八田靖彦・奇跡の言霊ブログ(旧・奇跡の占いブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 12月8日という忘れられない日に・・・素晴らしい歌の記憶に抱かれて人生を往こう

<<   作成日時 : 2010/12/12 00:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 0

画像12月8日は、音楽面で非常に印象深い出来事が多かったので書き留めておきたい。「人間活動に専念したい」と無期限活動休止を宣言した、宇多田ヒカルの横浜アリーナでのラストライブ『WILD LIFE』。平成10年のデビュー以来、音楽シーンのトップを駆け抜けてきた彼女との暫しの別れを惜しんで、1万人以上のファンが会場を埋め尽くし絶叫したという。彼女の音楽が年代を超えて10年以上も大きな支持を受けた理由は、楽曲の根底に“洗練された人間くささ”があったからであろう。「First Love」では誰もが経験した叶わぬ初恋の記憶を、「FINAL DISTANCE」では大阪池田小無差別テロで犠牲となった、ファンの少女への追悼の念を描写した。宇多田自身、両親の不和とその結果の離婚、更に自らの離婚を経験。歌手としての栄光と引き換えに諦めざるを得なかった“愛情”を渇望してやまない姿が、日本人の心を打ち続ける。アンコールでは「自分を見失いかけてた時期が沢山あった。だからこれからは、自分を大切にして、周りの人も大切にしたいと思う。みんなも自分を大切にしてくれればいいなと思います」と語った宇多田。ラストの「time will tell」を歌い終えた後はステージの中央にマイクを置き、山口百恵の引退を髣髴とさせる見事な引き際を見せた。1983(昭和58年)年1月19日・九紫火星生まれは天性の芸術家の星。5年後が準備の年なので、その頃には再び復活した姿を見せてくれるだろう。じっくりと“普通の生活”を堪能して、また素晴らしい歌を聴かせてほしい。



画像12月8日といえば、やはり触れない訳にはいかないのがジョン・レノンの命日である。ビートルズの音楽に時代を超えた普遍性があることは、もはや語るまでもないだろう。私のレノンに関する人生で初めての記憶は、小学校3年生だった25年前。NHKで放送していた、『おしゃべり人物伝』という番組であった。司会はDJの小林克也氏で、歴史上の人物に関するエピソードを、ドラマ部分とトーク部分で紹介するという形式であったと記憶する。レノンを取り上げた回のゲストは、『欽ドン』の“良い嫁悪い嫁”で人気を博した女優の中原理恵。恋愛時代にビートルズを聴いていた、小林と中原演じる倦怠期の夫婦が、レノン射殺の報が駆け巡った12月8日に、共に過ごした青春を振り返りながら自宅ですき焼きを食べるという場面であった。最後に、大きく掲げられたレノンの写真が真っ二つに引き裂かれた様が、子供心に印象に残った記憶がある。有力な左派ブログとして著名な『世に倦む日日』では、筆者の田中宏和氏がオノ・ヨーコの影響で晩年はラディカルな反戦運動家へと変貌したレノンの30回忌に寄せて、「悲しいのは、反戦とか平和とかを記事のタイトルにして論じると、途端にブログのアクセスが激減する」と心情を吐露している。オノ・ヨーコも一役買った戦後日本の「反戦平和運動」とやらは結局、大人になりきれない幼稚な過激派の“自慰とイカサマ”に過ぎず、純粋な平和への思い(幼少期の家庭的不幸からくる愛の渇望への裏返しとも言えるリベラルへの傾斜)でユートピアを夢見た、レノンの思惟とはまったく質を異にするものだったという哀しい現実。かつては天下のジョン・レノンの妻が日本人であったことを誇らしく思ったこともあったが、レノンがもしオノ・ヨーコと知り合わなければ、彼はもっと長生きして、いい音楽を遺すことができただろう(そういう意味で評論家の中山康樹氏と私は同じ立場)。『Imagine』を、社会を破壊しようと企んでいる“偽物”に、断じて利用されることがあってはならない。



画像さて、“日本のジョン・レノン”桜井和寿率いるMr.childrenのニューアルバム『SENSE』がリリースされた。発売直前まで内容は秘されていたが、想像以上にパワフルなサウンドで心地良い。CMで流れていた『擬態』『fanfare』のメロディは、20代の頃よく聴いた『l’LL BE』や『ランニングハイ』といった佳曲を連想させる。『365日』の詞は、いじらしい程に穏やかで幸福な情景が浮かんだ。桜井は今夏、やはりNHKで放送された『SONGWRITERS』での佐野元春との対談で、「ポップソングは時代の表現であり時代を超えたポエトリー」であると語っている(写真)。彼が生み出す言霊で、一体どれだけの魂が救われてきただろう。桜井は今年、レノンの享年に並んだ。“日本のジョン・レノン”はあと何年、天からの贈り物を紡ぎ続けるだろう。



この日、支局でひとり残って休憩しながらCDを聴いていると、携帯にメールが入った。芸能界の仕事をしている友人の紹介で知り合った、某人気アイドルグループの主力メンバーの方だ。奇しくもこの日は、結成5周年の日だという。記念のパーティーライブを前に、わざわざ連絡を頂いた。結成当時は売れるかどうか不安だったというが、ようやく掴んだ栄光に感無量といったところだろう。下劣な三流ゴシップ誌は色々と馬鹿げた噂を書きたてるが、エンタテイメントの世界で第一線に立っておられる方々は、本気で戦っている。そういうひたむきな人たちを、易者としてこれからもサポートできれば嬉しい。今年は大阪に居を移したが、東京に残してきた顧客の皆さんを、きちんとフォローすることはできただろうか。来年は更に忙しくなるが、今年以上に、多くの人の力になれればと思っている。




最後に、ジョン・レノンが遺した言葉を引きたい。



懐かしがりたいのなら、昔のレコードが一杯残ってるだろう。素晴らしい音楽は、ちゃんと残ってる





・・・素晴らしい歌の記憶に抱かれながら、素晴らしい人生を全うして頂きたい。





画像




関連記事:

桜井和寿跳ねる!Mr.childrenが東京ドーム熱狂ライブ

Mr.children結成20年ーそして、少年たちの終末なき音の旅は続く

体制選択を前にー“変質したリベラル”の危うさを日本人に問う

4vs67,000!Mr.childrenライブに日産スタジアム燃ゆ

何かを始めることに迷っているあなたへ・“勇気”と“笑顔”がなければ、決して幸福はやってこない

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
わかれうた ひとり上手 中島みゆきさんだということについて
今日はたくさんの中島みゆき動画をみました。中島みゆきは、最近、CMでもよくみかけますね、興味深いです。 にわかファンと思われないように、明日もニュースチェックがんばろうと思います。中島みゆき動画のチェック、今日もやっていきます。わかれうた ひとり上手 中島みゆきさんについて。中島みゆきも気になるよね――ここからわかれうた ひとり上手 中島みゆきさんここまで―――いや、なんかかったるい今日この頃ですが、がんばっていきますね。また、適当なときに、みにきてください。明日、いい快晴だ.. ...続きを見る
80年代アイドルの動画を集めてみた
2010/12/13 17:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
12月8日という忘れられない日に・・・素晴らしい歌の記憶に抱かれて人生を往こう 八田靖彦・奇跡の言霊ブログ(旧・奇跡の占いブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる