連載中の女性誌&ウェブマガジン『TRINITY』の9月最新記事が配信されました

連載中の女性誌&ウェブマガジン『TRINITY』の9月最新記事が配信されました。 水星逆行~魚座満月~天秤座新月を迎える、己酉四緑木星を概観。 6天体逆行で激甚災害、更なる巨悪の“闇”が暴かれる可能性の高い初秋に、真の魂の仲間との支え合いを。 ご一読下さい。 ↓ https://www.el…

続きを読むread more

乱歩忌

本日は、乱歩忌。 連載中の女性誌&ウェブマガジン『TRINITY』のバックナンバーより。 推理作家として頂点を極めた江戸川乱歩の、波乱に満ちた71年の軌跡を追いました。 東京という迷宮で推理小説の地平を切り開いた彼が、 “うつし世はゆめ よるの夢こそまこと”と綴った真実とは。 ご一読下さい。 …

続きを読むread more

銀座・鳩居堂画廊『神仏画家・翁長結生乃 35観音展』を鑑賞しました

銀座・鳩居堂画廊で本日より開催の『神仏画家・翁長結生乃 35観音展』を鑑賞。 一本の鉛筆で魂を込めて描き切る観音像の絵からは、心身の穢れを祓う高い波動が。 在廊の翁長先生とも、色々とお話させて頂きました。 疲れを感じておられる方は、ぜひ一度足をお運びください。 7/3(日)まで。 …

続きを読むread more

太宰治・桜桃忌に足を運びました

本日は桜桃忌。 今年も、三鷹の禅林寺へ。 好天に恵まれた日曜日。 雨だった昨年より、明らかに参列者が多い。 性別年齢問わず、全国から集まった老若男女が次々と墓前に、さくらんぼを供えてゆく。 死後70年を経て、いまもなお日本人の心をとらえ続ける太宰治とは、何者なのだろうか。 帰り際、駅前で三…

続きを読むread more

『マイファミリー』というドラマが日本人に教えたもの

嵐の二宮和也がグループ活動休止後、個人の俳優として、まさにその地位を確立した記念碑とも言うべき作品となった。 連続誘拐という重いテーマに、最後まで真犯人がわからない、視聴者を惹きつける脚本が秀逸。 家族は、社会の最小単位。 人間は皆、そこで魂を磨き合う。 そこが愛に溢れた故郷である人もいるし、逆に辛い修行…

続きを読むread more

Mr.Children 結成30周年ライブに足を運びました

2015年の東京ドーム『未完』以来、7年ぶりにMr.Childrenのライブに足を運んだ。 4vs70000。 バンドと観客の、魂の共振。 青春時代を彩ってくれた数々の名曲を、久々に天才・桜井和寿の生声で堪能した。 音楽の神に愛され、日本人に愛された、不世出のバンド。 その存在自体が、尊い。 …

続きを読むread more

銀座・ポーラミュージアムアネックス『細川護熙 明日への祈り』鑑賞

銀座・ポーラミュージアムアネックスにて開催されている『細川護熙 明日への祈り』を鑑賞。 元総理の20年以上に亘る多岐の創作活動の中から、選りすぐりの作品が並ぶ。 その書や陶器は、歴史を背負った者にしか生み出せない、気高さを纏っている。 短くも、豊かな一時であった。 …

続きを読むread more

『石原慎太郎 お別れの会』に参列しました

渋谷・セルリアンタワー東急ホテルにて開催された『石原慎太郎 お別れの会』に参列。 再現された書斎や膨大な著作、若かりし頃のエスキースなど、戦後日本のアイコンの一つであった巨人の足跡に感嘆。 石原慎太郎の死が、“戦後”なるものの完全なる終焉であったと、後世の歴史家は記録するだろう。 …

続きを読むread more

連載中の女性誌&ウェブマガジン『TRINITY』の6月最新記事が配信されました

連載中の女性誌&ウェブマガジン『TRINITY』の6月最新記事が配信されました。 土星逆行~射手座満月~蟹座新月を迎える丙午七赤金星を概観。 戦乱に自然災害、経済危機と迫りくる“魔”を振り払い、雨の向こうの虹を見つめて。 ご一読下さい。 https://www.el-aura.com/hatta202…

続きを読むread more

奇跡の占い・2022後期無料モニター3名様募集のお知らせ

いつもアクセスありがとうございます。 一昨年来からのコロナウイルス禍が我が国にも甚大な影響を及ぼし、またロシアのウクライナ侵攻に伴う食糧危機の懸念は、現在の社会構造を根底から覆す勢いで、多くの人々が見えない未来への不安の只中におられます。 大きなパラダイム転換の時、精神を病んだり、体調を崩されたりされてられま…

続きを読むread more

寄稿:『私がキラキラネームを“悲名”と名付けたわけ〜我が子への最初のプレゼントは“世間から祝福される”名前を』

先日の法制審議会での方針を受け、連載中の女性誌&ウェブマガジン『TRINITY』に、イレギュラーで寄稿しました。ご一読下さい。 『私がキラキラネームを“悲名”と名付けたわけ〜我が子への最初のプレゼントは“世間から祝福される”名前を』 https://www.el-aura.com/hatta20220522/ …

続きを読むread more

連載中の女性誌&ウェブマガジン『TRINITY』の5月最新記事が配信されました

連載中の女性誌&ウェブマガジン『TRINITY』の、5月最新記事が配信されました。 牡牛座新月(部分日食)~水星逆行~木星牡羊座入り~蠍座満月(皆既月食)を迎える、乙巳八白土星を概観。 5月の月間リーディング《社会情勢編》はタロットのスリーカードスプレッドで、 《個人編》は、友人のエネルギーアーティスト・森下陽…

続きを読むread more

【都内開運パワースポット巡り/早稲田子育地蔵尊】

高田馬場駅から早稲田通りをまっすぐ。 豊臣の家臣・小泉源兵衛がこの地を開墾した功績を讃え、地元民が菩提を弔った地蔵を安置したのが嚆矢。 「南無大慈大悲地蔵菩薩」を唱えると、子宝、安産、商売繁盛のご利益が。 早稲田大学の受験生は、ぜひ合格祈願に。 〒169-0051 東京都新…

続きを読むread more

【都内開運パワースポット巡り/柳森神社】

日比谷線秋葉原駅から徒歩5分。 “おたぬきさん”の愛称で親しまれる。 由来は八百屋の娘が三代将軍・徳川家光の側室となり、 やがて五代将軍・綱吉を生む桂昌院となった事から“他抜き=狸”で玉の輿、出世の神として崇められた。 境内の狸の腹をさすると、安産の利益もあり。 柳森神社 東京都千代田区神田須田町2-25…

続きを読むread more

D-style tokyo(早稲田の杜のケーキ屋)

早稲田大学正門近くに位置する、在学中に通ったケーキ店・D-style tokyoへ。 明治時代以来の大学の代表的アイコン・角帽をイメージしたチョコレートケーキ、 その名も『カクボウ』のケーキセット(¥910)を頂きました🎓️ オーナーシェフの村田吉行さん、大変お世話になりました。感謝。 D-style tokyo…

続きを読むread more

追悼・藤子不二雄A先生-松葉~トキワ荘

藤子不二雄A先生が亡くなられた。 漫画家は身体を酷使するので、60歳が一般人の80歳に相当する。 しかしA先生は抜群の生命力で、88歳まで寿命を保たれた。 名作『まんが道』で描かれた、トキワ荘のメンバーがよくラーメンを食べていた『松葉』まで、車を飛ばした。 その日最後のチャーハンを食べながら、献杯。 子供時…

続きを読むread more

東京會舘銀座スカイラウンジ~神田明神~三越本店

本日は、有楽町・東京會舘銀座スカイラウンジでランチを頂きました。 その後、神田明神へ。 結婚式の最中で、幸福の波動が境内を包んでいました。 参拝を終えた後は、日本橋へ。 三越本店の特別食堂日本橋で、おやつを頂きました。 さぁ新年度、社会も個人も、色々と一気に動き出しそう。 頑張っていきましょう。 …

続きを読むread more

東京都美術館・フェルメールと17世紀オランダ絵画展を鑑賞しました

会期終了前日、東京都美術館で開催されていた、フェルメールと17世紀オランダ絵画展を滑り込み鑑賞。 ドレスデン国立古典絵画館から上陸した、フェルメールはじめレンブラント、ハブリエル・メツーなど珠玉の17世紀オランダ絵画コレクション。 修復された、『窓辺で手紙を読む女』と対峙。 大航海時代、…

続きを読むread more

連載中の女性誌&ウェブマガジン『TRINITY』の4月最新記事が配信されました

連載中の女性誌&ウェブマガジン『TRINITY』の、4月最新記事が配信されました。 牡羊座新月~魚座での木星と海王星の合~天秤座満月を迎える、甲辰九紫火星を概観。 厳しい社会情勢の最中、新たな運命の出逢いに歓喜する一ヶ月を。 ご一読下さい。 https://www.el-aura.com/hatt…

続きを読むread more

連載中の女性誌&ウェブマガジン『TRINITY』の2月最新記事が配信されました

連載中の女性誌&ウェブマガジン『TRINITY』の、2月最新記事が配信されました。 水瓶座新月~獅子座満月を迎える、オミクロン株爆発に揺れる壬寅二黒土星を概観。 山羊座で火星と金星が踊るバレンタインの夜、待ちわびた安息へ続く愛の歓喜を。 ご一読下さい。 ↓ https://www.el-aura.c…

続きを読むread more

大隈重信 命日

喬木は風雪に耐えて愈々高く 樹根は大地に張って愈々深し 天下に憂いをいたして  想いかへして考えるんである 高く飛ばんと欲すれば  深く学ばざるべからず 【第8・17代内閣総理大臣/早稲田大学創立者:大隈重信(1838.3.11~1922.1.10)】 …

続きを読むread more

五黄土星壬寅・令和4年明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。 皆様、穏やかな令和4年のお正月を迎えられましたでしょうか。 今年の干支は壬寅(みづのえとら)、五黄土星の年です。 恵方(歳徳)は壬の方・北北西で、歳破は申(南西)の方となります。 五黄土星は、“帝王”を表す星です。 九星で最も運が強く、周囲に多大な影響を与える星…

続きを読むread more

奇跡の占い・2022前期無料モニター3名様募集のお知らせ

いつもアクセスありがとうございます。 昨年来のコロナウイルス禍は感染者数の上では沈静化したと見られておりますが、経済面でその爪痕は深く、企業の倒産や廃業、バイト削減による学生の進学困難や生活困窮の問題がクローズアップされ、未だ多くの方が苦しんでいる状況です。 今年はいわゆる“風の時代”を迎えましたが、この大き…

続きを読むread more

連載中の女性誌&Webマガジン『TRINITY』の6月最新記事が配信されました

連載中の、女性誌&ウェブマガジン『TRINITY』の、6月記事が配信されました。 双子座新月(金環日食)~夏至~山羊座満月~獅子座で火星と金星の邂逅を迎える、甲午一白水星を概観。 天地鳴動の中、雨の向こうに未来の希望を重ねましょう。 ご一読下さい。 ↓ https://www.el-aura.…

続きを読むread more