アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「幸福な家庭をつくるための知恵」のブログ記事

みんなの「幸福な家庭をつくるための知恵」ブログ

タイトル 日 時
離婚を経験したあなたへの再婚論-いつでも良い人に出逢えるよう“波動”を上げよう
離婚を経験したあなたへの再婚論-いつでも良い人に出逢えるよう“波動”を上げよう 易者生活も間もなく15年に入ろうとしている。ブログを開設してから8年経ったが、全国の方々からメールや電話で多くの鑑定依頼を頂戴してきた。結婚や赤ちゃんの命名依頼といった喜ばしい出来事の一方で、家庭不和・離婚にまつわるご相談も多く頂いている。恋愛時代は優しかったのに、結婚して一緒に暮らすようになってからは相手の性格が豹変した。子供が生まれたのに、全然面倒をみてくれず外で遊び歩いている。両親の仲が悪く、いつ怒声が自分に飛んでくるか、びくびくしながら生活している・・・・等、離婚の当事者である夫妻の一方... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/11/01 15:58
失意と絶望の日々こそが人生の財産・・・“人生の春”を信じて静かに己の力を培おう
失意と絶望の日々こそが人生の財産・・・“人生の春”を信じて静かに己の力を培おう ローマ法王ベネディクト16世の突然の退位にロシアに落下した謎の隕石と、早くも激動の2013年を予見させる事象が相次いで起きている。いずれそれらが偶然ではなく、“そういうことだったのか”と皆が気づく時期が来るのも、それほど遠くはないかもしれない。それについて敢えて私が書く必要もないので、いつも通りの日常を書き残しておこう。仕事の帰りに、三越前を歩いていた時のこと。鶴屋吉信の並びのビルに、ファンキーモンキーベイビーズのラストシングルの広告看板が掲げられているのを見つけた。毎回、著名な芸能人をジャケッ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/20 18:55
人間ひとりができることは小さい、しかし大きな愛で続ければ必ず希望の連鎖になる
人間ひとりができることは小さい、しかし大きな愛で続ければ必ず希望の連鎖になる 3連休は皆様、いかがお過ごしであっただろうか。バレンタインが近づいてきたからか、当ブログの『奇跡を呼ぶ恋愛成就おまじない』の記事も、カウントが一気に上昇した。恋の喜びを知った10代の女の子達は、毎日の生活も前向きに送れることだろう。14日は、素敵な愛が日本中で沢山生まれる日となることを祈りたい。日曜は朝から自宅で鑑定作業をしていたが、昼はラーメンを食べながらテレビで『ザ・ノンフィクション』を観ていた。今回は「崩壊の音が聴こえる〜さ迷う家出少女たち〜」。東京都の自殺対策補助事業として行われた、10... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/12 09:50
平成25年の幕開けにあたって
平成25年の幕開けにあたって 新年明けましておめでとうございます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 2 / コメント 2

2013/01/01 18:52
平成24年総括―来年も、共に善き魂の旅を
平成24年総括―来年も、共に善き魂の旅を 本年最後の更新である。こうしてブログで一年の総括をするようになってから、一体何年が経っただろう。お陰様で、なんとか無事に今年も辿り着けそうだ。それにしても復興進まぬ被災地の方々は、2年目の厳冬をどう過ごされているだろうか。最近の調査では、被災した児童の肥満化が問題になっているという。ストレスに拠る所が多分にあるのだろう。父祖の代から親しみ育った故郷を奪われ、大好きだった友達とも離れざるを得なかったその慟哭は、察して余りある。永遠に続くであろうという錯覚をきたすこの平和に酩酊する我々現代人にとって... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/28 14:08
伊勢の旅〜大乱を前に安らぎと、祈りと
伊勢の旅〜大乱を前に安らぎと、祈りと 8月15日を境に、竹島や尖閣に関する報道で社会状況が一変したことにお気づきの方もいらっしゃるだろう。いよいよ、“大乱”が近づいてきた。これから3〜4ヶ月で、世界地図が激変する事態になるかもしれない。お陰様で私も忙しい日々を送らせてもらっているが、先日、伊勢で静養した時のことについて記しておきたい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/08/28 16:09
生と死、そして愛・・・親が子供を思う気持ちに少しだけ思いを巡らせてほしい
生と死、そして愛・・・親が子供を思う気持ちに少しだけ思いを巡らせてほしい このブログを始めて、間もなく7年になる。時々思い出したかのように昔の記事を読むことがあるが、現在のように私の日々の行動を記した形ではなく、『恋愛論』『仕事論』『人間関係論』といった、それまでの鑑定経験からそれぞれのテーマに沿って私の感ずるところを述べた記事が多かった。今回は、久しぶりに原点に戻って語りたい。17年の逃亡生活を続けていた、オウムの菊地直子が遂に逮捕された。23歳当時の指名手配の写真が脳に刷り込まれていた日本人にとって、逮捕時に撮影された、華奢な体つきの中年女性の姿には、驚きを禁じえ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/06/05 01:57
日本人よ、“覚悟”はあるかー東日本大震災から一年の節目に
日本人よ、“覚悟”はあるかー東日本大震災から一年の節目に あの震災発生から、早一年である。これからの日本を占う上で重要なエポックとなった、この未曾有の悲劇について触れたい。この2、3日は、テレビの震災特番をずっと観ていた。親を失いながら、前向きに生きてゆくことを誓った三陸の小学生や、工場や娘、孫を全て津波に流されながら、借金をして店を再建した気仙沼の菓子店の女性の姿には、心から胸を締め付けられた。その中でも、金曜の夜に放送されたフジの『そこにある命を救いたい〜自衛隊だけが撮った3.11』は特に感銘を受けた。東北を襲った未曾有の危機に、全国の各駐屯地から... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 2 / コメント 3

2012/03/11 20:17
科学で人の魂は救えない・・・先人の遺した知恵に頭を垂れることを覚えよう
科学で人の魂は救えない・・・先人の遺した知恵に頭を垂れることを覚えよう 天皇陛下の冠動脈バイパス手術が無事終了した。執刀を担当した順天堂大学の天野篤教授の会見を観ながら、心から安堵した自分がいる。手術の成功を祈って記帳に足を運んだ国民は、1万3千人にも及んだという。優しさ、思いやり、尊いものへの敬意は、大和民族の誇るべき習性である。喜びの裏でひとつ、許せないことを思い出した。23年前に昭和天皇が崩御されたとき、皇居に向かって涙を流して手を合わせた女性の姿を指して、浅田彰は「土人」と表現した。まさに、日本人への挑戦である。日本の社会学者にとって天皇は不倶戴天の敵であり... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 6 / コメント 1

2012/02/19 19:30
“信じるにたる自己”を心の柱に据えて・・・引き返せない覚悟で新しい年を往こう
“信じるにたる自己”を心の柱に据えて・・・引き返せない覚悟で新しい年を往こう 旧暦でも新年となった。金曜はスーパーで恵方巻きを買って、北北西を向きながら、一気にかぶりついた。こうやって、心置きなく毎日白い飯にありつける日常が、なんと幸せなことか。世界に目を遣ると、ホルムズ海峡の封鎖懸念で大国間に緊張が走っているが、どこで軟着陸できるだろう。日本はアメリカに付き合ってイランへの制裁に加わったが、サウジアラビア産の調達だけで消費を賄えるか。相変わらず、日本経済復活の出口は見えない。ソニーにシャープ、パナソニックの墜落は、ものづくり日本の落日を象徴している。パネルへの投資分の回... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 3 / コメント 0

2012/02/05 23:19
壬辰の年を迎える日本人へ・・・心を国に留めて“神の御裔”の自覚を持て
壬辰の年を迎える日本人へ・・・心を国に留めて“神の御裔”の自覚を持て 各経済団体の賀詞交歓会廻りも漸く一段落である。様々な業界の会合に顔を出したが、苦しい情勢の中でも「まぁ、皆で頑張るしかないね」と笑顔で語り合う場面が多かった。中国のバブル崩壊を警戒しつつ、技術革新の研究は怠らない。昨年は東日本大震災があったが、“困難を耐えて乗り越える”のは、我が大和民族の真骨頂だ。過去を遡ると、“壬辰”の年は大企業の破綻が多い。なかなか辛い場面が続くかもしれないが、国民が一致団結するまたとない好機である。絶望だけはせずに生きたいものだ。政治では今週、我らが野田佳彦総理閣下が眼帯... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 2 / コメント 2

2012/01/23 01:33
平成24年の幕開けにあたって
平成24年の幕開けにあたって 新年明けましておめでとうございます。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 25 / トラックバック 3 / コメント 3

2012/01/01 00:00
平成23年総括―品格ある“大人の国”の再建に向かって
平成23年総括―品格ある“大人の国”の再建に向かって 年内最後の更新である。平成23年の掉尾をふるうとき、やはり3月の東日本大震災を抜きには語れまい。3.11は、バブル崩壊以降も大した危機感を持たず、“管理された享楽”に酩酊する日本人に、ある程度の衝撃を与えた。交通機関のマヒ、自分達が高支持率を与えた総理大臣の愚かさ、そして統治機構の機能不全を逸らすための脱原発運動の先鋭化等、戦後の日本人が“考えること”から逃げてきたツケが一気に回ってきた、記憶に残さざるを得ない年であったと言えよう。オーウェルは『1984年』で“疑問を持たない方が得なときは、疑問... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/12/28 11:22
いつまでも続く不幸はない・・・ほんの少しの“勇気”で目の前の景色を変えよう
いつまでも続く不幸はない・・・ほんの少しの“勇気”で目の前の景色を変えよう 早いもので、あと2週間足らずで今年も終わりである。年末の御用納めで飛び回っていたので、なかなかブログを更新する時間が持てなかった。先月沖縄に行ったことについては稿を改めて、最近あったことを記しておこう。土曜の夜は、最強漫才師決定戦『THE MANZAI2011』を観た。30年前、当時5歳で空前の漫才ブームを体感した自分にとっては、余りにも懐かしくそして嬉しい企画だ。発起人である大物芸人の突然の引退で開催が危ぶまれたが、その穴を埋めるべく『最高顧問』のビートたけしさんが相変わらずのパフォーマンスで... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/19 01:14
日本の未来が間もなく決まる・・・聖なる祈りを捧げて命あまさず生きよ
日本の未来が間もなく決まる・・・聖なる祈りを捧げて命あまさず生きよ 西岡武夫参議院議長が亡くなった。毎日新聞の岩見隆夫氏は「もうひと花咲かすに違いない、日本の政情不安に一石を投じることになるだろう、と確信に近いものを感じていた」とその死を惜しんだが、混迷続く素人集団民主党の中でも抜群の安定感を示し、筋を通すプロフェッショナルの政治家の姿を体現した、稀有な存在であった。筆者は直接お目にかかったことはないが、早稲田の先輩であり、マスコミに籍を置いたという共通点で西岡氏には親近感を感じていた。新自由クラブへの参加と離党、国政と知事選合わせ3度の落選経験。その政治家人生... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 3 / コメント 1

2011/11/06 19:37
聴こえてくる秋の足音を前に・・・ただ過ぎてゆく“日々”を“感謝”で彩ろう
聴こえてくる秋の足音を前に・・・ただ過ぎてゆく“日々”を“感謝”で彩ろう 三連休はいかがお過ごしだっただろうか。私は自宅で静養しながら、18日にライブへ行くUNICORNのアルバムを聴いていた。彼らの音を生で聴くのは2年半ぶりなので(『果てしなく続く“すばらしい日々”・・・ユニコーンライブに足を運んで』参照)、どんな演目なのかを想像するだけで胸が躍動する。そんな幸せな休日の中、欧州の金融大手、デクシアが破綻したというニュースが入った。以前の記事で世界恐慌、ブラックマンデー、リーマンはいずれも9〜10月に発生していると指摘したが、ギリシャに端を発する欧州危機の銃爪が弾か... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 2 / コメント 1

2011/10/11 12:49
価値のある魂は救われる・・・“神の無い月”にこそ自分の意志で心に神を宿そう
価値のある魂は救われる・・・“神の無い月”にこそ自分の意志で心に神を宿そう 1414(いよいよ)、神無月である。スピルチュアル界隈では、非常に重大とされている時期だ。東日本大震災の日に太陽、地球と直列していたことで話題となったエレーニン彗星は今月、17日に地球に最接近する。スウェーデンの生物学者カール・ヨハン・コルマン博士の長年の研究では、マヤ暦の終わる日は2012年12月22日でなく、2011年10月28日だという。前回、Mr.childrenのライブに行った記事で、和気清麻呂の旧拾円札の話をした。ヒフミ神示には“金かたきの世来るぞ”と記されていたが、これからは、金で... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 3 / コメント 0

2011/10/03 19:01
東日本大震災から半年の節目に・・・小さな光を探して未来に“美しい花”を咲かせよう
東日本大震災から半年の節目に・・・小さな光を探して未来に“美しい花”を咲かせよう 長崎に在住されておられる顧客のKさんから、お土産を頂いた。長崎カステラ本家・福砂屋のカステラに佐賀祐徳神社名産の“稲荷ようかん”、そして蘇州林の麻花兒(マファール)というお菓子のセットである(写真)。久々に、カステラにかぶりつく。卵と砂糖、水飴のハーモニーがなんとも絶妙だ。福砂屋は寛永元年(1624年)創業。ポルトガル人から南蛮菓子の製法を伝承された後、日本人の口に合うよう改良を重ねたという。創業以来不変なのは、卵の手割りから泡立て、混合、攪拌、焼き上げまで一人の職人がつきっきりで仕上げる点だそ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 2 / コメント 2

2011/09/12 12:47
巡りめぐる熱い季節に・・・“掛け値なし”の生き様に真摯に敬服する心を持とう
巡りめぐる熱い季節に・・・“掛け値なし”の生き様に真摯に敬服する心を持とう サッカー元日本代表・松田直樹が逝った。プロでは横浜・F・マリノスに一貫して在籍し、DFながらアグレッシヴなプレーで、多くのファンを魅了した姿は余りにも鮮烈だ。平成11年のワールドカップ時は、代々木に足を運んで応援させてもらったのが懐かしい。彼の死が報じられた後、様々な番組でその軌跡が流れていた。マリノスを戦力外通告になった年の最後、サポーターに向かって「俺、マジ、サッカー好きなんですよ」と涙ながらに訴える姿に、彼の魂の純度の高さを感じた。訃報の直後、古巣マリノスが用意した献花台には、1万人の人々... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 2 / コメント 0

2011/08/08 22:24
生まれた意味は誰にもきっとある・・・“覚悟”と“誠の心”を携えて己の使命を悟ろう
生まれた意味は誰にもきっとある・・・“覚悟”と“誠の心”を携えて己の使命を悟ろう 早くも8月に入った。皆様はいかがお過ごしだろうか。今月も色々あって、先月に引き続き帰京することになった。祇園祭と順序が逆になってしまったが、先月はじめ、友人の披露宴に出席するために帰京した際の出来事について書きとめておきたい。披露宴の前夜は、新宿の小田急ホテルセンチュリーの20階にあるレストラン『トライベックス』にて、早稲田大学時代の同級生であるM嬢と会食(写真)。帰京した時はいつも利用させてもらっているが、今回も店側の配慮で、三方のガラス窓から大東京を眺望できるテーブルを用意してもらった。在学... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/08/01 22:27
奇跡の言霊ブログ・6周年御礼
奇跡の言霊ブログ・6周年御礼 いつもアクセスありがとうございます。お陰様で、『奇跡の占いブログ』として始まった当ブログは、本日で開始より6年を迎えました。ここまで続いたのもひとえに、常に激励し、愛読してくださった皆様のお陰だと心得ております。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 18 / トラックバック 1 / コメント 3

2011/07/06 12:09
必ず来る夜明けに向かって・・・かつてなかりし苦しさをたへゆく強き民となろう
必ず来る夜明けに向かって・・・かつてなかりし苦しさをたへゆく強き民となろう 震災から1ヶ月が過ぎた。民主党政府は相変わらず無策無能を曝しているが、気仙沼では朝市が再開されるなど、市井の自助努力により復興への胎動が徐々に聞こえてきている。私がかつてキャストとして身を置いた、東京ディズニーランドも営業を再開した。ミッキーとの再会に涙する子供達の姿を観ると、やはりエンタテイメントは現代人に必要不可欠なものだという思いを強くする。プロ野球では、我が早稲田の斎藤佑樹が初勝利を飾った。北海道から素晴らしいプレーで、被災地を励ましてあげてほしい。石巻には今週、歌手の長渕剛氏が訪問して... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 10

2011/04/17 20:31
絶唱-太平洋戦争で玉砕した日本兵の詩より
絶唱-太平洋戦争で玉砕した日本兵の詩より もし玉砕して、 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/04/10 19:07
「心の一灯」の提案
知己である漫画家・橘しいな先生より、素晴らしいご提案がございました。どうか被災者の皆さんのために、生活に余裕のある方は、節電にご協力ください。以下、頂いたご提案を転送させて頂きます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/03/13 19:43
やっぱり“家族”は温かい・・・一番大切な存在に私たちは何を残せるか
やっぱり“家族”は温かい・・・一番大切な存在に私たちは何を残せるか 雛祭りをいかがお過ごしだろうか。私は平日の夜は大体、支局で終電まで仕事をしている。来月には35歳になるが、体力は年々落ちつつもまだまだ職場で深夜までの作業も苦ではない。その代わり、土日は自宅でゆっくり寝て、鑑定作業をしながら(こちらも頭脳労働だが)一週間の鋭気を養う。日曜の夜は、テレビを点けていたら『サザエさん』が始まったので久々に観ていた。今週はもちろん、雛祭りがテーマ(写真)。ワカメちゃんが、カツオやタラちゃんに何度も「ありがとう」と感謝の言葉をを述べていたのが印象的だった。雛飾りを背に、家... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/03 22:16
行きてまだ見ぬ山を見む・・・寂しさは胸に抱いていざ歩を進めよう
行きてまだ見ぬ山を見む・・・寂しさは胸に抱いていざ歩を進めよう 久々に更新したい。最近は、仕事で自宅に程近い神戸に足を運ぶ日々が続いている。ポートピア地区にある花鳥園で、天気の良い日はほっと一息(写真)。先週は、会社で一番の仲の良い先輩に、待望の男児が誕生した。奥様の妊娠中から名づけの相談を受けていたが、私が「この名前で」と出した案に決めたという(『命名・改名の基本的知識』参照)。先輩は会社で長く労組の委員長を務めてきたバリバリの革新派だが、お互いに芸能界に近しい友人を持つなど、気脈を通ずる所がある。『2ちゃんねる』では右翼だなんだ書かれている私だが(書き込... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/12 23:43
平成23年の幕開けにあたって
平成23年の幕開けにあたって 新年明けましておめでとうございます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 3 / コメント 6

2011/01/01 00:00
聖夜がちかづくこの瞬間に・・・いつか必ず降り注ぐ幸福の日々を待とう
聖夜がちかづくこの瞬間に・・・いつか必ず降り注ぐ幸福の日々を待とう 年末の挨拶回りも後半に入っている。クリスマス当日にあたる土曜に帰京できることになったので、今週で年内の仕事を全て終わらせる予定である。年始は各業界の賀詞交歓会があるので、のっけから忙しくなりそうだ。兵庫の播磨地区に点在する企業を回った日は、大阪に戻る途中、須磨に寄って久々に海岸の空気を吸った(写真)。いよいよ冬本番だが、関西は平均気温が関東に比べて高いので、晴れの日はスーツを着ていればそれほど寒さを感じない。見た目60代位か、白髪の紳士が投げたフリスビーを、おそらく彼の愛犬がジャンピングキャッチ... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/20 01:27
笑顔と涙がわき出づる復興の街で・・・希望の灯を永久にともし続けよう
笑顔と涙がわき出づる復興の街で・・・希望の灯を永久にともし続けよう 自宅近くの元町で開催されている、『神戸ルミナリエ』に足を運んだ。平成7年の1月に起こった、阪神・淡路大震災で亡くなった方々への、鎮魂と追悼を目的として行われてきたこの企画も、はや16回目を数える。駅で降りると、そこにはかき分けるのも困難な人波が。会場へと続く道は、すべて車両通行止めとなっている。不測の事態に備えて、警察の警備も物々しい。『鎮魂と絆のゾーン』と題された車道には、『目的地までおよそ60分』と記された看板が掲げられていた。天気も良く微風も心地良い、夜の散歩にはいい機会である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/07 23:27
全ての事がいい予感であり吉兆ーいま一度、“家族の大切さ”を確認して心を温めよう
全ての事がいい予感であり吉兆ーいま一度、“家族の大切さ”を確認して心を温めよう そんなこんなで、早くも師走である。そろそろ、元日に発表する平成23年の予言を書かねばならない。来年は、端的に言えば“世代交代が加速する”一年になるだろう。まあそれは本編に譲るとして、明治安田生命が、恒例の『今年生まれた赤ちゃんに付けられた名前』ランキングを発表した。男児は「大翔」と書いて“ひろと、はると、やまと”、女児は「さくら」が首位だという。2位以下は「虎太郎」や「大雅」、「陽菜(ひな、はるな、ひなた)」「結愛(ゆあ、ゆな、ゆめ)」など。このブログを長いこと読んで下さっている方はお気づきだと... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/12/03 23:10
磨かずて身に光なしー若者よ、無限の可能性を最初から狭めてはいけない
磨かずて身に光なしー若者よ、無限の可能性を最初から狭めてはいけない お陰様で、仕事は年末の挨拶回りが始まり大変忙しい。景気が上向かない現状で、やるべき仕事があるのは幸せなことだ。連日、就職難だと騒がれている。日経によれば、10月1日現在大卒の内定率が史上最低の57%だという。今夏にも読売が『就職留年7万9000人』と大きく報じていたが、私は申し訳ないが大学生には同情できない。大企業の求人倍率は0.57倍だが、中小企業のそれは2.16倍もある。中小が大学で就職説明会を行っても、学生は集まらないという。プライドが高いのか何かは知らないが、仕事なら世の中に“いっぱいあ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/21 20:54
人間は運命的な存在であるーだからこそ胸に宿る“希望”で未来を変革しよう
人間は運命的な存在であるーだからこそ胸に宿る“希望”で未来を変革しよう お陰さまで、堅気の仕事が半端ないほど忙しくなってきた。特集記事の関係で週の前半は京都、後半は兵庫の播磨に足を運ぶパターンが続いている。だんだんと緑が深くなってゆく阪急線の風景や、明石を過ぎる辺りのJRの車窓からの景色は、まるで“昭和”にタイムスリップしたような感を受ける。京都に行った時は、河原町まで足を伸ばして祇園で夕食をとるのが、最近の楽しみになった。先日は、中條南座に併設している『総本家にしんそば松葉』にて、余りにも有名なにしんそば(\1400)に舌鼓を打つ(写真)。コシのあるそばの上に堂々... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/03 01:41
どれだけ優しさと涙を交換できるか・・・「かなしみ」を胸に明日も希望を歌おう
どれだけ優しさと涙を交換できるか・・・「かなしみ」を胸に明日も希望を歌おう 歌手の大黒摩季が、子宮疾患の治療に専念するために無期限の活動休止を発表した。大黒といえば、私が高校生だった90年代前半に『チョット』『ら・ら・ら』などヒットを連発。ZARDの故・坂井泉水と共に、当時栄華を極めたビーイング発ガールポップの旗手として大きな存在感を放っていた。昨日の朝はフジ系の『とくダネ!』に出演し、休止前のラストライブを披露。近頃再結成を果たしたLUNA SEAの真矢らをサポートに、『夏が来る』を熱唱していた(写真)。小倉智昭とのトークでは、卵巣嚢腫や子宮内膜症と戦いながら、体外授... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 1 / コメント 2

2010/08/27 14:54
先人の熱き魂に触れる季節に・・・虚飾を捨てて美しい生き様を探そう
先人の熱き魂に触れる季節に・・・虚飾を捨てて美しい生き様を探そう 前回書いた祖先のお墓参りの後は、神戸にある割烹『貴舟』に行った。この場所は子供の頃から、法事などで親戚が集まった時によく利用している。京都で修行を積んだ板さんが淡路・沼島産のいい鱧(はも)が入ったと言うので、そのフルコースに舌鼓を打つ。特に、焼き霜の味は最高であった(写真)。鱧は東京ではあまり見かけないが、関西においては高級食材として名が通っている。京都では、かつて日常的に天皇の召し上がる食べ物として献上されたそうだ。7月の祇園祭は別名『鱧祭』とも言って、多くの関西人が口にするらしい。沼島は海底... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/19 17:48
昭和八十五年の敗戦の日に・・・戦火に散った偉大なる祖先に改めて敬意を
昭和八十五年の敗戦の日に・・・戦火に散った偉大なる祖先に改めて敬意を お盆ということで、実家の墓参りに行った。伯父夫妻の車で、先祖の眠る墓地へ。ビルマで戦死した大伯父・八田清一陸軍兵長(行年二十四才)の眠る墓(写真)に手を合わせる。大伯父は芸術を愛で、絵筆をとったり楽器を演奏することを好んだ人物であったという。大伯父の姉であった祖母が生前、私に向かって「あなたは、弟の生まれ変わりかもしれないねえ」とよく目を細めていたのを思い出す。帰省の際は、マンションのベランダで祖母の肩を揉みながら、夏祭りの花火を眺めるのが恒例であった。激動の時代を生き抜いた祖母の肩の感触はいま... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 4 / コメント 0

2010/08/15 17:29
喜びも悲しみも分かち合った日々に花束を・・・桑田佳祐氏の復活を心より願う
喜びも悲しみも分かち合った日々に花束を・・・桑田佳祐氏の復活を心より願う 前回は帰京中の出来事について書いたが、敢えて触れずにおいたことについて今回書きたい。桑田佳祐に食道癌が発覚し、秋に予定されていたアルバムリリースと冬の全国ツアー『全国への階段』が全てキャンセルとなった。FCの先行チケット抽選で東京、大阪公演とも当選していた私にとっては、年末の最大の楽しみがなくなってしまい大変残念な気持ちだ。一昨日は、そのFCから会報『代官山通信』の最新号が届いた(写真)。内容は癌公表前の制作されたもので、桑田が「四六時中、音楽主義宣言。」と銘打ってツアーへの意気込みを語っている... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/08 12:02
“自尊心”こそ心の支え・・・近しい存在を大切にして誇り高い人生を模索しよう
“自尊心”こそ心の支え・・・近しい存在を大切にして誇り高い人生を模索しよう 夏休みで帰京していた間のことについて書き留めておきたい。金曜は午後から休みを取り、新幹線で東京へ。首都の土を踏むのは、実に84日ぶりである。錦糸町の駅では、400mを越えたスカイツリーの、その順調な建設の進捗ぶりに驚く。東京本社に顔を出し、社長や役員に関西方面の現状を報告した後、東西線に乗って早稲田へ。早大生としてこの街に通ったのは僅か4ヶ月前のことなのに、もう既に遠い青春の記憶となりつつある。4年生時に英語の授業でペアを組んだY嬢と再会。在学中によく通ったグラウンド坂上にあるふぐ屋『若竹』にて... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/04 23:21
2010永田町大乱―権力の司祭たちよ、自己を捨てて今こそ護国へ走れ
2010永田町大乱―権力の司祭たちよ、自己を捨てて今こそ護国へ走れ 参院選が終わった。選挙結果については、国思う市井の人々がそれぞれご自身のブログで雄渾の文章を書いておられるので、例によって私は誰も書かないような、予言含みの記事をつらつらと書いてみたい。民主党40議席台の惨敗、そしてまさかの、自民党改選第一党である。これを、“天佑”と言わずして一体何と言おうか。神はまだ、日本国を見捨ててはいなかった。昨日の昼は近所の神社に護国祈願をしていたが、真正保守としては本当に心から安堵である。神奈川の千葉景子、長崎の犬塚直史、栃木の簗瀬進、岐阜の山下八洲夫と売国政治屋共の... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/07/12 02:37
“ここで負けたら後がない”という覚悟・・・歓喜の夜明けを今こそ迎えよう
“ここで負けたら後がない”という覚悟・・・歓喜の夜明けを今こそ迎えよう お蔭様で仕事が多忙を極め、ブログを更新する余裕もなくなってきた。昨日、今日も皆様と同じように非常に眠い(理由については例によって後で書こう)。最近は、週に2〜3日は京都に足を運んでいる。京都は独自の技術を持つ企業が密集しているので、街を歩く度に新しい発見がある。昨日はある大手電機メーカーを訪問した後、帰りはJR京都駅前にある『よーじや』さんで“あぶらとり紙10枚セット”(\3,360)を購入。来月末に夏休みで帰京することになったので、大学時代の友人へのお土産にする。東京に帰るのは3ヶ月ぶりになる... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 4 / コメント 0

2010/06/27 03:01
善い人は“良い糸”をつくる・・・困難な時代に信頼の絆で希望を紡ごう
善い人は“良い糸”をつくる・・・困難な時代に信頼の絆で希望を紡ごう 早いもので、東京から大阪に移ってから1ヶ月が過ぎた。それにしても、東京にいた頃がもう2〜3年も昔のことのようだ。それくらい、関西では時間の流れを緩やかに感じる。昨日の夕方は、テレビのスポーツニュースで春の早慶戦の模様が映し出されていた(写真)。昨年の秋までは、現役の早大生として春・秋とも欠かさず神宮球場に足を運んでいた身だが、それも遠い青春の記憶になりつつある。大学院に残った同級生からチケット抽選会のお知らせがメールで来ていたが、果たして彼らは修了後、この厳しい社会で使い物になるのだろうか。学生... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/30 12:31
近未来国際情勢展望―日本人よ、惰眠から覚醒せよ
近未来国際情勢展望―日本人よ、惰眠から覚醒せよ 元新自由クラブで文部大臣も務めた小杉隆の妻・敬子が1億円詐取で捕まったという。敬子には言うまでもなく、このブログの『人名に使ってはいけない漢字』で挙げた“敬”の字が入っている。トラブルと縁が切れず寂しい生涯になりやすい暗示がある。そんな小さなことではなく、今日は国際情勢を概観したい。例の韓国哨戒艦『天安号』沈没騒ぎで、南北朝鮮に緊張が走っている。北鮮は李明博政権との関係断絶を正式表明したが、それを聞いた時は、近衛文麿内閣の「以後国民政府を対手とせず」の文言を思い出した。北鮮はデノミの失敗で国内経... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/26 14:11
目に見えない温かさを胸に・・・“やり甲斐”のある時代を共に築こう
目に見えない温かさを胸に・・・“やり甲斐”のある時代を共に築こう 普天間の移設問題は日米合意で辺野古に決着したという。一体、今までの騒ぎは何だったのだろうか。昨日の朝は、田勢康弘氏の『週刊N新書』を見ていた。番組の前半では、衆院安全保障委員長を務める民主党の安住淳が、ヘラヘラしながら今後の政局について話していた。なんの信念もない電波芸者。“脳水大臣”赤松広隆と並ぶ、早稲田の恥ずべき先輩である。現政権の最大の欠陥は、「誰も危機感を感じていない」という点であろう。毎日新聞の松田喬和専門編集委員が、15日の朝刊で「鳩山内閣の懸案は基地、献金、景気の“3K”であったが... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/23 17:16
人生の“中間期”で失敗をしないために・・・己の魂をひたむきに研ぎ続けよう
人生の“中間期”で失敗をしないために・・・己の魂をひたむきに研ぎ続けよう イギリスでは総選挙の結果、ブラウン労働党内閣が下野し、308議席を獲得したデービッド・キャメロン率いる保守党が13年ぶりに政権を奪取した。本ブログで元日に行った予言がお蔭様で的中したが、二大政党制の母国イギリスで登場した第1党と第3党の連立政権は、国内のみならず国外でも大きな注目を浴びている。選挙で57議席を獲得した連立相手の自由民主党からは、党首のニック・クレッグが副首相に就任した。キャメロン、クレッグともに43歳。まるで、映画俳優かのような甘いマスクで人気も高い。私はいずれクレッグにも、選挙... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/05/13 12:37
心と心で結んだ絆が必ずこの国を再生させるー鯉のぼりに温かい未来を重ねて
心と心で結んだ絆が必ずこの国を再生させるー鯉のぼりに温かい未来を重ねて 関西の地より、初の更新である。引っ越し作業も、伯父夫妻をはじめ親族総出の協力でほぼ片付いた。感謝に堪えない。会社の阪神支局は大阪に在るが、住居は生まれ故郷である兵庫の地に定めた。作業の休憩中には、ある親族に「天国のおばあちゃんが、あなたが帰ってくるから皆に協力してって指示を出したんじゃないか」と言われた。伝統的に女系の八田当家に於いて、唯一の男子だった私を祖母は大変可愛がってくれた記憶がある。仕事での赴任とはいえ、この土地に帰ってきたことを喜んでくれているのだろうか。先月の20日には、34歳にな... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/05 19:18
功の崇(たか)きはこれ志・・・人生の大事業を成す為に勤勉を親友にしよう
功の崇(たか)きはこれ志・・・人生の大事業を成す為に勤勉を親友にしよう 古い付き合いの友人・C嬢から、ハワイ帰りのお土産をもらった。ホノルル限定の人気ブランド・『88TEES』のTシャツである(写真)。Tシャツを受け取って家に帰ったら、ちょうどテレビで『さんまのまんま大全集』を放送していて、ゲストの佐々木健介がやはりこのブランドのTシャツを着ていた。C嬢のことをこのブログで書くのは初めてだが、彼女は某国立大学の法学部を出た後、外資系で役員の秘書をされている才媛だ。大変活動的で、多忙な毎日の合間を縫っては、国内外を問わず旅に出て休暇をエンジョイしている。仕事も遊びも一... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/21 20:06
平成22年4月“八田修一と行く陽春開運ツアー”開催のお知らせ
平成22年4月“八田修一と行く陽春開運ツアー”開催のお知らせ いつもアクセスありがとうございます。梅から桜へ、いよいよ新しい年への準備に入る季節がやってきました。本年も昨年に引き続き、皆様と密なコミュニケーションをとるべく、来月(平成22年4月)私と一緒に、都内の開運スポットを巡るツアーを行います。詳細はこれから詰めますが、今回は山手線高田馬場駅からスタート。近くにある享保11年(1726年)安置の大地蔵・『源兵衛(早稲田)子育地蔵尊』を参拝。子宝・安産や病気治癒、長寿に特にご利益がある地蔵様に、お力をお分け頂くための供養を行います。その後は、徒歩で早稲田... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/17 11:56
迷える日本人へ━夢を守りたいのなら目の前にある祖国の危機に気付け
迷える日本人へ━夢を守りたいのなら目の前にある祖国の危機に気付け 田中角栄の秘書を務めた、佐藤昭子が逝った。公私に亘って角栄を支えつづけ、彼との間に子供までもうけた“淋しき越山会の女王”。昭和が終わろうとしている頃、TBSで『代議士の妻たち』というドラマが放送されていた。与党中堅代議士に渡瀬恒彦、その妻に賀来千香子、代議士の秘書役は真野あずさという豪華な顔ぶれであった。ドラマの最後では渡瀬が真野を料亭の小部屋で抱くシーンがあったが、あれは角栄と昭子の関係をベースにした描写であったといま思う。なんだか経済大国爛熟期の政治が懐かしくなり、書庫から伊藤昌哉著『自民党... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 2 / コメント 1

2010/03/14 13:31
土筆(つくし)が顔を出す季節に・・・「人生の春」を迎えるために力を蓄えよう
土筆(つくし)が顔を出す季節に・・・「人生の春」を迎えるために力を蓄えよう お蔭様で、早稲田大学の卒業が決まった。この4年間は仕事との両立で正直大変だったが、それなりの達成感はある。私の活動を応援し、激励してくださった全ての方に感謝したい。一昨日は、三遊亭楽太郎の“六代目 三遊亭円楽”の襲名披露があった。『笑点』仲間の桂歌丸師匠も、肺炎に冒された身に鞭打って出席。とても病身とは思えない元気な姿に、一ファンとして安心した。襲名挨拶では「2つの涙が出ました。1つは33年ぶりに寄席で披露できること。もう1つは口上に大将(先代円楽)がいないことです」と感泣した楽太郎。青山学院出... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/04 11:30
人間の本分は堪忍と辛抱の中に・・・悲劇と喜劇の連続をそれでも生き切ろう
人間の本分は堪忍と辛抱の中に・・・悲劇と喜劇の連続をそれでも生き切ろう バンクーバー五輪では、日本男子勢の活躍が話題となっている。スピードスケートの長島圭一郎・加藤条治に続き、関西大学の高橋大輔がフィギュアでは日本初となるメダルをもたらした。一昨年秋の、右膝の靭帯断裂という試練を乗り越えての今回の栄冠に、心から拍手を贈りたい。表彰台に上がった息子の姿に、母親の清登さんは「大輔は家族の宝物です」と涙ながらに語ったという。一方で、織田信成君は演技中に靴紐が切れるというアクシデントに見舞われ7位。「彼の人生には笑いの中にも悲しみがある。彼が人を笑わせようとして、どれだけ苦... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 6 / コメント 0

2010/02/21 16:02
平成22年の幕開けにあたって
平成22年の幕開けにあたって 新年明けましておめでとうございます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/01/01 16:50
聖夜に・・・
今年もあの言葉を・・・ ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/24 14:19
粒々辛苦ー自分の優しさを他人に分け与えるところからはじめよう
「八田さん、オザワの言動についてはどう思ってるんですか。来年はどんな年になるんですか」という内容のご意見をよく頂いている。どこのオザワさんかは知らないが、生臭い話は年頭の予言でまとめて記すつもりなので、それまでお待ち頂きたい。最近は年末ということもあり、酒席が続いている。昨夜は、早稲田祭の対面鑑定会でスタッフをしてくれた同級生の野添君と新宿で呑む。 お互い社会人ということで、大学の卒業を前に4年に及んだ仕事と学業の両立の苦労を語り合った。帰りの新宿駅では、男子便所の前で「ファイナルファンタジーX... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/20 16:11
人は決して無力ではない・・・あなたを必要としている存在のために生きよう
忙しい合間を縫って、色んな人と会ったり色んな場所を訪れている(物書きの基本だが)。この時期に、どうしてその場所に来たのか。どうしてその人と出逢ったのか。考え出したら止まらないが、とにかく「縁」を大切にする生き方を来年も心がけたい。水曜は、芸名の選定に関わらせて頂いた歌手のイザナギTaRO氏と、秋葉原で正月明けにO.Aするラジオ番組の打ち合わせ(写真)。TaRO氏と2人だけでゆっくり話すのは今回が初めて。深夜番組なので、リスナーは夜の街を流しているタクシーやトラックの運ちゃんが多いかもしれない。年... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/12 21:39
平成22年正月“八田修一と行く新春開運ツアー”開催のお知らせ
いつもアクセスありがとうございます。早いもので、今年も間もなく終わります。お陰様で、私に人生にとって大変意義深く忘れられない、素晴らしい年を送らせて頂きました。これもひとえに、縁あって出逢えた方々の、無垢の優しさのお陰と心得ております。11月に早稲田祭にて行った対面鑑定会に引き続き、皆様と密なコミュニケーションをとるべく、来月(平成22年1月)私と一緒に、都内の開運スポットを巡るツアーを行います。詳細はこれから詰めますが、今回は山手線駒込駅からスタート。“日の出大国”の異名をとる出世の神様・大国... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/04 23:45
誰もが視野狭窄の時代に―自分の生まれた国を建て直すということ
休養していた。多くの方から心配して頂き感謝に堪えない。ちょっと疲れが溜まっているので、これからもちょくちょく休ませてもらえればありがたいと思っている。ただ、ペンはこれまで通り過激にいくので、そこは心配して頂かなくて結構である。久しぶりに経済について語ろう。日銀が量的緩和(らしきもの)を行う動きを見せたが、不徹底なため円高を解消するには至らなかった。経済音痴の副総理・菅直人がデフレ宣言をした後に自身のHPで左翼革命家丸出しの錯乱文章を書いて世の失笑を買っていたが、現政権に円高とデフレのダブルパンチ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 4 / コメント 3

2009/12/02 21:54
自分にできるすべての善行を積むーそれに皆が気づけばこの世は必ず変わる
漫才師の亀山房代が急死した。死因は心室細動だという。亀山といえば、「ザ・ぼんち」の里見まさとの2番目の相方として世に出、上方漫才大賞を受賞した実力派であった。人生には、その人にとって絶対に必要な“邂逅”というものが2,3度ある。「ザ・ぼんち」解散後は鳴かず飛ばずだった里見まさとを再び表舞台に出し、その後の“ぼんちおさむとの再会→ザ・ぼんち再結成”へと繋げた亀山は、まさとにとっては“神の化身”と言っても良い存在であったのではあるまいか。残された長女はまだ7歳だという。娘さんも、大変に厳しい魂の学び... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/11/25 22:00
「君のおかげ」で優しくなれる・・・お互いを思い合える社会を再び建設しよう
フジテレビで放送している『たけしの日本教育白書』を観ていた。去年も中々良い番組だったが、今年も興味深い内容だ(爆笑問題の太田光のギャグが今年は少々下品過ぎるが)。最近の親は、子供の運動会に行っても自分で弁当を作らず、デリバリーを頼んだりファミレスで済ますという。一緒に夕食をとっても、食べているものは皆バラバラ。昭和といえば、例えばドラマの『前略おふくろ様』や『寺内貫太郎一家』の食事風景にあるように、父親を中心とした家族団欒が一般的であった。封建的な面が強かったそれが、全て良かったとは言わない。し... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/22 23:45
死ねば全て終わりではない・・・この激動の時代に魂の座標軸を持て
ようやく充電も完了である。といっても、鑑定会で1000円コースを選んでくださった方へのメールでのフォローや大学の授業、そして昼の仕事もあったので、完全に休んでいた訳ではない。それでも、溜まっていたビデオを観たり、同級生と鰻を食べに行ったり、買ったはいいがパッケージすら開けていなかった嵐のベストアルバムを聴いたりと、それなりに自分の時間も持てた気がする。それにしても、大きなニュースが続いている。一昨日は元宝塚花組のトップスター・大浦みずきさんの訃報が入った。兵庫生まれの私にとって、宝塚歌劇団は本当... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/11/17 19:44
明日より早稲田祭です
いつもアクセスありがとうございます。明日より2日間、早稲田祭に出展いたします。ご来場される予定の方々、くれぐれもお気をつけて早稲田へ足をお運びください。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/06 21:20
偉大な魂が彼岸に続々旅立つ時代に・・・ただ全ての幸福を“弘誓”したい
金曜日は午後から、有楽町の帝国ホテルへ。4階松の間で行なわれた『富士谷紹憲先生を偲ぶ会』に出席(写真)。行きのエレベーターで、富士谷先生の弟子である友人のユピテルジョージ氏と一緒になった。入口で記帳を済ませ中へ。正面には、富士谷先生の遺影と愛用されていた遺品のカバンが飾ってある。生前の富士谷先生の人脈の広さからか、政界・マスコミ界では大物と言われる方々も顔を見せていた。富士谷先生が生前、特に目を掛けられた藤井孝男元運輸大臣、森英介前法務大臣の挨拶の後、『全国知事会』の会議終わりで駆けつけた上田清... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/11 19:10
最愛の我が子を亡くされたご両親へ・“あの世”での再会を胸に命の炎を燃やし抜こう
台風18号の上陸が近づいている。伊勢湾台風に近い被害が懸念されているが、これもアセンションによる“日本洗浄・大淘汰の序章”であろう。私は今夜もいたって平静だ。お陰様で、早稲田祭で行う対面鑑定会の予約を続々と頂いている。それだけ、悩みを抱えた魂が世に溢れているのだろう。以前、メールで鑑定した地方にお住まいのご婦人が、私に会うために上京してくださるという。ありがたいことだ。今日は、ご本人の了解を得て、そのご婦人の出来事について書かせて頂きたい。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/07 23:52
11月7日/8日早稲田祭・出張対面鑑定会詳細のお知らせ
場所:早稲田大学早稲田キャンパス・法学部棟8号館3階307教室(大隈重信銅像正面左・写真の建物) ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/30 20:32
人間は独りでは耐えられない・・・だから心通い合う“連れ”を探す旅に出よう
月曜日からいよいよ早稲田の後期が始まるということで、自宅で夕飯を食べながらテレビを見るという生活も再びおあずけである。昨夜はステーキ(写真)を食べながら、少しづつ溜まってきていたビデオを観る。先日行なわれた『キングオブコント2009』では、激戦をくぐり抜けて東京03が第2代チャンピオンとなった。メンバーの角田晃広さんは、前に組んでいたユニットで『ボキャブラ天国』に出演していた頃から注目していた。私生活では離婚も経験し、ずいぶん精神的に苦しんだ時代が長かったようだ。メンバー全員が30代半ばというこ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/09/27 01:31
残された僅かな時間を前にー日本人が生き残るために気づかねばならないこと
鳩山由紀夫が、第93代日本国内閣総理大臣に就任した。16年ぶりの政権交代、初の民主党首班内閣である・・・と、単に事実を羅列したが、長い自民党政権が終わりを告げたというのに、何の感動もないのは何故だろう。「知らなくていいことまで知りすぎてしまった」からだろうか。仕事が忙しいこともあるので、手短に思ったことを記しておこう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 3 / コメント 4

2009/09/16 22:40
21歳の君へー心に宿した“健全な悲観”を眩い未来に繋げよう
かつて一緒に楽曲をつくった音楽仲間である盟友が、現在籍を置くバンドからの脱退を表明した。27歳の誕生日を迎えてすぐの、大きな決断であった。彼女と再会していなければ、おそらく一生会うことはなかったであろう人々の顔が浮かんだ。出逢いはいつも紙一重である。彼女のこれからの人生が開けるように、そして知り合った方々との縁がこれからも続くことを祈念したい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/09 23:53
この一日を“一生”だと思うこと、それは偶然の重なりを“より良い必然”へと変える
我が故郷の兵庫で、新型インフルエンザによる死者が出た。今度は老人ではなく、38歳の主婦だという。言うまでもなく、今日は総選挙が行なわれる。結果いかんによっては、今年に入ってからこのブログで警告し続けている、アセンションによる“淘汰”という意味で、全国で症例が続出するだろう。どうかこの国が護られるよう、国民の心眼が啓くことを願いたい。木曜日は仕事を終えた後、日本橋の記者クラブから半蔵門線で渋谷へ。先輩の記者の方が取材の折に先方から試供品をもらってこられるので、そのおこぼれでカバンの中は発売前のダイ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/30 01:19
デザイン小論ーグスタフ・クリムトが絵筆の向こうに描いたものとは
6月11日・18日の講義で取り上げられた、グスタフ・クリムトについて記したい。思春期真っ只中であった高校生のころ、クリムトの絵を見て受けた衝撃が忘れられない。『接吻』では相手を心から愛する優しい響きが聴こえてくる姿に感動し、『ダナエ』は自慰に耽る女性の姿に興奮した。しかし、ダナエに関してはゼウスが黄金の雨に姿を変えて彼女と交わり、ダナエの股間を流れる金の雨はやがて男児ペルセウスを生むための神聖な儀式の賜物であったこと、見落としていた『黒の矩形』は“男性”を表していたことを後になって知ったことは興... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/17 01:43
人生のはるかな道のりを有意義にするためにー“徳”を磨き高めることを心掛けよう
梅雨も真っ盛りである。外に出るときは足元が悪い上に片方の手も傘で塞がり、急いでいる時も俊敏に動くことができない。深夜番組を見ていると、この季節はストレスが溜まっている方が多いようだ。来る夏に向けて、もう少々の辛抱であろう。私はといえば、大きな懸案が先週末に片付いた。昨年は休止した早稲田祭での対面鑑定会を復活させるべく奔走していたが、全ての必要書類が揃い、実行委員会に無事受理されたのだ(写真)。今回の出展にあたっては、早稲田大学第二文学部長の大藪泰教授に顧問をお願いした。哲学の小島雅春教授にも、多... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/24 02:08
優しさを繋いでゆくということーどんな苦境にあっても明日を捨ててはいけない
昨日、大隈講堂で行われた『夜回り先生』こと水谷修氏の講演会を観に行ったことを記したい。今回の講演会(『薬物乱用防止講習会』)は早稲田大学関係者限定の聴講ということで、講堂の座席は学生と教員で占められた。学生部長である島田陽一教授の開会挨拶の後、水谷氏が登場(下写真)。氏を肉眼で見るのは初めてだが、やはりその身体全体から、強い信念を感じる。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/13 23:02
人間万事塞翁が馬ー今日が悪くても、明日はきっと“良いこと”がある
2010FIFAワールドカップアジア最終予選で、日本がウズベキスタンを下して4大会連続のワールドカップ出場を決めた。最後のロスタイムは厳しかったが、アウェーでの勝利ということで、日本から駆けつけたサポーターの皆さんの喜びも一入だろう。鹿島アントラーズの内田篤人が体調不良で欠場だったのが残念だったが、 前半の岡崎慎司の得点をよく守りきった。一時は引退報道があったキャプテンの中澤佑二も、魂の入った勝利コメントで心を揺さぶってくれた。実力で掴んだ世界最速でのワールドカップ出場は、先般のWBC制覇と共に... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 5 / コメント 0

2009/06/07 01:23
あなたは既に幸福であるーお互いを思い遣って“真に豊かだった”あの頃に帰ろう
1-3月期の実質国内総生産(GDP)が前期比4.0%減、年率換算で15.2%減と戦後最悪の落ち込みだという。特に輸出が不調のようだ。中小企業の体力が心配だが、どうか経営者の方には将来を悲観して、自ら命を絶つなどという愚かな選択はしないで頂きたい。他方、元フジテレビのアナウンサー・頼近美津子さんが逝去されたというニュースが入った(享年53)。頼近さんといえば、現在の高島彩アナに匹敵する人気を誇り、フジサンケイグループの御曹司・鹿内春雄氏と結婚してシンデレラ・ロードを歩むと思われた(当時は私も子供だ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/05/21 01:27
昭和最後の大女優・森光子の魂ここに在りー放浪記2000回達成に寄せて
女優の森光子さんが、帝国劇場で「放浪記」の前人未到・2000回を公演を達成した。当日は、森さんの89歳の誕生日。政府は彼女に、国民栄誉賞を贈るという。かつて肉眼で「放浪記」を観させてもらった人間の一人として、心から祝福したい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/18 00:42
空に輝く星のように・・・清らかな魂に愛の松明(たいまつ)を捧げよう
GWに入った。皆さんは、どのようなプランを立てておられるだろうか。私は3日にさいたまスーパーアリーナで行われる、ユニコーンの『蘇える勤労ツアー』ライブを観に行く位で、あとは自宅で鑑定に集中するつもりだ。いい陽気である。昨日は兵庫の顧客から送って頂いた、『多幸(たこ)せんべい』(写真)を食べながら、芸能関係のニュースをチェック。ロサンゼルス発のカジュアルファッション『FOREVER 21』の日本初上陸で、1200人が原宿に集結したという。昨年の『H&M』の銀座進出時もそうだったが、今回も長蛇の列を... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/01 01:27
丹心を留取して汗青(かんせい)を照らさん―限られた生命の中で真心を時代に刻もう
河村たかしが、名古屋市長選で当選したという。“総理を狙う男”のキャッチフレーズでテレビにもよく出ていた河村だが、結局は「名古屋の総理」に落ち着いたということだろう。豚インフルエンザの件が気掛かりだ。GW中にメキシコへ旅立つ日本人も多いと聞く。感染が拡大しないよう祈りたい。土曜は早稲田で授業前に、昨年ご縁あって鑑定依頼を頂いたご姉妹と再会。初めて会った時より、随分とお綺麗になられていたので驚く。私が誕生日を迎えたということで、気を遣って沢山のプレゼントをお持ちくださった。御姉様からは、永楽屋細辻伊... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/27 00:33
花も草木もあなたも・・・それぞれに課されている“お役目”を真摯に全うしよう
芸能関係で大きなニュースが次々と入ってきている。SMAPの草g剛さんが逮捕された一件が最も世間に衝撃を与えているようだが、私にとっては小室哲哉の検察求刑がどうなるかに関心がある。TMNETWORKの長年のファンとしては、執行猶予がついた方が活動の早期再開が期待できる。しかし、彼の真の更生を考えた時、やはり実刑が妥当ではないかという思いにもかられる。それぞれ、“大きな魂の学び”を得なければならない時期ということだろう。昨日の大きなニュースといえば、タレントの清水由貴子さんが父の眠る霊園で硫化水素自... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/04/23 14:00
Mr.children結成20年ーそして、少年たちの終末なき音の旅は続く
今日で33歳になった。お陰様で、多くの方からメールなどで祝福の言葉を頂きありがたい。歳を取るのがそろそろ愉快でなくなってきたが、より“進化”した自分を見せてゆきたいと思っている。昨日は、友人からの突然の誘いで、幸運にもさいたまスーパーアリーナで行われたMr.childrenのライブに足を運ぶことができた。その時の模様を記しておきたい。新宿からいざ埼京線で大宮へ。駅でお弁当を買い、京浜東北線で『さいたま新都心駅』に到着。スーパーアリーナへは徒歩で駅5分だが、その間に「チケット譲ってください」の紙を... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/20 01:33
生命とはどこまでも温かきもの・・・なけなしの“愛”をお互いに献じ合おう
イチローがプロ18年目にして、遂に3086安打の日本記録を打ち立てたという。先日のWBCでの活躍も記憶に新しいが、胃潰瘍も乗り越えての今回の快挙に拍手を送りたい。一方、国内では作家・上坂冬子さんの訃報が入った。日本を代表する保守の論客であり、伝統的な日本女性の気高さを体現した稀有の存在であった。闘病中も新聞や雑誌で旺盛な言論活動を展開し、最近でも左翼の鶴見俊輔と対論集をだすなど、立場を異にする人物ともつき合う度量の深さを見せていた。死の床でも、日本の将来に思いを馳せていただろう。享年78。合掌。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/17 23:11
ミツバチはどこへ消えたのかーアセンションの時代を生き抜くために
お陰様で、東京大神宮(写真)の参拝からスタートした本日の『陽春開運ツアー』も無事終了した。参加者の方には、ご満足頂けたようで嬉しい。待ち合わせの頃と終了の頃では、顔つきがだいぶ変わっておられた。神様に、真摯な姿勢でお目通りすることで、憂いや苦悩から解放されたのだろう。第3回は、8月を予定している。今回の参加者の方から、アセンションについて質問が出た。今月の頭に書きそびれたこのテーマに絞って、今夜は参考になるものを紹介したい。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/12 22:17
何に対しても誠実であること、それは“魅力的な人格”を創る最善の道
今週から、大学の新学期が始まっている。文学部がある戸山の図書館では、入口に眩しいばかりの桜が咲き誇っている(写真)。顔にまだ幼さをとどめている新入生も、早稲田に入学できた喜びを噛み締めていることだろう。一方、顔なじみの同級生は皆、求職活動で一様にリクルートスーツ姿である。「八田さん、聞いてくださいよ。今日、面接でこんなこと言われたんですよー」という問いかけに応えることが多くなった。新しい仕事の開始までまだ時間があるので、この年齢で学生専業という、なんとも幸福な一時期を過ごしている。偶然か必然か、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/10 17:31
幸福の旅路は優しさとともにーだから男は『我妹』(わぎも)を探し求める
水嶋ヒロと絢香が結婚を発表した。人気絶頂のイケメン俳優と歌姫の決断に、まずは心から拍手したい。昨年はコブクロとのコラボレーションで元気な姿を見せていた絢香だったが、昨日の記者会見ではいまひとつ顔がすぐれないようだった。それもそのはず、彼女はデビュー直後から、甲状腺機能亢進症の一種であるバゼドー病を患っており、今回の結婚を機に療養生活に入るという。夫の水嶋は「彼女は必要不可欠。彼女なしでは走っていけない。この人を逃したら一生後悔すると思った。守っていきます」と力強く宣言。妻の絢香にとっても、この世... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/04 16:47
WBC2009総括ーそして、ヤマトには必ず再び陽が昇る
日本のWBC2連覇が決まった。宿敵・韓国を下しての勝利である。この試合をずっと観ていた日本人なら、10回表のイチローの打席に、“神”が訪れていたことを確信したはずだ。先発の岩隈久志はよくやった。5回裏のレフト・内川聖一の二塁へのスーパープレーには、日本中で歓喜の拍手が沸いたのではないか。内川は、村田修一の戦線離脱後に、優勝したら25番のユニフォームを持ってグラウンドを回りたいと言っていたという。どこまでも、“いい男”である。7回表の片岡易之、イチロー、中島裕之の3連打で2点目を入れた時は、完璧に... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 13 / コメント 2

2009/03/24 22:41
“何としても”という熱意・・・それが不可能を可能にする“奇跡”を連れてくる
FUNKY MONKEY BABYSが出ていた『music lover』を観ていた。恋の歌特集ということで、『恋の片道切符』に『Lovin'Life』、『桜』の3曲を熱唱。テレビ画面の前で一緒に口遊みながら、彼らのパフォーマンスに酔いしれた。時を同じくして、末期がんで「余命数カ月」と宣告されていた英国の女性タレント、ジェイド・グッディが亡くなったとのニュースが入った。グッディといえば、先月の22日には痛み止めの薬を携帯して結婚式を挙行。化学治療の影響で髪が抜け落ちた姿で現れ、恋人と熱い接吻を交わ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/23 03:29
あなたは決して一人ではない・・・それぞれの持ち場で自ら“太陽”となれ
ようやく昼飯である。磯谷利恵さんが殺害された名古屋の『闇サイト殺人』の判決が地裁で出た。神田司、堀慶末に死刑、川岸健治は無期懲役。ネット時代の生み出した“膿”とも言うべき事件だが、永野宏子裁判長は女性ということもあり、被害者の無念を汲んでの判決だろう。全員が死刑判決でなかったのは非常に残念だ。川岸は自首を理由に無期になったというが、この男が最初にネットで呼びかけなければ事件は起きなかった。人間の根源的な欲求である共認機能(分かち合い)が、誤った形で露見した端的な例とも言えよう。この期に及んで、容... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 0

2009/03/18 13:24
人は皆、遊びをせんとや生まれけん・・・試練を乗り越えて“人生の春のドア”を開けよう
金曜の昼は、先輩の整理記者M氏に誘われパレスサイドビル9階『RESTAURANT ALASKA』にてランチ(\3,990)を頂く。夜は、昼の10倍の値段はするという高級店だ。皇居を一望できるカウンター席で、シュリンプのピラフとデザートのシャーベットに舌鼓。晴れの日は、皇居から放たれる光を全身で浴びることができるので体調も頗る良い。食事をしながら、これからのマスコミの展望と、ホワイトデーには何を返すかについて意見交換。インターネットが驚くべきスピードで浸透し、若者が新聞を信用しなくなった。これは“... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/03/15 02:17
平成21年4月“八田修一と行く陽春開運ツアー”開催のお知らせ
いつもアクセスありがとうございます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/12 21:44
誰か国士を知らないかーいま、再び田中角栄を想う
しんしんと雪が降っている。東京は、今夜積もるらしい。ロマンティックな気持ちになる歳はもう過ぎたが、新しい時代(日本にとっての春)が来る合図のような気がする。仕事を終えた後、五大紙各紙と出たばかりの週刊誌に目を通していたが、17時過ぎになって、民主党代表・小沢一郎の第一秘書が西松建設の裏金の件で東京地検特捜部から政治資金規正法違反容疑で逮捕されたというニュースが時事通信から入った。政権交代に王手と言われていた民主党だが、これで民主政権の可能性はなくなったと見て良いだろう。最近の、小沢の発言には首を... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/03/03 23:35
青年よ、常に野心家たれーそして、いつまでも心優しき人であれ
フジテレビで4時間以上放送されていた『開局50周年特別企画 ボクらの心に流れる歌』をずっと見ていた。懐かしい『ミュージックフェア』から『僕らの音楽』まで、選りすぐりの映像が速射砲のように出てくる。『夜のヒットスタジオ』の、山口百恵引退時の『さよならの向う側』がノーカットで聴けたのは嬉しかった。芸能人としての成功よりも、普通の女性としての幸福を選んだ姿は、いま見ても本当に潔い。夜ヒットが22年の歴史に幕を下ろした、平成2年9月の最終回は確か録画して倉庫に保管してある。明日は休みだから、久々に引っ張... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/28 03:01
時代の変化が目前に迫るこの瞬間に・・・“愛”を分かち合って新たな『出発』を
今日は有休を取って、自宅でゆっくりしている。テレビでは、アカデミー賞で外国語映画賞を受賞した「おくりびと」のニュース一色だ。TBSでは、主演の本木雅弘氏が、朝から『はなまるマーケット』で司会の薬丸裕英と中継でやりとりしていた。『シブがき隊』時代の戦友同士のやりとりに、感慨を抱いた主婦も多かったのではないか。本木氏によれば、この映画の構想は15年も前に遡るという。当時500部しか刷られていなかった青木新門氏の「納棺夫日記」を手にとり、「蛆も命なのだ。そう思うと蛆たちが光って見えた」という文中の一節... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/24 20:26
不妊に悩む女性たちへ再び・慟哭の河を乗り越えて再度の奇跡を祈ろう
昨夜はテレビをずっと観ていた。今週の『ミュージックステーション』はレベルが高い。1番手の沖縄出身3人組、ステレオポニーの「泪のムコウ」は、繊細なボーカルに期待が持てる。機動戦士ガンダムの主題歌だそうだ。かつての「ZONE」のポジションに就くのではないか。再結成後早くも2度目の登場となるUNICORNは、アルバム『シャンブル』から『HELLO』を歌う(写真)。重厚な旋律といい歌詞といい、聴きながら16年前の解散前のラストアルバム『スプリングマン』に収録されていた「甘い乳房」を思い出した。かつて「い... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 3 / コメント 0

2009/02/22 04:07
凍てつく寒さに打ち震えつつ・・・真面目に生き抜いた人間が結局最後には“勝つ”
今夜は早稲田の22号館PCルームから久々に更新である。先ほど地下鉄早稲田駅で下車したら、構内の広告も全て大学界隈の予備校のものに変わっていた(写真)。正門前を通ったが、明日は教育学部の入試が行われるようだ。この時期になると、自分の受験生時代を思い出す。今日は代ゼミ、明日は東進、その次は河合塾・・・と、予備校をハシゴしては直前講習やら最終模擬テストやらを受けまくった。古文の吉野敬介先生や現代文の出口汪先生、英語の福崎伍郎先生といった超有名講師の先生方に頂いた激励のサインは、今も大切に保管してある。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/18 21:39
「魂の絆」は永遠に続く・・・“お互いにありがたい”と思える時代を繋いでゆこう
UNICORNの新曲『WAO!』を聴いている。やはり“あの5人にしか出せない”音だ。昨夜関東ローカルで放送された特別番組『蘇るユニコーン』では、奥田民生が「もう改めて解散とかはしないだろう」と発言していた。解散から16年、厳しい世界でそれぞれに経験を積んで、才能と人間性を真摯に磨いてきたからこその言だろう。盟友からメールが来たので、久々に電話で話す。22日に、代々木でライブをやるという。彼女がドラムを叩いているバンド『SHINAPS』のボーカル・森崎佳法さんが、今月から始まるTBSの連続ドラマ『... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/15 22:47
善根を積むは幸いなり・・・“業”は削ぎ落として真(まこと)の人生を送ろう
神戸製鋼所の犬伏泰夫社長と水越浩士会長が、地方議会の組織内候補に違法寄付をしていた件で揃って辞任を表明した。犬伏社長には、私が勤めている新聞にもよく登場していただいていた。日本の基幹産業である鉄鋼業界の“四天王”(新日本製鉄・JFEスチール・住友金属工業・神戸製鋼)の一角を占め、創業104年の歴史を誇る同社。しかし、3年前の煤煙データ改竄に続く不祥事に、“神鋼の名をこれ以上汚してはならない”という、プライドを大切にする神戸商人意識が働いたのだろう。兵庫生まれの私にとっても、故郷を代表する誇るべき... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/12 00:40
去年(こぞ)今年貫く棒の如きもの・・・“譲れない願い”を抱いてこの乱世を往こう
「JUDY AND MARY」でボーカルを務めたYUKIのお腹に、3人目の生命が宿ったという。YUKIといえば、6年前に誕生した初めての子供を、突然死で失うという悲劇に見舞われている。3年前に授かった2人目のお子さんは無事に成長しているようで何よりだ。芸能界で活躍している方は、一般に家庭で不幸に襲われることが多い。昨年末、元モーニング娘。の飯田圭織が長男を腎不全で亡くしていたことについてこのブログで言及した(こちらを参照)。あの高島忠夫・寿美花代夫妻も、次男政宏氏・三男政伸氏の前に長男を殺害され... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/02/05 22:04
『やってみなはれ』に学ぶべきこと・・・それは、不安を蹴飛ばして自分に正直に生きること
早いもので、易者生活も今年で10周年である。この10年で、鑑定依頼を通じて全国の多くの方と知り合った。インターネットの時代でなければ絶対に知り合えなかったはずの縁だが、前世でも強いご縁があった方もいらっしゃるようだ。正月早々、昨年鑑定をした東京に住むご姉妹が、岡山に帰省した折に私のためにわざわざお土産を買ってくれたという。上質の和紙に書かれた直筆の手紙には、「久々の家族団欒は本当に楽しかったです」と書かれていた。家族の仲がいいことほど、幸せなことはない。世界の平和は、まず家庭の平和から始まる。御... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/02 23:52
再びはじまる「すばらしい日々」のために・・・ユニコーン再結成に寄せて
桑田真澄氏が、早稲田の大学院スポーツ科学研究科に無事合格したという。大隈講堂をバックに語る氏の写真を見たが、23年間温めた夢の実現を目前に、子供のような笑顔をつくっておられた。春になったら、お話できる機会などあれば嬉しいが。音楽ファンにとっても、“長い間願っていた夢が叶う”ような出来事が正月に起きた。伝説のバンド『UNICORN』の、16年ぶりの再結成である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 2

2009/01/28 22:36
“作為覇道”から“無為神國”へ・・・今こそ新しい次元への準備を始めよう
大学も2ヶ月ほど休みとなり、精神的にも身体的にも余裕ができた。日曜は中央線で久々に中野へ。駅に着くなり、気持ちが高揚する。いざ、中野サンプラザへ(写真)。8階第5会議室にて行われる、富士谷紹憲先生の新春講話『視界ゼロ、混迷する日本において、日本人はどう生きるべきか?」を拝聴するためにこの日は足を運んだ。富士谷先生は「昭和の歴代総理の指南番」と言われた安岡正篤師の直弟子で、「永田町の陰陽師」とも言われる方だ。最近は「夕刊フジ」をはじめ、マスコミへの登場も多い。今回は先生の弟子である友人のプラネット... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/26 21:46
面前の路径、狭めることなかれ・・・人生に無駄なことなど一つもない
今週の仕事も終わった。とりあえず、大学の試験期間中のことについてざっと振り返っておこう。12日の祝日は自宅でレポート作成。フランス文学者として著名な芳川泰久教授の演習の課題である、フロイトとカバラ占星術の関わりについて論じる。パソコンを叩きながら、フジテレビの夕方のニュースに麻生太郎総理が出ていたのに目を遣る。麻生が最後に一筆揮毫したのは、『国家の誇り』。一国の総理なら、誰もが常に考えていることだ。三木武夫以来の、33年ぶりの任期満了選挙が現実味を帯びてきている。火曜日は、大学で小林竜雄先生の演... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/24 00:10
体制選択を前にー“変質したリベラル”の危うさを日本人に問う
テレ朝で今夜放送されていた、『今知っておきたい!!2009あなたの生命を守る方法スペシャル』を観た。昨年報道された、墨東病院妊婦死亡事件。度重なる受け入れ拒否がクローズアップされたが、遺された夫の立派な態度には、世間からは大きな賞賛の声が上がったのは記憶に新しい。この事件を契機に、厚生労働省や東京都が緊急のベッド増設や医師の就労環境改善に動いた。その夫が、同番組に出演。母親の命と引き換えにこの世に産み落とされた息子に伝えたいことは何か、との問いに「都や国も動いてくれた。ここまで動かした人はいない... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 3 / コメント 0

2009/01/07 00:19
幸福と繁栄は“辛苦の賜物”・・・たとえ小さくとも“決意の一歩”を踏み出そう
先ほどまで、フジテレビで放送されていた『HERO』を観ていた。8年前に放送されていたレギュラー放送の総集編も昨日から観ていたが、やはり木村拓哉という人間は、普通の芸能人ではない。郷ひろみさんと同じく、画面からも圧倒的なオーラを放っている本物の大スターだ。映画「ハウルの動く城」で共演した美輪明宏氏が、その俳優としての才能に惚れ込み告白したというエピソードはあまりにも有名だ。三島由紀夫や田宮二郎に似た色気とオーラを彼に感じたのだろう。私が出た高校が、かつて木村さんが一年だけ在籍した高校の近くにあり、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/04 02:45
平成21年の幕開けにあたって
新年明けましておめでとうございます。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/01/01 02:09
平成20年総括-来年も、共によき魂の旅を
本年最後の更新である。昨日は、勤務先の新聞社で内輪の納会。帰りは神保町から水道橋まで、早稲田大学の先輩でもある壮年の経済デスクT氏と歩いた。氏は高校も早稲田実業で、荒木大輔の1年後輩だという。いまは国分寺に移った早実キャンパスの話、今年逮捕された、先輩にあたる小室哲哉の話、ジャーナリズムの在るべき姿・・・等々、10分程度だったが有意義な話ができた。水道橋駅付近が騒がしい。この日東京ドームで行われた、EXILEのライブを観終わった人々の笑顔と熱気で包まれていた。厚生労働省の調査によれば、来春までに... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/12/28 03:06
この世界はすべて『神の島』・・・間もなく舞い降りる夜明けに“祈願”と“感謝”を繰り返そう
今朝のスポニチ(スポーツニッポン)で、あの桑田真澄が早稲田の大学院入学を目指していると1面に大きく出ていた。PL学園の卒業にあたっては、プロ入りと早大進学の選択で世間の注目を集めた桑田。プロ野球引退後は、いよいよ23年前に一旦諦めた夢を果たす行動に出るのではと、野球関係者からも多くの声が上がっていた。それだけ、早稲田への思いが強いのだろう。私や桑田といった関西に生まれた人間にとっても、早慶はやはり別格の大学である。関西のトップ4私大である関関同立(関西・関西学院・同志社・立命館)と、都内の難関私... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/12/18 00:18
未来の向こうには必ず愛がある・・・厳しい季節を乗り越えて清らかな光を浴びよう
Mr.childrenの新作『SUPERMARKET FANTASY』を聴いている。CMでかかっている『エソラ』は、『シフクノオト』における『PADDLE』や前作『HOME』の『彩り』のような位置づけで、極めてキャッチーな楽曲だ。金曜の夜は、桜井和寿がフジテレビの『僕らの音楽』で伊集院光氏と対談していた。伊集院氏の深夜ラジオのファンであった、桜井たっての希望で実現した企画のようだ。放送作家を目指していた私も、かつては伊集院氏の番組にハガキを毎週のように送っていた。15年以上も芸能界の第一線に立つ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/12/14 21:57
平成21年“八田修一と行く新春開運ツアー”開催のお知らせ
いつもアクセスありがとうございます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/11 19:17
幸福を招く“名前に使いたい吉字”第6弾・この漢字が凶運から必ずあなたを守る!
早稲田大学野球部で活躍した松本啓二朗君が、契約金1億円・年俸1500万円で横浜ベイスターズと正式契約した。早慶戦で彼の活躍を応援させてもらった同窓生の一人として、心から祝福したい。彼には、『朗』という強力な吉字が名前にある。これからのプロ野球界を、その技術と人柄で盛り上げてくれるだろう。改名やお子さんへの命名を考えておられる方に好評を頂いている、『人名に使った方がいい漢字』の第6弾をお送りしたい。インフルエンザが流行の兆しを見せているが、強力な吉字を名前に持っているだけで、それが“護符”の役割を... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 39 / トラックバック 1 / コメント 4

2008/12/04 00:45
私たちは幸せを実感するための“共同体”・・・惜しみない愛をお互いに与え合おう
Yahooのトップニュースで、元モーニング娘。のリーダー・飯田圭織さんが、生後7ヶ月の長男を腎不全で失っていたことを知った。なんと、厳しい試練を神は彼女に与えたのだろう。以前『オーラの泉』で、女優の寿美花代さんが、初めて授かった長男・信夫ちゃんを生後6ヶ月で殺されたことを涙ながらに話しておられたのを思い出した。犯人は自宅のお手伝いで、自分の不遇な出自とスターの子供として生まれた信夫ちゃんを比べ、それを恨んでの犯行であった。芸能史に残る、なんとも悼ましい事件だ。そんな花代さんを献身的に支えたのは、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/12/01 02:30
人生は最後に花開くもの・・・魂を鍛え抜いていつか“真(まこと)の花”を咲かせよう
NHKで放送されている、『爆笑問題のニッポンの教養 早稲田大学スペシャル』を横目でチラチラ見ながら、更新でもしようと思い立った。先日、宮沢章夫先生の授業中にクルーがカメラで教室を撮影していたが、果たして私は映っているのだろうか。まぁそれはいい。例の元厚生事務次官連続殺傷事件も、結局は小泉毅という「ただのならず者」が起こした、自爆テロという形で決着したようだ。国立大学の理工学部に入る頭脳を持っていながら、コミュニケーション能力の欠如を社会への怨念に転化。最後は警視庁に車を乗りつけ、自らの「下らない... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/11/25 23:18
あなたの味方は必ずいる・・・何度も気を取り直して社会へと踏み出そう
フジテレビで放送されていた、『たけしの日本教育白書』を観ていた。論客揃いの見応えある内容で、4時間半という暴力的な放送時間も長くは感じられなかった。ネットで太田光の殺害を予告する書き込みで逮捕された少年とのやりとりの場面では、スタジオの緊迫した空気がブラウン管からも伝わってくる(番組中の 「たけしさんは、理解できなかったらフライデー襲撃しちゃうんだから」という太田の発言には爆笑させてもらったが)。中盤からは東国原英夫・橋下徹両知事を招いての討論。両知事と私の共通点は、“早稲田出身の真正保守”とい... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/11/23 02:16
奇跡を呼ぶおまじない第11弾・鎮宅守護の秘法で家族の安全を守ろう
山口剛彦・吉原健二両元厚生事務次官のご家族が殺傷された事件が、世間に衝撃を与えている。どういう人物が殺ったのかは不明だが、国家の発展に顕著な功績のあった官僚と、何の罪もないその家族が惨劇に見舞われるというというのは、なんともやりきれない。こういう時に、裕福な指導層の悲劇を喜ぶ不逞の輩がいるが、そういう下劣なのは生活も教養も貧困なまま、哀れな生涯を送るだろう。次元上昇を前に我々が心がけるべきは、まず『自分と、自分の周囲が幸福になるよう祈ること』だ。好評の“奇跡を呼ぶおまじないシリーズ”の第11弾は... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/11/20 19:07
声は心がつくりだすもの・・・正しい想像力をふくらませて“熱い人生”を送ろう
今週の土・日は自宅で静養した。お陰様で、体調は頗る良い。土曜の深夜は、TBSの『スーパーサッカー』を見る。鹿島アントラーズが天皇杯で惜敗したのは残念だった。今週のメインは、『実況伝説』のコーナー。“世界の松下”の愛称でスポーツアナとして活躍し、今年、局内の人事異動で現役を去った松下賢次元アナが出演していた。ドーハの悲劇、マイアミの奇跡など歴史的な瞬間に立ち会った興奮を話す松下氏だが、私にとっては『ザ・ベストテン』の第3代司会者のイメージが強い。司会在職中に番組で知り合った系列局の女子アナと結婚さ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/11/17 01:27
縁は縁を呼ぶ、しかしその縁を“繋げてゆく”のは己の“誠意ある生き方”である
前回の続きになるが、有給休暇を取った水曜日のことについて書こう。記事を更新したあと、午前6時頃に就寝して12時に起床。朝刊各紙を読みつつ、溜まっていたビデオを見る。『たけしのTVタックル』では、教育問題を取り上げていた。ノーベル物理学賞を受賞した益川敏英氏がある会見で『共通一次(現・センター試験)は、カッコに入れるだけの選択問題。あれは教育汚染だ』と語っていた映像が流れ、深く頷く。あれは日本から二度と“天才”を出さないために、GHQが考案した日本弱体計画の一端だ。今年のノーベル賞受賞者は、4人と... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/11/14 20:49
私たちの夜明けは近い・・・“生きる勇気”をひたむきな後進たちに伝承しよう
ようやく有給休暇が取れた。今日は明け方まで色々作業があるので、明日の起床は『笑っていいとも!』のスタートと同じ頃だろうか。さきほど早稲田から帰り、とりあえず深夜の寛ぎタイムである。フジテレビでは『カトパン』を放送していたが、ゲストのmisonoやFUJIWARAの藤本敏史が、サンタの格好で出ていた。今年も、もうそんな季節になったか。この1年の総括と、来年の暦の解読に本腰を入れなければならない。溜まっていたビデオも、ぼちぼち整理しはじめる。土曜深夜の『COUNTDOWN TV』を、ようやくチェック... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/11/12 02:45
一人の男がしっかりしていれば歴史は変わる・・・そんな気概を持って“この時代”を生きたい
前回、小室哲哉の逮捕で書きそびれた、早慶戦と早稲田祭について触れておこう。六大学野球・秋季リーグのテーマは『王座奪冠』(写真)。4連覇の夢が途絶えた春季の再点検が活き、早稲田が圧倒的な強さで優勝を決めた。4年生にとっては、当然の如く最後の学生リーグ。今期は外野手の松本啓二朗と、捕手の細山田武史が横浜ベイスターズ、内野手の上本博紀主将が阪神タイガースと、それぞれプロの道に進むことが決まっている。細山田といえば、今夏の世界大学野球選手権に参加中、父・斗史郎さんが死去。カナダ戦では、天国へ帰った父親に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/07 20:44
お母さんは“家庭の太陽”・・・汚れた雑音に負けず子供たちに無償の光を
最近はなんやかんやで忙しくなり、平均睡眠時間が4〜5時間の日が続いている。受験生時代から夜行性ということもあるが、いまは命名依頼を受けた、12月に産まれる赤ちゃんの名付けを考えているので、考え事に集中できる深夜は特に精神が覚醒するようだ。『子供に最高の名前をつけてあげたい』という、親御さんの期待に応えなければならない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/10/30 00:56
風、光、木の葉・・・肉体は滅んでも、魂は愛すべき存在のそばに“寄り添って”いる
いま、BS日テレで放送されている『音楽のある風景』を見ながら、このブログを更新しようと思い立った。画面からは、60年代〜80年代のフォークやニューミュージックが、次から次へと流れてくる。本来は団塊の世代を対象にした番組だが、懐かしい気持ちになるのは何故だろう。先ほどはテレビ東京の『音遊人(みゅーじん)』に、アレンジャーの石川鷹彦氏が出演されていた。かぐや姫の代表曲『神田川』では情感溢れるマンドリンを演奏し、伊勢正三率いる“風”の『22歳の別れ』では、あまりにも有名な冒頭のギターフレーズを生み出し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/27 01:41
新次元出現前の混迷の最中で・・・この苦しい日々をいつか“授かった贈り物”に変えよう
金融激震が続いている。時事通信から逐一入ってくる商況の変動への対応に追われ、今日は椅子を温める暇もなかった。13年ぶりの1ドル=92円台、そしてそれに伴う“終値7649円8銭”である。ソニーの連結決算大幅修正、いわゆる“ソニーショック”が大きかったようだ。輸出企業の大打撃はもちろん、地方銀行の貸し渋りにも拍車がかかるだろう。月曜に行われた日銀支店長会議では、初めて全国の景況感を下方修正したという。中小の経営者で、年を越せずに命を投げ出す人も出てくるだろう。どうか、絶望だけはしないでいただきたい。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/24 20:58
誰もが“生きる理由”を見失う時代に・・・「自己を超えた精神と対話」を心掛けたい
今日は大学が、創立記念日のため休講であった。聞けば昨日は、麻生太郎首相が早稲田に来ていたらしい。大学近くのスーパーを視察し、高田馬場付近を流しているタクシーの運ちゃんたちと景気について語り合ったそうだ。もし出くわしていたら、整理記者の分際で突撃取材でもして、勝手に記事でも書いたかもしれない。そんなことはどうでもいいとして、今夜は久々に銀座へ行った。その話でもしよう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/10/21 23:26
愛に飢えた魂たちへ・・・怨念の泥濘(ぬかるみ)を浚って光へとその歩を動かせ
八王子で発生した中国産インゲンの件が、マスコミでも大きな話題になっている。ジクロルボスの被害に遭った主婦は、退院した今も「精神的に支(つか)えがある」と語っているという。多摩地区に住んでいる私の知人も、メールで「俺がいない間に、家族が毒を食べていたらどうしよう」と不安を吐露していた。去年、中国産のペットフードを食べたアメリカの犬・猫が、相次いで4、5千匹急死した事件を思い出した。原因は中国産の小麦に含まれていたメラトニンだという。一体、中国は何を考えているのだろう。アメリカの落日を見て、いよいよ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/10/17 20:43
自由とは冷たく寂しいもの・・・大きな光に包まれて“あたたかい愛”に飛び込もう
ロス疑惑の三浦和義が、拘束されていた留置場で首吊り自殺したという。アメリカで、死ぬまで獄につながれるのが嫌だったのだろう。三浦といえば、私が子どもの頃に、ビートたけしさんの番組で作家の景山民夫が物まねしていたのを覚えている。一体、彼の人生には何の意味があったのだろうか。『和』も『義』も、“人名に使ってはいけない漢字”で挙げた凶字である。凶字を背負って人生を歪めることがないよう、これからお子さんを授かる方には注意して頂きたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/10/11 23:57
“学び終えて”逝く人に学ぶ・・・人生の福楽はいかに『清心を保てるか』にある
昨年『俳諧』の授業でお世話になった、早稲田大学教授の雲英末雄先生が急逝された。急性骨髄性白血病のため、茅ヶ崎の自宅で臨終を迎えたという。松尾芭蕉研究の第一人者として、彼が歩いた『奥の細道』の軌跡を、ご自身で収集された貴重なコレクションを片手に熱く語ってくださった。享年68。合掌。そして、名優・緒形拳さんの突然の訃報が入った。拳さんといえば、私が幼い頃から既に大スターで、テレビをつければ一週間に一度は必ず、ドラマやCMで彼の姿を見たものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/10/08 20:56
歓喜の祝宴に涙あふれて・・・絆を広げて幸福の花咲く旅路を往こう
新幹線で山形へ行った。東北へ旅に出るのは、何十年ぶりだろうか。以前お子さんの名付けでご相談を受けたご夫婦が、この度めでたく挙式されるというので、披露宴に呼んでくださったのだ。易者にとって、鑑定を依頼してくださった方が幸福になってくれるのは、やはり至上の喜びである。はやる気持ちを抑えて、東京駅を発った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/10/05 23:15
“恐慌前夜”に慌てふためく莫れ・・・奉仕を忘れず『平安』の時代(とき)を信じよう
10月に入った。我々が住む地球が生まれ変わる為の“陣痛”とも言うべき、激動の出来事が世界で起こっている。米下院の金融安定化法案否決に端を発した金融危機は、いよいよブラックマンデー(世界同時株安)の悪夢と、本格的な“恐慌”の到来を予感させる。ニューヨークのダウ工業株30種が、下げ幅777ドルという驚愕の値をつけた。ドルの暴落の果ての終わりの見えないインフレが、貧困層の暴徒化という、地獄の季節の幕開けのファンファーレとなろう。世界皇帝を気取って暴虐の限りを尽くした『2つのR家』支配=アメリカ一極体制... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/10/01 23:52
誰もが再び“神”を求めるこの混沌の時代に・・・ただひたすら“優しい日々”を重ねよう
週末の夜である。今週は麻生内閣が本格始動し、マスコミではいつ総選挙を行うかに注目が集まっている。一方で、文明社会の膿とも言える“闇サイト殺人”の初公判が行われた。被害者の女性の母親は、『何の罪も無い娘を殺した鬼畜に極刑を』と訴え、28万人の署名を集めたという。朝日新聞や社民党の保坂展人といった、死刑廃止を訴える“人権屋”勢力の所にも、署名に行かれてはどうか。彼らには人間としての「良心」がないのだから、その非人間性でも『SAPIO』あたりが随行して報ずればいい。保守に目を遣れば、河野洋平に小泉純一... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/27 00:33
“天命の宰相”麻生太郎へ・来たる次元のための護国の政策を断行せよ
麻生太郎が、第23代の自民党総裁に選出された。明日、第92代日本国内閣総理大臣に就任する。今年に入ってから私は『麻生が救国の大命を担う』と折りに触れてこのブログで言ってきた。予言が当たるのは易者として嬉しいことだが、この国難にあたって準皇族の麻生が宰相として登場してきたことに、歴史の輪廻を感じる。昭和の焦土を運営したのは麻生の祖父・吉田茂だった。いままさに、平成の焦土。経済的には豊かになったが、その変わりに人心は貧しくなった。麻生の天命はまさに、この“焦土”を復興させるための体制をつくることに尽... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/09/23 21:24
B'z結成20周年ライブ・・・そして、二人の“Brotherhood”は終わらない!
B'zの結成20周年ライブを観に、横浜の日産スタジアムに足を運んだ。先月、サザンオールスターズの30周年ライブを観に来て以来、1ヶ月ぶりである。Yahoo!の天気予報ではちょうど公演時間が“豪雨”の予報だったので、雨合羽をバッグに忍ばせて出発。Tシャツは、5年前に静岡で行われた『The final Pleasure IT'A SHOWTIME!!』公演のロゴが入ったものを着用した。新横浜駅で降りると、そこには『GREEN』や『ELEVEN』といった過去のライブツアーで製作された、めいめいのツアー... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/09/22 01:38
天の願いは“魂の成長”・・・“いい男”や“素敵な女性”と出会う機会に心から感謝しよう
台風が近づいている。最近、雨の夜は帰りにタクシーを利用することが多くなった。今夜も、JRを降りてからタクシー乗り場に並んだ。自分の乗る番が来たが、目の前に止まったちょうちんマークの個人には以前に嫌がらせをされたので、後ろの人に譲り次の車に乗る。タクシーに乗った時は、必ずと言ってよいほど運転手さんと家まで話すことにしている。天気のこと、政治のこと、経済のこと、音楽のこと・・・運ちゃんはよくラジオを聴いているから、世情に詳しい。ウマが合った運ちゃんから、代金を値引きしてもらえることもあった(もちろん... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/20 00:07
リーマン・ブラザーズ死す!“茅屋秋風”に耐えながらそれでも誠の道を往け
ご存知の通り、創業158年を誇るアメリカ証券界の巨人リーマン・ブラザーズが、驚天動地の経営破綻で“頓死”した。負債総額は64兆円。メディアでは「流血の日曜日」と報道されていたが、私も一応経済記者のはしくれなので、600円以上下げた日経平均株価の分析などで今日は忙しかった。先日六本木ヒルズを訪れた時、たまたまゴールドマン・サックスの東京支店を横切った。厳戒な警備と洗練された入口を見て、いわゆる“ヒューマン”とはかけ離れた、無気質な冷たさを感じたのを思い出す。リーマンと言えば忘れてはならないのが、ラ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2008/09/16 22:12
奇跡を呼ぶおまじない第9弾・お金に困らなくなる呪文で生活を充実させよう
スウェーデンのファッションブランド・H&Mの、日本進出第1号となる銀座店オープンの模様をテレビで観た。長蛇の列をつくっていた若者は、開店と同時に入口の前にいた店員とハイタッチをしてから入場している。なんと、日本は平和な国だろう。国の所得格差を測る『ジニ係数』は、昭和50年代半ばには一億総中流といえる“0.3”を示していたが、近年は“0.47”とアメリカ並みの不平等社会を表す数字を示している。数字上は“格差社会”が進行しているが、伝統的に日本人はどんなに生活が貧しくても、生活を“面白くする知恵”を... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/09/13 22:04
何かを始めることに迷っているあなたへ・“勇気”と“笑顔”がなければ、決して幸福はやってこない
通勤の時、Mr.childrenの新曲『HANABI』をウォークマンでずっと聴いている。明日最終回を迎えるドラマ『コード・ブルー〜ドクター・ヘリ緊急救命』の主題歌としてあまりにも有名だが、発売日にCDをすぐ買いに走ったのは実に『Any』以来6年ぶりだ。15年以上彼らの音楽を愛聴している者としては、直球で胸に去来するものがあった。ドラマの方はもともとは新垣結衣に注目していたが、戸田恵梨香と比嘉愛未が著しい成長を見せていた。戸田は中学を卒業後、女優一本で身を立てるために上京したという。同じ兵庫出身と... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/09/10 22:03
北康利氏に学ぶー時を惜しんで“彊力勉励”すること、それが大業を成す偉人の必須条件
昨夜は仕事が終わった後、パレスビル地下の『鰻 大作』にてうな重(\2,300)を食す。肝吸も飲み干して、いざ出陣。竹橋から、地下鉄を乗り継いで六本木ヒルズへ。長いエスカレーターに乗り、ゴールドマン・サックス証券を横切ってアカデミーヒルズに到着。森タワー40階『キャラントC1』にて、麻布六本木学研究会主催・ライブラリートーク『蘭学者 川本幸民〜近代の扉を開いた万能科学者の生涯』に参加する。今回は、研究会に所属されている旧知の御婦人のお誘いで顔を出させてもらった。今宵のテーマは、我が故郷・兵庫県三田... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/04 20:43
改訂・対面鑑定の形式について
最近、関東近郊にお住まいの方を中心に、対面鑑定を強く希望される方が急増しておりますので、改めて、対面鑑定に関する事項を以下に掲載いたします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/19 21:41
国へ功あれ、母に孝たれ・・・再び巡る熱い季節に生命の尊さを思え
高校野球と北京五輪のテレビ観戦で、一日がほとんど終わってしまっている最近である。甲子園は今年も、素晴らしい記憶と記録を時代に刻みつけてくれている。昨日の智弁和歌山×常葉学園戦では、最大11点差を後半の猛攻で3点差にまで縮めた、智弁のファイトに心から拍手を送った。坂口真規君が流した涙は、一緒に青春を駆け抜けた仲間への感謝が詰まった涙だったのだろう。すぐにプロ入りはせず、大学野球に進むという。早稲田に来てくれたら、六大学野球も心強いのだが。先日惜しくも敗れた、慶応高校の田村圭君、只野尚彦君の“勝利の... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/17 02:43
友情に愛、誠意・・・人生で一番大切なものは自分の手で“配給”せよ
金曜日のお話。早稲田大学の友人である香田裕貴君が立ち上げた映画サークル“名画座walker”の例会に参加した。今回は『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』とスティーブン・キング原作の『スタンド・バイ・ミー』の2本立て。早稲田松竹で鑑賞するのは実に2年ぶりである(写真)。『打ち上げ花火』は、高校生時分にフジテレビで初めて放送したのを観ていた。言わずと知れた、岩井俊二監督の出世作である。岩井監督は当時、サザンオールスターズのヒットシングル『素敵なバーディー(NO NO BIRDY)』のP.V... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/03 22:44
悲しさは胸に隠して・・・“この世”に優しさを遺しつづける幸福の旅を
昨日の深夜から、フジテレビの『FNS27時間テレビ』をずっと観ていた。MCの明石家さんまは今年で53歳になるが、その芸は年齢を重ねると共にますます磨かれている気がする。特に、昨夜の『今夜も眠れない』のコーナーでのビートたけしとの掛け合いは、30代以上の人々にとってはたまらなかっただろう。今回は、フジのお笑い部門を長年支えた三宅恵介ディレクターが定年退職されるのを記念して企画されたという。夕方には片岡鶴太郎や島崎俊郎、山田邦子といった往年の“ひょうきんファミリー“が集まり、当時人気を博したキャラク... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/27 22:15
奇跡の言霊ブログ・更新再開宣言
3週間ぶりのご無沙汰でございます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/26 20:50
奇跡を呼ぶおまじない結婚篇・生涯の伴侶はこの呪文で獲得せよ!
先ほど大学を歩いていたら、杖を持った初老の男性が私に向かって「よお!」と手を挙げてきた。一体誰だと思って近づいてみると、1年生時分に基礎演習でお世話になった哲学者の小島雅春教授であった。もう1年ほどお会いしてなかったが、どうやら演習での私の印象が強烈だったらしく、覚えていてくれたらしい。その場で立ち話をする。思想的には私が右派で先生は左派、授業では教育基本法や外交の問題を巡って随分と激しくやりあった思い出がある。しかし、そんなことは関係ない。先生には娘さんがおり、自分の子供の世代に平和を伝えなけ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 29 / トラックバック 1 / コメント 24

2008/07/04 19:32
人の心は空より広いもの・・・温かい魂同士が呼応し合える社会を
今日は、サザンオールスターズが「勝手にシンドバッド」 でデビューしてから丸30周年 の記念日である。という訳で、朝はアルバム『ステレオ太陽族』を聴きながら出勤。「素顔で踊らせて」の詞を読んでいると、やはり巷間叫ばれているサザンの解散は非現実的だと改めて感じる。音楽評論家の萩原健太氏が「バンドの中に“家族”がいるということは、既に半永久的な活動を約束しているようなもの」と何年か前にサザンのツアーパンフに寄稿していたのを思い出した。昨日の『めざましテレビ』で新曲のサビを聴いたが、30年の感慨を感じさ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/06/25 21:25
同性愛に悩む方へ・・“人を愛する心”を“社会を愛する心”にスライドさせる気持ちを
年に1〜2回ほど、ゲイやバイセクシャル(両性愛者)の方からカウンセリングを求められることがある。今までの累計だと、レズビアンよりもホモセクシャルの方の相談が多い。私はヘテロセクシャル(異性愛者)なので、完全に相談者の方の苦しみをシェアできる訳ではない。ただ、私は男性の易者なので、ホモの方にとっては同性で相談しやすいということなのだろう。同性愛の方にとっての最大の問題は、やはり“恋愛の成就”。いま付き合っている相手と、今の生活をいつまで続けられるだろうか。それぞれの両親に、いつカミングアウトすれば... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/05/16 19:31
五月病を恐れる皆さんへ・最強の言霊“光明真言”をお教えしよう
早いもので、4月も終わろうとしている。年度の初めの1ヶ月は、読者の皆さんにとってどんな時間であっただろうか。社会人一年生の方にとっては、初任給を手にした、忘れられない月となっただろう。高校や大学に入学された方は、無事に新しいお友達などできただろうか。中には、イメージと現実のギャップに早くも苦しんでいる方もおられるかもしれない。新しいスタートを切った方だけでなく、日々の生活で精神的に辛い思いをされている方も多いはずだ。そんな方々のために、今日は“おまじないシリーズ第3弾”として、唱えると自らの身体... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 20 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/04/30 18:40
ふいの雨音に心は夢へと飛んで・・・今日も“しづかに”今世の務めを果たそう
木曜は仕事が終わった後、竹橋からすぐに東西線で大学へ。6限の『心理学概論』の講義を受講。今回の担当は、元法務教官の藤野京子氏。1年生の時分に、『臨床心理学』の講義でお世話になった方だ。今回のテーマは、氏のライフワークである『犯罪被害者遺族の心理療法』について。山口母子殺害事件の死刑判決直後とあって、タイムリーなテーマに学生も興味津々の様子。急性ストレス障害など具体的な症例のレジュメと共に、「もう一度会いたい」と題された、社団法人被害者支援都民センター発行の遺族自助グループによる手記が配布される。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/27 14:00
人間は“笑うから”幸せになれる・・・魂を鎮めて鏡に映る自分と向き合おう
週の真ん中に来た。講義は早くも自主休講して、記事を更新したい。先週の土曜は、昼に早稲田大学南門通りにある『早稲田どらま館』にて、“カナデコトビート旗揚げ公演 コブタが野バラで夢をみた”を鑑賞。演劇サークル『早稲田大学演劇倶楽部』の有志で結成された、新しいパフォーマンス集団である。主宰の相馬加奈子さんは、“芝居をやる”という目的のために稲門をくぐったという。今回足を運んだのは、文学部カフェの前でビラを配っていた吉成生子さんというメンバーの方から、その熱い志を伺ったのがきっかけだ。詳しい内容はスペー... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/04/16 20:57
人生は『経験を積む旅』・・・“昨日まで無かりし花”が咲く姿に心を温めよう
お陰様で、鑑定依頼が増えて大変忙しくさせてもらっている。先日は、もともと顧客だったベンチャーのプレジデントがお友達を紹介してくれた。元旦にこのブログで『“ヒルズ族”に代表されるような未熟な経営者は今年淘汰される』と予言したが、それを読んで戦慄が走ったという。自分がお天道様に恥じない行いをしていれば、いきなり無一文になるようなことにはならない。堀江や村上、折口といった“反社会的”な金の亡者は、必ず天が社会から“除去”するものだ。そういう意味で、今年は日本経済も“少しはまっとうな”状態に戻るだろう。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/24 16:29
家族とは“毎日が記念日”・・・温かい心をつないで魂の旅路を往こう
このブログを始めて今年で4年目になるが、やはり一番多いのはお子さんの命名や幼年期の育て方に関する相談事だ。たまたま『人名に使ってはいけない漢字』での検索で当ブログに来てくれた方が、『幸福な家庭をつくるための知恵』のフォルダ内の記事も読み、「大変勉強になりました」と感想を送ってくれることも多い。私は、日本人一人ひとりが“心の通った温かい家庭”を持ってくれれば、それは必ずこの国の隆盛の導火線になると信じて疑わない。本当の意味で“有意義な人生”を送る(=今世で魂を進化させる)ための智慧を、各ログでコン... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/03/08 20:08
国防小論ーイージス艦事故での愚かな思考停止に陥ってはいけない
占い師風情がブログで国防を語るとは穏やかではないといった向きもあるだろうが、どうせ大したことは書かないので読み流してほしい。興味のない方は、今回は飛ばして頂いて結構だ。イージス艦「あたご」と漁船「清徳丸」の衝突事故の問題が連日マスゴミ、もといマスコミで報じられている。「国民の安全を守るべき自衛隊が人殺しをするとは」「日陰者に“省”なんて名誉をやるから調子に乗ったんだ」と、うだつの上がらない万年係長が酒場でこぼす愚痴レベルの暴言が、あたかも正論かのように広がっている。これは意図的な情報操作か、それ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/02/28 16:05
ひたむきに生きる女性たちへー流れる汗も涙もそのままに“ひとすじの道”を
本業である占い関連の記事を連続アップしたが、久々に言霊をお伝えしたい。早稲田の試験も全て終わったので、漸く平日の夜を自由時間に充てることができる。先週は法事から帰郷後、溜まっていたDVDの整理をした。正月に録ったお笑い番組も全然観ていなかったので、故郷の名物である『炭酸せんべい』を食べながらしばし鑑賞。最近の若手はイキがいい。『ラララライ体操』でブレイクした藤崎マーケットは、普通に漫才をさせても中々上手かった。芸の基礎がしっかりしていれば、すぐ消えることはないだろう。女性芸人では、やはり柳原可奈... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/02/11 18:07
理想を掲げて“勇往邁進”すること・・・それこそが栄冠を得る最強の秘訣
お陰様で、大学の試験も全て終了した。これでまた、平日の夜は個人的な研究作業に時間を充てることができる。なんだか、大学の講義が勉強の隘路になっているかのような書き方をしてしまったが、やはり私は早稲田大学に“学び”に来ているのである。2年生の1年間を振り返ると、スポーツや学園祭といったイベントだけでなく、講義でも新しい知識や友人と出逢ったりと、大変有意義な時間であった。人生のこの時期に、この大学に入学したからこそ、縁あって知り合えたそれらの“出来事”。それは皆、私という今世の“魂”に必要なプログラム... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/30 21:15
平成19年総括ー来年も、共によき魂の旅を
本年最後の更新である。会社のカレンダーでは明日まで仕事なのだが、総務部門の諸君は今日で年内は終業ということで、昼は仕出し弁当をとって皆で一年の苦労を語り合った。一応、今年も賞与が出たので、それなりの正月は迎えられそうだ。あとは溜まったDVDの整理と年賀状を書いて・・・と、頭の中は既にプライベートの案件で一杯。なんとも、あまりにも幸せな師走のひとコマである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/28 20:39
人生は不測の連続・・・“誰のものでもない運命”を強い意志で切り拓こう
水曜から昨日までの話をしよう。水曜は早稲田で白石公子先生の『表現・芸術系演習33』を受講。前回提出した、水月昭道著『高学歴ワーキングプア 〜フリーター生産工場としての大学院』 (光文社新書) の書評の講評である。今年の6月に西武新宿線で起きた爆弾テロ未遂事件が、研究職の夢破れた院卒者による社会への復讐心からきた犯行であったことを踏まえ、街に溢れる“フリーター博士”の救済を訴えた書評にしたが、今回は先生がかつてなく激賞してくださった快心の一作となった。授業後に先生と談笑すると、「あなたの書評を読ん... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/08 18:03
情熱と才能はイコール・・・“若さ”とは年齢ではなく『前向きな気持ちの持ち様』
先週末から昨日にかけての話をしたい。土曜日は昼より、新宿のアジアンダイニング『ホイアン』にて、“早稲田大学食べ放題研究会”の例会。幹事長の野添君は同じ社会人ネットワークのメンバーで、その縁でこちらのサークルにも顔を出すことになった。学内誌『SLOPE WALKER』のインタビュー記事掲載でお世話になった、文芸サークル「ぶんぶ〜ん」のYさんも来ていたので、暫しおしゃべり。今回は第一文学部の男性と清泉女子大学の女性が初参加とのことで、ご挨拶を兼ねてベトナム料理に舌鼓を打ちながら即席の対面鑑定を行った... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/12/04 21:00
人にはそれぞれ与えられた『役割』がある・・・情欲は捨てて“小さき人”を誇ろう
いよいよ師走に入ったので、ブログの壁紙も張り替えてみた。体調はいまひとつだったが、それなりに活発に動いたこの一週間を振り返ってみたい。先週の土曜は大学で中国語の授業後、馬場下町前の喫茶店『シャノアール』にて知人の占星術師と面談。彼によれば、私は今までのどのクライアントよりもホロスコープのエネルギーが強かったという。その霊視によれば、私の前世は代々日本人で、みな僧侶や神官といった宗教指導者であったそうだ。こうしてこのブログで“説法”のようなことをやっているのも、前世の影響だろうか。昔、ある人物から... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/12/01 16:30
この世は人と人の“支え合い”・・・時には誰かに“甘える勇気”を持て
前回は土日の動きを記したので、今日はその後の動きを話したい。月曜は仕事が終わった後、18時より大学で北澤紘一先生の『儒教史』を受講。先生が代ゼミの生徒さん向けに漢文の学習参考書を発刊したというので、授業後に実物を読ませてもらった。文字もカラフルで、レ点や書き下し文の読み方がコンパクトにまとめられていて使いやすい。代ゼミと言えば、英語のトップ講師・西谷昇二先生が『壁を越える技術』という自己啓発書を最近出された。私がこのブログで幾度と引いた、あの「早慶英語」の著者その人である。講習会のテキストは常に... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/11/24 16:24
自分の仕事を意味あるものにするには・・・独善を排した“賢慮”を身につけること
株安の動きが止まらない。アメリカのサブプライムローンが焦げ付いていることが要因だという。アメリカ経済がいよいよ危険水域に入っていることが明らかになった良い例だろう。爆発的な経済成長を遂げているとされる中国も、北京オリンピック以降はどうなるかわからない。一衣帯水(いち・いたいすい=中国が衣服なら他民族は帯のようなもの、つまり他国は中華民族に隷属すべきという傲慢な思想)を気取ったところで、所詮は非民主的な全体主義国家である。教養なき共産帝国の天下がいつまでも続くとは、当の中国人自身も思ってはいないの... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/08/20 19:54
灼熱の季節に思いを馳せて・・・尊き“千の風”へ感謝の祈りを
その日は、今年も晴れだった。気温は34℃。朝は家の仏壇に参り、水を入れかえ先祖に手を合わせる。近所のスーパーでアクエリアスのペットボトルを2本購入し、いざ総武線で飯田橋へ。快速の車両では、インド系と思われる外国人一家が大きなトランクと共に優先席に陣取っていた。どんな目的で来日したのだろうか。御茶ノ水を過ぎると、窓の向こうではカップルらしき男女が楽しそうにボートを漕いでいた。日本国は今日も、天国に比肩する平和の酩酊にある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/08/14 16:03
幾度か辛酸を歴て・・・苦労を乗り越えてこそ漸く見える“景色”がある
会社の方が夏休みに入った。ようやく、溜まりに溜まった書類やDVDを整理できる時間ができる。仕事終わりに、日暮里から常磐線に乗る。何ヶ月ぶりだろうか。夕映えに染まる松戸地域を眺めながら、5日間をどのように有効活用しようかと考えていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/11 20:13
青いお月様に見守られて・・・大切なのは“どれだけ命の尊さ”を悟れるかということ
大学の試験ラッシュも、ようやくレポートをひとつ残すのみとなった。社会人学生としては、どうしても仕事の合間に勉強するという形になってしまうので、時間の効率的な使い方に腐心する。株主総会が終わり、ようやく整理し始めた机の資料が、試験勉強のためにまた山積みになってしまった。机に飾ってある亡き愛犬の写真が再び目の前に映るのは、どうやら来週以降になりそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/07/21 19:09
人は心、そして優しさ・・・目に見えない温かさを繋ぎ続ける毎日を
今週は仕事に追われ大学の講義も何本か出席ができなかったが、とりあえず一週間で記憶に残ったことを列挙してみる。日曜は母の日ということで、新宿高野地下2階にて『ボンブフレーズ4号』(\1,680)を購入。ネットでの人気ランキングによれば、最近は貴金属ではなくケーキなどの食べ物が記念日には喜ばれるという。“自分だけでなく、家族と喜びを共有したい”という母親が随分と増えているようだ。易者としての観点からゆけば、“家族と記念日の喜びを共有する”という行為は、他国の模範となるべき日本人に宿る健全な精神の発動... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/05/19 17:51
人生とは長い散歩のようなもの・・・楽しさも辛さも背負って前を向こう
今週後半、大学での話をしよう。水曜6限は「表現・芸術系演習33」の講義。白石公子先生による提出課題の講評を受ける。今回は、3年前に書いた随筆『食べることについて』を加筆・訂正したものを出した。「週刊新潮の真ん中のカラーページにあるような、ウィスキーの広告と一体化したコラムをイメージした」と言ったら、教室中が爆笑。白石先生も「うん、これは文春じゃなくて新潮だ」と頷いていた。当時27歳の男が書いたものとは思えないほど老成していると、我ながら思う。次の課題は「雨、映画、地下鉄から1つ選んで創作せよ」と... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 2

2007/05/12 17:58
結婚したいあなたへ再び・“最後に辿り着く異性”になる為に人格を磨こう
宇多田ヒカルが、紀里谷和明氏との離婚を発表した。せっかく縁あって結ばれた二人だったが、お互いに本命の相手ではなかったということか。宇多田は本名の『光』の字に“縁を切る、絆を切る”という意味が込められているので、字の凶意も影響していたとも考えられる。ここの所、中小企業のオーナーの経営相談や初めてお子さんを持つご夫婦からの名付け依頼が多かったが、年が明けてからは結婚に関する相談を頂くようになった。誰もが、結婚を決意したときに「本当にこの人が自分の一生の相手なんだろうか?」と不安になる瞬間があるだろう... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/03/05 08:56
ならぬことはならぬもの・・・堂々たる生き方をしていれば自然と道は開かれる
朝からここ3日の主要新聞各紙に再度目を通し、重要な記事にハサミを入れていた。日銀が最高幹部の金融政策決定会合で追加利上げを決定したという。好調とされる実質経済成長率をバックに、一般家庭にも景気回復の実感が齎されれば、それは言う事はない。名だたる有力銀行も、これから預金者の金利引き上げを図っていくことだろう。すずめの涙だった利息の少なさが、大衆をハイリスク・ハイリターンの株式投資へと走らせた。それは一体何を生んだか。下品極まりない未熟な自称“革命児”の蹉跌は当然の報いだが、素人は素人なりに真面目に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/24 16:59
楽しい人生を送るためには・・美しい『3つの魔法の言葉』を口に携えよう
春一番が、新しい季節の始まりを烈しい声で耳打ちした。今年はもう、雪と遊ぶ機会を持つことはないようだ。愛犬がまだ元気だった頃は、白銀に染まるペイヴメントを1人と1匹で歩いたものだった。あいつは今頃、優しい草木に抱かれながら天国を駈けまわっているだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/02/17 16:05
愛犬の一周忌に・・・優しい思い出は明日を生き抜く糧になる
昨日は仕事を終えた後、すぐに自宅へ帰った。車で、地元の割烹料理店へ。愛犬の一周忌を迎え、旨いものをつつきながら家族で思い出話を語り合った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/27 16:12
人生で一番必要なことは“あなたに逢えてよかった”と思ってもらえること
たった今、大学の図書館で『アウシュヴィッツ以降の詩と文化について』というレポートを書き終え、提出用ポストに入れたところだ。お蔭様で、ようやく大学の試験関係も全て終了を迎えた。今週は仕事と易占の合間を縫って、幾つもの大きなレポートを仕上げた。『臨床心理学』のレポートでは、「ニートと引きこもり」問題を中心に、足立区の貧困問題や夕張市の財政破綻に関する事柄について言及した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/01/20 21:36
他人を理解できない時代に・・・人生で大切なのは“お互いを信じあうこと”
期末試験の時期で、レポート作成に大童である。仕事もそれなりに忙しく、睡眠不足で毎日『リポビタンD』の210円する強力なものを喉に流し込んでいる。そんな訳で体はだるく脳も朦朧としがちなのだが、世間では驚愕するようなニュースが続いているようだ。あの不二家が消費期限切れの牛乳を使ってシュークリームを製造・出荷していたという。早くも「雪印食品と同じ運命か」と言われているが、それにしても可哀相なのは末端のフランチャイズ店だ。客には信用されず、自分たちは本部の言うことを信用できない。誰も信じられない“不信の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/13 20:40
美しい東京で静かに思う・・・なんでもない毎日への“深謝”を忘れずに
忠臣蔵の討ち入り日も過ぎ、いよいよ今年も残り2週間足らずとなった。事務所は年末年始の挨拶回りで人が溢れ返っている。来年に向けて新しい仕事も決まりそうだ。そんな有り難い状況に感謝しつつ、17時にオフィスを出て早稲田大学へ。先々週と同様、高田馬場駅でおにぎりを一つ購入し文学部棟3階へ。今日は『小説論』の後期試験である。『窓』という題で小説を1本書け、という問いだ。昨夜から構想を練っていたが、自分の受験生時代の思い出を基盤に空想をふくらませた。浪人時代、大隈講堂裏にあった『早稲田ゼミナール』の夏期講習... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/12/16 00:27
『いのちのメッセージ展』を観て・・・この世で過ごす一日を無駄なく生きよう
今週、早稲田大学の新学生会館にて行なわれている『いのちのメッセージ展』に足を運んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/09 01:19
生き急ぐ若者たちへー気持ちを取り直して生命を“再生”させる習慣を
自殺問題がまだ収束しそうにない。今日も山形で高校2年の女子が自ら命を絶った。いじめが原因かどうかは定かではないが、生きていれば輝かしい時代が必ず来たにも関わらず、10代の未熟な判断で“魂の学び”を自ら放棄した罪は非常に重いと言わざるを得ない。“死にたいな”“生きているのが辛いな”と毎日のように考えている弱い魂は、やはり弱々しい魂と感応同交してしまう。ニュースでの相次ぐ自殺報道で、「じゃあ自分も死のう」などと考えるのは愚者の発想である。いま一度、それなりの修養を備えた大人が、本当の意味での“いのち... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/11/22 23:16
人間は一生“学び続ける”生き物・・・日々『新面目』のある人生を
お陰様で充電も完了である。とは言っても、温泉に行ったとか海外でパートナーとバカンスを楽しんだということではない。ざっと更新を休んでいた間の動きを振り返ってみる。月曜の夜は早稲田で『思想・宗教系基礎演習』を受講。小島雅春教授の話に耳を傾けながら、巷間話題となっている高校の未履修問題についてしばし思索した。高校が大学への進学実績を伸ばしたいという観点から、必修科目の履修を改竄した気持ちはわかる。金さえあれば、少子化で誰もが大学へ入れるご時世だ。四大卒と高卒では人生に差がつくのは自明のこと。それなら可... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/11/11 22:58
早慶戦終わって・・・夢を見て、生きることの楽しさよ
仕事と早稲田祭に出展する対面鑑定会の資料準備で大忙しの毎日だが、ようやく時間ができたので一昨日、昨日の野球早慶戦について書きたい。神宮へ足を運んだのは一昨日。「日曜だけ雨模様」という予報を覆し、午前中から清清しい秋晴れ。天気予報が外れて嬉しかったのは、まだ汚れを知らなかった小学校2年生の遠足以来か。JR信濃町駅改札から、総勢40名ほどで神宮へ。道の途中で、『早稲田スポーツ』を\100で購入。我らがエース・栄光の10番宮本賢キャプテンの大見出しが映える。いまひとつだった春季の反省を踏まえ、早稲田を... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 1

2006/10/31 20:00
兄弟姉妹はかけがえのない“盟友”・・・縁で結ばれた同志を大切にしよう
今朝は昨日片付かなかった仕事を終わらせるため、とにもかくにも夢中で目の前の作業に没頭。午後に入り、昼食のチャーハンを平らげリポビタンDをグイッと飲んでようやく休憩らしい休憩。朝刊も読んでいなかったので目を通す。朝日新聞の「声」の欄は、相変わらず今日も狂っている。その内容は『赤旗』の読者欄と見紛うほどだ。プロレタリアート市民や元全共闘の闘士をあたかも普通の一般市民の投書かの如く登場させ、世間から失笑される意見を堂々と掲載する。一体、どこまで馬鹿なことを書けば気が済むのか。まあ、心有る真正日本人なら... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/09/28 23:37
約束を守ることは自分を“活かす”こと・・・ただ誠実に人生を駆け抜けよう
今朝は8時に起床。最近はめっきり朝方が寒くなった。そろそろ毛布をお日さまに干して、こびりついた無数のダニを駆逐しなければいけないか。とりあえずコーンフレークを食べながら、各紙の朝刊に目を通す。サラ金のアコムが、高率の遅延金で借り手を更に苦しめていたらしい。いくらCMなどでソフトイメージを演出してみても、所詮三下は三下だ。社会のルールを逸脱した“ダニ”が紳士を気取ったところで、それは失笑の的である。日本であこぎな商売を行なっている悪徳外国人は安倍新総裁に追放してもらいたいところだが、果たして彼にど... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/09/24 22:10
悠仁親王殿下の誕生に・・・改めて子どもの名前には“天の力を得られる吉字”を
秋篠宮ご夫妻の長男の名前が「悠仁さま」に決まり、列島は親王フィーバー、再度の紀子フィーバーに沸き返っている。親王殿下のお名前にある「悠」という字は、“ゆったりとした気持ちで、あくせくせず落ち着いてわが道を行く。どこまでも緩やかに事態が長く続く”という意味が込められている非常に吉運の強い字だ。有名人を挙げると、作詞家として黄金時代を築き、作家としても大きな成功を収めた阿久悠、岩沢厚治とのフォークデュオ「ゆず」で音楽シーンのトップに立ち続ける北川悠仁、『Gメン75』などでの渋い演技で名バイプレーヤー... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/09/13 22:26
メール全盛の現代だからこそ・・・心を込めた『手紙』の良さを再発見しよう
インターネット全盛の時代になり、今日も無数のメールが世界中を乱舞している。携帯電話でメールができるようになってから、もう何年経っただろう。現代を生きる私達にとって“メールを書く”という行為は、もはや“三度の飯を食う”と同じくらいあたり前で生命維持のための行動にまでなっている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 34 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/08/23 22:04
“親”と“子”は時として入れ替わる・・・大切な人を心配させない生き方を
仕事を早めに切り上げ、駅から家へ帰るバスに乗る。夕暮れの空が、今日はやけに眩しい。まるで夢の中に出てくる、黄金色を湛えた天界のようだ。あれは、何かの不吉な前兆か。それとも、神州日本覚醒の合図だろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/08 21:00
家族とは“魂の学び場”・・・児童虐待急増の時代に真実の愛を知ろう
ひと仕事終え、日経新聞の夕刊を開くと、また不快な見出しが瞼めがけて飛んできた。『児童虐待 過去最悪』。群馬や福島で起きた男児の虐待死事件の余波が続いているようだ。態様別では暴行など身体的虐待、猥褻行為など性的虐待、ネグレクト(育児放棄)・・・どれも目を覆うような内容である。子どもには、罪などない。自分の魂を鍛えるために、“わざわざ”酷い親を選び、酷い体験を進んで経験する。その姿を見て私たちは涙し、「自分が親になったら、絶対にあんな酷いことをしてはいけない」と心に刻む。それもまた、かけがえのない『... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/03 21:25
青春の日々、そして明日へ・・・笑顔を絶やさない人生にこそ神は微笑む
今日は家で個人的な研究テーマを整理しようかと思ったが、つき抜けるような昊天がそれを咎めた。洗濯を終え、バスで駅へ。とりあえずデパートへ行き、1ヶ月前に止まった時計を修理に出した。直るまで、8階の本屋で立ち読みにいそしむ。昨日は『LEON』の名物編集長が解任されたそうだが、今後の記事構成はどうなるのだろうか?まだ40代には遠いので、とりあえずは関係のない話だ。直った時計を取りに行った後、地下のパーラーでエビピラフを食す。入ったばかりだろうか、私の席についたウェイトレスさんの動きがたどたどしい。歳は... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/07/30 19:28
なぜ、自殺をしてはいけないのかという根本的な命題について
ちょうど一週間前、衆議院本会議で『自殺対策基本法』が可決、成立した。8年連続で3万人を超える自殺者数を減らすため、地域ぐるみでのカウンセリング体制の強化や自殺対策に取り組む民間団体との連携強化などを定めている。国がようやく自殺対策にのりだしたことは素直に評価したいが、最も大切なことは“自殺を考えている人々に生命の意味と価値をいま一度教えること”に他ならない。『自殺』は、精神世界の観点から言えば殺人や傷害よりも遥かに罪が重い“犯してはならない大罪”である。なぜ、人間は絶対に自殺をしてはいけないのか... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/06/22 23:22
豊かな人格形成のためにー子どもには5歳まで全力の愛を注ごう
今日の午前中は大学の図書館でレポート作成に没頭し、昼は大隈ガーデンハウスにて生姜焼定食を頂く。午後より、東西線で早稲田から中野へ。ご縁があって、以前対面鑑定を行った方が住むマンションの主婦サークルの皆さんに、占いと心理学の観点から“大切なお子さんのより良い育て方”についてお話をさせていただいた。皆、お集まりいただいた主婦の方は20代〜30代で、ご夫婦で出席してくださったご家庭もおり、改めて世間の占いへの関心の高さを肌で感じた。新生児の名付けや星回りから見る性格診断などでメールを頂く量も増えてきた... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/05/13 22:03
ニート・引きこもりの諸君へー働かざるとも、人間を避けるなかれ
昨年から今年にかけて、ニートで悩んでいる方から相談を受けた。小学生の頃いじめられたせいで、人を信じることができなくなってしまった。仕事が続かず、生活も不安定で社会に出てゆく自信がなくなってしまった。皆、悩み苦しんでいる人は真面目な人だ。真面目すぎるからこそ、復活の一歩が怖くて踏み出せない。優しすぎるからこそ、鷹揚に人と接することができない。これは景気回復や雇用改善とは関係のない、“心の問題”である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/24 21:01
新社会人の皆さんへー“心”を磨いて仕事で人生を輝かせよう
年が明けてから、春に初めて就職される高卒生、大卒生からの鑑定依頼が多かった。誰しもアルバイトではなく“正社員”として社会へ飛び出す時は緊張するものだ。果たして、自分の夢はこの会社で本当に実現できるのか。同僚の人たちは、優しく仕事を教えてくれるだろうか。意地悪な上司に、いじめられはしないか。自分に仕事を遂行する能力は備わっているのかーなどなど、頭の中を様々な思いが交錯して精神的に疲れておられる方も多いだろう。今日は入社から1週間を迎えようとしているフレッシュマンの皆さんへ、心理学の観点から“新入社... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/04/06 21:14
なぜ、生まれる子どもに“名頭3画”の字を付けてはいけないのか?
人間30にもなると、同級生や友人、同僚にも既婚者が増えてくる。知人に子どもが生まれるときには命名の相談にのるのだが、画数や音、漢字に込められた意味はもちろんのこと、どうしても譲れない条件として“名頭3画はとりあえず避けた方がいいね”と言っている。姓名判断についてよくは知らない方も、なんとなく「名頭3画は不吉である」という話を聞いた事があるだろう。なぜ、人の名前を付ける時に“名頭3画”はつけてはいけないのか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/03/28 22:24
結婚したいあなたへ・魂を磨いて“本命”とめぐり逢う準備をしよう
ここ最近、カウント1000を超える記事が増えたせいかご意見や相談を頂く件数も増えてきている。女性は、20代後半〜30代前半の方の鑑定依頼が最も多い。内容は、殆どと言って良いほど「この先結婚できるのか」という一点に尽きる。異性との恋愛相性に関しては昨年11月23日の記事で既に言及しているが、今日はその先の結婚相性について述べたい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/03/26 16:23
ホームレス襲撃事件増加に思うー今こそ“禽獣”から“人間”へと帰るとき
兵庫県姫路市の河川敷でホームレスが惨殺された事件があった。逮捕されたのは、15歳〜18歳の未成年4人。殺害前から執拗に「おまえら臭いんじゃ」などと日常的に暴言を浴びせ、さらには石を投げたり鉄パイプで金網を叩いたりと、嫌がらせの限りを尽くしてきたという。そして、それが昂じてついに火炎瓶を使っての焼殺。そのあまりの非道ぶりには、開いた口が塞がらない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/19 20:54
夢は“叶えること”ではなく“追い続けること”が大事
昨日の読売新聞・京葉版に「余命半年宣告から2年半・がん闘病の主婦が念願のジャズライブ」という記事が掲載されていた。ある日、普通の主婦に突然下されたがん宣告。直腸から肺、そして肝臓へと転移しており、完治は不可能と診断された。最初は涙に暮れていたが、「治療をできる限り頑張ろう」と決意。副作用に耐えながらも、抗がん剤治療を続けてきたという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/13 23:17
感応同交ー“あの世”へ胸を張って旅立てる生き方を考える
正月は自宅でずっと映画のDVDを観ていた。10本近く観ただろうか。その中でも久々に鑑賞して、改めて素晴らしい作品だと思ったのが1990年の『ゴースト〜ニューヨークの幻』だ。暴漢の凶弾に倒れたサム(パトリック・スウェイジ)が、最愛の恋人であるモリー(デミ・ムーア)を守るために壮絶な闘いを続ける極上のラブストーリー。公開から16年を経た現在でも映画史に燦然と輝く傑作とされているが、この映画はスピリチュアルな観点からも、重要なことを教えてくれている。(以下ネタバレありなので、未見の方はご遠慮ください)... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/01/04 21:51
悩む18歳の進路・・・就職か専門学校か、それとも大学か
高校3年生の方から、将来の進路についての相談を受けたことがあった。本人は更に上級学校への進学を希望していたが、大学と専門学校のどちらにすべきかを悩んでいるようだった。一番仲のいいクラスメートが専門学校に行くから、自分も同じ学校へ行こうか。それとも、上京して東京の大学で将来の夢を見つけるか・・・18歳の決断は、その後の人生を決定づける重要な局面だ。このブログをご覧の高3生とご父兄の方へ、僭越ながら私の短見をお伝えしたい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/12/29 16:36
人生好転のためにーあなたの周りにいる“霊格の高い人”とつき合おう
「あの人はまるで神様のような人だ」という台詞を誰でも一度は吐いたことがあるだろう。物質主義的な観点から見れば明らかに損であることを、嬉々として行う人。そして、それらの行動を決して他人に誇らず誰もみていない場所で行っている人。「何の得にもならないのに」社会のために、他人のために大いなる善意を持って行動している人は、過去に何百回も輪廻転生し、魂を鍛えぬいている可能性が高い。過去の人生での様々な経験の集積から、地位や名誉といった現世限りの幸福(実際は本質的に不幸の場合が多い)に空しさを悟り、社会に貢献... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/12/18 20:42
不妊に悩む女性たちへー“今世での使命”を見つけよう
今まで多くの女性から宿命・運命に関する相談を受けてきた。その中でも特に切実だったのが、「結婚して○年経つが、まだ子どもができない。何かに祟られているのか」などといった不妊の訴えであった。女性にとって妊娠・出産とは、女性としてのアイデンティティを確認する最大のイベントである。その機会に恵まれないというのは、生きている意味を見失いかねない危険性をも孕んでいる。子どもができないことで悩んでいるあなたへ、ささやかな処方箋をお伝えしよう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/12/08 22:54
開運のスタンダード・印鑑の正しい使い方を知ろう
印鑑と言うと、とかく怪しい新興宗教が集金活動の一環として行う霊感商法の代表的商品というイメージがまとわりつく。確かに印鑑には霊力がある。しかし、何十万もする高級印鑑などを購入する必要など全くない。自分で選んだ印鑑を大切に、そして的確な使い方をすれば運は向いてくる。普段何気に使っている印鑑の正しい使い方をお教えしよう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/10/26 21:10
宿命40%、運命60%・・・人生は自分の努力で好転させられる!
宿命と運命の違いは何かと問われれば、それは自分の意志でどうにもならない部分と、自分の努力で如何様にも改革が可能な部分とに分かれると言うことができる。占術で言えば、宿命は四柱推命や九星占術、運命は姓名判断や音霊といった分野だ。人間は困難にぶち当たると、すぐ“なぜ自分はこんな家に生まれたんだ”などと自分の責任は棚に上げて宿命を恨んでみせる。ここに大きな人間の高慢と過ちがある。この世は「魂を鍛える為の道場」であり、上手くいかないことがあってあたり前なのである。自分で不本意な状況を変えていく努力が最... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/25 23:21

トップへ | みんなの「幸福な家庭をつくるための知恵」ブログ

八田靖彦・奇跡の言霊ブログ(旧・奇跡の占いブログ) 幸福な家庭をつくるための知恵のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる