八田靖彦・奇跡の言霊ブログ(旧・奇跡の占いブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS “すばらしい日々”を創るためにーくちびるにいつも歌を持て

<<   作成日時 : 2006/03/08 22:39   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

画像何気なくテレビを見ていて、ドキッとする瞬間がある。最近ソニーのハンディカムのCMでかかっている、ユニコーンの『すばらしい日々』が耳に入ってきたときだ。あの奥田民生がボーカルを務め、現在は「気志團」のプロデューサーとして活躍中の阿部義晴がキーボードを弾いていた伝説のロックバンド。活動期間は僅か6年だったが、ハイレベルな音楽性と唯一無二の存在感で日本の音楽史に鮮烈な足跡を遺した。深夜にTBSで放送されている『CDTV』の「再結成してほしいバンド投票」でも、今もなおこのバンドは上位にランクされている。それは彼らが残した楽曲が、人々の心を捉えてやまない“何か”を、今も保ちつづけているからだろう。



人間は誰でも、“自分にとって忘れられない歌”を一曲は胸に抱いているものだ。



大好きだった彼女と初めてカラオケに行った時、渾身の思いで唄った歌。


上京する電車に乗ったとき、自分を励ますためにウォークマンで聴いていた歌。


早く亡くなった同級生が、放課後に覚えたてのギターで練習していた歌。






人の数だけ、歌がある。そして歌には、人の心を癒す“霊力”が秘められている。




先日、深夜にタレントがニートの家に出向き、再起を促すという番組を見た。『品川庄司』の品川祐が会ったのは、引きこもり歴2年の32歳男性。離婚と解雇と友人の自殺が一遍に重なり、生きることが億劫になったという。品川が「何か夢中になれるようなことはなかったのか」と問うた時、ニート男性は「音楽で身を立てたかった」と答えた。品川の求めに応じ、ギターを久々に手にした彼。彼の口から出てきた言葉たちは、優しさと希望に満ち溢れていた。そして暫くしたあと彼は家を出て、ギターを片手にストリートで歌い始める・・・・


     すばらしい日々だ  力あふれ

          すべてを捨てて  僕は生きてる

                     君は僕を  忘れるから

                       その頃には すぐに 君に会いに行ける
     
      


・・・・生きることに辛くなったら、くちびるにいつも歌を持て。



関連記事:

再びはじまる「すばらしい日々」のために・・・ユニコーン再結成に寄せて

不妊に悩む女性たちへ再び・慟哭の河を乗り越えて再度の奇跡を祈ろう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「すばらしい日々」について思うこと
最近流れてるSONYのハンディカムHC3のCMで UNICORNの「すばらしい... ...続きを見る
applesy16g
2006/03/12 21:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
“すばらしい日々”を創るためにーくちびるにいつも歌を持て 八田靖彦・奇跡の言霊ブログ(旧・奇跡の占いブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる