八田靖彦・奇跡の言霊ブログ(旧・奇跡の占いブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 道路公団疑惑の核心へ、内田副総裁ついに逮捕

<<   作成日時 : 2005/07/26 21:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

画像
“天網恢恢疎にして漏らさず”とはまさにこのことだ。橋梁工事談合疑惑で揺れた日本道路公団のナンバー2・内田道雄がついに逮捕された。内田の生年月日は不明だが、昭和20年生まれの一白水星。公務員として栄華を極めたはずの内田だったが、60年背負った姓名がこの男の悲劇を暗示していた。「道」が16画、「雄」が12画で地格が28の大凶運。28の数意は天才的な頭の切れを持ちながらそれを活かせない、あるいは頭の切れを悪事に使い、世間に迷惑をかける“孤立・破滅”で邪悪な数だ。28を持つ人間はなかなか他人を信用せず、金銭運も浮き沈みが激しい。副総裁としての高給と天下り先の確保でバラ色の晩年を夢見た内田だったが、その人生の終着駅は塀の中であった。運命学の観点でいえば、神は万人に平等である。善人には必ず天恵が与えられ、悪党には必ず審判が下る。業が深ければ深いほど、悪党を長生きさせて晩年に生き恥を晒させることで本人に罪の重さを悟らせるのである。猪瀬直樹の激しい追及にも開き直ってみせたこの男も、それだけの深い業があったということだ。ウミは果たして出し切れるのか。近藤剛総裁の手腕にかすかな希望を繋ぎたい。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
道路公団の内田副総裁を逮捕 橋梁談合事件で東京地検
 日本道路公団発注の鋼鉄製橋梁(きょうりょう)工事をめぐる談合事件で、東京地検特捜部は25日、同公団副総裁の内田道雄容疑者(60)を独占禁止麻反の幇助(ほうじょ)と背任の疑いで逮捕した。国土交通省分に端を発した一連の事件の「公団ルート」では、OBの天下り.. ...続きを見る
就職・転職支援 ふゆう倶楽部
2005/07/27 03:02
社保庁や道路公団だけじゃない>杜撰経営
首都高公団 都内一等地を14年間死蔵 購入22億円7億で公募希望者殺到、急遽入札に  首都高速道路公団(東京都千代田区)が、平成三年に約二十二億円で購入した東京都内の高級住宅地にある土地を、不要資産として価格七億円の公募抽選により売却しようとしていたことが分かった。六百件を超す応募があったため、公団は急(きゆう)遽(きよ)、入札方式による売却に切り替えた。公団の運営費は通行料金収入のほか、国と地方の無利子貸し付けでまかなわれているが、一等地を“塩漬け”にしてきたうえ、「破格の安値... ...続きを見る
溶解する日本
2005/07/27 17:30
"談合の調整役"という職業は無いよ!
今朝の Asahi.com に「日本道路公団が天下り禁止を見送り」という記事が出ていた。 ...続きを見る
こちら中小企業総務部
2005/07/27 21:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
道路公団疑惑の核心へ、内田副総裁ついに逮捕 八田靖彦・奇跡の言霊ブログ(旧・奇跡の占いブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる