テーマ:人名に使ってはいけない漢字

週刊SPA!より取材を受けました

週刊SPA!さんより、取材を受けました。 『赤ちゃんの名前ランキング』を踏まえ、空前の“鬼滅の刃”ブームに呼応し、 “鬼滅ネーム”を赤ちゃんに名付ける風潮について、言及しております。 ぜひ、ご一読ください。 ↓ https://nikkan-spa.jp/1716426 #命名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ウラスピNavi』の連載第10弾記事が配信されました

感度高め女子のライフスタイルメディア『ウラスピNavi』の、連載第10弾記事が配信されました。 今回のテーマは『社名・屋号の姓名判断』。 エンタテイメント、メーカー、広告からレストランなどの飲食業、そして電力、自動車など基幹産業まで、 事業の分野別に、社名に使用した方が良い画数について解説しています。 会社経営者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“平成の吉田茂”安倍晋三の忘れもの―昏き“民”を率いて末代の難局と対峙できるか

注目の自民党総裁選は、元総理の安倍晋三が決選投票で石破茂を破り第25代総裁に就任した。総裁経験者が再登板するのは、結党以来初めての出来事だ。最初は本命視されていた石原伸晃は、度重なる失言と谷垣禎一を裏切ったイメージで評判を落とし3位に沈んだ。町村信孝は選挙中に病に倒れるという不運に見舞われたが、森喜朗や福田康夫とともに引退だろうか。自民…
トラックバック:6
コメント:1

続きを読むread more

人名に使ってはいけない漢字ファイナル・楽しい思い出に彩られる人生を送ろう

改名や赤ちゃんの命名を考えている方から支持を得てきた、『人名に使ってはいけない漢字』シリーズも第10弾の今回でとりあえず打ち止めとしたい。相変わらず、メディアでは著名人の不祥事が相次いで報道されている。大相撲・間垣部屋のロシア人力士・若ノ鵬寿則が大麻所持で逮捕、現役力士では初の解雇。日教組出身の民主党参院議員・那谷屋正義の秘書、山村幸雄…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

人名に使ってはいけない漢字第9弾・その一文字があなたの運命を左右する!

多くのリクエストにお応えして、久々に「人名に避けたい漢字」を取り上げてみよう。新聞やテレビのニュースでは、凶悪事件の報道が後を絶たない。そして、犯人や被害者の名前に目を通すと、やはり“姓名学上好ましくない禁忌の字”が名前の一部を構成していることが多い。これは偶然ではなく、漢字に込められた悪意が、本人の意志とは裏腹に不幸への道と誘っている…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

人名に使わない方がいい漢字第8弾・新しい年を実りあるものにするために

毎度大きな反響を頂いている『人名に使ってはいけない漢字』の第8弾をお送りしよう。新しい年に、お子さんの誕生を控えておられるご夫婦も多いはずだ。子供の一生を決定づける名前だけに、正月も良い名前とは何かに頭を悩ませておられる方もいるだろう。そんな皆様の、命名の一助になっていただければ幸いだ。バックナンバーと合わせて、名付けの参考にしていただ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人名に使わない方がいい漢字第7弾・これから生まれてくる子どもたちのために

今朝は突然の驟雨にドキリとしたが、事務所の最寄駅に着く頃にはピタリと止んでホッとする。キオスクで買うはずだった、透明の傘に充てる幾ばくのお金を何に使おうかなどとオメデタイことを考えながら歩いていると、朝はめったに来ないメールが携帯に入った。先日、柏のライブハウス『Zax』で知り合った、盟友が在籍しているバンドのお友達のご夫婦からだ。折角…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

人名に使ってはいけない漢字第6弾・人生航路を歪める名前はこれだ!

毎度大きな反響を頂いている『人名に使わない方がいい漢字』の第6弾をお届けしよう。最近は運命鑑定だけでなく、改名指導の依頼も頂くようになった。“名前を変える”という行為は、それまでの人生を一旦リセットして、文字通り生命を蘇生させるという人生の大事業にほかならない。もちろん、凶字を背負った人生の中で、多くの魂の気づきに到達した場面もあるだろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人名に使ってはいけない漢字第5弾・2006年もこの漢字に注意せよ!

昨年大きな反響を頂いた、「人名に使わない方がいい漢字」のVol.5をお届けしよう。今回は新年ということもあり、できる限り多くの字を紹介したい。以下に挙げる字を既に持っておられる方、悲嘆に暮れる必要はない。あくまで「凶作用が強い暗示」がある字という意味であって、何が何でも不幸から逃れられないという意味ではない。陰陽、音霊、そして本人の正し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人名には避けたい漢字第4弾・なぜあの名前は不幸になるのか?

毎度大きな反響を頂いている“人名に使わない方がいい漢字”のPart4をお送りしたいと思います。今回も象形文字から、一般に良い意味だと思われながら実は凶作用が強い漢字をご紹介します。まずは“幸”の字。親は皆、生まれてくる子供に幸せになって欲しいと願ってこの字に子供の未来を託す。しかしなんとこの字は、“首の萎え曲がった形を表し、早世の意味を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人名に使わない方がいい漢字その3・象形文字から語源を探ろう

8月初めのこのブログで紹介し、反響が大きかった「人名に使わない方がいい漢字」の第3弾をお送りしよう。今日は文字の成り立ちから語源を探る。人名でよく使われる「久」は元々“死体を後ろから木で支えている”形からできた象形文字だ。こんな文字が人生にいい影響を与える訳がない。女性名で「久美子」「久子」という字をよく見るが、私が鑑定した限り幸せ…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

人名に不適当な漢字その2&間違った改名が身を滅ぼす!

昨日の「人名に使ってはいけない漢字」の紹介は、大きな反響をいただいた。お子さんの命名などの参考に、引き続き紹介したい。            「隆、慶、寿、剛、照、義、秀、典、展、豊」 いずれも、不吉な相を持った凶相文字である。有名人を例に挙げると、先日逮捕されたカネボウ元社長・帆足隆、愛人問題でテレビから消えた小島…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幸せを掴むために、人名に使ってはいけない漢字とは?

今までに受けた質問で多かったのは「子供が病気がちだが、名前が悪いのか」「夫婦仲がしっくりいかないが、苗字が変わったせいか」などというものだった。女性は独身時代は良い名前だったのに、結婚を機に凶名になり途端に運気が悪くなることがある。この場合は名前を構成する字を同音で違う漢字に変えたり、もうひとつ別の通り名をつくることが開運の早道だ。また…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more