日曜日は昼まで寝た後、山手線沿線をぶらり。岡埜栄泉の豆大福をほおばりながら、至福の散歩である。元気のいい初老の男性が経営している巣鴨のレコード店に入り、TM NETWORKの新曲『WELCOME BACK 2』を購入。何日か前も買い求めようと足を運んだが、予想外の売り切れだった為にこの日漸く手にできた。ご主人によれば、最初に入荷したCDは皆、女子高生らしき子が買っていったという... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/11/16 21:12
笑い、泣き、学び、語る・・・“天命の時間”を必死に使うことに執着せよ
ようやく今週も終わった。こんなに忙しいのは何年ぶりのことだろう。とりあえず、この一週間を振り返りたい。日曜・月曜は依頼されていた鑑定結果を全国へ順次発送。依頼が溜まっている時の祝日ほど、ありがたいものはない。夜は、買ったはいいが読んでいなかった週刊誌各誌を一気に読破。『FLASH』の「メンバーが語る“すばらしい日々”〜ユニコーン誌上復活祭」の企画にひとしきり感慨を覚える。解散から早14年、バンドブームを引っ張った伝説のバンドに、再結成を望む声が高まっているという。リーダーだった川西幸一は否定的な... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/10/13 22:21
名声や栄誉は今世ばかりのもの・・・ならば死して“美しき生き様”を遺せ
多忙でまったくブログにかかる時間がなかったが、漸く更新である。とりあえず1週間を振り返ろう。土曜は前回のブログ更新をした後、早稲田の文学部カフェにて友人の吉田英史君と2ヶ月ぶりに会う。今年は“生命のメッセージ展”の代表を務めているとのことで、随分と忙しそうだ。スタッフの中に、政経学部OBの西洋占星術師の方がいらっしゃるという。聞けば、卒業論文もテーマも“占い”だったそうだ。「同業者として、一度お会いしたいと伝えておいてくれ」と言っておいた。その後中国語の授業を受け、再びカフェに。学内誌『SLOP... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/06 17:37
すべての出逢いは偶然であり必然・・・だから、“この世”は面白い
久々に、下町散策シリーズの第4弾を思い立った。今回は亀戸〜錦糸町に決定。早速、総武線の各駅停車で亀戸駅へ。電車の中では、銀色夏生詩集『わかりやすい恋』を読む。挿入されている写真のモデルは、なんとデビュー前の森高千里。銀色氏といえば、大沢誉志幸の「そして僕は途方に暮れる」の作詞者として余りにも有名だ。あの歌を伝説のコンサート、「ライブエピック」で聴いたのが、もう4年も前のこと。時の流れは、あまりにも速い。ただ、楽しかった思い出がひとつでもあれば、人間はそれを胸に抱いて生きてゆける。どんな人にでも、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/09/15 19:27
4vs67,000!Mr.childrenライブに日産スタジアム燃ゆ
やや遅くなったが、一昨日に観に行った日産スタジアムでのMr.childrenのライブについて書こう。当日は最新アルバム『HOME』 の1曲目に収録されている 「Wake me up!」をBGMに文字通り起床。とりあえず、新聞を読みながら朝食をとっている間もアルバムは流しっぱなしに。なんとも幸せな朝である。そして、昼から新横浜へ。3時過ぎに到着した駅は、溢れんばかりの人波で視界が遮られた。何の接点もない見知らぬ人達だが、この場所に来た目的は間違いなく同じであった。一体、彼らは今日、どんなアクトを見... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/09/11 22:29
“誰かのために生きる”ということ・・・それは見上げた人だけがわかる月のようなもの
今朝は早く起きたので、日曜に録画しておいた日本テレビの『music lover〜今夏最初で最後の桑田佳祐ライブ』を観ながらゆっくりと朝食。最近は毎朝、豆腐と枝豆を食べるようになった。大豆は脂肪を燃焼させ、コレステロールを分解するという。メタボ腹にはまだ遠いが、摂取し始めてからは体の調子も頗る良い。テレビでは、桑田がアンコールで名曲『祭りのあと』を歌っていた。私が高3の秋にヒットしていた歌だ。当時は早稲田の赤本片手に、「眠れない街に愛する女性(ひと)がいる〜」と訳もわからず口ずさんでいたが、三十路... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/08/28 20:48
あの時言えなかった気持ちは無駄ではない・・・“人恋しさ”を胸に今世の旅を往こう
お蔭様で、大学の試験関係もすべて終了した。これから2ヶ月は、平日の夜はプライベートな時間に活用できる。とはいっても、やはり足は早稲田の方へ向くことが多そうな予感がしている。大学の図書館で様々な雑誌のバックナンバーを読むのも、大きな楽しみのひとつだからだ。そういえば、前期はせっかく詩の演習を受けたのに、多忙のため新作を創ることはできなかった。今夏は久々に挑戦してみようか。家に溜まっている映画やバラエティーのDVDも、今度こそ整理しなければならない。こんなことで頭が一杯な私は、なんとも幸福な人間だ。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/24 21:01
人間は何の為に生きているのか・・・それを問い続けることこそ“魂の財産”である
今朝は10時42分に起床。携帯電話のタイマーは9時に設定していたのだが、案の定夢の中で無意識のうちに止めていたようだ。1階に降り、前日に作ってあったカレーで朝食。溜まりに溜まっていたDVDを少しづつ減らそうと、『鬼嫁日記〜いい湯だな』の最終回のビデオを見る。観月ありさとガレッジセールのゴリの掛け合いは絶妙で、見ていて思わず顔がほころぶ。ショップ店員のものまねで大ブレイク中の柳原可奈子は、台詞まわしも演技もなかなか巧い。姓名のバランスも非常に良いので、かつての山田邦子並みの人気を得るのも不可能では... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/06/30 21:27
“命をもらった死”を抱いて・・・誇りを求めて己の宿命と対峙しよう
相変わらず忙しい日々が続いている。平均睡眠時間も4時間といったところで、体が慢性的にだるさを覚えているようだ。昨日は、仕事の合間に休憩がてらブログのアクセスレポートを久々に調べた。世の人々がどんなキーワードを検索して私のブログに辿り着いているのかを解析することは、時代の風を読まなければいけない仕事上、非常に重要な作業である。解析していると、ここ何日かである芸能ニュースサイトからのジャンプが急増していることに気づく。一昨年、知念里奈の結婚と杉田かおるの離婚が同じ日だったことに言及したことがあった。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/06/09 22:18
人はそれでも生きなければならないー“心のポケット”はいつも豊かにしよう
麻疹の一件で大学の方が休みとなったお陰で、この一週間は仕事に打ち込むことができた。土・日もこの一年の会社の金の流れを正確に確認すべく、Excelと格闘。文学をすっかり忘れたのは、一体何年ぶりのことだろうか。その甲斐あって、きちんとした資料もできた。それを引っ提げ、昨日は昼から日暮里のホテルで役員会議に臨む。特に紛糾する議題も今回もなく、穏やかな雰囲気の中で終わる。会議が終われば、あとはお待ちかねの夕食会である。宴会場がある別の階へ、エレベーターで移動しようとしていた時だ。携帯電話の画面を見ていた... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/05/29 20:20
何が勝利で、何が敗北か・・・“安息の地”は苦難の先に必ずあるもの
昨夕、仕事を終えネットをつないだら、Yahooのトップニュースに知人の女優が妊娠4ヶ月であると発表されていた。結婚3年目にして、待望の赤ん坊である。元々、彼女のマネージャーが私の親しい友人だったことが知り合ったきっかけだ。大学進学で上京と同時にスカウトされ、愛くるしいルックスであっという間にお茶の間の人気者になった。知り合った頃はちょうどアイドルから女優へと脱皮している矢先で、よくメールで相談に乗らせてもらったりしていた。バレンタインにチョコレートと一緒に頂いたネクタイは、今も大切に締めさせても... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/08 21:01
新しい生命に去り行く生命・・・口笛を吹きながらこの世で共に“素敵な夢”を叶えよう
ゴールデンウィークもあっという間に終盤である。皆様は、ご旅行や行楽などに出掛けられただろうか。一応、自分がどのように過ごしたかを振り返ってみる。火曜の午後は、盟友が在籍しているバンドのライブで知り合ったご夫婦から、お子さんが誕生したと携帯にメールが入った。生まれたばかりの、赤ちゃんの写真つきである。母子共に健康ということで一安心。半年以上、命名について幾度もご相談を頂いていた。一緒に考えさせてもらった名前を付けるという。芸術に特性がある画数にしたので、ひょっとしたら将来バンドを始めるかもしれない... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/05/05 20:33
どんな困難にもへこたれない・・・春の温かい陽射しをお互いに重ね合おう
なんともうららかな春の陽射しである。月曜日から大学の新学期が始まり、仕事に易占鑑定、そして文学研究と再び3つの顔を常時持つことになった。間もなくまた1歳年を取るので、体力的にはキツイ状況がくるかもしれないが、どれも私が今世で果たさなければならない使命だと思っている。せめて土・日はゆっくり体を休めようと考えていたが、今朝はその矢先から心が躍動してならなかった。東京六大学の春季リーグが開幕し、BS日テレで中継されたのである。我らが早稲田大学・斎藤佑樹初の晴れ舞台。新入生が春季リーグの開幕戦で先発を投... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 0

2007/04/14 16:58
何事も自己を本位とせず・・・職務に忠実な姿勢が多くの人を幸福にする
昨日は午前中から総武線で蘇我へ。とあるラーメンを食べに、はるばる足を運んだのだ。デパート『アリオ蘇我』に到着。12時前だったので、とりあえず、a.v.v.hommeに立ち寄りカットソー2着(\3,990)を購入。ついでに携帯電話も買い換える。いい時間になったので本題へ。『ちゃぶ屋とんこつらぁ麺〜CHABUTON〜』にてらぁ麺(\630)を食す。とんこつスープが舌を喜ばせてたまらない。社長の森住康二氏がフレンチレストランでの修行時代、まかない料理で店の仲間に振舞ったラーメンが原点だという。替え玉無... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/04/09 08:48
智慧と品格を求め続ける心・・・それこそが“人生最高の価値”というもの
昨夜は仕事を終えた後、東西線で一目散へ早稲田へ。新学期の講義要綱配布日である。今年から第一文学部と第二文学部に代わり、新たに「文学部」と「文化構想学部」が設立された。その関係で、開設講座や担当教授の顔ぶれも、ずいぶんと様変わりしたように見受けられる。とりあえず、月曜日までに所属する演習を決めなければいけない。書類一式をもらって、すぐPC教室へ。今日は1年生後期の成績発表の日でもある。webの学生専用サイトで確認。お陰様で、1講座を除いてその他は全て評価A+(特優)とA(優)であった。1度目の学生... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/03/17 16:16
死と再生の連環に思いを馳せて・・・今日も汚れなき祈りを抱いて生命を燃やそう
急に気温が高い日が多くなり、いよいよ季節の本格的な交代が近づいている。やわらかい風に包まれながら駅を降りた。ウォークマンでSHINAPSのアルバム『ソラノコトノハ〜message』を聴きながら事務所に向かう。5曲目に収められている「雨と涙」という歌は、盟友と亡くなった彼女のお兄さんのことを描いた歌だ。月曜は、上野のライブハウス『上野SENSATION』でメンバーと会った。初めての箱ということで、気合も十分だったようだ。吹きすさぶ雨嵐も、ライブが終わり地上に出た時はすっかり止んでいた。ボーカルの森... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/03/08 08:44
結婚したいあなたへ再び・“最後に辿り着く異性”になる為に人格を磨こう
宇多田ヒカルが、紀里谷和明氏との離婚を発表した。せっかく縁あって結ばれた二人だったが、お互いに本命の相手ではなかったということか。宇多田は本名の『光』の字に“縁を切る、絆を切る”という意味が込められているので、字の凶意も影響していたとも考えられる。ここの所、中小企業のオーナーの経営相談や初めてお子さんを持つご夫婦からの名付け依頼が多かったが、年が明けてからは結婚に関する相談を頂くようになった。誰もが、結婚を決意したときに「本当にこの人が自分の一生の相手なんだろうか?」と不安になる瞬間があるだろう... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/03/05 08:56
明日は私の風が吹く・・・困難に負けなければ過去は“珠玉の記憶”に変わる
仕事と易占の鑑定依頼が急に増えて、なんだか忙しい。そんな中でも新聞を読んだり、テレビを見たりする時間はなんとか確保している。埼玉で、26歳の女が自宅に放火し実の両親と娘を焼死させるという事件があった。金遣いが荒く、近所でも有名な放蕩女だったそうだ。容疑者の名は斉藤綾。以前「人名に使ってはいけない漢字」の第7弾で取り上げた、“綾”の字の凶意がここでも顕わになっている。この字を持つ人はなんとなく人生に行き詰まりやすく、その結果自殺したり他人を傷つけるなど不如意と離れることが難しい暗示がある。繰り返す... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/01 08:39
大切なのは金ではなく“絆”・・・街も自分の心もそっと癒してあげよう
街はバレンタイン一色である。駅前も近所の商店街も、ハートをあしらったピンク色で目が眩しい。義理はともかく、本命のチョコをあげる相手がいる女性は幸せだ。人間を愛することほど、素晴らしいものはない。しかし海の向こうには、偽りの愛を巨額の富に変えようとする卑しい人種がいるようだ。石油王が遺した遺産を巡って、妻の元プレイメイトが変死。更に5ヶ月になる彼女の子の父親と名乗る男が3人も現われ、これからDNA鑑定に入るという。金は、人を狂わす。そりゃ、多くあった方がいいに決まっている。しかし、持ちきれないほど... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2007/02/13 08:49
苦悩の日々が人間を大きくする・・・いつか「大海」に入る日を信じよう
昨日は朝9時に起床。前日に大学の試験関係をすべて終えたので、心地良い睡眠をとることができた。寝ぼけ眼で冷蔵庫を開け、ヤクルトを飲みながらCHAGE and ASKAの新曲『Man and Woman』を聴く。久々の新曲だが、早くもオリコンでTOP3に入ったそうだ。彼らが80年代の長期低迷を経て、『SAY YES』で2度目の大ブレイクを果たしたのは91年のこと。当時中学3年生だった私は、飛鳥涼の書く詞の秀逸さに、頭から氷水をぶっかけられたような衝撃を受けたのを憶えている。間もなく50歳になる彼らだ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 0

2007/01/22 16:26
喜びと悲しみは人間の定め・・・ならば新しい季節を着替えよう
早いもので11月も最終週である。昨日はいよいよ衣替えだなと感じ、冬物の衣服を引っ張り出した。コタツを出すにはまだ早いか。でも、風邪予防にみかんは買っておこうかなどと様々な思いが頭を錯綜する。冬のスーツをタンスから出したところ、一番高い銀座ランバンのスーツが虫という虫にあちこち食われている。大ショック。3年に1度位奮発して買う、特別なスーツなのに。まあしょうがない。ネクタイはバーバリー、ジバンシー、ルイ・ヴィトンと役者は一応揃っている。いいネクタイは、安物のスーツでもそれなりに映えてみせるものだ。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/26 19:18
楽しいことも辛いことも自ら望んだこと・・・人生とは“傷痕”の別名である
今日は雨で1度も外に出なかったので、昨日の話でもしよう。いい天気だったので、10月19日に続いて下町散歩シリーズの第2弾を思い立つ。前回は錦糸町〜両国だったので、今回は両国〜浅草橋に決定。早速、総武線で両国駅へ。昭和47年3月優勝の関脇長谷川、50年11月優勝の関脇三重ノ海の肖像画が迎えてくれた。最近は隅田川を眺めながら詞を書くこともなくなったので、ここで降りるのは本当に久しぶりだ。駅にはかつて有名なビアステーションが併設され賑わいを見せていたが、今では創作居酒屋に。ちょうど腹も減っていたので、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/19 22:03
笑いは“人間の業”を肯定するーどんな時も微笑を絶やさずにいよう
お陰様で、母校早稲田大学が秋の東京六大学リーグで優勝を果たした。華の早慶戦が終了したあとは、神宮球場から早大正門前までちょうちん行列を行なうことになる。早大生としては初の参加になるので楽しみだ。昨日の朝「めざましテレビ」を見ていたら、先輩の大塚範一アナがサンケイスポーツを持ちながら興奮した様子で早稲田優勝を喜んでいた。幾つになっても、母校が活躍する姿を見るのは嬉しいものなのだろう。恐らく私も、60歳、70歳になっても、“W”の字を見る度に心を躍らせているはずだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/10/17 23:47
人は“夢”があるから生きてゆける・・・善い縁を結べたらそれを繋いでゆく努力を
昨日は8時半に起床。最近は午前2時〜3時位に眠りにつくことが多い。平日はとりあえず17時に事務所を出て、大学へ行った後は自宅に帰って残りの仕事をするというパターンが続いている。季節の変わり目、夜もまだ薄手のパジャマで寝る事が多く、なんとなく喉の調子が悪い。朝はコーヒーではなく紅茶をつくった。飲むのではなく、“うがい”をするためだ。紅茶にはカテキンが含まれているので、それがウイルスの増殖を防ぐという。うがいをしている最中に、紅茶がもったいないと感じた。結局、イソジンでしっかり洗浄。紅茶はやはり、ミ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/10/09 16:46
幸せは必ず後からやってくる・・・誇れる“あの頃”をつくる毎日を
仕事を終えた後、東西線で早稲田へ。今日は後期の科目登録である。さっきから、小雨が降ったり止んだり。地上に出てからキャンパスに入るまでの僅かな距離で、2度も傘をさしたり閉じたりした。38号館AVルームの登録会場へ。「臨床心理学」「小説論」「思想・宗教系総合講座」など、前期で特に興味深かった講座は後期も引き続き受講。来年はヴァンセー会議65年目の節目なので、ドイツ問題に関心を深めようとリレー講座「アウシュヴィッツと現代」も登録。先の大戦で三国同盟を組んだ日本とドイツの当時の国内事情は全く異なるもので... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/09/19 22:51
穏やかな月光に魅せられて・・・天からの贈り物に心を洗おう
東京駅の中にある『大丸ミュージアム』で今日まで開催されていた「天地水 月光浴〜石川賢治 月光写真展」に足を運んだ。月光写真撮影の第一人者・石川賢治氏の20年に及ぶ作品を集めた大展覧会だ。太陽光の46万5千分の1しかない、満月のわずかな光だけで撮影した作品群は、まさに人の手が及ばない、“神秘的”という陳腐の極みたる言葉しか思いつかない世界であった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/09/05 22:10
いい人間関係をつくるにはー“プラスのストローク”を与え合おう
昨日は午前中から電気屋へ行き、新しいガスコンロを購入した。渦中のパロマ製だが、自分が使うのに限ってはおそらく大丈夫だろうという根拠のない自信が今日も脳を支配する。家に帰り、早速セット。換気扇も汚れていたので、外して掃除。いつか東京ビッグサイトの展示会を訪れた時に購入した、足立区の中小企業が出展していた強力洗剤に浸けてみる。しばらくすると、みるみる頑固な脂汚れが落ちてゆく。これはいい買い物をした。だが、この商品がその後世間に浸透したという話は聞かない。本当にいい物が世に出るのには、やはり“根肥え”... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/09/03 14:08
生きることは“旅すること”・・・辛いことは旨いものを食べて忘れればいい
昨日は仕事を終えた後、山手線で有楽町へ。この駅で降りるのは、昨年の3月に森光子さん主演の舞台『放浪記』の、芸術座最終公演を観に行った時以来だ。齢八十五歳の大女優が“でんぐり返し”する姿を、芸術を志す人間のひとりとして、また歴史の証人としてこの目に焼きつけておきたかったのである。数多の名舞台が演じられたあの場所も、今は伝説となった。数奇屋橋交差点を抜け、いざ銀座へ。右手に三笠会館が見えた。あの向田邦子は、ここで出されたカレーを愛してやまなかったという。私も直木賞でも獲ったら、こちらでランチでもいた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/01 21:42
仕事も生き方も・・・あくせくすることなく心にいつも“無心の咸”の精神を
昨日は朝から、町内の自治会の会合に出席した。来週の日曜に近くの公園で夏祭りをやるので、最終の打ち合わせだ。集まったご近所さんは老齢の方が多く、若者と言えるのは私ひとりだけであった。太鼓や景品、車両規制などについて一通り話し合ったあと、しばし雑談に。お隣に座ったお婆さんが、白洲正子の番組を見てから能に興味を持ったという話を始めた。NHK教育テレビの『知るを楽しむ』で、細川護煕元首相の案内役で89年に亘る誇り高き生涯を追った、2月に放送されたものだ。あの戦後の混乱期、GHQと五分に渡り合った伝説の国... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2006/07/24 21:51
この世は天国なのか、地獄なのか・・・それはあなたの心掛け次第
週末に集中して書いていた、足利義満に関する原稿を先程ようやく脱稿。私は鉛筆で原稿用紙に書く派なので、これからWordに移植する作業に入る。昨夜は午前4時半に寝て、10時に起きた。「いいとも増刊号」と「サンデープロジェクト」を交互に見ながら、ピザで腹ごしらえ。ブログのアクセスレポートとメールのチェックを終えた後、昼は野菜炒めでも作ろうと思い立ち近所のスーパーへ。ニンジンを手に取る。ニンジンはあまり大きくないものを選んだ方が良いという話をどこかで聞いた。首の周りが緑色か黒ずんでいるのは味が落ちている... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/03 00:30
目立たなくたっていい、自分で自分を誇れる人生を探そう
いよいよ今週から、スーツの上着を置いて家を出た。夏も本番である。会社につくとまず、冷蔵庫に2晩閉じ込めておいたアイスティーをすぐさま喉に流し込む。一瞬生き返った気がした。しかし、たかだか一杯ではそれこそ“砂漠に水を撒くようなもの”だ。二杯、三杯と続けて流し込む。そのコップはきっと、今日一日机の片隅でずっと汗をかいたまま私を見つめ続けるのだろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/06/28 23:24
なぜ、自殺をしてはいけないのかという根本的な命題について
ちょうど一週間前、衆議院本会議で『自殺対策基本法』が可決、成立した。8年連続で3万人を超える自殺者数を減らすため、地域ぐるみでのカウンセリング体制の強化や自殺対策に取り組む民間団体との連携強化などを定めている。国がようやく自殺対策にのりだしたことは素直に評価したいが、最も大切なことは“自殺を考えている人々に生命の意味と価値をいま一度教えること”に他ならない。『自殺』は、精神世界の観点から言えば殺人や傷害よりも遥かに罪が重い“犯してはならない大罪”である。なぜ、人間は絶対に自殺をしてはいけないのか... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/06/22 23:22
“真実の訓え”はどこにあるのかー新興宗教に惑わされないために
先日、海浜幕張へ友人と映画を観に行ったときのこと。駅前で突然、「すいません。××教会の者ですが、ちょっとお話を聞いてもらえませんか」と声をかけられた。非日本人を教祖に戴く、芳しくない評判で有名な新興宗教の勧誘だ。「ははは。私は十分幸せですから結構です」と断ると、「いや、もっと幸せになってみたいと思いませんか」と食い下がる。その顔は一見幸福に満ちているように見えるが、彼らの瞳の奥底を凝視してみれば、そこには“なんで世間は自分達を理解してくれないのか”という諦念と怒りがフツフツと燃え滾っているように... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/06/13 21:21
言葉があまりにも軽い時代に・今こそ“淡宕”の精神を呼び覚ませ
今日は18時より、早稲田大学の学部横断講座『早稲田を知る』を受講するために、西早稲田キャンパスの14号館へ。政経学部の内田満名誉教授による、「早稲田と政治」と題された特別講義だ。日本の政治学研究に巨大な足跡を残された先生は、現役で教壇に立たれていた頃の情熱をそのままに、高田早苗からマックス・ウェーバーに至る該博な知識を丁寧に教授してくださった。そんな先生が講義の中で最も嘆き、危惧しておられたことは、“近年、人の上に立つ人間の発する言葉があまりにも軽くなってしまった”というものであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/08 23:30
ニート・引きこもりの諸君へー働かざるとも、人間を避けるなかれ
昨年から今年にかけて、ニートで悩んでいる方から相談を受けた。小学生の頃いじめられたせいで、人を信じることができなくなってしまった。仕事が続かず、生活も不安定で社会に出てゆく自信がなくなってしまった。皆、悩み苦しんでいる人は真面目な人だ。真面目すぎるからこそ、復活の一歩が怖くて踏み出せない。優しすぎるからこそ、鷹揚に人と接することができない。これは景気回復や雇用改善とは関係のない、“心の問題”である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/24 21:01
占いとは“宿命”を指し示す『心理学』である
今日は早稲田で臨床心理学の講義を受けた後、図書館に立ち寄ってしばし本を渉猟した。複雑な家庭環境から覚醒剤に手を染めた、少女の心理について考察を深めたいとの考えから足を運んだのだが、心理学の書架を眺めていると占星術関連の書物も棚に並んでいることに気づいた。西欧では占星術は立派な学問として名誉ある地位を占めているが、我が日本国では未だ怪しいオカルト扱い。浅野八郎先生や鏡リュウジ氏といった、卓越した教養と知性を誇る易占家の活躍には目を見張るものがあるが、一方では細木某のような偽物が跋扈してその信憑性に... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/04/20 01:45
“すばらしい日々”を創るためにーくちびるにいつも歌を持て
何気なくテレビを見ていて、ドキッとする瞬間がある。最近ソニーのハンディカムのCMでかかっている、ユニコーンの『すばらしい日々』が耳に入ってきたときだ。あの奥田民生がボーカルを務め、現在は「気志團」のプロデューサーとして活躍中の阿部義晴がキーボードを弾いていた伝説のロックバンド。活動期間は僅か6年だったが、ハイレベルな音楽性と唯一無二の存在感で日本の音楽史に鮮烈な足跡を遺した。深夜にTBSで放送されている『CDTV』の「再結成してほしいバンド投票」でも、今もなおこのバンドは上位にランクされている。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/03/08 22:39
自分で選んだ“宿命”を乗り越えてこそ、本当の“幸福”を味わえる
気が付けば弥生に入っていたので、めくり忘れていたカレンダーを1枚破った。いつもお世話になっているダスキンさんが、昨年末に事務所に置いていった『ねむの木学園』のカレンダーだ。歌手・女優として活躍していた宮城まり子さんが、パートナーだった吉行淳之介氏の助力を得て静岡に養護施設を建立したのは40年も前のこと。以来、肢体不自由児の教育に大きな足跡を残してきたのは周知の通りだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/05 21:15
顔の善し悪しは原型より“その面を持つ人間の霊格”で決まる
今夜はバレンタインなので、トップスのチョコレートケーキに舌鼓を打ちながらテレビを見ていた。たまたま8にチャンネルを合わせると、久々に『ビューティー・コロシアム』をやっている。毎週放送していた頃と変わらず、顔に大きなコンプレックスを抱えた女性たちが“美の神々”が待つ扉を叩いていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/02/14 23:44
夢は“叶えること”ではなく“追い続けること”が大事
昨日の読売新聞・京葉版に「余命半年宣告から2年半・がん闘病の主婦が念願のジャズライブ」という記事が掲載されていた。ある日、普通の主婦に突然下されたがん宣告。直腸から肺、そして肝臓へと転移しており、完治は不可能と診断された。最初は涙に暮れていたが、「治療をできる限り頑張ろう」と決意。副作用に耐えながらも、抗がん剤治療を続けてきたという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/13 23:17
堀江貴文逮捕ー“本当に意義のある人生”とはなんだろうか
ライブドア社長・堀江貴文が遂に塀の中へ落ちた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/01/23 21:16
感応同交ー“あの世”へ胸を張って旅立てる生き方を考える
正月は自宅でずっと映画のDVDを観ていた。10本近く観ただろうか。その中でも久々に鑑賞して、改めて素晴らしい作品だと思ったのが1990年の『ゴースト〜ニューヨークの幻』だ。暴漢の凶弾に倒れたサム(パトリック・スウェイジ)が、最愛の恋人であるモリー(デミ・ムーア)を守るために壮絶な闘いを続ける極上のラブストーリー。公開から16年を経た現在でも映画史に燦然と輝く傑作とされているが、この映画はスピリチュアルな観点からも、重要なことを教えてくれている。(以下ネタバレありなので、未見の方はご遠慮ください)... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/01/04 21:51
人生好転のためにーあなたの周りにいる“霊格の高い人”とつき合おう
「あの人はまるで神様のような人だ」という台詞を誰でも一度は吐いたことがあるだろう。物質主義的な観点から見れば明らかに損であることを、嬉々として行う人。そして、それらの行動を決して他人に誇らず誰もみていない場所で行っている人。「何の得にもならないのに」社会のために、他人のために大いなる善意を持って行動している人は、過去に何百回も輪廻転生し、魂を鍛えぬいている可能性が高い。過去の人生での様々な経験の集積から、地位や名誉といった現世限りの幸福(実際は本質的に不幸の場合が多い)に空しさを悟り、社会に貢献... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/12/18 20:42
地位・財産・名誉・・・欲望に“こだわる”生き方をやめてみないか
今に始まったことではないが、ネットの芸能ニュースなどを読んでいるとフジテレビの女子アナの誰々があのIT社長と合コンしていた、別の○○社長を巡ってあのアナとアナがバトル、などといった報道がされている。どうやら女子アナという職業はかなり社会的地位が高いようだ。学歴も高く明眸皓歯、人気もあれば給料も高い。あと足りないのは、自分に釣り合うハイレベルな男だ・・・と、連日連夜上流社会と接点を持つべく別の業務に励んでいるらしい。全ての報道が正しいとは思わないが、普段テレビに映る彼女たちの美貌の根底に潜む人... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/11/20 17:59
本田美奈子逝く・人間の価値は棺を覆って決まるもの
歌手・ミュージカル女優として20年の長きに亘って活躍を続けた本田美奈子が6日午前4時38分、急性骨髄性白血病で今世より旅立った。38歳。昨日の葬儀には700人が参列。沿道には3千人を超えるファンが詰め掛け、涙で長い別れを惜しんだという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2005/11/10 21:48

トップへ | みんなの「心が軽くなる生き方とは」ブログ

八田靖彦・奇跡の言霊ブログ(旧・奇跡の占いブログ) 心が軽くなる生き方とはのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる