アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「前向きに生きようとする若者へ」のブログ記事

みんなの「前向きに生きようとする若者へ」ブログ

タイトル 日 時
奇跡の言霊ブログ・10周年御礼
奇跡の言霊ブログ・10周年御礼 いつもアクセスありがとうございます。お陰様で、『奇跡の占いブログ』として始まった当ブログは、本日でスタートしてから10周年を迎えました。ここまで続いたのもひとえに、常に激励し、愛読してくださった皆様のお陰だと考えております。心より、感謝申し上げます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/06 14:04
立春過ぎて
立春過ぎて 立春が過ぎ、正式に平成27年が始まりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/13 18:38
ブログをご覧頂いた皆様へ:今年もお世話になりました
ブログをご覧頂いた皆様へ:今年もお世話になりました 年内最後の更新です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/28 19:56
人間の精神を安定させるもの―今こそ“絆”の大切さを確かめ合うとき
人間の精神を安定させるもの―今こそ“絆”の大切さを確かめ合うとき 早くも、2月が終わろうとしている。アセンション以降、時間軸のスピードの加速を肌で感じる。私自身も、昨年と今年の思考に“断絶”とも言える変化が生じている。情報発信の形態も、ブログからモデルチェンジするかもしれない。2013年の前半は、“旧いものの清算”の時期になろう。土曜は自宅で、TOKYO MXの『西部邁ゼミナール』を観ていた。ゲストは、評論家の佐藤健志氏。“戦後日本の自殺願望”をテーマに、2週に亘って論客の二人が縦横無尽に語り合っていた(写真)。戦前の日本は、欧米列強に対して同化するか対抗する... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/25 10:24
失意と絶望の日々こそが人生の財産・・・“人生の春”を信じて静かに己の力を培おう
失意と絶望の日々こそが人生の財産・・・“人生の春”を信じて静かに己の力を培おう ローマ法王ベネディクト16世の突然の退位にロシアに落下した謎の隕石と、早くも激動の2013年を予見させる事象が相次いで起きている。いずれそれらが偶然ではなく、“そういうことだったのか”と皆が気づく時期が来るのも、それほど遠くはないかもしれない。それについて敢えて私が書く必要もないので、いつも通りの日常を書き残しておこう。仕事の帰りに、三越前を歩いていた時のこと。鶴屋吉信の並びのビルに、ファンキーモンキーベイビーズのラストシングルの広告看板が掲げられているのを見つけた。毎回、著名な芸能人をジャケッ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/20 18:55
この人生は余りにも短い・・・“心ひとつ高く”持って誰かに喜ばれる仕事を選ぼう
この人生は余りにも短い・・・“心ひとつ高く”持って誰かに喜ばれる仕事を選ぼう 東京ビッグサイトで開催されていた『第12回国際ナノテクノロジー総合展・技術会議』に、遊軍で足を運んだ。ヘルスケア・エレクトロニクス・エンジニアリングなど様々な企業がブースを出展し賑わいを見せるなか、メインシアターで行われた『ナノテクが創る新しい社会実現への戦略』というプレゼンテーションに耳を傾ける(写真)。注目の風力発電では、発電用ブレードの運搬の都合で最大2000KWが限界の陸上風力に代わり、ブレードの運搬に船舶を利用することで更なる大型化を可能とした洋上風力の可能性について言及。製造に必要な... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/04 16:21
大事なものは変わってゆくーそれでも積み上げてきた記憶は決して無駄じゃない
大事なものは変わってゆくーそれでも積み上げてきた記憶は決して無駄じゃない 前回の記事では久々に飛鳥涼の詩を引いたが、ほどなくして彼が自身のコンサートで、CHAGE and ASKAの復活を宣言した。無期限活動休止から早4年、あの美しいハーモニーを再び聴けると思うと、本当に胸が躍動する。急に懐かしくなり、Youtubeで過去の彼らの楽曲を聴きながら、書庫から21年前の『月刊カドカワ』の特集号を久々に手に取った(写真)。剣道で大きな挫折を味わった福岡の大学生・宮崎重明が、ビートルズ好きの同級生・柴田秀之とめぐり逢い、いかにして不世出のデュオが生まれたかが、本人達へのインタ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 0

2013/01/28 18:17
初心新たに―“その人”を守ってあげることこそ、自分に課せられた仕事である
初心新たに―“その人”を守ってあげることこそ、自分に課せられた仕事である アルジェリアの武装勢力による日本人人質が大きな問題となっている。社員が拘束されているプラントエンジ大手の日揮は、昭和40年代からアジア・アフリカ各国でプラント建設を手がけ、現地での日本人の信頼醸成に大きく寄与してきた。生存情報は錯綜しているが、なんとしてでも、邦人をできるだけ救出せねばならない。発足したばかりの第2次安倍晋三内閣にとっては、思いがけない最初の試練だ。新年早々、私が発熱で倒れる原因となった一因に賀詞交歓会での暴飲暴食が挙げられるが、自動車工業会の賀詞に行った際は安倍総理が登場し、大... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/01/21 12:20
平成25年の幕開けにあたって
平成25年の幕開けにあたって 新年明けましておめでとうございます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 2 / コメント 2

2013/01/01 18:52
平成24年総括―来年も、共に善き魂の旅を
平成24年総括―来年も、共に善き魂の旅を 本年最後の更新である。こうしてブログで一年の総括をするようになってから、一体何年が経っただろう。お陰様で、なんとか無事に今年も辿り着けそうだ。それにしても復興進まぬ被災地の方々は、2年目の厳冬をどう過ごされているだろうか。最近の調査では、被災した児童の肥満化が問題になっているという。ストレスに拠る所が多分にあるのだろう。父祖の代から親しみ育った故郷を奪われ、大好きだった友達とも離れざるを得なかったその慟哭は、察して余りある。永遠に続くであろうという錯覚をきたすこの平和に酩酊する我々現代人にとって... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/28 14:08
2012師走の政界展望-“あらかじめ定められた夜明け”に震えつつ
2012師走の政界展望-“あらかじめ定められた夜明け”に震えつつ 総選挙が終わった。自公は衆院の2/3を制圧する圧勝、民主は57議席という壊滅的な惨敗だ。今回は様々な選挙演説に足を運び、肌では民主が少々盛り返すのではと思っていたので、この結果には国民の痛切な怒りを感じる。私が応援していた前議員は、小選挙区では落選したが比例で復活した。大変に優秀で、これからの日本には絶対に必要な人材だと見込んで大切に育てていかねばと思っていたので嬉しい(深夜に当選が決まった直後に電話をもらったが、心から喜びを分かち合った)。あれほど注目されたのに、投票率は、59.22%で過去最... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/12/18 16:49
秋の夜の酒はしづかに飲むべかりけり・・・新しい世紀の胎動を静かに想う
秋の夜の酒はしづかに飲むべかりけり・・・新しい世紀の胎動を静かに想う 昭和の大女優・森光子さんが亡くなった。何度もこのブログでも書いてきたが、私は森さんの生前、旧芸術座での最後の公演となった『放浪記』を観ている(『昭和最後の大女優・森光子の魂ここに在りー放浪記2000回達成に寄せて』参照)。当時齢86ながら、あの伝説の「でんぐり返し」をする女優魂に、心より感銘した記憶がある。芸能界入りした時はまさに戦時下で、慰問団として訪れた南方で、散華を命じられた飛行隊員を見送ったという森さん。戦後は大女優の名声をほしいままにしたが、病気や離婚を経験するなど、まさに波乱万丈の人... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 2 / コメント 2

2012/11/15 18:10
どんなに辛い時でも“感謝”を忘れないこと、それが大いなる成功を掴む最大の秘訣
どんなに辛い時でも“感謝”を忘れないこと、それが大いなる成功を掴む最大の秘訣 少々古いが、今月1日に発表された日銀短観について触れたい。製造業のDI(業況判断指数)がマイナス3となり、3期ぶりに悪化した。エコカー補助金の終了で内需が失速したこと、そして輸出が落ち込んだことが主因である。今回は中国での反日デモの影響は反映されていないので、次回の調査ではもっと厳しい結果となるだろう。先月は日本触媒の姫路製造所で爆発事故が起きたが、懸念されるのは紙おむつや生理用品よりも、自動車向け塗料の調達に影響が出るという点だ。塗料の原料となるアクリル酸エステルの、実に国内生産の5割を日触は... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/10/19 09:34
つらぬくに、高き直き心をもてす・・・精神の高貴さと謙虚な生き様が魂を輝かせる
つらぬくに、高き直き心をもてす・・・精神の高貴さと謙虚な生き様が魂を輝かせる 京都大学教授の山中伸弥先生が、ノーベル医学・生理学賞を受賞された。“ノーベル賞に最も近い男”と言われた山中氏だが、受賞会見では「国を挙げて支援いただいたお陰」「日本、日の丸の支援がなければ受賞できなかった」「日本という国が受賞した」と国への感謝の言葉を重ね、その謙虚な姿勢を崩すことはなかった。神戸大学から初のノーベル賞受賞ということだが、私も祖母をはじめ、親族に神戸大出身者が多いので大変誇らしい。世界最高の栄誉に浴した山中氏だが、最初からエリートという訳ではなかったという。研修医時代は20分で終... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 4 / コメント 0

2012/10/09 09:56
“平成の吉田茂”安倍晋三の忘れもの―昏き“民”を率いて末代の難局と対峙できるか
“平成の吉田茂”安倍晋三の忘れもの―昏き“民”を率いて末代の難局と対峙できるか 注目の自民党総裁選は、元総理の安倍晋三が決選投票で石破茂を破り第25代総裁に就任した。総裁経験者が再登板するのは、結党以来初めての出来事だ。最初は本命視されていた石原伸晃は、度重なる失言と谷垣禎一を裏切ったイメージで評判を落とし3位に沈んだ。町村信孝は選挙中に病に倒れるという不運に見舞われたが、森喜朗や福田康夫とともに引退だろうか。自民党総裁選が決選投票にもつれ込んだのは、“三角大福”(三木武夫、田中角栄、大平正芳、福田赳夫)以来40年ぶり。決選での逆転となると、石橋湛山が岸信介(安倍の祖父)を... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 6 / コメント 1

2012/09/27 19:24
いやなことはその日に忘れろ・・・それが人生という戦いを全うする最強の秘訣
いやなことはその日に忘れろ・・・それが人生という戦いを全うする最強の秘訣 早くも長月に入ったが、とてもそうは思えないほど気温が高い。汗だくで外を回る日々が続いている。先週は、仕事で銀座に行った。ランチをどこで食べようかと大通りをぷらぷら歩いていたら、文具店の伊東屋の前に。9階に喫茶兼ギャラリーがあるというので、エレベーターで上がる。食事の前に、ギャラリーで『岡田親(ちかし)錦絵展 火消しに惚れた』を鑑賞(写真)。岡田氏の名は初めて聞いたが、あの八重洲ブックセンターの裏にある寿司屋の御主人だという。京橋で生まれ育った氏は江戸以来の錦絵に自然と興味を持ち、一方で学生時代か... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/05 17:31
“凡人”が溢れる昏きこの世に・・・せめて己は心正しき“英雄”たれ
“凡人”が溢れる昏きこの世に・・・せめて己は心正しき“英雄”たれ あの『ドラゴンクエスト』シリーズの最新作、『目覚めし五つの種族』がWiiで発売になったという。22時台のニュースを観ていたら、発売日前日にいち早くソフトを入手しようと、多くのドラクエファンが電気店に列を成していた。今回で10作目となるドラクエだが、社会現象となったのは24年前の第3作『そして伝説へ・・・』の発売の時だ。当時私は小学5年生だったが、発売日が平日ということで、学校を休んで買いに走る子供が続出。ズル休みがバレた同級生が後日、担任に呼び出され叱られている姿を観たのを思い出した。なんだか懐... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/06 19:07
なりはひをいそしむ道のおくにこそこがね花さく山はありけれ・・・明るい未来は必死に生きた先に在る
なりはひをいそしむ道のおくにこそこがね花さく山はありけれ・・・明るい未来は必死に生きた先に在る 早いもので、平成24年も後半戦である。前半を振り返ると、個人的には、大阪から東京に戻ったことが非常に大きかった。同じ日本でも、西と東ではあらゆる分野での“作法”が違う。僅か2年間ではあったが、“太閤秀吉以来の天下獲り”とも言われる橋下旋風下での、大阪の熱気を肌で感じたことは大きな収穫であった。東京は、なんと言っても動く人、金、モノの数が違う。ビルの間の横断歩道を歩いているだけでも、新しいアイデアやインスピレーションが降ってくる。暫くはこの街で、戦うことになるだろう。いつも戦闘モードという訳にもい... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/07/01 23:46
第4回AKB総選挙の考察-お互いを“癒し合う”日本というシステム
第4回AKB総選挙の考察-お互いを“癒し合う”日本というシステム 先週も色々あったが、今回は社会現象となったAKB選抜総選挙について、易者の立場から考察したい。第4回となったAKB総選挙は、下馬評の高かった大島優子(昭和63年10月17日栃木生三碧木星)がセンターを奪回し、『ヘビーローテーション』以来となる“第2次大島内閣”の誕生と成った。不動のセンターと謳われた前田敦子の卒業・不出馬にSKE・NMB・HKT総勢237名の出馬、総投票数は138万票と、その規模は過去と比較にならない。一般紙やNHKのみならず、今年は海外でも大きく枠を割いて報道されていた。“時代... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 3 / コメント 0

2012/06/10 23:28
生と死、そして愛・・・親が子供を思う気持ちに少しだけ思いを巡らせてほしい
生と死、そして愛・・・親が子供を思う気持ちに少しだけ思いを巡らせてほしい このブログを始めて、間もなく7年になる。時々思い出したかのように昔の記事を読むことがあるが、現在のように私の日々の行動を記した形ではなく、『恋愛論』『仕事論』『人間関係論』といった、それまでの鑑定経験からそれぞれのテーマに沿って私の感ずるところを述べた記事が多かった。今回は、久しぶりに原点に戻って語りたい。17年の逃亡生活を続けていた、オウムの菊地直子が遂に逮捕された。23歳当時の指名手配の写真が脳に刷り込まれていた日本人にとって、逮捕時に撮影された、華奢な体つきの中年女性の姿には、驚きを禁じえ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/06/05 01:57
金色の夢を抱きながら、明日はせめて晴れを願う・・・TM NETWORKライブに足を運んで
金色の夢を抱きながら、明日はせめて晴れを願う・・・TM NETWORKライブに足を運んで 4月24日・25日の2日間に亘って行われた、TM NETWORKの日本武道館ライブ-“Incubation Period”を観覧したことについて記しておきたい。私が足を運んだのは後篇である2日目。当日は16時半に、九段下にある取材先の会社へ訪問した。終了後は歩いて、そのまま武道館に向かうという魂胆である。鉛色の空が、突然大量の水を眼下の人間たちに浴びせ始めた。急いで、傘代わりにクリアファイルを頭に乗せつつ、田安門を走り抜ける。TMを毎日のように聴いていた頃は中学生だった私も、今や立派な中年だ。息... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/04/30 02:31
春しあれば今年も花は咲きにけり・・・繋いだ縁に感謝してこの艱難を乗り切ろう
春しあれば今年も花は咲きにけり・・・繋いだ縁に感謝してこの艱難を乗り切ろう 今週末の帰京のために進めていた引っ越し作業も、終盤に入っている。作業と並行して、関西に思い残すことのないよう、思い出づくりに勤しんだ。その一端を書き連ねたい。先月は早稲田大学時代の同級生である稲葉秀朗氏が研究テーマの深耕のために来阪していたので、阪急ビルに入っている割烹『吉祥』で一献(写真)。第一文学部を首席で卒業後、大学院で美術史学の研究を続けていた氏だが、先般開催された芸術新聞社の書道雑誌『墨』の第4回評論賞で、見事大賞を受賞された(こちら)。その圧倒的な教養と豊穣な筆致は、他の応募者の執筆... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/11 09:48
東京に帰ることになりました
東京に帰ることになりました いつもアクセスありがとうございます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/03/25 22:27
日本人よ、“覚悟”はあるかー東日本大震災から一年の節目に
日本人よ、“覚悟”はあるかー東日本大震災から一年の節目に あの震災発生から、早一年である。これからの日本を占う上で重要なエポックとなった、この未曾有の悲劇について触れたい。この2、3日は、テレビの震災特番をずっと観ていた。親を失いながら、前向きに生きてゆくことを誓った三陸の小学生や、工場や娘、孫を全て津波に流されながら、借金をして店を再建した気仙沼の菓子店の女性の姿には、心から胸を締め付けられた。その中でも、金曜の夜に放送されたフジの『そこにある命を救いたい〜自衛隊だけが撮った3.11』は特に感銘を受けた。東北を襲った未曾有の危機に、全国の各駐屯地から... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 2 / コメント 3

2012/03/11 20:17
科学で人の魂は救えない・・・先人の遺した知恵に頭を垂れることを覚えよう
科学で人の魂は救えない・・・先人の遺した知恵に頭を垂れることを覚えよう 天皇陛下の冠動脈バイパス手術が無事終了した。執刀を担当した順天堂大学の天野篤教授の会見を観ながら、心から安堵した自分がいる。手術の成功を祈って記帳に足を運んだ国民は、1万3千人にも及んだという。優しさ、思いやり、尊いものへの敬意は、大和民族の誇るべき習性である。喜びの裏でひとつ、許せないことを思い出した。23年前に昭和天皇が崩御されたとき、皇居に向かって涙を流して手を合わせた女性の姿を指して、浅田彰は「土人」と表現した。まさに、日本人への挑戦である。日本の社会学者にとって天皇は不倶戴天の敵であり... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 6 / コメント 1

2012/02/19 19:30
“信じるにたる自己”を心の柱に据えて・・・引き返せない覚悟で新しい年を往こう
“信じるにたる自己”を心の柱に据えて・・・引き返せない覚悟で新しい年を往こう 旧暦でも新年となった。金曜はスーパーで恵方巻きを買って、北北西を向きながら、一気にかぶりついた。こうやって、心置きなく毎日白い飯にありつける日常が、なんと幸せなことか。世界に目を遣ると、ホルムズ海峡の封鎖懸念で大国間に緊張が走っているが、どこで軟着陸できるだろう。日本はアメリカに付き合ってイランへの制裁に加わったが、サウジアラビア産の調達だけで消費を賄えるか。相変わらず、日本経済復活の出口は見えない。ソニーにシャープ、パナソニックの墜落は、ものづくり日本の落日を象徴している。パネルへの投資分の回... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 3 / コメント 0

2012/02/05 23:19
壬辰の年を迎える日本人へ・・・心を国に留めて“神の御裔”の自覚を持て
壬辰の年を迎える日本人へ・・・心を国に留めて“神の御裔”の自覚を持て 各経済団体の賀詞交歓会廻りも漸く一段落である。様々な業界の会合に顔を出したが、苦しい情勢の中でも「まぁ、皆で頑張るしかないね」と笑顔で語り合う場面が多かった。中国のバブル崩壊を警戒しつつ、技術革新の研究は怠らない。昨年は東日本大震災があったが、“困難を耐えて乗り越える”のは、我が大和民族の真骨頂だ。過去を遡ると、“壬辰”の年は大企業の破綻が多い。なかなか辛い場面が続くかもしれないが、国民が一致団結するまたとない好機である。絶望だけはせずに生きたいものだ。政治では今週、我らが野田佳彦総理閣下が眼帯... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 2 / コメント 2

2012/01/23 01:33
平成24年の幕開けにあたって
平成24年の幕開けにあたって 新年明けましておめでとうございます。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 25 / トラックバック 3 / コメント 3

2012/01/01 00:00
平成23年総括―品格ある“大人の国”の再建に向かって
平成23年総括―品格ある“大人の国”の再建に向かって 年内最後の更新である。平成23年の掉尾をふるうとき、やはり3月の東日本大震災を抜きには語れまい。3.11は、バブル崩壊以降も大した危機感を持たず、“管理された享楽”に酩酊する日本人に、ある程度の衝撃を与えた。交通機関のマヒ、自分達が高支持率を与えた総理大臣の愚かさ、そして統治機構の機能不全を逸らすための脱原発運動の先鋭化等、戦後の日本人が“考えること”から逃げてきたツケが一気に回ってきた、記憶に残さざるを得ない年であったと言えよう。オーウェルは『1984年』で“疑問を持たない方が得なときは、疑問... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/12/28 11:22
いつまでも続く不幸はない・・・ほんの少しの“勇気”で目の前の景色を変えよう
いつまでも続く不幸はない・・・ほんの少しの“勇気”で目の前の景色を変えよう 早いもので、あと2週間足らずで今年も終わりである。年末の御用納めで飛び回っていたので、なかなかブログを更新する時間が持てなかった。先月沖縄に行ったことについては稿を改めて、最近あったことを記しておこう。土曜の夜は、最強漫才師決定戦『THE MANZAI2011』を観た。30年前、当時5歳で空前の漫才ブームを体感した自分にとっては、余りにも懐かしくそして嬉しい企画だ。発起人である大物芸人の突然の引退で開催が危ぶまれたが、その穴を埋めるべく『最高顧問』のビートたけしさんが相変わらずのパフォーマンスで... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/19 01:14
日本の未来が間もなく決まる・・・聖なる祈りを捧げて命あまさず生きよ
日本の未来が間もなく決まる・・・聖なる祈りを捧げて命あまさず生きよ 西岡武夫参議院議長が亡くなった。毎日新聞の岩見隆夫氏は「もうひと花咲かすに違いない、日本の政情不安に一石を投じることになるだろう、と確信に近いものを感じていた」とその死を惜しんだが、混迷続く素人集団民主党の中でも抜群の安定感を示し、筋を通すプロフェッショナルの政治家の姿を体現した、稀有な存在であった。筆者は直接お目にかかったことはないが、早稲田の先輩であり、マスコミに籍を置いたという共通点で西岡氏には親近感を感じていた。新自由クラブへの参加と離党、国政と知事選合わせ3度の落選経験。その政治家人生... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 3 / コメント 1

2011/11/06 19:37
舌打つて鵙(もず)も月日も逝く如し・・・先人の汗と努力を水泡に帰すな
舌打つて鵙(もず)も月日も逝く如し・・・先人の汗と努力を水泡に帰すな 先週、食堂でタンメンを食べながら朝日の文化欄を読んでいたら、劇団『第三舞台』が解散という記事が掲載されていた。鴻上尚史氏が早稲田大学時代に結成し、まさに80年代の小劇場ブームを牽引した輝ける存在だ。私が子供の頃の鴻上氏といえば、ゲームの『ドラゴンクエストV』の歌を唄ったり、深夜に話題を呼んだフジの『TVブックメーカー』にベッター(賭人)として出演するなど、そのユニークな活動で人気を得ていた。月刊誌で「演劇やってベンツに乗ろう」という見出しだったか、稽古場でポーズをとる氏の姿を見かけたことがあった... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/31 18:27
素晴らしい仕事は素晴らしい人生への道程・・・「今この瞬間」を悔いなく生きよう
素晴らしい仕事は素晴らしい人生への道程・・・「今この瞬間」を悔いなく生きよう 下戸の私だが、最近は自宅で就寝前に晩酌をするようになった。と言うのも、きっかけは奈良在住の同僚記者T氏が、地元の銘酒の一升瓶をぶらさげて、支局に現れたことにある。その日は東京から役員が来て会議があったのだが、その後に行う社内での飲み会用に持ち込んだのだ。その名も「吉野の里 やたがらす」(写真)。T記者とは夏の和歌山での仕事でも一緒になったが、私の魂のルーツが八咫烏であることを知ったT氏から、残った一升瓶を頂戴した。香りも良く、マスカットに似た甘さで口当たりがいい。夜に睡眠が深くなったのは、この酒... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/10/17 12:31
聴こえてくる秋の足音を前に・・・ただ過ぎてゆく“日々”を“感謝”で彩ろう
聴こえてくる秋の足音を前に・・・ただ過ぎてゆく“日々”を“感謝”で彩ろう 三連休はいかがお過ごしだっただろうか。私は自宅で静養しながら、18日にライブへ行くUNICORNのアルバムを聴いていた。彼らの音を生で聴くのは2年半ぶりなので(『果てしなく続く“すばらしい日々”・・・ユニコーンライブに足を運んで』参照)、どんな演目なのかを想像するだけで胸が躍動する。そんな幸せな休日の中、欧州の金融大手、デクシアが破綻したというニュースが入った。以前の記事で世界恐慌、ブラックマンデー、リーマンはいずれも9〜10月に発生していると指摘したが、ギリシャに端を発する欧州危機の銃爪が弾か... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 2 / コメント 1

2011/10/11 12:49
価値のある魂は救われる・・・“神の無い月”にこそ自分の意志で心に神を宿そう
価値のある魂は救われる・・・“神の無い月”にこそ自分の意志で心に神を宿そう 1414(いよいよ)、神無月である。スピルチュアル界隈では、非常に重大とされている時期だ。東日本大震災の日に太陽、地球と直列していたことで話題となったエレーニン彗星は今月、17日に地球に最接近する。スウェーデンの生物学者カール・ヨハン・コルマン博士の長年の研究では、マヤ暦の終わる日は2012年12月22日でなく、2011年10月28日だという。前回、Mr.childrenのライブに行った記事で、和気清麻呂の旧拾円札の話をした。ヒフミ神示には“金かたきの世来るぞ”と記されていたが、これからは、金で... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 3 / コメント 0

2011/10/03 19:01
東日本大震災から半年の節目に・・・小さな光を探して未来に“美しい花”を咲かせよう
東日本大震災から半年の節目に・・・小さな光を探して未来に“美しい花”を咲かせよう 長崎に在住されておられる顧客のKさんから、お土産を頂いた。長崎カステラ本家・福砂屋のカステラに佐賀祐徳神社名産の“稲荷ようかん”、そして蘇州林の麻花兒(マファール)というお菓子のセットである(写真)。久々に、カステラにかぶりつく。卵と砂糖、水飴のハーモニーがなんとも絶妙だ。福砂屋は寛永元年(1624年)創業。ポルトガル人から南蛮菓子の製法を伝承された後、日本人の口に合うよう改良を重ねたという。創業以来不変なのは、卵の手割りから泡立て、混合、攪拌、焼き上げまで一人の職人がつきっきりで仕上げる点だそ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 2 / コメント 2

2011/09/12 12:47
巡りめぐる熱い季節に・・・“掛け値なし”の生き様に真摯に敬服する心を持とう
巡りめぐる熱い季節に・・・“掛け値なし”の生き様に真摯に敬服する心を持とう サッカー元日本代表・松田直樹が逝った。プロでは横浜・F・マリノスに一貫して在籍し、DFながらアグレッシヴなプレーで、多くのファンを魅了した姿は余りにも鮮烈だ。平成11年のワールドカップ時は、代々木に足を運んで応援させてもらったのが懐かしい。彼の死が報じられた後、様々な番組でその軌跡が流れていた。マリノスを戦力外通告になった年の最後、サポーターに向かって「俺、マジ、サッカー好きなんですよ」と涙ながらに訴える姿に、彼の魂の純度の高さを感じた。訃報の直後、古巣マリノスが用意した献花台には、1万人の人々... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 2 / コメント 0

2011/08/08 22:24
生まれた意味は誰にもきっとある・・・“覚悟”と“誠の心”を携えて己の使命を悟ろう
生まれた意味は誰にもきっとある・・・“覚悟”と“誠の心”を携えて己の使命を悟ろう 早くも8月に入った。皆様はいかがお過ごしだろうか。今月も色々あって、先月に引き続き帰京することになった。祇園祭と順序が逆になってしまったが、先月はじめ、友人の披露宴に出席するために帰京した際の出来事について書きとめておきたい。披露宴の前夜は、新宿の小田急ホテルセンチュリーの20階にあるレストラン『トライベックス』にて、早稲田大学時代の同級生であるM嬢と会食(写真)。帰京した時はいつも利用させてもらっているが、今回も店側の配慮で、三方のガラス窓から大東京を眺望できるテーブルを用意してもらった。在学... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/08/01 22:27
奇跡の言霊ブログ・6周年御礼
奇跡の言霊ブログ・6周年御礼 いつもアクセスありがとうございます。お陰様で、『奇跡の占いブログ』として始まった当ブログは、本日で開始より6年を迎えました。ここまで続いたのもひとえに、常に激励し、愛読してくださった皆様のお陰だと心得ております。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 18 / トラックバック 1 / コメント 3

2011/07/06 12:09
魂存すれば亡ぶも損なきなり・・・激動の時代に誠実な生き方を試みよう
魂存すれば亡ぶも損なきなり・・・激動の時代に誠実な生き方を試みよう 今日は、太宰治の『桜桃忌』の日であった。私も10代の頃は彼に傾倒し、己の不如意な青春を彼のアンニュイな世界に重ねてみたものだ。2年前だったか、毎日新聞の『太宰治生誕100年座談会』で、精神科医の斎藤環が「太宰は典型的なボーダーラインパーソナリティーなんです」と指摘していた記憶がある。価値基準が白か黒でグレーがなく、敵味方の区別を明確にしながら、独自の世界を構築してゆく。生き方自体が不安定で何を書いてもメタフィクションになるから、読者も作家と作品の、どちらに惹かれているのか分からなくなる、と。太宰... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/06/19 19:58
「ハレとケ」の循環が疲れた魂を癒す・・・今こそ“まつりの国”日本の再建を
「ハレとケ」の循環が疲れた魂を癒す・・・今こそ“まつりの国”日本の再建を 外出に上着が必要ないほど汗ばむ季節に入ったが、いかがお過ごしだろうか。先週あった大きなイベントとして思い出されるのは、やはり『第3回AKB総選挙』であろう。総投票数は108万票というから、地方の首長選挙を遥かに超える規模だ。結果は、昨年2位の前田敦子が首位の大島優子を逆転してトップに返り咲いた。昨年の総選挙時はこのブログで『来年は前田が首位を奪回して“第2次前田内閣”が誕生する』と予言したが(『AKB総選挙終わる・大島優子と前田敦子はアイドル界の“鳩菅”か』参照)、無事的中で易者としても面目を保... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 3 / コメント 2

2011/06/12 19:52
紀州の空を眺めつつ・・・梅雨雲の絶え間に国の夜明けを重ねたい
紀州の空を眺めつつ・・・梅雨雲の絶え間に国の夜明けを重ねたい 早いもので、旧暦でも明日から正式に六月である。現在手がけている、和歌山での仕事も大詰めだ。新聞という特殊な商売を利用して、県内の様々な業界と交流させてもらった。今夜は、印象に残ったことについて書き残しておきたい。先日は南海電鉄の和歌山市駅から、徒歩でJRの紀和駅の方角へ。人口887万の大阪に対し、和歌山は僅か98万。通る車も少なく、いつも以上に広く感じる道路の赤信号で、ポツンとひとり青を待つ場面も多い。悠然と歩道を進むと、歴史ある風情の神社が目の前に現れる(写真)。ここ『志磨神社』は、御由緒を神... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 2

2011/06/05 23:49
人生は一場の戯れ・・・それでも努力せずにはいられない生き方こそが“本物”
人生は一場の戯れ・・・それでも努力せずにはいられない生き方こそが“本物” 一週間、いかがお過ごしであっただろうか。今週も個人的には仕事が相変わらず忙しかったが、社会では、みずほフィナンシャルが度重なるシステム障害の落とし前をつける形で再編を余儀なくされるなど、新たな時代の胎動が聞こえてきている。それにしても、政界ではいよいよ内閣不信任案の提出が最大のテーマだ。空前絶後の売国宰相・菅直人は、サミットで太陽光パネル1000万戸構想をぶち上げるなど、相変わらず稚拙さと無能を曝している。民主党内では、ここ何年か不仲だった小沢一郎と渡部恒三が、合同誕生会という名の手打ち式を行っ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/05/29 20:03
至誠に悖る勿かりしか・・・この激動の瞬間に静かに未来を想う
至誠に悖る勿かりしか・・・この激動の瞬間に静かに未来を想う 前回の記事のコメント欄でも触れたが、お陰さまで35歳の誕生日を迎えた。当日は普通に仕事が忙しかったので、料理屋でひとり、寿司と焼き鳥で祝う(写真)。ありがたいことに、顧客や友人からも祝福のメールなどを頂いている。「八田先生と知り合えて良かったです」と言ってくださる方もいれば、「ブログの内容だけ読んでて、てっきり60歳を超えておられるのかと思ってました」というものまであった。ブログの前身のHPまで遡ると、ネットで情報発信を始めてから早9年目である。27歳当時の自分の文章を読み返すと、既に老成してい... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/24 23:39
必ず来る夜明けに向かって・・・かつてなかりし苦しさをたへゆく強き民となろう
必ず来る夜明けに向かって・・・かつてなかりし苦しさをたへゆく強き民となろう 震災から1ヶ月が過ぎた。民主党政府は相変わらず無策無能を曝しているが、気仙沼では朝市が再開されるなど、市井の自助努力により復興への胎動が徐々に聞こえてきている。私がかつてキャストとして身を置いた、東京ディズニーランドも営業を再開した。ミッキーとの再会に涙する子供達の姿を観ると、やはりエンタテイメントは現代人に必要不可欠なものだという思いを強くする。プロ野球では、我が早稲田の斎藤佑樹が初勝利を飾った。北海道から素晴らしいプレーで、被災地を励ましてあげてほしい。石巻には今週、歌手の長渕剛氏が訪問して... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 10

2011/04/17 20:31
絶唱-太平洋戦争で玉砕した日本兵の詩より
絶唱-太平洋戦争で玉砕した日本兵の詩より もし玉砕して、 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/04/10 19:07
きっと明日は今日より素晴らしい・・・自分を励ましながら人生のストーリーを紡ごう
きっと明日は今日より素晴らしい・・・自分を励ましながら人生のストーリーを紡ごう お陰様で、堅気の仕事が多忙を極めている。一体、近畿を何往復しただろうか。スケジュール帳を眺めると、時々自分の字なのに汚くて何が書いてあるかわからなくなる。まあ、仕事があるのは有り難いことだ。京都に行った時は、帰りは息抜きに祇園で夕飯をとることが増えた。先日は、鴨川沿いにある鰻の有名店『いづもや』で“花いずもうめセット”(¥3,040)を食す(写真)。鯉の洗いは、酢味噌で頂いた。大正5年に新京極で創業し、戦後直後から現在の先斗町で営業しているという老舗。鴨川の風情を眺めながら上質の鰻に舌鼓を打つの... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 3 / コメント 0

2011/02/24 23:36
行きてまだ見ぬ山を見む・・・寂しさは胸に抱いていざ歩を進めよう
行きてまだ見ぬ山を見む・・・寂しさは胸に抱いていざ歩を進めよう 久々に更新したい。最近は、仕事で自宅に程近い神戸に足を運ぶ日々が続いている。ポートピア地区にある花鳥園で、天気の良い日はほっと一息(写真)。先週は、会社で一番の仲の良い先輩に、待望の男児が誕生した。奥様の妊娠中から名づけの相談を受けていたが、私が「この名前で」と出した案に決めたという(『命名・改名の基本的知識』参照)。先輩は会社で長く労組の委員長を務めてきたバリバリの革新派だが、お互いに芸能界に近しい友人を持つなど、気脈を通ずる所がある。『2ちゃんねる』では右翼だなんだ書かれている私だが(書き込... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/12 23:43
よろずの願ひ叶はざらめや・・・・青春の記憶を胸に今年も多くの魂を護りたい
よろずの願ひ叶はざらめや・・・・青春の記憶を胸に今年も多くの魂を護りたい ようやくブログに向かう余裕ができた。正月前後は記憶が飛び飛びなので、順不同でつらつら書いてゆくがご了承願いたい。それにしても、開催中のアジアカップでは、ザックJAPANに大いなる感動をもらっている。準々決勝では完全アウェイの中での、2-3の奇跡的な大逆転勝利。後半18分、吉田麻也の退場で10人となった隙に2点目を入れられた時は敗北を覚悟したが、香川真司の期待通りの活躍には心が躍動した。45分、長谷部の縦パス→香川のドリブル→伊野波雅彦のシュートに、天佑を感じた日本人は一体何人いただろうか。伊野波... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 8 / トラックバック 3 / コメント 0

2011/01/29 17:09
平成23年の幕開けにあたって
平成23年の幕開けにあたって 新年明けましておめでとうございます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 3 / コメント 6

2011/01/01 00:00
平成22年総括ー来年も、共によき魂の旅を
早いもので、本年最後の更新である。昨夜は実家で、元日にupする平成23年の予言を書きながら、『M-1グランプリ』を見ていた。今年でファイナルを迎える同大会。どのコンビが最後の王者となるかに注目が集まっていたが、9年連続決勝進出を果たしていた笑い飯が、遂に悲願の優勝。普段はふざけたことしか言わない西田幸治が「やっとです。やっと獲れました」と、瞳に涙を溜めながら自分に言い聞かせるように語っていた姿が印象的だった。やれ『デキレース』だの『クオリティが落ちたのに納得いかない』だの暇人の名無しが偉そうにネ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/27 18:21
聖夜がちかづくこの瞬間に・・・いつか必ず降り注ぐ幸福の日々を待とう
年末の挨拶回りも後半に入っている。クリスマス当日にあたる土曜に帰京できることになったので、今週で年内の仕事を全て終わらせる予定である。年始は各業界の賀詞交歓会があるので、のっけから忙しくなりそうだ。兵庫の播磨地区に点在する企業を回った日は、大阪に戻る途中、須磨に寄って久々に海岸の空気を吸った(写真)。いよいよ冬本番だが、関西は平均気温が関東に比べて高いので、晴れの日はスーツを着ていればそれほど寒さを感じない。見た目60代位か、白髪の紳士が投げたフリスビーを、おそらく彼の愛犬がジャンピングキャッチ... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/20 01:27
磨かずて身に光なしー若者よ、無限の可能性を最初から狭めてはいけない
お陰様で、仕事は年末の挨拶回りが始まり大変忙しい。景気が上向かない現状で、やるべき仕事があるのは幸せなことだ。連日、就職難だと騒がれている。日経によれば、10月1日現在大卒の内定率が史上最低の57%だという。今夏にも読売が『就職留年7万9000人』と大きく報じていたが、私は申し訳ないが大学生には同情できない。大企業の求人倍率は0.57倍だが、中小企業のそれは2.16倍もある。中小が大学で就職説明会を行っても、学生は集まらないという。プライドが高いのか何かは知らないが、仕事なら世の中に“いっぱいあ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/21 20:54
“仲間を大切にする社会”は必ず再びやってくるー秋の祝日に考えたこと
ファッション業界の老舗新聞紙として著名だった『日本繊維新聞』が、11月1日をもって経営破綻・休刊となった。私は2年前の春、この会社で記者募集があった際に受験し、社長面接まで行っている。結局縁はなかったが、あの時私を面接していた人たちは、これから就職活動をしなければならないのだろうか。当時は社員数も50名以上はいたと思うが、営業停止時は33名。リストラで大鉈もふるったのだろうが、5億円の負債はどうにもならなかったのだろう。経済評論家の三橋貴明氏も、最近自身のブログで斜陽産業としての新聞業界について... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/11/04 12:58
『こころよき疲れ』を得るために・・・良い仕事を遺して人生を有意義なものに仕上げよう
それでは、久方振りに更新したい。帰京前夜の5日は、新阪急ホテルで開催された『大阪早稲田倶楽部』の新人歓迎会に出席(写真)。会場前の控室で、文学部の先輩に当たる社長と再会する。既に仕事で2度も取材させてもらったが、記事を契機にビジネスの引き合いも増えたとのことで嬉しい。向かいの椅子には、初対面となる法学部出身の社長が座られたので名刺交換。話しているうちに、同期の記者が長いこと担当させてもらっていることが判明し、業界の今後の展望について熱く語らせて頂いた。本番の会場では、同窓会会長である阪急阪神ホー... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/31 21:21
間もなくブログを再開致します
いつもアクセス頂き、ありがとうございます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/28 23:40
人間は運命的な存在であるーだからこそ胸に宿る“希望”で未来を変革しよう
お陰さまで、堅気の仕事が半端ないほど忙しくなってきた。特集記事の関係で週の前半は京都、後半は兵庫の播磨に足を運ぶパターンが続いている。だんだんと緑が深くなってゆく阪急線の風景や、明石を過ぎる辺りのJRの車窓からの景色は、まるで“昭和”にタイムスリップしたような感を受ける。京都に行った時は、河原町まで足を伸ばして祇園で夕食をとるのが、最近の楽しみになった。先日は、中條南座に併設している『総本家にしんそば松葉』にて、余りにも有名なにしんそば(\1400)に舌鼓を打つ(写真)。コシのあるそばの上に堂々... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/03 01:41
大切な気持ち、大切な思い出・・・“手づくりの翼”を心にいつまでも広げよう
今年も早、残り100日である。ようやく秋らしくなってきたが、今年に入ってからまだ一度も経験していないことがある。それは『ミュージシャンのライブに行くこと』だ。大阪へ転勤になり多忙になったことも大きな理由のひとつだが、楽しみにしていた、12月の桑田佳祐のライブもなくなってしまった。音楽はネットやCDで聴くよりも、やはり直接体感するのが一番である。そんなことを考えていたら、かつて一緒のバンドで楽曲制作をしていた盟友が、ある友達バンドのサポートで来阪すると連絡をくれた。彼女と会うのは9ヶ月ぶり。長年、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/24 02:05
日々研鑽、日々努力・・・それぞれ頑張ってまた楽しい日本をつくろう
三連休をいかがお過ごしだろうか。私はお陰さまで、大変忙しくさせてもらっている。ただ、せっかくの休みなので、音楽を聴いたり適当に気分転換の時間も確保している。ここ何日かは、UVERworldのニューシングル『クオリア』がヘビーローテーションだ(AKB48さんの新曲も同じタイトルだったか)。TAKUYA∞のボーカルは、哀しいほどに切ない。目を閉じて聴いていると、高校時代に詩の創作や写真に熱中した日々が蘇るのは、一体何故だろう。新曲は、『劇場版 機動戦士ガンダム00』の主題歌だという。ガンダムといえば... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/19 22:55
愚者の楽園よ、どこへ行く─純粋に国を想った人間の志を無にするな
日曜日は、NHK教育テレビでETV特集『愚者の楽園―安保に賛成した男たち』を観た。学生運動絶頂期の左翼支配の中で、冷静に“安保賛成”を唱えた少数の保守系東大生たちがいる。彼らは毎週土曜に集まって、『土曜会』という勉強会を行っていた。戦争に敗れた日本が生き残るにはどうあるべきか。暴力に訴えるのではなく、知識を蓄え、社会の心理を探究したいー彼らはレーニン、エンゲルス、丸山真男と、当時の学生たちの心をとらえた左翼の文章を紐解きながら激論を重ねたという。メンバーからは、谷内正太郎(後の外務事務次官)、佐... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/16 01:21
自分のステージを上げるために・・・“行き止まり”の柵を立てずに向上心を燃やそう
『ハナ肇とクレージーキャッツ』で活躍した谷啓さんの訃報が入った。自宅で階段を昇っている時に誤って頭から落ち、脳挫傷でそのまま不帰の人となったという。なんとも、喜劇人らしい幕切れだ。2年前、早稲田の文学部で宮沢章夫先生の『サブカルチャー論』を受けた時、クレージー映画が題材になったことがあった。高度経済成長時代、谷さんが植木等と共に大衆の希望の星であったことを、改めて知った記憶がある。谷さんといえば『ガチョーン』という不滅のギャグがあまりにも有名だが、私が子供の頃は既に、お笑いから俳優業の方に軸足を... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/09/12 16:52
迫り来る未曾有の国難と対峙するために・・・日々それぞれの“たのしみ”を見つけよう
9月に入ってすぐ、沖縄で5.5kmの巨大な渦が出現したというニュースが入った。海上保安庁によれば台風による強い風が原因だというが、発生場所はあの“ニライカナイ” 九高島である。いつまでも心眼を開けない愚民を飲み込むヘルズ・ゲート(地獄の門)か、それともアセンションした魂を迎えるヘブンズゲートか。リヴァイアサンの話で言えば、今の日本は富める者への“嫉妬”で、多くの貧しい者が“大罪”を犯している危険な状態ということかもしれない。猛暑が続いているが、今夏は実に42万5000羽ものニワトリが死んだという... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/09/04 23:36
政界再編最終章突入―猛獣・小沢一郎よ、最後に“日本人”の気概を見せよ
尾田栄一郎氏の『ワンピース』が4週休載だとか、日本代表新監督にザッケローニだとか、そういう話題で仲間内で盛り上がるのは楽しい。しかし、今の日本には、そろそろそういうことで盛り上がる余裕がなくなってきている事実がある、という暗い書き出しで始めてみる。ちょうど1年前のこと。衆議院総選挙で自民党が119議席という再起不能の大敗を喫し、鳩山由紀夫率いる民主党が308議席を獲得して政権に就いた。当時このブログで書いた記事を読み返すと、私がかなりの危機感を持って民主党政権登場への警鐘を鳴らしていたことを思い... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/08/31 19:13
苦労のない所に楽しみはない・・・「仕入れ」と「出荷」の連続で人生を豊かにしよう
暦では処暑だが、全国的には相変わらずの酷暑が続いている。仕事で訪問先に行くときはよくタクシーを利用するが、運ちゃんも「こんなんは初めてでっせ」と口を揃えて言う。日本は、亜熱帯化しているのだろうか。先週は、大阪商工会議所に足を運んだ。25代目となる現会頭は、京阪電鉄のCEOである佐藤茂雄氏。政府関係の公職を兼任して多忙を極めておられるが、重大な経営・政策判断の局面に入ると、必ず比叡山に籠もって瞑想をするという。忙しない日々の中にあって、沈思黙考して自分を“リセット”する時間が、何よりも鋭気を養う肝... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/08/23 17:51
先人の熱き魂に触れる季節に・・・虚飾を捨てて美しい生き様を探そう
前回書いた祖先のお墓参りの後は、神戸にある割烹『貴舟』に行った。この場所は子供の頃から、法事などで親戚が集まった時によく利用している。京都で修行を積んだ板さんが淡路・沼島産のいい鱧(はも)が入ったと言うので、そのフルコースに舌鼓を打つ。特に、焼き霜の味は最高であった(写真)。鱧は東京ではあまり見かけないが、関西においては高級食材として名が通っている。京都では、かつて日常的に天皇の召し上がる食べ物として献上されたそうだ。7月の祇園祭は別名『鱧祭』とも言って、多くの関西人が口にするらしい。沼島は海底... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/19 17:48
昭和八十五年の敗戦の日に・・・戦火に散った偉大なる祖先に改めて敬意を
お盆ということで、実家の墓参りに行った。伯父夫妻の車で、先祖の眠る墓地へ。ビルマで戦死した大伯父・八田清一陸軍兵長(行年二十四才)の眠る墓(写真)に手を合わせる。大伯父は芸術を愛で、絵筆をとったり楽器を演奏することを好んだ人物であったという。大伯父の姉であった祖母が生前、私に向かって「あなたは、弟の生まれ変わりかもしれないねえ」とよく目を細めていたのを思い出す。帰省の際は、マンションのベランダで祖母の肩を揉みながら、夏祭りの花火を眺めるのが恒例であった。激動の時代を生き抜いた祖母の肩の感触はいま... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 4 / コメント 0

2010/08/15 17:29
“ニュアンスの抹殺”というこの国難に・・・若者の未来を曇らせてはいけない
怒りにまかせて一気に書く。日韓併合100年で、韓談話もとい姜談話、これも違った菅談話が出されたという。国民の求める経済回復が政権の急務なのに、全く必要のない国益に反する施策こそスピーディーに行うところは、やはり『韓国民の生活が第一。』である民主党の面目躍如である。村山富市という、社会党の委員長が総理だった時に出した『村山談話』なる奇妙奇天烈なものを、なぜ今に至るまでに日本国の総理が踏襲しなければならないのだろうか。植民地支配と馬鹿のひとつ覚えのように言うが、あれは事大主義の韓国からの要請で実現し... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/08/12 01:05
“自尊心”こそ心の支え・・・近しい存在を大切にして誇り高い人生を模索しよう
夏休みで帰京していた間のことについて書き留めておきたい。金曜は午後から休みを取り、新幹線で東京へ。首都の土を踏むのは、実に84日ぶりである。錦糸町の駅では、400mを越えたスカイツリーの、その順調な建設の進捗ぶりに驚く。東京本社に顔を出し、社長や役員に関西方面の現状を報告した後、東西線に乗って早稲田へ。早大生としてこの街に通ったのは僅か4ヶ月前のことなのに、もう既に遠い青春の記憶となりつつある。4年生時に英語の授業でペアを組んだY嬢と再会。在学中によく通ったグラウンド坂上にあるふぐ屋『若竹』にて... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/04 23:21
2010永田町大乱―権力の司祭たちよ、自己を捨てて今こそ護国へ走れ
参院選が終わった。選挙結果については、国思う市井の人々がそれぞれご自身のブログで雄渾の文章を書いておられるので、例によって私は誰も書かないような、予言含みの記事をつらつらと書いてみたい。民主党40議席台の惨敗、そしてまさかの、自民党改選第一党である。これを、“天佑”と言わずして一体何と言おうか。神はまだ、日本国を見捨ててはいなかった。昨日の昼は近所の神社に護国祈願をしていたが、真正保守としては本当に心から安堵である。神奈川の千葉景子、長崎の犬塚直史、栃木の簗瀬進、岐阜の山下八洲夫と売国政治屋共の... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/07/12 02:37
働け、働け、精一杯・・・ただ誠実に生きて自分の人生を勤め上げよ
お蔭様で、このブログも今月で5周年である。これまで一体、何本の記事を書いてきたのだろうか(お時間ある方、どなたか最初まで遡って計算して頂ければありがたい。特典として無料鑑定致します)。一度は記念に本にでもして休止しようかと思ったが、なんせ過激なことを沢山書いてきたので書籍化は無理という結論に至った(苦笑)。先日、黎明さんの『アセンションに向かって』で“米国海軍が監視に来た”という記事を読んだが、私のブログにも数週間前、その米国海軍からアクセスがあった。日本国内で活動するスパイから、“要注意”の連... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/07/04 17:35
プレトリアの死闘よ、永遠なれ―サムライブルーの生き様に心を洗おう
日本のワールドカップが終わった。いま、昨夜のパラグアイ戦の再放送をテレビで観ながらこの文章を書き始めたが、結果はわかっているのに、あのブブセラの轟音を聴くと胸が躍ってしまう。惜しくもベスト8進出はならなかったが、こんなにも“今日という翌日”を、気持ちよく生きられたのは何故だろう。4年後に読み返すときの為に、いま心に残っていることを書き留めておきたい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 9 / コメント 0

2010/06/30 23:52
“ここで負けたら後がない”という覚悟・・・歓喜の夜明けを今こそ迎えよう
お蔭様で仕事が多忙を極め、ブログを更新する余裕もなくなってきた。昨日、今日も皆様と同じように非常に眠い(理由については例によって後で書こう)。最近は、週に2〜3日は京都に足を運んでいる。京都は独自の技術を持つ企業が密集しているので、街を歩く度に新しい発見がある。昨日はある大手電機メーカーを訪問した後、帰りはJR京都駅前にある『よーじや』さんで“あぶらとり紙10枚セット”(\3,360)を購入。来月末に夏休みで帰京することになったので、大学時代の友人へのお土産にする。東京に帰るのは3ヶ月ぶりになる... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 4 / コメント 0

2010/06/27 03:01
人間が“生まれる”ということ・・・その奇蹟に感謝して優れた魂と喜びを分かち合おう
最近、知人から「八田さんの悪口が書かれたスレが2chに立ってますよ。大丈夫ですか」と心配されることが多い。それだけ、私も有名になったのだろうか。チラッとそれらに目を通してみたが、恐らくスレッドを立てた犯人は同一人物で、かつて『大学学部板』の“早大二文スレ”で私を叩いていた男子の早大生(今も在学中かは知らない)だろう。『ソープ板』や『中国板』で、私を“イケメン”だと言ってホメ殺ししている。プロファイリングするに、就職が決まらずヒマを持て余しているか、あるいは1度も異性とつき合った経験がないか。私が... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/21 14:53
久安を恃むな、初難を憚るな・・・勇者の励ましを大切な友人と分かち合おう
皆さんと同じように、今日は私も寝不足であった(理由は書くまでもないが後で書こう)。大阪で迎える初の梅雨である。関西の夏は暑いとは聞いているが、この梅雨が明けた後は、どんな暑さがわが身を襲うのだろう。日中はずっと外にいるので、夏用のスーツでも2着位買おうかなどと考えている。そんなことより、久々に日本人に勇気を与えるニュースが入った。小惑星探査機『はやぶさ』の、奇跡の帰還である。回収カプセルという“子供”を地球に産み落とした末の、見事な“臨終”であった。燃料漏れによる2ヶ月の通信途絶、イオンエンジン... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 8 / コメント 0

2010/06/15 22:57
下天は夢か・・・“亡国の宰相”菅直人の三日天下を嗤う
菅直人が、第94代内閣総理大臣に指名された。自民党員歴がない首相は村山富市以来16年ぶり、世襲ではない叩き上げの首相誕生。朝日新聞や日刊ゲンダイをはじめ、左翼マスゴミが喜んで持ち上げそうな経歴だ。菅を「日本国総理ではなくせいぜい“武蔵野市長”がお似合いだ」とこのブログで書いた私にとっては、鳩山以上に国益を大きく損ねる事態に暗澹たる気持ちである。首相指名直後に時事通信が行った世論調査によれば、自民党に肉薄されていた政党支持率も急カーブで回復したという。“国民は同じ程度の政治指導者しか生み出せない”... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/07 11:00
善い人は“良い糸”をつくる・・・困難な時代に信頼の絆で希望を紡ごう
早いもので、東京から大阪に移ってから1ヶ月が過ぎた。それにしても、東京にいた頃がもう2〜3年も昔のことのようだ。それくらい、関西では時間の流れを緩やかに感じる。昨日の夕方は、テレビのスポーツニュースで春の早慶戦の模様が映し出されていた(写真)。昨年の秋までは、現役の早大生として春・秋とも欠かさず神宮球場に足を運んでいた身だが、それも遠い青春の記憶になりつつある。大学院に残った同級生からチケット抽選会のお知らせがメールで来ていたが、果たして彼らは修了後、この厳しい社会で使い物になるのだろうか。学生... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/30 12:31
近未来国際情勢展望―日本人よ、惰眠から覚醒せよ
元新自由クラブで文部大臣も務めた小杉隆の妻・敬子が1億円詐取で捕まったという。敬子には言うまでもなく、このブログの『人名に使ってはいけない漢字』で挙げた“敬”の字が入っている。トラブルと縁が切れず寂しい生涯になりやすい暗示がある。そんな小さなことではなく、今日は国際情勢を概観したい。例の韓国哨戒艦『天安号』沈没騒ぎで、南北朝鮮に緊張が走っている。北鮮は李明博政権との関係断絶を正式表明したが、それを聞いた時は、近衛文麿内閣の「以後国民政府を対手とせず」の文言を思い出した。北鮮はデノミの失敗で国内経... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/26 14:11
目に見えない温かさを胸に・・・“やり甲斐”のある時代を共に築こう
普天間の移設問題は日米合意で辺野古に決着したという。一体、今までの騒ぎは何だったのだろうか。昨日の朝は、田勢康弘氏の『週刊N新書』を見ていた。番組の前半では、衆院安全保障委員長を務める民主党の安住淳が、ヘラヘラしながら今後の政局について話していた。なんの信念もない電波芸者。“脳水大臣”赤松広隆と並ぶ、早稲田の恥ずべき先輩である。現政権の最大の欠陥は、「誰も危機感を感じていない」という点であろう。毎日新聞の松田喬和専門編集委員が、15日の朝刊で「鳩山内閣の懸案は基地、献金、景気の“3K”であったが... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/23 17:16
人生の“中間期”で失敗をしないために・・・己の魂をひたむきに研ぎ続けよう
イギリスでは総選挙の結果、ブラウン労働党内閣が下野し、308議席を獲得したデービッド・キャメロン率いる保守党が13年ぶりに政権を奪取した。本ブログで元日に行った予言がお蔭様で的中したが、二大政党制の母国イギリスで登場した第1党と第3党の連立政権は、国内のみならず国外でも大きな注目を浴びている。選挙で57議席を獲得した連立相手の自由民主党からは、党首のニック・クレッグが副首相に就任した。キャメロン、クレッグともに43歳。まるで、映画俳優かのような甘いマスクで人気も高い。私はいずれクレッグにも、選挙... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/05/13 12:37
舟のほかに我はなし・・・その謙虚さが名声と内なる充足を連れてくる
昭和の大女優・北林谷栄さんが亡くなられた。『日本のお母さん』を演じた女優といえば京塚昌子さんの姿が真っ先に思い浮かぶが、若い頃から老婆役を演じていた北林さんは、まさに『日本のお婆ちゃん』の代表的存在であったといえよう。北林さんといえば一般的に、名優・宇野重吉が率いた『劇団民藝』の看板女優として知られているが、私の世代では日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞された『大誘拐/RAINBOW KIDS』での名演技が印象深い。動脈瘤破裂から奇跡的に生還した後の、78歳での映画主演。自ら誘拐のシナリオを... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/05/09 15:51
心と心で結んだ絆が必ずこの国を再生させるー鯉のぼりに温かい未来を重ねて
関西の地より、初の更新である。引っ越し作業も、伯父夫妻をはじめ親族総出の協力でほぼ片付いた。感謝に堪えない。会社の阪神支局は大阪に在るが、住居は生まれ故郷である兵庫の地に定めた。作業の休憩中には、ある親族に「天国のおばあちゃんが、あなたが帰ってくるから皆に協力してって指示を出したんじゃないか」と言われた。伝統的に女系の八田当家に於いて、唯一の男子だった私を祖母は大変可愛がってくれた記憶がある。仕事での赴任とはいえ、この土地に帰ってきたことを喜んでくれているのだろうか。先月の20日には、34歳にな... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/05 19:18
現実の社会の痛みに耐えること、その試練が夢を更新させ続ける力になる
大阪赴任が間近に迫り、荷造りの方を急ピッチで進めている。今回の更新が、転勤前の最後の更新になるかもしれない。多くの友人たちが別れを惜しんで壮行会を企画してくれたが、急な辞令のためにマンション探しや引っ越し手続きの作業に時間を取られ、その全てに顔を出すことは難しい状況になってしまった。この場を借りて感謝とお詫びの念を表したい。ダンボールへの詰め込み作業で悩むのは、書庫に溢れる本という本の中から、どれを選んで大阪へ持っていくかということだ。向こうでも鑑定活動は続けるので占いの基本書と資料は当然持って... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/04/25 18:49
花無きを待って空しく枝を折る莫かれ・・・希望を形にする時代を創るために働こう
大阪赴任の日が間近に迫り、仕事と並行してダンボールに物を詰め込む多忙な毎日である。このブログも、更新の間隔が著しく開くと思うが、どうかご了承願いたい。この一週間で記憶に残ったことについて記しておく。月曜は、取材で早稲田にある専門商社へ。母校・早稲田大学の文学部キャンパス裏に本社を置いて40年、プリント配線板という、地味ながらも日本人に生活向上に大きな役割を果たしてきた技術を扱っている優良企業だ。大学時代は、キャンパスに登校する度に必ずこの会社の前を横切っていた。先輩記者である月刊経済誌の編集長と... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/18 14:48
最も大きな快楽は人を楽しませること・・・その作業に生きている意味を見出そう
巨人の木村拓也守備コーチがクモ膜下出血で急逝した。38歳の誕生日を目前にした、突然の旅立ち。木村さんといえば“球界のキムタク”の愛称で、爽やかな笑顔で人気を集めた。今年の正月、日テレの『中井正広のブラックバラエティ』に阿部慎之助や山口鉄也と共に出演し、野球物まねで楽しませてくれた姿が忘れられない。短いながらも、素晴らしい生き様を見せてもらった。合掌。月曜日は、昼に日本橋三越本店で開催されている日本美術院主催『第65回 春の院展』に足を運ぶ(写真)。同人の先生方による新作を眺めることができる、なん... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/04/07 22:09
一滴の雨水も聚まれば大洋を成す・・・早稲田の森よ、永遠なれ
お蔭様で、木曜日に早稲田大学を無事に卒業した。その前後のことについて記したい。水曜は大隈庭園裏にあるホテル『リーガロイヤル東京』で、早稲田大学校友会主催「卒業式前夜祭」に参加。このホテルに入るのは、なんと4年間で初めてである。この日の司会は、昭和58年第一文学部卒のフジテレビアナウンサー・牧原俊幸氏。冒頭で「先日まで“キャンパスナイトフジ”という女子大生番組を担当しておりましたので、大学生は得意でございます」と笑いを取っていた。翌日一緒に卒業を迎える同級生と、しばし歓談。我が第二文学部は卒業予定... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/03/27 18:37
功の崇(たか)きはこれ志・・・人生の大事業を成す為に勤勉を親友にしよう
古い付き合いの友人・C嬢から、ハワイ帰りのお土産をもらった。ホノルル限定の人気ブランド・『88TEES』のTシャツである(写真)。Tシャツを受け取って家に帰ったら、ちょうどテレビで『さんまのまんま大全集』を放送していて、ゲストの佐々木健介がやはりこのブランドのTシャツを着ていた。C嬢のことをこのブログで書くのは初めてだが、彼女は某国立大学の法学部を出た後、外資系で役員の秘書をされている才媛だ。大変活動的で、多忙な毎日の合間を縫っては、国内外を問わず旅に出て休暇をエンジョイしている。仕事も遊びも一... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/21 20:06
平成22年4月“八田修一と行く陽春開運ツアー”開催のお知らせ
いつもアクセスありがとうございます。梅から桜へ、いよいよ新しい年への準備に入る季節がやってきました。本年も昨年に引き続き、皆様と密なコミュニケーションをとるべく、来月(平成22年4月)私と一緒に、都内の開運スポットを巡るツアーを行います。詳細はこれから詰めますが、今回は山手線高田馬場駅からスタート。近くにある享保11年(1726年)安置の大地蔵・『源兵衛(早稲田)子育地蔵尊』を参拝。子宝・安産や病気治癒、長寿に特にご利益がある地蔵様に、お力をお分け頂くための供養を行います。その後は、徒歩で早稲田... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/17 11:56
迷える日本人へ━夢を守りたいのなら目の前にある祖国の危機に気付け
田中角栄の秘書を務めた、佐藤昭子が逝った。公私に亘って角栄を支えつづけ、彼との間に子供までもうけた“淋しき越山会の女王”。昭和が終わろうとしている頃、TBSで『代議士の妻たち』というドラマが放送されていた。与党中堅代議士に渡瀬恒彦、その妻に賀来千香子、代議士の秘書役は真野あずさという豪華な顔ぶれであった。ドラマの最後では渡瀬が真野を料亭の小部屋で抱くシーンがあったが、あれは角栄と昭子の関係をベースにした描写であったといま思う。なんだか経済大国爛熟期の政治が懐かしくなり、書庫から伊藤昌哉著『自民党... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 2 / コメント 1

2010/03/14 13:31
“今が一番いい”と思える人生のために・・・いつか胸を満たしてた夢まで戻ろう
最近、電車など外での移動中にASKAのニューアルバム『12』(写真)を聴いている。何度も書いているのでご存知の方も多いと思うが、かつてプロの作詞家を目指した自分にとって、飛鳥涼は最もリスペクトする作詞家の一人だ。昨年のCHAGE and ASKA無期限活動休止宣言が記憶に新しいが、52歳になったASKAなりの解釈で、かつてソロ、チャゲアス名義で出した名曲をカバーしている。収録されている『月が近づけば少しはましだろう』は、平成8年にリリースしたソロアルバム『NEVER END』に収められている一曲... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/11 12:07
土筆(つくし)が顔を出す季節に・・・「人生の春」を迎えるために力を蓄えよう
お蔭様で、早稲田大学の卒業が決まった。この4年間は仕事との両立で正直大変だったが、それなりの達成感はある。私の活動を応援し、激励してくださった全ての方に感謝したい。一昨日は、三遊亭楽太郎の“六代目 三遊亭円楽”の襲名披露があった。『笑点』仲間の桂歌丸師匠も、肺炎に冒された身に鞭打って出席。とても病身とは思えない元気な姿に、一ファンとして安心した。襲名挨拶では「2つの涙が出ました。1つは33年ぶりに寄席で披露できること。もう1つは口上に大将(先代円楽)がいないことです」と感泣した楽太郎。青山学院出... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/04 11:30
未熟なうちは成長する・・・1分も無駄にせずこの瞬間を前進への糧にしよう
私立大学の一般入試も、ほぼ全て終了したようだ。前にこのブログでも書いた、秋の学園祭での対面鑑定会に来てくれた受験生のT君から、無事に早稲田の文学部に合格したというメールが届いた。「信じられません。これで夢の早大生になれます。本当にありがとうございます」と、心からの喜びを表現してくれていた。言うまでもなく、いわゆる“並の勉強”では、稲門は到底くぐれない。寸暇を惜しんで、参考書と向かい合ったのだろう。本人の努力はもちろんだが、不況が長く続く現在において、両親が物心両面で支援しなければ難関学校の合格は... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 3 / コメント 0

2010/02/28 15:42
人間の本分は堪忍と辛抱の中に・・・悲劇と喜劇の連続をそれでも生き切ろう
バンクーバー五輪では、日本男子勢の活躍が話題となっている。スピードスケートの長島圭一郎・加藤条治に続き、関西大学の高橋大輔がフィギュアでは日本初となるメダルをもたらした。一昨年秋の、右膝の靭帯断裂という試練を乗り越えての今回の栄冠に、心から拍手を贈りたい。表彰台に上がった息子の姿に、母親の清登さんは「大輔は家族の宝物です」と涙ながらに語ったという。一方で、織田信成君は演技中に靴紐が切れるというアクシデントに見舞われ7位。「彼の人生には笑いの中にも悲しみがある。彼が人を笑わせようとして、どれだけ苦... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 6 / コメント 0

2010/02/21 16:02
道教小論―老子と霊験記が現代日本に伝えるもの
道教(Taoism)について講義で思索を深めた経緯から、特に現代の日本に必要な精神を拾い上げたい。私は社会人学生で、昼間はとある新聞社に勤務している。企業のプレジデントと話す機会も多々あるが、その中で「若い頃に読んで感銘を受けた書物はありますか」と問うた際、やはり「老子の第○章の・・・」という答えが返ってくることが多い。『老子』七十八章には『天下に水ほど柔らかく弱弱しいものはないが、それでいて堅く強いものを攻めるとなると、水に勝るものはない。それというのも、何者もその本性を変えることはできないか... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/18 15:52
黙っていては進めない・・・どんな時でも希望の歌を口ずさんで前を向こう
バンクーバー五輪が始まった。4年前のトリノ五輪では荒川静香の金メダルのみであったが、今回はどのような結果になるであろうか。昨日の女子モーグルでは、期待の上村愛子が4位で一歩届かずという結果に終わった。不本意だっただろうが、日の丸を背負うプレッシャーは、我々の想像を絶するところにあっただろう。プログラムの前には、上村と夫の皆川賢太郎が歩んだ軌跡がドキュメントとして放送されていた。婚姻届を提出に行った区役所の前で、「遂に夫婦になっちゃいました」とおどける上村の姿が微笑ましい。皆川は本番直前のインタビ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

2010/02/15 10:14
見えない前途に胸が塞がろうとも・・・決意の泪を抱いてそれでも歩を進めよう
早稲田では入学試験が始まり、在校生は一切校舎内に立ち入れなくなっている。先ほど、昨年の早稲田祭で開いた対面鑑定会に来てくれた、地方の受験生T君から携帯にメールが入った。ここ最近は英語力の向上が著しく、早稲田の入試本番でも実力を発揮できそうだという知らせである。「合格して、八田先生の後輩になりたいです」という嬉しいことも書いてくれていた。国際教養学部以外の全ての学部を受けるというから、受験料だけでも大変だろう。激励のために、“幸福を招く携帯待ち受け画像”と大隈重信銅像の写真を添付して返信した。彼の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/11 16:21
この人生は“乾乾”(けんけん)の連続・・・そこに反省を加えて成功を手中にしよう
ようやく終了した、早稲田大学の卒業試験を振り返ってみたい。最初に提出したレポートは、中国問題の専門家・杉原たく哉講師の『比較イメージ論』。講義で3週に亘って取り上げられた文化大革命を題材に、日中の国民性の乖離と今後の展望について叙述した。暴君・毛沢東の威光をバックに専横を極めた『四人組』(江青、王洪文、張春橋、姚文元)の下で、中国人民は貧しい生活を余儀なくされていた。“批林批孔”のスローガンが喧伝される中、人民はそれでも孔子への崇敬の念を消さず、“中庸”を実践する周恩来首相を、孔子の化身として支... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/07 17:27
平成22年の幕開けにあたって
新年明けましておめでとうございます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/01/01 16:50
聖夜に・・・
今年もあの言葉を・・・ ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/24 14:19
多くの悩み、多くの苦しみ・・・それがあなたの笑顔に必ず花を添える
昼の仕事では、お世話になった企業へのご挨拶回りが続いている。先日は、O先輩とともに恵比寿にある某商社へ。対応してくれた広報の女性は初対面ながら私のことを知っていたらしく、仕事の話は置いといてすっかり対面鑑定の様相になってしまった。大変喜んでくれたので結果オーライか。その後、今年の9月にオープンしたばかりの「MLB cafe TOKYO」へ。 あのベイブ・ルースの肖像をはじめ、大リーグの名シーンがパネルとして飾られている、野球ファンにはたまらない空間だ。1階のカフェ「FIELD CAFE 66」に... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/23 18:14
粒々辛苦ー自分の優しさを他人に分け与えるところからはじめよう
「八田さん、オザワの言動についてはどう思ってるんですか。来年はどんな年になるんですか」という内容のご意見をよく頂いている。どこのオザワさんかは知らないが、生臭い話は年頭の予言でまとめて記すつもりなので、それまでお待ち頂きたい。最近は年末ということもあり、酒席が続いている。昨夜は、早稲田祭の対面鑑定会でスタッフをしてくれた同級生の野添君と新宿で呑む。 お互い社会人ということで、大学の卒業を前に4年に及んだ仕事と学業の両立の苦労を語り合った。帰りの新宿駅では、男子便所の前で「ファイナルファンタジーX... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/20 16:11
この街でまだ夢の途中ー友よ、また会おう
12月13日、20時25分。私はJR代々木駅に降り立った。『Live labo YOYOGI』で行われる、SHINAPSのライブを観に行くためである。前のライブを観てから、およそ100日ぶり。こんなに時間が開いたのは初めてだ。この日は、秋にバンドからの脱退を表明した盟友がドラムを叩くラストステージである。こうして駅から、浪人時代に代ゼミに通った頃と同じ道を往くのも一体何度目だろう。早稲田での学生生活が終焉に近づき、新聞社の仕事が激務になってきた現在、“青春の一片”であった代々木に通う機会を失うの... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/15 21:12
人は決して無力ではない・・・あなたを必要としている存在のために生きよう
忙しい合間を縫って、色んな人と会ったり色んな場所を訪れている(物書きの基本だが)。この時期に、どうしてその場所に来たのか。どうしてその人と出逢ったのか。考え出したら止まらないが、とにかく「縁」を大切にする生き方を来年も心がけたい。水曜は、芸名の選定に関わらせて頂いた歌手のイザナギTaRO氏と、秋葉原で正月明けにO.Aするラジオ番組の打ち合わせ(写真)。TaRO氏と2人だけでゆっくり話すのは今回が初めて。深夜番組なので、リスナーは夜の街を流しているタクシーやトラックの運ちゃんが多いかもしれない。年... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/12 21:39
ありがとう、櫛風沐雨の戦士たちー09ラグビー早明戦を終えて
日曜日に国立競技場で行われた関東大学対抗ラグビー・第85回早明戦を観に行った。前日に慶應義塾大学が帝京大学に敗れたので、早稲田は明治に引き分け以上で優勝が決まる。8年連続勝利していた早明戦だったが、昨年は遂に記録にストップがかかった。優勝のかかった今年は、絶対に負ける訳にはいかない。代々木口で幹事の吉田英史君と合流。チケットを持って席に入る。座席は、早稲田のえんじ色と明治の紫紺が拮抗していた。明治は、平成時代初頭に主将を務めた吉田義人氏が監督に就任。「重戦車」復活で、昨年に引き続いての早明戦連勝... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/07 23:51
平成22年正月“八田修一と行く新春開運ツアー”開催のお知らせ
いつもアクセスありがとうございます。早いもので、今年も間もなく終わります。お陰様で、私に人生にとって大変意義深く忘れられない、素晴らしい年を送らせて頂きました。これもひとえに、縁あって出逢えた方々の、無垢の優しさのお陰と心得ております。11月に早稲田祭にて行った対面鑑定会に引き続き、皆様と密なコミュニケーションをとるべく、来月(平成22年1月)私と一緒に、都内の開運スポットを巡るツアーを行います。詳細はこれから詰めますが、今回は山手線駒込駅からスタート。“日の出大国”の異名をとる出世の神様・大国... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/04 23:45
誰もが視野狭窄の時代に―自分の生まれた国を建て直すということ
休養していた。多くの方から心配して頂き感謝に堪えない。ちょっと疲れが溜まっているので、これからもちょくちょく休ませてもらえればありがたいと思っている。ただ、ペンはこれまで通り過激にいくので、そこは心配して頂かなくて結構である。久しぶりに経済について語ろう。日銀が量的緩和(らしきもの)を行う動きを見せたが、不徹底なため円高を解消するには至らなかった。経済音痴の副総理・菅直人がデフレ宣言をした後に自身のHPで左翼革命家丸出しの錯乱文章を書いて世の失笑を買っていたが、現政権に円高とデフレのダブルパンチ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 4 / コメント 3

2009/12/02 21:54
自分にできるすべての善行を積むーそれに皆が気づけばこの世は必ず変わる
漫才師の亀山房代が急死した。死因は心室細動だという。亀山といえば、「ザ・ぼんち」の里見まさとの2番目の相方として世に出、上方漫才大賞を受賞した実力派であった。人生には、その人にとって絶対に必要な“邂逅”というものが2,3度ある。「ザ・ぼんち」解散後は鳴かず飛ばずだった里見まさとを再び表舞台に出し、その後の“ぼんちおさむとの再会→ザ・ぼんち再結成”へと繋げた亀山は、まさとにとっては“神の化身”と言っても良い存在であったのではあるまいか。残された長女はまだ7歳だという。娘さんも、大変に厳しい魂の学び... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/11/25 22:00
死ねば全て終わりではない・・・この激動の時代に魂の座標軸を持て
ようやく充電も完了である。といっても、鑑定会で1000円コースを選んでくださった方へのメールでのフォローや大学の授業、そして昼の仕事もあったので、完全に休んでいた訳ではない。それでも、溜まっていたビデオを観たり、同級生と鰻を食べに行ったり、買ったはいいがパッケージすら開けていなかった嵐のベストアルバムを聴いたりと、それなりに自分の時間も持てた気がする。それにしても、大きなニュースが続いている。一昨日は元宝塚花組のトップスター・大浦みずきさんの訃報が入った。兵庫生まれの私にとって、宝塚歌劇団は本当... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/11/17 19:44
早稲田祭対面鑑定会・無事終了致しました
7日・8日と2日間に渡って早稲田大学学園祭にて行なった『八田修一の占いの館』は、お陰様で大盛況のうちに終了することができました。足をお運び頂いた方、本当にありがとうございました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/09 14:45
明日より早稲田祭です
いつもアクセスありがとうございます。明日より2日間、早稲田祭に出展いたします。ご来場される予定の方々、くれぐれもお気をつけて早稲田へ足をお運びください。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/06 21:20
涙の海を越えて人間は“大人”になるー09秋の早慶戦を終えて
祝日はどのように過ごされただろうか。めっきり寒くなったので、私は自宅で厚着をしながら週末の早稲田祭対面鑑定会で予約を頂いた方の鑑定精査をやりつつ、体力回復のために昼寝した。お陰で大分蓄積していた疲労も飛んだようだ。本番までに体調を崩さないようにしたい。今日は、日曜に観に行った東京六大学野球・秋の早慶戦について書こう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/04 00:53
人生には“無数の扉”との出会いがある・・・根気強く押し続ける作業の繰り返しを
加藤和彦が首吊り自殺した。創作面での行き詰まりによる、うつ病の悪化が原因だという。享年62。「ザ・フォーク・クルセダーズ」「サディスティック・ミカ・バンド」という伝説的ロックバンドを率い、戦後の音楽界を文字通り牽引してきた一人であった。私の記憶が確かならば、高校生の頃にフジテレビの『料理の鉄人』にゲスト審査員として登場していたのをよく見ていた。当時は、2人目の妻であった安井かずみさんを亡くす前後であったと思う。音楽家として頂点を極め、既にその風貌はマエストロの品格を帯びていた。今年の日経新聞夕刊... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/10/18 16:16
偉大な魂が彼岸に続々旅立つ時代に・・・ただ全ての幸福を“弘誓”したい
金曜日は午後から、有楽町の帝国ホテルへ。4階松の間で行なわれた『富士谷紹憲先生を偲ぶ会』に出席(写真)。入口で記帳を済ませ中へ。正面には、富士谷先生の遺影と愛用されていた遺品のカバンが飾ってある。生前の富士谷先生の人脈の広さからか、政界・マスコミ界では大物と言われる方々も顔を見せていた。富士谷先生が生前、特に目を掛けられた藤井孝男元運輸大臣、森英介前法務大臣の挨拶の後、『全国知事会』の会議終わりで駆けつけた上田清司・埼玉県知事の音頭で献杯。上田知事は「先生の国を思う烈情の万分の一、それ以下の一か... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/11 19:10
最愛の我が子を亡くされたご両親へ・“あの世”での再会を胸に命の炎を燃やし抜こう
台風18号の上陸が近づいている。伊勢湾台風に近い被害が懸念されているが、これもアセンションによる“日本洗浄・大淘汰の序章”であろう。私は今夜もいたって平静だ。お陰様で、早稲田祭で行う対面鑑定会の予約を続々と頂いている。それだけ、悩みを抱えた魂が世に溢れているのだろう。以前、メールで鑑定した地方にお住まいのご婦人が、私に会うために上京してくださるという。ありがたいことだ。今日は、ご本人の了解を得て、そのご婦人の出来事について書かせて頂きたい。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/07 23:52
神による選別の季節を前にーただ、ひたむきに高次の魂と夢を語れ
元財務相の中川昭一が急死した。鬱病の薬を酒で恒常的に飲んでいたことによる事故と思われる。個人的には、政界再編後に重要な役割を演じるキーマンになると見ていただけに残念だ。昭和58年正月に起こった父・一郎の非業の死をかすかに記憶している私としては、中川家に流れる“悲運の血”を感じる。父の果たせなかった総理の座を息子がいずれ射止めると、多くの保守が期待した。ただ今は冥福を祈るばかりだ。これも、アセンションによる魂の移行だと考えたい。本当なら、鳩山内閣に入閣している“破壊工作員”連中こそ、この世から消え... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/04 21:30
11月7日/8日早稲田祭・出張対面鑑定会詳細のお知らせ
場所:早稲田大学早稲田キャンパス・法学部棟8号館3階307教室(大隈重信銅像正面左・写真の建物) ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/30 20:32
人間は独りでは耐えられない・・・だから心通い合う“連れ”を探す旅に出よう
月曜日からいよいよ早稲田の後期が始まるということで、自宅で夕飯を食べながらテレビを見るという生活も再びおあずけである。昨夜はステーキ(写真)を食べながら、少しづつ溜まってきていたビデオを観る。先日行なわれた『キングオブコント2009』では、激戦をくぐり抜けて東京03が第2代チャンピオンとなった。メンバーの角田晃広さんは、前に組んでいたユニットで『ボキャブラ天国』に出演していた頃から注目していた。私生活では離婚も経験し、ずいぶん精神的に苦しんだ時代が長かったようだ。メンバー全員が30代半ばというこ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/09/27 01:31
悲哀や苦痛があってこその有意義な人生・・・今日も青春の夢に酔いしれたい
いわゆる“シルバーウィーク”も終了である。このブログをお読みの皆様は、楽しい連休を過ごすことができただろうか。私は昨日、浅草を訪れた。このブログを読んでくださっている方が下町のご出身で、時間が空いたので浅草を案内してくださることになっていたのだ。このブログでは本当に久々の、“東京散策”企画として乗っからせてもらうことになった。まず、雷門前で待ち合わせ。連休とあって凄まじい人出だ。外国の観光客も多い。この日、浅草を案内してくださるiさんとご対面。首に赤いスカーフ、サングラスという格好で現れた。芸術... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/09/23 22:12
社会に役立つ第一流の人物になるためにー絶えず自らを研鑚する“豪傑”であれ
プロ野球の小宮山悟が、現役からの引退を表明した。小宮山といえば、早稲田大学野球部に入るために2浪したエピソードを持ち、プロ入り後は球界一の秀才プレイヤーとして現役ながら解説者としても活動するなど、圧倒的な存在感を保ち続けていた。来年以降は、「母校・早大などを活動拠点に、広い形での球界への貢献をしたいと考えている」と記者会見で語った小宮山。母校とは、巣立った子供たちに対していつも優しく手を広げて待っていてくれるものだ。“えんじの栄光”のために、一肌もふた肌も脱いでくれたら心強い。彼の後半生も、有意... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/09/21 20:56
新しい世界へ旅立つあなたへー懐かしい歌も笑い顔も胸に抱いて前を向こう
失踪していた漫画『クレヨンしんちゃん』の作者・臼井儀人氏と見られる遺体が発見されたという。漫画が原作となった映画『BALLAD』の大ヒット中の悲報とあって、世間には衝撃が走っている。漫画家は、精神的にも金銭的にも非常に不安定な職業だ。ちばあきおをはじめ、自ら命を絶った例も多い。多くの人に夢を与える職業は過酷だ。『クレヨンしんちゃん』は『漫画アクション』に連載していただけあって、社会派の佳作が非常に多かった。今はただ、臼井氏が残した作品群がこれからも愛され続けることを願ってやまない。合掌。水曜は前... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/19 22:50
残された僅かな時間を前にー日本人が生き残るために気づかねばならないこと
鳩山由紀夫が、第93代日本国内閣総理大臣に就任した。16年ぶりの政権交代、初の民主党首班内閣である・・・と、単に事実を羅列したが、長い自民党政権が終わりを告げたというのに、何の感動もないのは何故だろう。「知らなくていいことまで知りすぎてしまった」からだろうか。仕事が忙しいこともあるので、手短に思ったことを記しておこう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 3 / コメント 4

2009/09/16 22:40
21歳の君へー心に宿した“健全な悲観”を眩い未来に繋げよう
かつて一緒に楽曲をつくった音楽仲間である盟友が、現在籍を置くバンドからの脱退を表明した。27歳の誕生日を迎えてすぐの、大きな決断であった。彼女と再会していなければ、おそらく一生会うことはなかったであろう人々の顔が浮かんだ。出逢いはいつも紙一重である。彼女のこれからの人生が開けるように、そして知り合った方々との縁がこれからも続くことを祈念したい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/09 23:53
デモクラシー、でも昏し・・・“ともだち”政権による暫しの「日本脳死」を前に
朝6時。激しい風が雨戸を叩く音で目が醒めた。たった、3時間しか寝ていない。深夜まで選挙速報を見ていたからだ。雨戸を開けずとも、事態は飲み込めた。「ああ、龍神様の怒りだ」と。台風11号の首都圏直撃。出来すぎである。自民119vs民主308。日本が嫌いなマスゴミ連は「一票一揆」だの「無血革命」だの、楽しそうに書いている。私が大嫌いな、団塊のデスク連中がここぞとばかり健筆を振るったのだろうか。麻生太郎は、“最後の自民党宰相”として適格な人物であった。ひとつの時代が幕を下ろすとき、日本人はそれに“品格”... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 2

2009/08/31 23:45
この一日を“一生”だと思うこと、それは偶然の重なりを“より良い必然”へと変える
我が故郷の兵庫で、新型インフルエンザによる死者が出た。今度は老人ではなく、38歳の主婦だという。言うまでもなく、今日は総選挙が行なわれる。結果いかんによっては、今年に入ってからこのブログで警告し続けている、アセンションによる“淘汰”という意味で、全国で症例が続出するだろう。どうかこの国が護られるよう、国民の心眼が啓くことを願いたい。木曜日は仕事を終えた後、日本橋の記者クラブから半蔵門線で渋谷へ。先輩の記者の方が取材の折に先方から試供品をもらってこられるので、そのおこぼれでカバンの中は発売前のダイ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/30 01:19
人生のはるかな道のりを有意義にするためにー“徳”を磨き高めることを心掛けよう
梅雨も真っ盛りである。外に出るときは足元が悪い上に片方の手も傘で塞がり、急いでいる時も俊敏に動くことができない。深夜番組を見ていると、この季節はストレスが溜まっている方が多いようだ。来る夏に向けて、もう少々の辛抱であろう。私はといえば、大きな懸案が先週末に片付いた。昨年は休止した早稲田祭での対面鑑定会を復活させるべく奔走していたが、全ての必要書類が揃い、実行委員会に無事受理されたのだ(写真)。今回の出展にあたっては、早稲田大学第二文学部長の大藪泰教授に顧問をお願いした。哲学の小島雅春教授にも、多... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/24 02:08
“二十一世紀旗手”たちよ、悲観するなー太宰治生誕百年に寄せて
鰻が好きな人間には、曲者が多いのだろうか。「彼はウナギが大好物で、お酒を飲みながらペロリと平らげていたということを、よく母から聞かされていました」という、太田治子氏の『鑑賞』を読んで思っていた。鑑賞の対象は『人間失格』、文中の「彼」とはもちろん、太宰治である。最近は集英社文庫の表紙が「デスノート」の小畑健氏(この方も波乱の人生だ)のデザインになり、中高生の心を捕えていると聞く。このブログを愛読してくださっている方は、私の大好物も鰻であることをよくご存知であろう。我が早稲田大学の近くに、『若竹』と... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/20 22:23
“死にがい”とは一体何だろうかーその答えは“よく生きる”時間の中にある
今朝は、大工さんの槌音で目が覚めた。真向かいのお宅が、家を建て替えておられる最中だ。確かに眠りを妨げられたのかもしれないが、トンカチのリズムが何故か心地良い。太宰治が自裁の前年に、『群像』で『トカトントン』という作品を発表している。太平洋戦争の終結後、新しい時代の槌音がトカトントンと聴こえてくるという、暗さの中にもユーモアが垣間見える秀作だ(新潮文庫『ヴィヨンの妻』所収)。まもなく、生誕百年の桜桃忌である。三鷹には久しく足を運んでいないが、今年も彼の魂に感応した若者が、鎮魂の念を持ち寄るのだろう... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/17 17:27
人間万事塞翁が馬ー今日が悪くても、明日はきっと“良いこと”がある
2010FIFAワールドカップアジア最終予選で、日本がウズベキスタンを下して4大会連続のワールドカップ出場を決めた。最後のロスタイムは厳しかったが、アウェーでの勝利ということで、日本から駆けつけたサポーターの皆さんの喜びも一入だろう。鹿島アントラーズの内田篤人が体調不良で欠場だったのが残念だったが、 前半の岡崎慎司の得点をよく守りきった。一時は引退報道があったキャプテンの中澤佑二も、魂の入った勝利コメントで心を揺さぶってくれた。実力で掴んだ世界最速でのワールドカップ出場は、先般のWBC制覇と共に... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 5 / コメント 0

2009/06/07 01:23
荒ぶる魂と陸の王者の雄叫びは嵐を呼んだー春季早慶戦を終えて
日曜に春季早慶戦を観に行った時のことを記そう。朝6時に起床し、六大学野球観戦時の“正装”(こちらの写真)に身を包みいざ出発。半蔵門線の青山一丁目駅から徒歩で、外苑前のいちょう並木へ。朝9時の開門を前に、入場順位の早い学生たちが長蛇の列を成している。戦隊ヒーローやメイド、目玉の親父といったコスプレを身に纏った集団もいた。それぞれに、大学の一大イベントを盛り上げようという工夫なのだろう。幹事の吉田英史君と合流。10時過ぎに球場に入った。この日の天気予報は“曇り”。もしもの時のために、傘とレインコート... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/02 01:11
歴史とは一人の人間が流す汗であり涙であるー人生で多くの“ドラマ”を経験しよう
今日は急に寒くなったが、皆様は体など崩されてはいないだろうか。昨日は、昼から早稲田へ。大隈講堂前で、友人の吉田英史君と待ち合わせ。日曜に野球早慶戦が神宮球場で行われるが、学生席の「入場順位抽選会」に今年は私が参加することになった(写真)。例年は吉田君がこの大役を担っていたが、今年は大学院の授業と時間帯がバッティングしたため、私に白羽の矢が立ったのだ。春の早慶戦は、秋と違って神宮が例年満席になる。何百とある学内のサークルが新入生の歓迎を兼ねてチケットを奪い合うので、その席取りは凄まじい。スポーツ観... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/28 17:32
夢に年齢は関係ない・・・なお辛く苦しいときも、己の目標に食らいつけ
大相撲の東関親方が定年で退職されるそうだ。関脇・高見山大五郎といえば、私が子供の頃は、丸八真綿の『二倍、二倍!』のCMが印象的だった。ハワイマウイ島出身で、昭和39年初土俵。はじめはちゃんこの味になじめず、ケチャップをかけて胃に流し込んだという。その陽気さと相撲へのひたむきさで、多くの日本人から愛された。「40歳まで現役で相撲をとる」と言っていた彼だったが、その1ヶ月前に引退。当時の文相・森喜朗は、相撲好きで知られた昭和天皇に「高見山は残念だったろうな」と言われたという。そのことを森から伝えられ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/24 23:24
あなたは既に幸福であるーお互いを思い遣って“真に豊かだった”あの頃に帰ろう
1-3月期の実質国内総生産(GDP)が前期比4.0%減、年率換算で15.2%減と戦後最悪の落ち込みだという。特に輸出が不調のようだ。中小企業の体力が心配だが、どうか経営者の方には将来を悲観して、自ら命を絶つなどという愚かな選択はしないで頂きたい。他方、元フジテレビのアナウンサー・頼近美津子さんが逝去されたというニュースが入った(享年53)。頼近さんといえば、現在の高島彩アナに匹敵する人気を誇り、フジサンケイグループの御曹司・鹿内春雄氏と結婚してシンデレラ・ロードを歩むと思われた(当時は私も子供だ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/05/21 01:27
昭和最後の大女優・森光子の魂ここに在りー放浪記2000回達成に寄せて
女優の森光子さんが、帝国劇場で「放浪記」の前人未到・2000回を公演を達成した。当日は、森さんの89歳の誕生日。政府は彼女に、国民栄誉賞を贈るという。かつて肉眼で「放浪記」を観させてもらった人間の一人として、心から祝福したい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/18 00:42
丹心を留取して汗青(かんせい)を照らさん―限られた生命の中で真心を時代に刻もう
河村たかしが、名古屋市長選で当選したという。“総理を狙う男”のキャッチフレーズでテレビにもよく出ていた河村だが、結局は「名古屋の総理」に落ち着いたということだろう。豚インフルエンザの件が気掛かりだ。GW中にメキシコへ旅立つ日本人も多いと聞く。感染が拡大しないよう祈りたい。土曜は早稲田で授業前に、昨年ご縁あって鑑定依頼を頂いたご姉妹と再会。初めて会った時より、随分とお綺麗になられていたので驚く。私が誕生日を迎えたということで、気を遣って沢山のプレゼントをお持ちくださった。御姉様からは、永楽屋細辻伊... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/27 00:33
花も草木もあなたも・・・それぞれに課されている“お役目”を真摯に全うしよう
芸能関係で大きなニュースが次々と入ってきている。SMAPの草g剛さんが逮捕された一件が最も世間に衝撃を与えているようだが、私にとっては小室哲哉の検察求刑がどうなるかに関心がある。TMNETWORKの長年のファンとしては、執行猶予がついた方が活動の早期再開が期待できる。しかし、彼の真の更生を考えた時、やはり実刑が妥当ではないかという思いにもかられる。それぞれ、“大きな魂の学び”を得なければならない時期ということだろう。昨日の大きなニュースといえば、タレントの清水由貴子さんが父の眠る霊園で硫化水素自... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/04/23 14:00
Mr.children結成20年ーそして、少年たちの終末なき音の旅は続く
今日で33歳になった。お陰様で、多くの方からメールなどで祝福の言葉を頂きありがたい。歳を取るのがそろそろ愉快でなくなってきたが、より“進化”した自分を見せてゆきたいと思っている。昨日は、友人からの突然の誘いで、幸運にもさいたまスーパーアリーナで行われたMr.childrenのライブに足を運ぶことができた。その時の模様を記しておきたい。新宿からいざ埼京線で大宮へ。駅でお弁当を買い、京浜東北線で『さいたま新都心駅』に到着。スーパーアリーナへは徒歩で駅5分だが、その間に「チケット譲ってください」の紙を... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/20 01:33
生命とはどこまでも温かきもの・・・なけなしの“愛”をお互いに献じ合おう
イチローがプロ18年目にして、遂に3086安打の日本記録を打ち立てたという。先日のWBCでの活躍も記憶に新しいが、胃潰瘍も乗り越えての今回の快挙に拍手を送りたい。一方、国内では作家・上坂冬子さんの訃報が入った。日本を代表する保守の論客であり、伝統的な日本女性の気高さを体現した稀有の存在であった。闘病中も新聞や雑誌で旺盛な言論活動を展開し、最近でも左翼の鶴見俊輔と対論集をだすなど、立場を異にする人物ともつき合う度量の深さを見せていた。死の床でも、日本の将来に思いを馳せていただろう。享年78。合掌。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/17 23:11
ミツバチはどこへ消えたのかーアセンションの時代を生き抜くために
お陰様で、東京大神宮(写真)の参拝からスタートした本日の『陽春開運ツアー』も無事終了した。参加者の方には、ご満足頂けたようで嬉しい。待ち合わせの頃と終了の頃では、顔つきがだいぶ変わっておられた。神様に、真摯な姿勢でお目通りすることで、憂いや苦悩から解放されたのだろう。第3回は、8月を予定している。今回の参加者の方から、アセンションについて質問が出た。今月の頭に書きそびれたこのテーマに絞って、今夜は参考になるものを紹介したい。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/12 22:17
幸福の旅路は優しさとともにーだから男は『我妹』(わぎも)を探し求める
水嶋ヒロと絢香が結婚を発表した。人気絶頂のイケメン俳優と歌姫の決断に、まずは心から拍手したい。昨年はコブクロとのコラボレーションで元気な姿を見せていた絢香だったが、昨日の記者会見ではいまひとつ顔がすぐれないようだった。それもそのはず、彼女はデビュー直後から、甲状腺機能亢進症の一種であるバゼドー病を患っており、今回の結婚を機に療養生活に入るという。夫の水嶋は「彼女は必要不可欠。彼女なしでは走っていけない。この人を逃したら一生後悔すると思った。守っていきます」と力強く宣言。妻の絢香にとっても、この世... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/04 16:47
WBC2009総括ーそして、ヤマトには必ず再び陽が昇る
日本のWBC2連覇が決まった。宿敵・韓国を下しての勝利である。この試合をずっと観ていた日本人なら、10回表のイチローの打席に、“神”が訪れていたことを確信したはずだ。先発の岩隈久志はよくやった。5回裏のレフト・内川聖一の二塁へのスーパープレーには、日本中で歓喜の拍手が沸いたのではないか。内川は、村田修一の戦線離脱後に、優勝したら25番のユニフォームを持ってグラウンドを回りたいと言っていたという。どこまでも、“いい男”である。7回表の片岡易之、イチロー、中島裕之の3連打で2点目を入れた時は、完璧に... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 13 / コメント 2

2009/03/24 22:41
“何としても”という熱意・・・それが不可能を可能にする“奇跡”を連れてくる
FUNKY MONKEY BABYSが出ていた『music lover』を観ていた。恋の歌特集ということで、『恋の片道切符』に『Lovin'Life』、『桜』の3曲を熱唱。テレビ画面の前で一緒に口遊みながら、彼らのパフォーマンスに酔いしれた。時を同じくして、末期がんで「余命数カ月」と宣告されていた英国の女性タレント、ジェイド・グッディが亡くなったとのニュースが入った。グッディといえば、先月の22日には痛み止めの薬を携帯して結婚式を挙行。化学治療の影響で髪が抜け落ちた姿で現れ、恋人と熱い接吻を交わ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/23 03:29
新しい誓いを立てる季節に・・・夢追い人が集う街で“己の道”を確かめたい
WBCでの、日本の快進撃が続いている。キューバを完封で撃破した昨日の試合は、7回の表でイチローが放った久々のヒットを、中島裕之が見事な犠牲フライで得点に生かした場面が印象的だった。本当に、いいチームになったとしみじみ感じた。今回の“侍ジャパン”は、30代の年長組が20代のメンバーと焼肉を囲んで決起集会を行うなど、チームの一体感醸成に心を砕いていたようだ。今日の韓国戦でも、そのチームワークの良さを発揮。2−2の同点で迎えた8回、小笠原道大と岩村明憲の猛打で3点を奪取した時は、テレビの前で歓喜の声を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/21 01:14
あなたは決して一人ではない・・・それぞれの持ち場で自ら“太陽”となれ
ようやく昼飯である。磯谷利恵さんが殺害された名古屋の『闇サイト殺人』の判決が地裁で出た。神田司、堀慶末に死刑、川岸健治は無期懲役。ネット時代の生み出した“膿”とも言うべき事件だが、永野宏子裁判長は女性ということもあり、被害者の無念を汲んでの判決だろう。全員が死刑判決でなかったのは非常に残念だ。川岸は自首を理由に無期になったというが、この男が最初にネットで呼びかけなければ事件は起きなかった。人間の根源的な欲求である共認機能(分かち合い)が、誤った形で露見した端的な例とも言えよう。この期に及んで、容... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 0

2009/03/18 13:24
人は皆、遊びをせんとや生まれけん・・・試練を乗り越えて“人生の春のドア”を開けよう
金曜の昼は、先輩の整理記者M氏に誘われパレスサイドビル9階『RESTAURANT ALASKA』にてランチ(\3,990)を頂く。夜は、昼の10倍の値段はするという高級店だ。皇居を一望できるカウンター席で、シュリンプのピラフとデザートのシャーベットに舌鼓。晴れの日は、皇居から放たれる光を全身で浴びることができるので体調も頗る良い。食事をしながら、これからのマスコミの展望と、ホワイトデーには何を返すかについて意見交換。インターネットが驚くべきスピードで浸透し、若者が新聞を信用しなくなった。これは“... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/03/15 02:17
平成21年4月“八田修一と行く陽春開運ツアー”開催のお知らせ
いつもアクセスありがとうございます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/12 21:44
卒業の季節に・・“卒業できない記憶”を胸に抱いて新しい夢へと挑もう
レミオロメンのアルバム『レミオベスト』を聴いている。彼らの歌では、『明日に架かる橋』が一番好きだ。以前『ミュージックステーション』でこの歌を演奏した時、ドラムの神宮司治さんが楽しそうにスティックを振り回していたのを覚えている。今朝の『めざましテレビ』では、渋谷109の前で『3月9日』を歌う彼らの姿が映し出されていた。街を往く多くの少女たちが、ボーカル・藤巻亮太の声霊に感応して足を止める。盛り場にいる女の子達に、根っからの悪い子は殆どいない。皆、“真実の愛”を探し求めている優しい魂たちだ。そういう... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/03/10 23:18
努力は実力を生み、実力は自信を生む・・・幸運を掴む為に“根肥え”の時期を生き抜こう
昨夜は、テレ朝の“WBC日本×中国戦”とTBSの『うたばん』を同時に観ていた。WBCは、3回に青木宣親と村田修一による見事なバッティングで3点を奪取して流れを決めてくれた。青木は早稲田出身、村田は名前が一字違いと、自分とそれぞれ共通点があって縁を感じていたので嬉しい。あとはイチローの復活が課題だ。明日の韓国戦も勝利できるよう祈っている。『うたばん』は、上地雄輔さんが“遊助”として登場。父親が横須賀の市会議員だという。早速そのHPを見たが、マスクも政策もなかなか良かった。おバカキャラを全面に打ち出... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/07 02:16
青年よ、常に野心家たれーそして、いつまでも心優しき人であれ
フジテレビで4時間以上放送されていた『開局50周年特別企画 ボクらの心に流れる歌』をずっと見ていた。懐かしい『ミュージックフェア』から『僕らの音楽』まで、選りすぐりの映像が速射砲のように出てくる。『夜のヒットスタジオ』の、山口百恵引退時の『さよならの向う側』がノーカットで聴けたのは嬉しかった。芸能人としての成功よりも、普通の女性としての幸福を選んだ姿は、いま見ても本当に潔い。夜ヒットが22年の歴史に幕を下ろした、平成2年9月の最終回は確か録画して倉庫に保管してある。明日は休みだから、久々に引っ張... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/28 03:01
時代の変化が目前に迫るこの瞬間に・・・“愛”を分かち合って新たな『出発』を
今日は有休を取って、自宅でゆっくりしている。テレビでは、アカデミー賞で外国語映画賞を受賞した「おくりびと」のニュース一色だ。TBSでは、主演の本木雅弘氏が、朝から『はなまるマーケット』で司会の薬丸裕英と中継でやりとりしていた。『シブがき隊』時代の戦友同士のやりとりに、感慨を抱いた主婦も多かったのではないか。本木氏によれば、この映画の構想は15年も前に遡るという。当時500部しか刷られていなかった青木新門氏の「納棺夫日記」を手にとり、「蛆も命なのだ。そう思うと蛆たちが光って見えた」という文中の一節... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/24 20:26
凍てつく寒さに打ち震えつつ・・・真面目に生き抜いた人間が結局最後には“勝つ”
今夜は早稲田の22号館PCルームから久々に更新である。先ほど地下鉄早稲田駅で下車したら、構内の広告も全て大学界隈の予備校のものに変わっていた(写真)。正門前を通ったが、明日は教育学部の入試が行われるようだ。この時期になると、自分の受験生時代を思い出す。今日は代ゼミ、明日は東進、その次は河合塾・・・と、予備校をハシゴしては直前講習やら最終模擬テストやらを受けまくった。古文の吉野敬介先生や現代文の出口汪先生、英語の福崎伍郎先生といった超有名講師の先生方に頂いた激励のサインは、今も大切に保管してある。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/18 21:39
善根を積むは幸いなり・・・“業”は削ぎ落として真(まこと)の人生を送ろう
神戸製鋼所の犬伏泰夫社長と水越浩士会長が、地方議会の組織内候補に違法寄付をしていた件で揃って辞任を表明した。犬伏社長には、私が勤めている新聞にもよく登場していただいていた。日本の基幹産業である鉄鋼業界の“四天王”(新日本製鉄・JFEスチール・住友金属工業・神戸製鋼)の一角を占め、創業104年の歴史を誇る同社。しかし、3年前の煤煙データ改竄に続く不祥事に、“神鋼の名をこれ以上汚してはならない”という、プライドを大切にする神戸商人意識が働いたのだろう。兵庫生まれの私にとっても、故郷を代表する誇るべき... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/12 00:40
去年(こぞ)今年貫く棒の如きもの・・・“譲れない願い”を抱いてこの乱世を往こう
「JUDY AND MARY」でボーカルを務めたYUKIのお腹に、3人目の生命が宿ったという。YUKIといえば、6年前に誕生した初めての子供を、突然死で失うという悲劇に見舞われている。3年前に授かった2人目のお子さんは無事に成長しているようで何よりだ。芸能界で活躍している方は、一般に家庭で不幸に襲われることが多い。昨年末、元モーニング娘。の飯田圭織が長男を腎不全で亡くしていたことについてこのブログで言及した(こちらを参照)。あの高島忠夫・寿美花代夫妻も、次男政宏氏・三男政伸氏の前に長男を殺害され... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/02/05 22:04
『やってみなはれ』に学ぶべきこと・・・それは、不安を蹴飛ばして自分に正直に生きること
早いもので、易者生活も今年で10周年である。この10年で、鑑定依頼を通じて全国の多くの方と知り合った。インターネットの時代でなければ絶対に知り合えなかったはずの縁だが、前世でも強いご縁があった方もいらっしゃるようだ。正月早々、昨年鑑定をした東京に住むご姉妹が、岡山に帰省した折に私のためにわざわざお土産を買ってくれたという。上質の和紙に書かれた直筆の手紙には、「久々の家族団欒は本当に楽しかったです」と書かれていた。家族の仲がいいことほど、幸せなことはない。世界の平和は、まず家庭の平和から始まる。御... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/02 23:52
再びはじまる「すばらしい日々」のために・・・ユニコーン再結成に寄せて
桑田真澄氏が、早稲田の大学院スポーツ科学研究科に無事合格したという。大隈講堂をバックに語る氏の写真を見たが、23年間温めた夢の実現を目前に、子供のような笑顔をつくっておられた。春になったら、お話できる機会などあれば嬉しいが。音楽ファンにとっても、“長い間願っていた夢が叶う”ような出来事が正月に起きた。伝説のバンド『UNICORN』の、16年ぶりの再結成である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 2

2009/01/28 22:36
面前の路径、狭めることなかれ・・・人生に無駄なことなど一つもない
今週の仕事も終わった。とりあえず、大学の試験期間中のことについてざっと振り返っておこう。12日の祝日は自宅でレポート作成。フランス文学者として著名な芳川泰久教授の演習の課題である、フロイトとカバラ占星術の関わりについて論じる。パソコンを叩きながら、フジテレビの夕方のニュースに麻生太郎総理が出ていたのに目を遣る。麻生が最後に一筆揮毫したのは、『国家の誇り』。一国の総理なら、誰もが常に考えていることだ。三木武夫以来の、33年ぶりの任期満了選挙が現実味を帯びてきている。火曜日は、大学で小林竜雄先生の演... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/24 00:10
体制選択を前にー“変質したリベラル”の危うさを日本人に問う
テレ朝で今夜放送されていた、『今知っておきたい!!2009あなたの生命を守る方法スペシャル』を観た。昨年報道された、墨東病院妊婦死亡事件。度重なる受け入れ拒否がクローズアップされたが、遺された夫の立派な態度には、世間からは大きな賞賛の声が上がったのは記憶に新しい。この事件を契機に、厚生労働省や東京都が緊急のベッド増設や医師の就労環境改善に動いた。その夫が、同番組に出演。母親の命と引き換えにこの世に産み落とされた息子に伝えたいことは何か、との問いに「都や国も動いてくれた。ここまで動かした人はいない... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 3 / コメント 0

2009/01/07 00:19
幸福と繁栄は“辛苦の賜物”・・・たとえ小さくとも“決意の一歩”を踏み出そう
先ほどまで、フジテレビで放送されていた『HERO』を観ていた。8年前に放送されていたレギュラー放送の総集編も昨日から観ていたが、やはり木村拓哉という人間は、普通の芸能人ではない。郷ひろみさんと同じく、画面からも圧倒的なオーラを放っている本物の大スターだ。映画「ハウルの動く城」で共演した美輪明宏氏が、その俳優としての才能に惚れ込み告白したというエピソードはあまりにも有名だ。三島由紀夫や田宮二郎に似た色気とオーラを彼に感じたのだろう。私が出た高校が、かつて木村さんが一年だけ在籍した高校の近くにあり、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/04 02:45
平成21年の幕開けにあたって
新年明けましておめでとうございます。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/01/01 02:09
平成20年総括-来年も、共によき魂の旅を
本年最後の更新である。昨日は、勤務先の新聞社で内輪の納会。帰りは神保町から水道橋まで、早稲田大学の先輩でもある壮年の経済デスクT氏と歩いた。氏は高校も早稲田実業で、荒木大輔の1年後輩だという。いまは国分寺に移った早実キャンパスの話、今年逮捕された、先輩にあたる小室哲哉の話、ジャーナリズムの在るべき姿・・・等々、10分程度だったが有意義な話ができた。水道橋駅付近が騒がしい。この日東京ドームで行われた、EXILEのライブを観終わった人々の笑顔と熱気で包まれていた。厚生労働省の調査によれば、来春までに... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/12/28 03:06
聖夜に・・・
もう一度あの言葉を・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/25 00:20
笑いと涙は紙一重・・・多くの思いを背負って舞台に立つ魂に拍手を贈りたい
テレ朝の『Mー1グランプリ』を観ている。今年の本命は西野亮廣・梶原雄太のキングコング。『イケメンのツッコミとチビのボケ』という形が、ナインティナインの亜流と揶揄されたこともあったが、早すぎたブレイクにも驕らずにちゃんと漫才をやってきた、その真摯な姿勢は評価したい。梶原は借金による失踪や離婚と、短い人生ながら既に大きなマイナスを背負っている。残念ながら、敗退が決まった本年のネタは勢いに欠けていた。西野は今年も、幕の裏で涙に濡れているのだろうか。勝負の世界は厳しい。昨年は敗者復活戦から勝ち上がったサ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/12/21 20:26
この世界はすべて『神の島』・・・間もなく舞い降りる夜明けに“祈願”と“感謝”を繰り返そう
年の瀬ということで、社も取材先、取引先の挨拶ラッシュが続いている。私が所属する整理部にも、毎日お歳暮のおすそ分けが回ってくる。見出しの制作で煮詰まると、すぐ机の端で待機している菓子や煎餅、ゼリーに手が出てしまう。お陰でまた太りそうだ。そんな“たぷたぷ”の腹を抱えて、昨夜は大学で、『民俗芸能』の講義を受講。今週のテーマは、沖縄の巫女信仰について。地図で沖縄本島・南部知念半島から向かって右、“久高島”という名の島がある。かつて琉球王朝に君臨した尚氏が、琉球開闢の神(アマミキヨ)が五穀を持って伝来した... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/12/18 00:18
未来の向こうには必ず愛がある・・・厳しい季節を乗り越えて清らかな光を浴びよう
Mr.childrenの新作『SUPERMARKET FANTASY』を聴いている。CMでかかっている『エソラ』は、『シフクノオト』における『PADDLE』や前作『HOME』の『彩り』のような位置づけで、極めてキャッチーな楽曲だ。金曜の夜は、桜井和寿がフジテレビの『僕らの音楽』で伊集院光氏と対談していた。伊集院氏の深夜ラジオのファンであった、桜井たっての希望で実現した企画のようだ。放送作家を目指していた私も、かつては伊集院氏の番組にハガキを毎週のように送っていた。15年以上も芸能界の第一線に立つ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/12/14 21:57
平成21年“八田修一と行く新春開運ツアー”開催のお知らせ
いつもアクセスありがとうございます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/11 19:17
寒牡丹、その大小を言うなかれ・・・熱い生き様を誇れる瞬間をつくろう
日曜は関東大学ラグビー対抗戦・第84回早明戦を観に、国立競技場に足を運んだ。鼻水が止まらないので、顏の半分を覆うマスクで防御。13時半にJR千駄ヶ谷駅で、幹事の吉田英史君と合流する。今年も『生命のメッセージ展in早稲田大学』の実行委員ということで多忙のようだ。なんとか、試合前の校歌斉唱に間に合い着席。今回は学生席ではなく割高の自由席に座る。客席は、紫紺に染まる明治の応援団が圧倒的な数を占める。早明戦は8年連続敗北中、特に昨年は71−8の大差での惨敗。そして今年は24年ぶりに大学選手権への出場を逃... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/12/09 00:38
“別れ”は魂を鍛える試練・・・睫毛に涙を溜めながらその瞳で明日を見据えよう
FUJIWARAの原西孝幸の実母・尚子さんが急死したという。尚子さんは原西の相方・藤本敏史の母親と共にテレビに出演する機会も多く、お茶の間でも人気があった。『吉本印天然素材』以来、長期低迷が続いた息子を精神的に支えてきただけに、原西本人にとっては言葉にならない別れだっただろう。芸歴10年を越えてようやくブレイクを果たした息子の活躍する姿を見て、尚子さんは『もう思い遺すことはない』と思ったのだろうか。今週は、朝日の夕刊でザ・ドリフターズの加藤茶さんが『人生の贈りもの』のコーナーに登場しておられた。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/12/06 23:24
私たちは幸せを実感するための“共同体”・・・惜しみない愛をお互いに与え合おう
Yahooのトップニュースで、元モーニング娘。のリーダー・飯田圭織さんが、生後7ヶ月の長男を腎不全で失っていたことを知った。なんと、厳しい試練を神は彼女に与えたのだろう。以前『オーラの泉』で、女優の寿美花代さんが、初めて授かった長男・信夫ちゃんを生後6ヶ月で殺されたことを涙ながらに話しておられたのを思い出した。犯人は自宅のお手伝いで、自分の不遇な出自とスターの子供として生まれた信夫ちゃんを比べ、それを恨んでの犯行であった。芸能史に残る、なんとも悼ましい事件だ。そんな花代さんを献身的に支えたのは、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/12/01 02:30
人生は最後に花開くもの・・・魂を鍛え抜いていつか“真(まこと)の花”を咲かせよう
NHKで放送されている、『爆笑問題のニッポンの教養 早稲田大学スペシャル』を横目でチラチラ見ながら、更新でもしようと思い立った。先日、宮沢章夫先生の授業中にクルーがカメラで教室を撮影していたが、果たして私は映っているのだろうか。まぁそれはいい。例の元厚生事務次官連続殺傷事件も、結局は小泉毅という「ただのならず者」が起こした、自爆テロという形で決着したようだ。国立大学の理工学部に入る頭脳を持っていながら、コミュニケーション能力の欠如を社会への怨念に転化。最後は警視庁に車を乗りつけ、自らの「下らない... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/11/25 23:18
あなたの味方は必ずいる・・・何度も気を取り直して社会へと踏み出そう
フジテレビで放送されていた、『たけしの日本教育白書』を観ていた。論客揃いの見応えある内容で、4時間半という暴力的な放送時間も長くは感じられなかった。ネットで太田光の殺害を予告する書き込みで逮捕された少年とのやりとりの場面では、スタジオの緊迫した空気がブラウン管からも伝わってくる(番組中の 「たけしさんは、理解できなかったらフライデー襲撃しちゃうんだから」という太田の発言には爆笑させてもらったが)。中盤からは東国原英夫・橋下徹両知事を招いての討論。両知事と私の共通点は、“早稲田出身の真正保守”とい... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/11/23 02:16
声は心がつくりだすもの・・・正しい想像力をふくらませて“熱い人生”を送ろう
今週の土・日は自宅で静養した。お陰様で、体調は頗る良い。土曜の深夜は、TBSの『スーパーサッカー』を見る。鹿島アントラーズが天皇杯で惜敗したのは残念だった。今週のメインは、『実況伝説』のコーナー。“世界の松下”の愛称でスポーツアナとして活躍し、今年、局内の人事異動で現役を去った松下賢次元アナが出演していた。ドーハの悲劇、マイアミの奇跡など歴史的な瞬間に立ち会った興奮を話す松下氏だが、私にとっては『ザ・ベストテン』の第3代司会者のイメージが強い。司会在職中に番組で知り合った系列局の女子アナと結婚さ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/11/17 01:27
縁は縁を呼ぶ、しかしその縁を“繋げてゆく”のは己の“誠意ある生き方”である
前回の続きになるが、有給休暇を取った水曜日のことについて書こう。記事を更新したあと、午前6時頃に就寝して12時に起床。朝刊各紙を読みつつ、溜まっていたビデオを見る。『たけしのTVタックル』では、教育問題を取り上げていた。ノーベル物理学賞を受賞した益川敏英氏がある会見で『共通一次(現・センター試験)は、カッコに入れるだけの選択問題。あれは教育汚染だ』と語っていた映像が流れ、深く頷く。あれは日本から二度と“天才”を出さないために、GHQが考案した日本弱体計画の一端だ。今年のノーベル賞受賞者は、4人と... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/11/14 20:49
私たちの夜明けは近い・・・“生きる勇気”をひたむきな後進たちに伝承しよう
ようやく有給休暇が取れた。今日は明け方まで色々作業があるので、明日の起床は『笑っていいとも!』のスタートと同じ頃だろうか。さきほど早稲田から帰り、とりあえず深夜の寛ぎタイムである。フジテレビでは『カトパン』を放送していたが、ゲストのmisonoやFUJIWARAの藤本敏史が、サンタの格好で出ていた。今年も、もうそんな季節になったか。この1年の総括と、来年の暦の解読に本腰を入れなければならない。溜まっていたビデオも、ぼちぼち整理しはじめる。土曜深夜の『COUNTDOWN TV』を、ようやくチェック... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/11/12 02:45
一人の男がしっかりしていれば歴史は変わる・・・そんな気概を持って“この時代”を生きたい
前回、小室哲哉の逮捕で書きそびれた、早慶戦と早稲田祭について触れておこう。六大学野球・秋季リーグのテーマは『王座奪冠』(写真)。4連覇の夢が途絶えた春季の再点検が活き、早稲田が圧倒的な強さで優勝を決めた。4年生にとっては、当然の如く最後の学生リーグ。今期は外野手の松本啓二朗と、捕手の細山田武史が横浜ベイスターズ、内野手の上本博紀主将が阪神タイガースと、それぞれプロの道に進むことが決まっている。細山田といえば、今夏の世界大学野球選手権に参加中、父・斗史郎さんが死去。カナダ戦では、天国へ帰った父親に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/07 20:44
新次元出現前の混迷の最中で・・・この苦しい日々をいつか“授かった贈り物”に変えよう
金融激震が続いている。時事通信から逐一入ってくる商況の変動への対応に追われ、今日は椅子を温める暇もなかった。13年ぶりの1ドル=92円台、そしてそれに伴う“終値7649円8銭”である。ソニーの連結決算大幅修正、いわゆる“ソニーショック”が大きかったようだ。輸出企業の大打撃はもちろん、地方銀行の貸し渋りにも拍車がかかるだろう。月曜に行われた日銀支店長会議では、初めて全国の景況感を下方修正したという。中小の経営者で、年を越せずに命を投げ出す人も出てくるだろう。どうか、絶望だけはしないでいただきたい。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/24 20:58
誰もが“生きる理由”を見失う時代に・・・「自己を超えた精神と対話」を心掛けたい
今日は大学が、創立記念日のため休講であった。聞けば昨日は、麻生太郎首相が早稲田に来ていたらしい。大学近くのスーパーを視察し、高田馬場付近を流しているタクシーの運ちゃんたちと景気について語り合ったそうだ。もし出くわしていたら、整理記者の分際で突撃取材でもして、勝手に記事でも書いたかもしれない。そんなことはどうでもいいとして、今夜は久々に銀座へ行った。その話でもしよう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/10/21 23:26
愛に飢えた魂たちへ・・・怨念の泥濘(ぬかるみ)を浚って光へとその歩を動かせ
八王子で発生した中国産インゲンの件が、マスコミでも大きな話題になっている。ジクロルボスの被害に遭った主婦は、退院した今も「精神的に支(つか)えがある」と語っているという。多摩地区に住んでいる私の知人も、メールで「俺がいない間に、家族が毒を食べていたらどうしよう」と不安を吐露していた。去年、中国産のペットフードを食べたアメリカの犬・猫が、相次いで4、5千匹急死した事件を思い出した。原因は中国産の小麦に含まれていたメラトニンだという。一体、中国は何を考えているのだろう。アメリカの落日を見て、いよいよ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/10/17 20:43
自由とは冷たく寂しいもの・・・大きな光に包まれて“あたたかい愛”に飛び込もう
ロス疑惑の三浦和義が、拘束されていた留置場で首吊り自殺したという。アメリカで、死ぬまで獄につながれるのが嫌だったのだろう。三浦といえば、私が子どもの頃に、ビートたけしさんの番組で作家の景山民夫が物まねしていたのを覚えている。一体、彼の人生には何の意味があったのだろうか。『和』も『義』も、“人名に使ってはいけない漢字”で挙げた凶字である。凶字を背負って人生を歪めることがないよう、これからお子さんを授かる方には注意して頂きたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/10/11 23:57
“学び終えて”逝く人に学ぶ・・・人生の福楽はいかに『清心を保てるか』にある
昨年『俳諧』の授業でお世話になった、早稲田大学教授の雲英末雄先生が急逝された。急性骨髄性白血病のため、茅ヶ崎の自宅で臨終を迎えたという。松尾芭蕉研究の第一人者として、彼が歩いた『奥の細道』の軌跡を、ご自身で収集された貴重なコレクションを片手に熱く語ってくださった。享年68。合掌。そして、名優・緒形拳さんの突然の訃報が入った。拳さんといえば、私が幼い頃から既に大スターで、テレビをつければ一週間に一度は必ず、ドラマやCMで彼の姿を見たものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/10/08 20:56
“恐慌前夜”に慌てふためく莫れ・・・奉仕を忘れず『平安』の時代(とき)を信じよう
10月に入った。我々が住む地球が生まれ変わる為の“陣痛”とも言うべき、激動の出来事が世界で起こっている。米下院の金融安定化法案否決に端を発した金融危機は、いよいよブラックマンデー(世界同時株安)の悪夢と、本格的な“恐慌”の到来を予感させる。ニューヨークのダウ工業株30種が、下げ幅777ドルという驚愕の値をつけた。ドルの暴落の果ての終わりの見えないインフレが、貧困層の暴徒化という、地獄の季節の幕開けのファンファーレとなろう。世界皇帝を気取って暴虐の限りを尽くした『2つのR家』支配=アメリカ一極体制... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/10/01 23:52
誰もが再び“神”を求めるこの混沌の時代に・・・ただひたすら“優しい日々”を重ねよう
週末の夜である。今週は麻生内閣が本格始動し、マスコミではいつ総選挙を行うかに注目が集まっている。一方で、文明社会の膿とも言える“闇サイト殺人”の初公判が行われた。被害者の女性の母親は、『何の罪も無い娘を殺した鬼畜に極刑を』と訴え、28万人の署名を集めたという。朝日新聞や社民党の保坂展人といった、死刑廃止を訴える“人権屋”勢力の所にも、署名に行かれてはどうか。彼らには人間としての「良心」がないのだから、その非人間性でも『SAPIO』あたりが随行して報ずればいい。保守に目を遣れば、河野洋平に小泉純一... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/27 00:33
“天命の宰相”麻生太郎へ・来たる次元のための護国の政策を断行せよ
麻生太郎が、第23代の自民党総裁に選出された。明日、第92代日本国内閣総理大臣に就任する。今年に入ってから私は『麻生が救国の大命を担う』と折りに触れてこのブログで言ってきた。予言が当たるのは易者として嬉しいことだが、この国難にあたって準皇族の麻生が宰相として登場してきたことに、歴史の輪廻を感じる。昭和の焦土を運営したのは麻生の祖父・吉田茂だった。いままさに、平成の焦土。経済的には豊かになったが、その変わりに人心は貧しくなった。麻生の天命はまさに、この“焦土”を復興させるための体制をつくることに尽... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/09/23 21:24
B'z結成20周年ライブ・・・そして、二人の“Brotherhood”は終わらない!
B'zの結成20周年ライブを観に、横浜の日産スタジアムに足を運んだ。先月、サザンオールスターズの30周年ライブを観に来て以来、1ヶ月ぶりである。Yahoo!の天気予報ではちょうど公演時間が“豪雨”の予報だったので、雨合羽をバッグに忍ばせて出発。Tシャツは、5年前に静岡で行われた『The final Pleasure IT'A SHOWTIME!!』公演のロゴが入ったものを着用した。新横浜駅で降りると、そこには『GREEN』や『ELEVEN』といった過去のライブツアーで製作された、めいめいのツアー... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/09/22 01:38
リーマン・ブラザーズ死す!“茅屋秋風”に耐えながらそれでも誠の道を往け
ご存知の通り、創業158年を誇るアメリカ証券界の巨人リーマン・ブラザーズが、驚天動地の経営破綻で“頓死”した。負債総額は64兆円。メディアでは「流血の日曜日」と報道されていたが、私も一応経済記者のはしくれなので、600円以上下げた日経平均株価の分析などで今日は忙しかった。先日六本木ヒルズを訪れた時、たまたまゴールドマン・サックスの東京支店を横切った。厳戒な警備と洗練された入口を見て、いわゆる“ヒューマン”とはかけ離れた、無気質な冷たさを感じたのを思い出す。リーマンと言えば忘れてはならないのが、ラ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2008/09/16 22:12
何かを始めることに迷っているあなたへ・“勇気”と“笑顔”がなければ、決して幸福はやってこない
通勤の時、Mr.childrenの新曲『HANABI』をウォークマンでずっと聴いている。明日最終回を迎えるドラマ『コード・ブルー〜ドクター・ヘリ緊急救命』の主題歌としてあまりにも有名だが、発売日にCDをすぐ買いに走ったのは実に『Any』以来6年ぶりだ。15年以上彼らの音楽を愛聴している者としては、直球で胸に去来するものがあった。ドラマの方はもともとは新垣結衣に注目していたが、戸田恵梨香と比嘉愛未が著しい成長を見せていた。戸田は中学を卒業後、女優一本で身を立てるために上京したという。同じ兵庫出身と... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/09/10 22:03
北康利氏に学ぶー時を惜しんで“彊力勉励”すること、それが大業を成す偉人の必須条件
昨夜は仕事が終わった後、パレスビル地下の『鰻 大作』にてうな重(\2,300)を食す。肝吸も飲み干して、いざ出陣。竹橋から、地下鉄を乗り継いで六本木ヒルズへ。長いエスカレーターに乗り、ゴールドマン・サックス証券を横切ってアカデミーヒルズに到着。森タワー40階『キャラントC1』にて、麻布六本木学研究会主催・ライブラリートーク『蘭学者 川本幸民〜近代の扉を開いた万能科学者の生涯』に参加する。今回は、研究会に所属されている旧知の御婦人のお誘いで顔を出させてもらった。今宵のテーマは、我が故郷・兵庫県三田... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/04 20:43
福田首相辞任・いよいよ新日本建設の狼煙が上がる!
福田康夫が、内閣総理大臣の職を辞する声明を出した。私がこのブログで、本年元日に予言した通りの展開である(参照:『平成20年の幕開けにあたって』)。次の総理で、前回の選挙から4人目。これは、内閣が連立形態となった平成5年〜8年(細川〜羽田〜村山〜橋本)に匹敵する混迷期だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2008/09/01 23:25
涙の向こうには必ず幸福がある・・・その笑い声を明日を生きる力に変えよう
昨夜は仕事が終わった後、地下鉄で竹橋から新宿へ。2日前にサザンオールスターズのライブで会った、芸能関係の仕事をしている友人と早くも再会。サザンとの暫しの別れとなった横浜の夜について、改めて語り合いながら歩を進める。エレベーターに乗り7階へ。この日は『ルミネtheよしもと』へ、芸人のライブを観にきたのだ。昔は友人と、人力舎にホリプロと様々な事務所のお笑いライブを観に足を運んだものだが、最近はお互い忙しくなってそんな機会も少なくなってしまった。扉が開く。エド・はるみと世界のナベアツの似顔絵が迎えてく... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/26 21:35
決してあの時代(とき)を忘れない・・・サザン、横浜の夏空にしばし消ゆ
ご存知の通り、昨夜はサザンオールスターズ30周年記念LIVE“真夏の大感謝祭”に足を運んだ。このライブをもって無期限の活動休止に入るということで、長年ファンクラブに入っている身としては感慨も一入である。いつか彼らが活動を再開する時に、振り返るためのモニュメントとして、記事として書き留めておきたい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 2

2008/08/24 18:13
国へ功あれ、母に孝たれ・・・再び巡る熱い季節に生命の尊さを思え
高校野球と北京五輪のテレビ観戦で、一日がほとんど終わってしまっている最近である。甲子園は今年も、素晴らしい記憶と記録を時代に刻みつけてくれている。昨日の智弁和歌山×常葉学園戦では、最大11点差を後半の猛攻で3点差にまで縮めた、智弁のファイトに心から拍手を送った。坂口真規君が流した涙は、一緒に青春を駆け抜けた仲間への感謝が詰まった涙だったのだろう。すぐにプロ入りはせず、大学野球に進むという。早稲田に来てくれたら、六大学野球も心強いのだが。先日惜しくも敗れた、慶応高校の田村圭君、只野尚彦君の“勝利の... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/17 02:43
人と人とが知り合うこと、その“束の間の邂逅”を明日を生きる糧にしよう
盂蘭盆を迎え、先にあの世へ旅立った親族や友人へ自然と思いを馳せるようになった。ときどき夢の中に出てきてくれたら嬉しいのだが、最近はその機会もない。こちらの世界でまだやるべきことが沢山残っているから、邪魔をしないようにという粋な配慮だろうか。今年の秋で易者生活も10年目に突入するのだが、ありがたいことにご縁あって鑑定を依頼してくださった方々から、毎年お中元を戴く。昨日はお子さんの命名で相談に乗らせてもらった山形のご夫婦から、チルド便で特産品を頂いた。こんな人間でも、人に感謝される人生を送れているの... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/13 23:48
友情に愛、誠意・・・人生で一番大切なものは自分の手で“配給”せよ
金曜日のお話。早稲田大学の友人である香田裕貴君が立ち上げた映画サークル“名画座walker”の例会に参加した。今回は『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』とスティーブン・キング原作の『スタンド・バイ・ミー』の2本立て。早稲田松竹で鑑賞するのは実に2年ぶりである(写真)。『打ち上げ花火』は、高校生時分にフジテレビで初めて放送したのを観ていた。言わずと知れた、岩井俊二監督の出世作である。岩井監督は当時、サザンオールスターズのヒットシングル『素敵なバーディー(NO NO BIRDY)』のP.V... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/03 22:44
“自分”という人間に何ができるか、それを探すことに“その人生”の意味がある
大学の方が休みに入り、これから50日ほどは仕事の方に比重をかけられる。既に30を過ぎているのだから仕事に力を入れなければならないのは当然なのだが、夜を自由に使えるというのは大変ありがたい。昨夜は勤務している新聞社の役員と顧問が、大学の前期試験終了の慰労も兼ねて食事会を開いてくれた。30代のサラリーマンが入店するには、少々勇気がいるレベルの高級中華料理店だ。ベテランの経済記者として長いこと活躍してきた役員には、ジャーナリストとしての心構えを教わる。後半は、自分が得意とする“昭和トーク”で、ずいぶん... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/07/31 21:01
悲しさは胸に隠して・・・“この世”に優しさを遺しつづける幸福の旅を
昨日の深夜から、フジテレビの『FNS27時間テレビ』をずっと観ていた。MCの明石家さんまは今年で53歳になるが、その芸は年齢を重ねると共にますます磨かれている気がする。特に、昨夜の『今夜も眠れない』のコーナーでのビートたけしとの掛け合いは、30代以上の人々にとってはたまらなかっただろう。今回は、フジのお笑い部門を長年支えた三宅恵介ディレクターが定年退職されるのを記念して企画されたという。夕方には片岡鶴太郎や島崎俊郎、山田邦子といった往年の“ひょうきんファミリー“が集まり、当時人気を博したキャラク... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/27 22:15
奇跡の言霊ブログ・更新再開宣言
3週間ぶりのご無沙汰でございます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/26 20:50
人の心は空より広いもの・・・温かい魂同士が呼応し合える社会を
今日は、サザンオールスターズが「勝手にシンドバッド」 でデビューしてから丸30周年 の記念日である。という訳で、朝はアルバム『ステレオ太陽族』を聴きながら出勤。「素顔で踊らせて」の詞を読んでいると、やはり巷間叫ばれているサザンの解散は非現実的だと改めて感じる。音楽評論家の萩原健太氏が「バンドの中に“家族”がいるということは、既に半永久的な活動を約束しているようなもの」と何年か前にサザンのツアーパンフに寄稿していたのを思い出した。昨日の『めざましテレビ』で新曲のサビを聴いたが、30年の感慨を感じさ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/06/25 21:25
サッカー早慶戦に足を運んで・濡れた芝生を駆け抜けた荒ぶる魂を称えたい
前回の記事で、鳩山法相を『死に神』と呼んだ朝日新聞の独善と欺瞞について糾弾したが、『なかのひと』を調べると、他ならぬ同社から閲覧があった。“反省”の2文字を知らない企業なので、別に改心してもらおうとは思っていない。ただ、いつまでも偉そうに売国をやるようなら、いよいよ日本人に見放されるだろう。昨日は大学を自主休講して、その朝日が後援する『第59回早慶サッカー定期戦』を観に国立競技場へ足を運んだ。その話でもしたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/21 18:56
奇跡を呼ぶおまじない第5弾・災いを消滅させる祈りの真言で身を守ろう
お蔭様で、春の早慶戦は第3戦延長10回、宇高幸治君がサヨナラヒットを放って慶応に勝ち、早稲田は今期2位を確保した。4連覇の夢は潰えたが、まずはお疲れ様と声を掛けたい。日曜日も観戦予定だったが、前日の第1戦で雨天をおして行ったのがたたり、微熱を発症したため断念した。ともあれ、相澤宏輔君率いる慶応義塾野球部のファイトにも、心から拍手を贈りたい。昨日は2位確定の報に酔いしれながら、竹橋パレスサイドビル地下1階のうなぎ屋『鰻 大作』にてうな重(\1,680)を食す(写真)。食べている途中で、3月に大学を... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/06/03 19:26
早慶戦第1戦を観戦して・運命と人生を白球に賭けた勇者たちの魂に拍手を
今日は春の東京六大学リーグ・早慶戦第1戦を観に神宮球場へ足を運んだ。春の早慶戦を観るのは今回が初めてである。同じサークルのTさんが、野球部のメンバーとゼミが一緒というご縁で、その力添えで特別指定席で観戦することができた。毎度のことながら、各人のご厚情に深謝する。学生席とは違い、マウンドが非常に近い。生憎の雨模様だったが、出場メンバーの顔もはっきりと見える。先日、右太ももに傷を負った斎藤佑樹も元気そうでひと安心だ。慶応の先発は、ヤクルトへプロ入りした加藤幹典君に代わって、期待の中林伸陽君。大学野球... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/05/31 20:00
自分の友と自分の魂・・・それだけが両手にあればこの世は必ず“楽園”になる
かつてTBSの女子アナとして人気を誇った川田亜子が自殺した。理由は錯綜しているが、生きる気力を失くしたのだろう。難関を突破して民放キー局のアナウンサーになり、文句のない美貌と絶大な人気を得ても、人生に絶望して死を選んでしまう“この世”とは、一体何なのだろうか。こういう結末を選ぶのなら、彼女はアナウンサーに“なんか”ならなければ良かったということになる。このブログをよく読んで下さっている方から、早くも「川田さんが亡くなったのは、やっぱり“亜”の字は人名に使ってはいけない漢字だったからでしょうか」と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/26 19:10
人間に“完全な敗北”などない・・・倒れる毎に起き上がる気概を持て
先程まで、大隈講堂で行われていた映画『ラストゲーム〜最後の早慶戦』シンポジウム&試写会に足を運んでいた。学内のトップ人気講座『マスターズ・オブ・シネマ』担当の安藤紘平教授を司会に、今回の映画に出演された宮川一朗太氏や柄本佑氏といった俳優陣が登場。パネリストの皆さんの話に耳を傾けながら、今もなお続く球界の至宝に、静かに思いを巡らせた。上映終了後は、応援団の先導で慶応義塾応援歌『若き血』 と早稲田大学校歌『都の西北』の斉唱で大団円。いよいよ早慶戦が間近に迫ってきたが、その前に昨日、神宮球場にて春の東... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2008/05/19 20:47
人生の好機はどこにでもある・・・人格を陶冶して運命の“のど首”をつかめ
ようやく休日である。お蔭様で、日中は新聞記者として大変忙しくさせてもらっている。とはいっても、取材記者ではなく整理記者なので、基本的に文章の手直しと漢字の校正、見出しコピーの作成といった作業がメインだ。外に出ない分、記事を目で追いながら社会を俯瞰することができる。その日の記事を印刷所に送れば仕事は終了なので、大学の授業にも旨いこと出席できる。私にはやはり、神様がついてくれているのだろうか。とりあえず、思い出したことをつらつら記しておこう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/12 18:31
去る日は楽しく、来る日もまた楽し・・・温かい春の風に確かな未来を感じよう 
昨日は早稲田大学の卒業式があった。今年は多くの友人・知人が早稲田の地から飛び立つので、在校生として参加することに。第一・第二文学部の卒業式は午後2時からということで、少し早めの12時に到着。政経学部や法学部ほか、午前中から様々な学部の卒業式が行われているので、大学付近は羽織袴の女子学生やスーツ姿の男子学生で溢れかえっていた。早稲田特有なのだろうか、学ランに制帽姿で来ている卒業生もいる。とりあえず、中華料理店『稲穂』に入り焼肉丼(\600)で腹ごしらえ。前のテーブルでは、卒業生が花を横に置いてタン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/26 16:18
辛いことも楽しいことも全ては“魂の修練”・・・この世は“巡礼”そのものである
先週後半の出来事について記そう。木曜日は18時より、高田馬場のイタリアンレストラン『LA BOTTEGA』にて、早稲田大学大学院インド思想研究室の皆さんとの食事会。同じサークルのHさんが、共に後期に受講した『インド思想概論』担当の前田英一講師に声を掛けたご縁で参加させて頂くことになった。前田先生は4月に横浜の私立高校へ栄転が決まっており、来年度は師である高橋教授が同講座を担当されるという。ピッツァやパスタに舌鼓を打ちながら、暫し談笑。中国旅行でタクラマカン砂漠を訪れた際、朝と夜の気温差が激しく風... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/25 18:00
理想を掲げて“勇往邁進”すること・・・それこそが栄冠を得る最強の秘訣
お陰様で、大学の試験も全て終了した。これでまた、平日の夜は個人的な研究作業に時間を充てることができる。なんだか、大学の講義が勉強の隘路になっているかのような書き方をしてしまったが、やはり私は早稲田大学に“学び”に来ているのである。2年生の1年間を振り返ると、スポーツや学園祭といったイベントだけでなく、講義でも新しい知識や友人と出逢ったりと、大変有意義な時間であった。人生のこの時期に、この大学に入学したからこそ、縁あって知り合えたそれらの“出来事”。それは皆、私という今世の“魂”に必要なプログラム... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/30 21:15
人は皆『幸福な戦士』・・・真摯な生き様には必ず恵みの雨が降り注ぐ
一昨日、国立競技場にて観戦した『第44回全国大学ラグビーフットボール選手権大会決勝』・ラグビー早慶戦を中心に、ここ一週間の動きについて記したい。先週の月曜日は仕事の後、代々木のライブハウス『Live labo yoyogi』にてSHINAPSのライブを観る。今年初のライブということで、出演各バンドは書き初めをステージに飾っての演奏となった。盟友が座ったドラムセットの後ろに飾られた書き初めには、大きな文字で「背水の陣」と。その力強い字は、べースの浅野佑亮さんがしたためたという。結成から8年、退路を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/14 17:09
この世のことは全てが“奇跡”・・・新年の願いを現実の喜びに変えよう
いよいよ仕事始めである。その前に、年末年始の動きをざっと綴って書き留めておきたい。30日は、母親を連れて横浜アリーナへ桑田佳祐のライブを観に行く。彼を肉眼で観るのはサザンの東京ドーム以来2年振り、ソロでは5年ぶりだ。今年リリースした3枚のシングルに、『波乗りジョニー』や『悲しい気持ち』といった往年の大ヒット曲を連発。帰りには、アリーナの入口で1月8日発売の『WANDA 金の微糖』のパイロット版を2缶頂く。どんな味がするのだろうか。12月にちょうど誕生日を迎えた母へは、いいプレゼントになった。31... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/05 16:28
平成20年の幕開けにあたって
新年明けましておめでとうございます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/01 15:41
書評―『高学歴ワーキングプア〜「フリーター生産工場」としての大学院』
今年の6月、西武新宿線の爆弾テロを計画した男が逮捕された事件を憶えているだろうか。犯人は38歳の無職。有名国立大学の院を修了後希望の研究職に就けず、「自分を受け入れない世間に復讐したかった」と公判で述べたそうだ。「末は博士か大臣か」とはよく言ったものだが、いま“学者になれない博士”が急増しているという。一体、どうしてこんな状況が生まれたのか。その深層に迫ったのが本書である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/12/12 17:08
人は皆“休まず歩む旅人”・・・楽しい思い出と友情を胸に人生を往こう
昨日の動きを記したい。前日から続く微熱をおして、午前10時に自宅を出発。陽光眩しい空模様が、一日の安寧を示唆してくれているように見えた。正午をまわった頃、先日臨時対面鑑定会を行った、早稲田大学新学生会館に到着。『生命のメッセージ展』が最終日ということで、顔を出しに行く。地下2階の演劇練習室に入り、鈴木共子氏による詩の朗読、ダンサー三木友幹氏による『千の風になって』をバックにしたダンス、ギタリスト高木しょうへい氏による弾き語りと、40分間に亘る神聖な一時を享受した。PCルームと中央図書館で時間を潰... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/10 20:19
久遠の理想を追いかけた果てに・・・早稲田、六大学野球3連覇!
ちょっと時間ができたので、一昨日に幕を閉じた秋期早慶戦について書こう。実際に足を運んだのは土曜の第1戦。夜の台風は、伝統の一戦という大イベントの「前座」を立派に務めあげ、東京を去っていた。先発はもちろん、われらが斎藤佑樹。圧倒的な打線で緒戦の勝利を収めるよう学生席から必死に応援したが、延長12回にまさかのサヨナラ負け。今まで自分が足を運んだ試合は全て早稲田が勝利を収めていたので、初めて目の当たりにする敗戦に一時呆然となった。見事なピッチングを見せた加藤幹典君と、サヨナラの安打を放った青池悠五君の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/11/01 20:58
“幸福”は誰かに与えることで自分に返るもの・・・ならばその“種蒔き”を常に心がけよ
外では台風が猛威を振るっている。このブログをお読みの皆様の地域は大丈夫であろうか。早く千葉へ帰らなければいけないのだが、早稲田のPCルームから今夜も更新を行いたい。例の如くこの一週間を振り返る。日曜日は3回前の記事を書いた後、高田馬場駅から大隈講堂前までを歩く“125パレード”に参加。巨大な行灯を担いで校歌や「紺碧の空」を歌いながら車道を堂々と行進した。沿道にいたえんじ色のスタッフジャンパーを着た女の子が、感極まって号泣している。この1年、この日のために身を削って頑張ってきたのだろう。そういう経... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/10/27 22:02
天は“やはり”見ている・・・この一瞬の人生で人間は何を遺せるか
ここ3日間の話でもしよう。木曜日は仕事が終わった後、山手線で高田馬場へ。普段なら当然のごとく地下鉄東西線で早稲田へ・・・となるのだが、この日は趣を変えて西武新宿線へ。滅多に乗ることのない電車を使うのは、田舎へ帰る新幹線に乗る度に窓から見える景色の移ろいを楽しみにしていた、子供の頃と同じ胸騒ぎを覚える。といっても、降りるのは隣駅の下落合。わずか3分で到着し、いざ目的地へ。18時45分より、財団法人・日本心霊科学協会にて霊能者・小池喜代志先生の面談に臨む。今後の自分の易者としての方向性や進むべき道に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/29 15:59
4vs67,000!Mr.childrenライブに日産スタジアム燃ゆ
やや遅くなったが、一昨日に観に行った日産スタジアムでのMr.childrenのライブについて書こう。当日は最新アルバム『HOME』 の1曲目に収録されている 「Wake me up!」をBGMに文字通り起床。とりあえず、新聞を読みながら朝食をとっている間もアルバムは流しっぱなしに。なんとも幸せな朝である。そして、昼から新横浜へ。3時過ぎに到着した駅は、溢れんばかりの人波で視界が遮られた。何の接点もない見知らぬ人達だが、この場所に来た目的は間違いなく同じであった。一体、彼らは今日、どんなアクトを見... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/09/11 22:29
絶望している暇はない・・・この世に生を享けたこと、それ自体が最大のチャンス
昨日は首都圏を直撃した台風のお陰で、会社に30分も遅刻してしまった。ただ、そんなことで動じる自分ではない。多くの人々が蠢く快速の車内で座席を確保し、ゆっくりとウォークマンに耳を傾けた。日曜日を前に、Mr.childrenの『HOME』でライブに向け終盤の予習である。『フェイク』や『彩り』といった有名な曲を生で聴けることに胸が躍ったが、13曲目に収録されている『通り雨』という歌の詞が深いことに気づいた。叶わない夢でも、もう少し抱きしめていたいーひたむきに生きている人間なら、誰でも一度は持つ感情だ。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/09/08 20:51
いい友、いい本、いい記憶・・・それを目標にすれば人生は必ず豊かになる
お陰様で、最近もメールなどでこのブログに好意的な感想を送ってくれる方がいらっしゃる。大変ありがたいことなのだが、よく聞かれるのは「人名に使わない方がいい漢字はもうやらないんですか?」という声だ。そういえば、今年の正月以来新しいものは公開していない。これから出産を控えていらっしゃる世のご夫婦の間でも、このブログは「命名ブログ」としてちょっとした話題になっているようだ。近々、最新の研究成果から「赤ちゃんの名前にはふさわしくない」と判断した凶字をお知らせするので、ぜひ期待してほしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/09/04 20:40
たった一度の人生を輝かせるには・・・思い切り飯を食べ、そして夢を食べよ
処暑のお陰で、昨日の朝はいい目覚めを迎えることができた。前日録画しておいた『熱闘甲子園』のビデオを観ながら、ハムエッグで朝食。優勝した佐賀北高校の諸君が起こした“奇跡の軌跡”は、一体どれだけの日本人を熱狂させただろうか。8回1死満塁の場面で副島浩史君が放った逆転ホームランは、高校野球の歴史に新しい1ページを書き込んでくれた。百崎敏克監督は就任以来、選手たちと日誌をやりとりすることで、連帯感を醸成させることに腐心したという。これを、“武士道”と言うのだろうか。人間の心を動かすのは、やはり真実の言葉... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 2 / コメント 1

2007/08/24 12:34
幾度か辛酸を歴て・・・苦労を乗り越えてこそ漸く見える“景色”がある
会社の方が夏休みに入った。ようやく、溜まりに溜まった書類やDVDを整理できる時間ができる。仕事終わりに、日暮里から常磐線に乗る。何ヶ月ぶりだろうか。夕映えに染まる松戸地域を眺めながら、5日間をどのように有効活用しようかと考えていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/11 20:13
一瞬に咲き誇る花火を眺めて・・・艱難に負けず完遂する者こそが“最後の勝利者”
うだるような暑さの日々が続いている。昼間にコンクリートを歩くと、まるで熱いフライパンの上で踊らされているようだ。読者の皆様は、夏バテなどに陥ってはいないだろうか。テレビのニュースを見ていたら、お台場でのフジテレビのイベントが連日の大盛況だという。特に『めちゃ×イケてるッ!』と『はねるのトびら』のアトラクションが人気だそうだ。笑いで社会が賑わう時代は、なんとも幸福な時代である。その次に画面に映ったのは、海岸での水難事故の報。今年は、一体いくつの尊い命が波に消えてしまうのだろう。夏は、悲劇と歓喜が交... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/08 08:47
この世はなぜ無情なのか・・・それは絶望の先にある“希望”を悟るためである
梅雨も明けようやく夏本番といった感じだが、夏風邪の方が長引いて鼻がまだ気持ち悪い。喉も少しやられたので、声の方も普段とはちょっと違うようだ。携帯電話で友人と話していたら、「いつもより声が渋いな」と言われた。喜んでいいのだろうか。いずれにせよ、その声も期間限定である。普通の体調に戻るまでもうすぐだ。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/08/04 17:26
時は決して止まれないーこの束の間の人生で有意義な経験を積もう
日曜日は久々に自宅で完全オフを取った。朝から自室で、ダージリンティーを片手にMr.childrenの『HOME』に耳を傾ける。前日に一般発売された9月9日の日産スタジアムのチケットが、友人の助力で手に入った。彼らのライブに足を運ぶのは丸2年ぶりである。桜井和寿の魂の声に直接触れることができると思うと、それだけで胸の高鳴りが止まらない。昼食をはさんで、『DISCOVERY』や『Q』といった昔のアルバムも引っ張り出す。当日は、どんなラインナップになるのだろう。2ヶ月先の夢に思いは飛んで、目先の大学の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/10 20:59
本当の“成功”を収めるには・・・それは自分という「最大の味方」を信じ続けること
昨日は会社の株主総会があった。朝は出発前に仏壇に参り、総会の無事を祈願。特に紛糾するような議題もないので、チャチャッと終わって夜の懇親会でパーッと楽しくやりたいというのが本音のところだ。一旦会社へ行き、必要書類を準備していざ会場がある白金台へ。白金といえば、“シロガネーゼ”の呼び名で知られる上流階級のお嬢さん方(みのもんた風の表現か?)が多数お住まいになられている街として有名だ。上陸したのは初めてだったが、ずっと「しろがね」だと思っていた呼び名が、実は「しろかね」と濁音ではないことを知った。31... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/28 21:20
本当に誇りの持てる生き方とは・・・“これが私の人生だ”と胸を張れること
土曜の話をしよう。朝は9時45分に起床。なんだか鼻の調子が悪い。クーラーを3時間タイマーで、除湿設定していたのがまずかったようだ。とりあえず、市販の風邪薬を服用する。これでムズムズも収まるだろう。テレビを点け、朝食のクロワッサンを食べる。『王様のブランチ』のブックナビのコーナーに、筑摩書房の松田哲夫さんが出演していた。松田さんといえば、重松清先生との対談で本日早稲田に来校されるという。近年は芥川賞・直木賞も連続して輩出、村上春樹氏がノーベル文学賞受賞秒読みと言われている今、早稲田文学も静かな盛り... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/24 18:18
人は欠点があるからこそ“人間”であるー明日も誰かを守る風になろう
株主総会が一週間後に迫った。大学の講義は二の次、心血注いで作ったあの資料も、全国の代議員の手許に届いたようだ。寝る間を惜しんでつき合わせた数字と、今後の展望が綴られた文書である。なんとも感慨深い。あとは、総会が滞りなく終わることを祈るばかりだ。そういえば、夜の懇親会では今度こそ『明日晴れるかな』を唄う予定である。ドラマの方も、いよいよ最終回だそうだ。日曜だったか、時間に余裕ができたので『ザ・テレビジョン』を買った。7月から始まる新クールのドラマで、何本か注目しているものがある。近々、主演俳優の運... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/06/21 20:56
無垢な情熱は必ず報われる・・・己を“非器なり”と思うことなかれ
ご存知の通り、昨日行なわれた全日本大学野球選手権・決勝大会で、我が早稲田大学が東海大学を下し優勝を決めた。昭和49年以来、33年ぶりの快挙である。この日を鶴首して待っていた早大OBの方々は、筆舌に尽くしがたい感慨を覚えたことだろう。創立125周年の節目に斎藤佑樹という文字通りの“天佑”を得、神宮に“荒ぶる魂”の軌跡をしかと刻んでくれた。2ランホームランを放った社会科学部4年の小野塚誠副将は、最終学年に最高の戦果を残せたことに、感無量の表情でインタビューに応対。見事な活躍を見せたスポーツ科学部の上... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/06/18 09:06
人生は本当につらいもの、だがそれを乗り越えてこそ輝きを放つもの
懸案だった株主総会で使用する資料も、最終校正を終え業者へ印刷を指示し一段落。夢の中にまで数字が出てくるレム睡眠の日々から、ようやく解放された感がある。しかし机の上には、目を通さねばならない雑誌や文学関連の書類が山積みである。録画したまま見ていないDVDも、ハードディスクの容量が限界に近づいているようだ。しばらくは、様々なものの整理に時間を取られることになるだろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/06/16 17:33
怒るな、驕るな、愚痴をこぼすな・・・人生の“黄金時代”は誰にも必ずやってくる
頭の中は今月末に行う会社の株主総会の件で一杯だが、ようやくこのブログに思いを巡らす時間が持てた。コムスンの介護免許取り消し騒動や台湾の李登輝前総統の靖国参拝など、提示したい論点は多くある。ただ、早大生のはしくれとしてやはり書いて残しておきたいという思いをとどめることはできなかったので、月曜日に終了した早慶戦について今夜はお話ししたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/07 21:28
夢は努力を裏切らない・・・人生というハシゴを一歩づつ着実に登ろう
ご存知の通り、大学が麻疹(はしか)で来週の火曜まで全面休講となった。仕事の方が様々な事案を抱え多忙を極めているので、罹患した学生には悪いがこの休みは私にとっては天佑だ。6月2日に行う野球早慶戦のチケット学内販売も、この件の余波で延期だという。今年の早慶戦は学生でも入手は困難と聞いていたので、参加できなかった場合を想定して、一昨日は“早明戦”を観に神宮球場へ足を運んだ。今日はその話でもしよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 2

2007/05/22 19:39
美しい絵、美しい言葉・・・“虹色のえんぴつ”がそれぞれ輝ける時代を
昨日で31歳になった。はっきり言ってまだ23〜4歳の気分だから、自分が三十路だという実感が湧かない。大学に行って、10代や20代の諸君と普通に接しているからだろうか。先日は久々に会った友人に「お前、えらい若返ったな」と驚かれた。顔は若々しいかもしれないが、白髪の方はまるで氷河が流れを進めるが如くゆっくりと増えてきている。体が普通に動くうちに、色々な場所に行って見聞を広めておきたいものだ。私の前世は、おそらく旅人だったのだろう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/04/21 17:34
逆境とは穏やかな幸福への一里塚・・・黙して進めば道は開けるもの
前回も触れた通り、日曜日に神宮球場で行われた東京六大学春季リーグ・早稲田×東大戦に足を運んだ。天気は良好。昨秋の早慶戦を観戦した時も、雨の予報を覆す抜けるような青空であった。私の強運人生は、お陰様で今日も健在なようだ。正午に銀座線外苑前駅にて、早稲田大学社会人サークルのメンバーと待ち合わせ。コンビニで弁当を買って、いざ徒歩で神宮へ。気温は5月中旬位の暑さで、家から応援のために持ってきた“早稲田うちわ”が随分と重宝した。今日の試合も、この陽気に負けないくらいの熱さを見せてくれることだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2007/04/17 20:02
何かに“動かされている”自分の足元を見つめて・・・感謝の心で生命を輝かせよう
一昨日の朝は自宅で資料整理。机に山積みになっていたプリントなどを、ファイルに閉じて保存しておくものと捨てるものに分ける。大きなゴミ袋が3つできた。部屋もすっきりした所で、早稲田へ出発。総武線の車内では、大学の今年度の講義要綱を読み返す。日本の文化芸能に造詣を深めたいという気持ちから、前期は『民俗芸能』の講座を登録した。日本人は一般に“お祭り好き”と言われているが、その源流は“神を敬う気持ち”から湧き出たものだ。芸術に携わる仕事をしていたり、地域の伝統芸能などを担う存在には、神の領域に近づいている... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/02 09:33
桜の森の満開の下で・・・再び巡る春の始まりに胸を震わせよう
お陰様で全快である。水曜日の夜には熱は完全に引いたのだが、大事をとって静養していた。顧客の皆様や読者の方からは、メール等で温かい励ましを頂き感謝の念に堪えない。体もようやく本調子になってきたところで、昨夜はさっそく早稲田へ足を運んだ。文学部棟裏にある戸山公園で、サークルで花見を行うのである。その前に体力をつけておこうと、法学部棟裏にある洋食店『キッチン南海』にて、“A盛り合わせ”(\670)を食す。若鶏のササミと生姜焼きのコンビネーションが絶妙。メニューには、お店の人気bQと書いてある。スポーツ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/31 16:57
使命感と特性が生命を活かす・・・仕事は“得手に帆上げて”真剣に楽しもう
昨夜は、日曜に録画しておいたテレビ東京の『ソロモン流』を見ながら夕食をとった。主役は作家の石田衣良氏。今でこそ本業の他にテレビのコメンテーターや俳優など多彩な活動で知られているが、大学を卒業後は暫らくフリーター生活をしながら、自分の人生とはどうあるべきかを模索していたようだ。新木場の工場で警備員のアルバイトをしていた当時、書き溜めていたノートには「焦り、自己不信から自滅しないこと」と記されていた。その後広告代理店に就職し、コピーライターとして活躍。ある日、雑誌『CREA』で読んだ星占いをきっかけ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/03/15 08:39
本当に意味のある生涯とは“四六時中努力を集中させる”こと
あっという間の週末である。間もなく会社の決算が判明するので、その精査で忙しい。通勤電車の車内で中刷りを見ていたら、武村正義元蔵相が息子の大麻での逮捕について激白というインタビュー記事が『週刊新潮』に掲載されていた。武村さんといえば、かつては「ムーミンパパ」「バルカン政治家」の異名をとり、一時は首相候補と言われるほど中央政界で華々しい活躍を見せた。彼が代表を務めた『新党さきがけ』の結党4周年パーティーで、一緒に写真を撮らせてもらったのはもう10年も前のことだ。政治家の家庭ほど、殺伐としたものはない... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/03/03 13:50
ならぬことはならぬもの・・・堂々たる生き方をしていれば自然と道は開かれる
朝からここ3日の主要新聞各紙に再度目を通し、重要な記事にハサミを入れていた。日銀が最高幹部の金融政策決定会合で追加利上げを決定したという。好調とされる実質経済成長率をバックに、一般家庭にも景気回復の実感が齎されれば、それは言う事はない。名だたる有力銀行も、これから預金者の金利引き上げを図っていくことだろう。すずめの涙だった利息の少なさが、大衆をハイリスク・ハイリターンの株式投資へと走らせた。それは一体何を生んだか。下品極まりない未熟な自称“革命児”の蹉跌は当然の報いだが、素人は素人なりに真面目に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/24 16:59
生命は自分の“誇り”のために使うもの・・・最後に“人知れず微笑む”人生を
日曜の話をしよう。朝から強い雨が降っている。パジャマ姿で、とりあえず玄関に並べてある鉢植えを家の中に入れた。テレビを点けると、あの『東京マラソン』が始まろうとしている。3万人のランナーが、走り出す前から大きな隘路となった豪雨と戦いを始めていた。慎太郎の日ごろの行いがよほど悪かったのか、それとも彼の強運が呼び寄せた粋な演出か。いずれにせよ、歴史に残る大会になったことは間違いない。バルセロナ・アトランタ五輪でメダルを獲得した有森裕子さんは今回がラストランだという。「もう悔いはありません」と言い切る彼... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/02/20 08:39
人間は辞めたら“終わり”・・・美しい蓮の花は泥の水から咲くもの
昨夜は仕事を終えた後、山手線で早稲田へ。といっても、キャンパスの中に入ることはできない。入学試験準備の設営が既に行われており、構内は厳重な警備が敷かれている。図書館から借りていた本を、正門前に設置された返却ボックスに入れた。今度文学部の門が開くのは、新年度講義要綱を配布する1ヵ月後である。新聞の記事や電車の中刷りでも、受験関連の文言を見かけることが多くなった。大隈講堂の写真をトイレに貼り、「何が何でも早稲田に入る」と自分に言い聞かせていたあの頃が忘れられない。早大の文系学部は、英・国・社で全体の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/02/10 16:55
「雪山の寒苦鳥」に未来なしーこの一瞬を自己の品格を上げる“魂の糧”としよう
前日の心地良い暖かさが身体に異変を覚えさせたのか、6時前に目が覚めた。2月相応の朝の寒さである。1階に下りてテレビを点けた。東武東上線で、鉄道自殺を図った女性を助けようとした警官が電車に轢かれ重体だという。勤勉実直、正義感の強い巡査部長で、周囲の信頼も厚かったようだ。『いい人ほど早く逝ってしまう』という言葉があるが、これは掛け値なしで他人に奉仕する姿を世間に見せ、そして生命を散らせることで今世に残された者に「優しさを遺すこと」の美しさを伝えるという意味である。この勇敢なお巡りさんに今世での使命が... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/09 08:42
謙虚な“内省”が自分を大きくする・・・愚かなライオンの群れに並んではいけない
久々に7時間近く寝たので、朝は気持ちよく起床できた。ハムエッグとおむすび2個を口に入れ、ネクタイを締めていざ出発。車に乗る直前、隣家の木にふと目を遣ると瑞々しい蜜柑が見送りをしてくれていた。今年は例年以上に暖冬だという。北極の氷は、また大量に溶けて沈むのだろうか。とりあえず、地球温暖化問題は自分の身の回りで、できるところから取り組みたいと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/02/01 20:45
人生で一番必要なことは“あなたに逢えてよかった”と思ってもらえること
たった今、大学の図書館で『アウシュヴィッツ以降の詩と文化について』というレポートを書き終え、提出用ポストに入れたところだ。お蔭様で、ようやく大学の試験関係も全て終了を迎えた。今週は仕事と易占の合間を縫って、幾つもの大きなレポートを仕上げた。『臨床心理学』のレポートでは、「ニートと引きこもり」問題を中心に、足立区の貧困問題や夕張市の財政破綻に関する事柄について言及した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/01/20 21:36
“たった一度の人生”だからこそ・・・太陽に負けない光を身体から放とう
一昨日の話をしよう。朝から良い天気だ。フジの「報道2001」を見ながらガーリックトーストとバナナ、コーヒーで朝食。番組の最後に政党支持率が出たが、民主党が自民党に3ポイント差まで迫っている。夏の参院選を前に、都心のインテリ層が小沢一郎に最後の期待をかけようとしているのだろう。民主が本当に参院選で勝ちたいのなら、最近テレビでよく見るあのCMの放送を早く止めることだ。荒波に漂う難破船は、現在の民主党そのものではないだろうか?相棒が鳩菅では、国民にとってはあまりにも心許ない。15秒の間に、こちらの方が... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/01/16 20:47
忘れてはいけないのは“慈悲の心”・・・今年も笑顔の連鎖をつくろう
いよいよ仕事始めである。今朝は気合を入れて、一番高いバーバリーのネクタイを締めた。仏壇の水を入れかえ、ご先祖さんに一年の無事を祈願。清清しい気持ちで家を出る。朝7時の冷たい風が、少しだけ懐かしい。空を眺めながら、事務所へ向かう車の中で、年末年始の出来事を思い出していた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/01/05 09:28
えんじの前に敵はなし・・・少年達が追いかけた夢に緑は微笑んだ
昨日観戦した関東大学ラグビー対抗戦・第82回早明戦について書きたい。午後1時にJR千駄ヶ谷駅にて、早稲田大学社会人ネットワークのメンバーと待ち合わせ。国立競技場は、明治を応援する紫紺に染められた旗と、えんじに染まる早稲田カラーに埋め尽くされていた。仲間と合流し、いざ会場へ。野球といえば早慶戦だが、ラグビーといえばやはり早明が伝統の一戦である。今年は創部89年目、名将清宮克幸監督の後を受け就任した中竹竜二氏の指揮の下、宿敵明治からの7連勝を目指す。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1

2006/12/04 22:57
寒風吹きすさぶ師走の夜に・・・それでも空に輝く星に手を伸ばそう
朝は6時半に起床。起きてそうそう、大きなくしゃみを2回する。いよいよ師走に入った。今月は得意先への挨拶やらお歳暮の準備やらで、仕事場の椅子を温める時間も大幅に減ることだろう。その分、効率的な作業が不可欠となる。大学の方も、日曜日に迫った国立競技場でのラグビー早明戦の観戦や忘年会やらでイベントが目白押しだ。1年に1回、この時期にだけ会うことにしている特別な人とのデートもある。様々な意味で忘れられない1年となった今年を有終の美で飾れるよう、心して生きたい。そう決意しながら、1年振りに出した厚手のコー... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/12/02 00:43
夢を諦めず、仲間と語り合う・・・“未来の飛び地”であるこの現在をいつも大切に
朝は6時半に起床。昨日の郵便物を机の上に置きっぱなしにしていたので、パンを食べながらしばし整理。友人が在籍する早稲田の学生演劇サークル『劇団24区』さんから、12月公演「夢入り」の葉書が送られてきた。先月の公演は早稲田祭で鑑定会を行なっていたため足を運べながったが、今回はまた観ることができそうだ。「夢の世界に映るのは 現か 願いか 妄想かーこの夜が明ける前に」と書かれたヘッドコピーは、一体何を暗示しているのだろう。表現者のはしくれとして、何かインスパイアされるものを得られればと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/29 23:26
夢を胸に温め続けて・・・ひたむきな生き方には必ず陽が当たるもの
朝が随分と寒くなった。起きてから一番にした欠伸が、目の前に小さな霧をつくる。とりあえず、パジャマの上からジャンパーを一枚羽織り朝食。カレンダーをふと眺めると、今年も僅か40日ちょっとしか残っていないことに気付かされる。16日の欄に描かれた誕生日の花は「ミセバヤ」。花言葉は“静穏”だそうだ。さて、本当に静穏な一日となるかどうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/11/17 22:48
人間は一生“学び続ける”生き物・・・日々『新面目』のある人生を
お陰様で充電も完了である。とは言っても、温泉に行ったとか海外でパートナーとバカンスを楽しんだということではない。ざっと更新を休んでいた間の動きを振り返ってみる。月曜の夜は早稲田で『思想・宗教系基礎演習』を受講。小島雅春教授の話に耳を傾けながら、巷間話題となっている高校の未履修問題についてしばし思索した。高校が大学への進学実績を伸ばしたいという観点から、必修科目の履修を改竄した気持ちはわかる。金さえあれば、少子化で誰もが大学へ入れるご時世だ。四大卒と高卒では人生に差がつくのは自明のこと。それなら可... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/11/11 22:58
早慶戦終わって・・・夢を見て、生きることの楽しさよ
仕事と早稲田祭に出展する対面鑑定会の資料準備で大忙しの毎日だが、ようやく時間ができたので一昨日、昨日の野球早慶戦について書きたい。神宮へ足を運んだのは一昨日。「日曜だけ雨模様」という予報を覆し、午前中から清清しい秋晴れ。天気予報が外れて嬉しかったのは、まだ汚れを知らなかった小学校2年生の遠足以来か。JR信濃町駅改札から、総勢40名ほどで神宮へ。道の途中で、『早稲田スポーツ』を\100で購入。我らがエース・栄光の10番宮本賢キャプテンの大見出しが映える。いまひとつだった春季の反省を踏まえ、早稲田を... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 1

2006/10/31 20:00
人は皆飛べないモスキート・・・それでも未来を信じれば道は開けるもの
朝から気温10度台。いきなり秋らしくなった。とは言っても、なんだか眠い。というのも、未だに千葉では(ウチだけか?)この期に及んで蚊がブンブンと飛んでいるのである。そんな訳で、睡眠中も頬や鼻目掛けて彼らが私の血を狙いに来る。その羽音ゆえに、睡眠が浅い。こうやってブログを更新している時も、突然目の前に一筋の浮遊物が現われる。あれっ、目が霞んでいるのかと思いきや、お馴染みのモスキートが季節が変わろうと元気に活動しているのであった。一週間位前は、2時間で4匹もパチンとやった。ようようと飛んでいる訳ではな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/24 23:19
“現実存在”の自分と向き合うこと、それは与えられた“この生命”を活かすこと
今朝は、強風が雨戸を激しく叩く音で起きた。時計を見ると、5時48分。なんて中途半端な時間だ。とりあえずテレビをつけ、歯を磨く。最近、左の奥歯がなんとなく沁みる感じがする。疲れのせいで、ブラシを動かす左手が甘くなっていたのか。まあそれは置いといて、前夜の味噌汁と焼き魚でとりあえず朝食。今日は100ミリを越す大雨だそうだ。一瞬、大学の方は自主休講にしようと思ったが、今日は最も楽しみにしている「小説論」の二学期第一講だった。多岐祐介先生の軽妙な講義は早大文学部の名物である。聞き逃すのはもったいない。週... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/10/07 01:01
しぐるる土を踏みしめて・・・今日という一日を悔いのない“旅の1ページ”に
日本スケート連盟の元会長・久永勝一郎が齢七十五でお縄を頂戴したという。背任の額が額だから、実刑の可能性も高いだろう。あの歳で、この季節に塀の中は体にこたえるのではないか。まあ、それも自業自得である。今年は“顕現の作用”で、今まで思いもよらなかった巨悪が白日の下に晒される年だ。年頭の堀江逮捕に始まり、福島県知事の汚職に至るまで悪党たちの所業が次々と明るみに出た。天は誰に対しても平等である。下劣な愚物には必ず鉄槌が下る。しかし誰にも誇らず真面目に生きた魂には、それなりの幸福が用意されているものだ。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/04 00:04
この世は夢か現(うつつ)か・・・追いかけるのなら魂の糧になる“幻”を
朝早く起き、最寄駅前のデパートへ。秋になったので、新しい服とカバンでも買おうと思ったのだ。a.v.v HOMME (アー・ヴェー・ヴェー オム)にて茶色のブルゾン(\8,260)を、吉田カバンの取扱店でPORTER(\16,260)を購入。両店ともお洒落な店長さんが、終始腰の低い姿勢で対応してくれた。寄り道せずに帰り、スーパーで烏龍茶のペットボトル(\78)を2本購入していざ早稲田へ。早速ブルゾンを纏おうと思ったが、意外と気温が高いことに気付き断念。まあそれはいい。腹も減ったので急ぐ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/01 15:59
孤独は時に人を強くするー忘れられない歌を明日も胸に抱こう
仕事を18時に終え、夜風に吹かれながら山手線沿線を歩いた。巣鴨に着いたところで、腹が鳴ったので夕食。駅前の回転寿司屋に入る。テレ東の『出没!アド街ック天国』でも紹介された有名な店だ。1皿130円の割にネタの活きがいい。口の中でとろけるサーモンを、あさりの味噌汁で喉に流し込む。寿司はいくら食べてもカロリーが肉に比べて低いから、ダイエットにはいいらしい。目の前にプリンが流れてきた。本能のまま手を出しそうになったが、理性でなんとか抑える。最近、ようやく体重も落ちてきた。毎日少しずつ積み重ねた努力を、一... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/09/22 23:20
雑草のようなたくましさで・・・“この世での修練”を戦い抜く気概を持とう
3連休の中日である。昨日は油断して、11時間も寝てしまい起きたのはなんと昼の2時。1週間の疲れは土曜にぐっすり寝て取るようにしているのだが、いつもより派手に取りすぎた。重たい頭でなんとなくテレビを見ながら過ごしていたら、あっという間にお月様のご挨拶。そんな昨日の反省を踏まえて、今朝は8時に起床。とりあえずパンを食べて、暫らくほっぽらかしにしていた庭の草むしりをした。何ヶ月ぶりだろうか。前もきれいに刈ったつもりだったが、そこには開発中の植物園のような景色が広がっていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/09/17 23:18
この生命ある限り・・・前を向きながら有意義な“魂の旅”を
昨日は定時で仕事を終えた後、久々に早稲田へ。東西線に乗るのは40日ぶりぐらいか。大学はまだ夏休みなので、本当は行かねばいけない理由などない。だが、私は向かった。理由は、「大隈銅像が恋しくなったから」。早大生には、充分すぎる理由だろうか。創立125周年記念事業として、大隈講堂は来年の9月まで改修工事に入っている。全体はすっぽりと白い布で覆われ、暫らくあの荘厳な時計台を見ることはできない。なんとも寂しいが、あと1年の我慢だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/09 17:02
夏の終わりに・・・“ただ、この生に感謝する”という気持ちを確かめよう
今年の夏も終わろうとしている。大学の夏休みは9月末までなので、あと1ヶ月は平日の夜も個人的なテーマの研究に没頭できそうだ。ただ、気温も低くなり、街はもう次の季節の準備を始めている。あなたにとって、この夏はどんな時間であっただろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/30 22:52
一生清心、一生青春・・・そして、夢は止まらない
朝は8時に起床。日曜なのに早く起きたのには理由がある。サンドウィッチを口に取り合えず入れ、2日伸ばした髭を剃る。お気に入りのジャケットに袖を通し、いざ出発。まずは京葉線で舞浜へ。午前中に降りるのは久々だ。ボンボヤージュにて、特大チョコ缶を購入。ディズニーシーが開園5周年ということで、買い物袋もそれ仕様になっている。イクスピアリに寄り道などせず、そそくさと東京まで行き、山手線で上野へ。芸能関係の仕事をしている友人と、駅前の焼肉店『竹弥本店』で昼食。元々サザンオールスターズのファンということで知り合... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/28 03:30
“去華就実”の時代ー何があっても動じない「自分だけのスキル」を磨こう
最近は忙しくなり、外にいる時は食事も手軽にとれるファーストフードを利用することが多くなった。原稿を書くときも打ち合わせをする時も、左手にはシャープペン、そして右手には“ハンバーガー”。よく噛みもせずすぐに飲み込んでしまうので、体にいい訳がない。今夏は久々のダイエットを決意したのに、これではいくらウォーキングしても焼け石に水だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/10 22:22
まことに人生、花火の如し・・・この一瞬を悔いなく燃やし切ろう
朝は8時に起床。昨晩はクーラーを3時間のタイマー除湿にして寝たので、ずいぶんと深い眠りにつくことができた。週末に心地よい睡眠をとると、次の1週間の生命のリズムが違ってくる。来週もいい調子で仕事ができるだろう。寝汗でパジャマがグチャグチャなので、早々に洗濯。シャワーを浴び、朝刊を読みながらハムエッグとコーンフレークで朝食。例のプール事故の疑惑がまだまだ拡大しそうだ。どうして、あの7歳の少女はあの場所で黄泉へ旅立たねばならなかったのか。あの少女が今世で命を賭けてまで訴えたかった“学び”を、我々はしか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/06 01:31
自分を勇気づけ、自分に祈る・・・その謙虚な行動が夢を現実にする
大学の前期試験も日程がすべて終わり、再び社会人オンリーの生活に戻った。あれほど憧れ、愛してやまなかった早稲田大学なのに、行く必要性がない時期に突入すると自然と足も遠のく。大隈銅像の前のベンチに座って読書するのも至上の幸福だが、もっと色々な場所に行って色んな経験をするのも大切なことだ。私の前世は、やはり旅人だったのだろうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/07/27 00:02
いつだって“今”がはじまりー人生に挑戦を続ける清き魂に神の祝福を
昨日は足利義満の原稿修正もプロダクションに送付を終え、清清しい気分で朝の9時30分から地元の美容院へ。セットをしてもらっている間、有線からMr.childrenの「ほころび」が流れてきた。「箒星」のカップリングになっている歌だ。14年前のアルバム『kind of love』の頃を彷彿とさせる、胸に迫る佳曲である。僅か3分に満たない世界が、ふいに昔の恋を思い出させた。ワックスをかけてもらい無造作ヘアに。これで4歳くらいは若返ったか?その後東西線で早稲田へ。大隈ガーデンハウスにて、冷しゃぶ定食を... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/07/09 13:41
人生に失敗などないーそこにあるのは“前向きなつまづき”である
いよいよ来月から大学も前期試験である。金曜は、早くも「小説論1」の筆記試験があった。60分で1本の短編を書くという形式だったが、多忙で構想を練る時間もなかったのでかつて書いた詞の内容をふくらませてマス目を埋めた。昨日の朝は顧客の方とメールのやりとりでカウンセリングを行い、12時過ぎに大学へ。大隈ガーデンハウスにて「うな重」(462円)を頂く。ほうれん草のおひたしに切干大根、食後のアイスクリームまでオプションにつけて豪華に昼を過ごした。窓ガラス越しに隣の大隈庭園を眺めると、いつもは人がいないのに、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/25 16:27
なぜ、自殺をしてはいけないのかという根本的な命題について
ちょうど一週間前、衆議院本会議で『自殺対策基本法』が可決、成立した。8年連続で3万人を超える自殺者数を減らすため、地域ぐるみでのカウンセリング体制の強化や自殺対策に取り組む民間団体との連携強化などを定めている。国がようやく自殺対策にのりだしたことは素直に評価したいが、最も大切なことは“自殺を考えている人々に生命の意味と価値をいま一度教えること”に他ならない。『自殺』は、精神世界の観点から言えば殺人や傷害よりも遥かに罪が重い“犯してはならない大罪”である。なぜ、人間は絶対に自殺をしてはいけないのか... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/06/22 23:22
平和な国に生まれたからこそ・・・心は常に誇り高き“亡命者”たれ
昨日の午前中は自宅で溜まっていた資料整理を行い、午後から大学へ。「思想・宗教系総合講座」を聴講。人間を主体の中心と定義した実存主義から、主体の相対化が顕著となった構造主義へのパラダイム転換の流れをダイジェストで学ぶ。講義が終わるやいなや、東西線に飛び乗り早稲田から神楽坂へ。ご縁があって、早稲田の先輩からフリーで歴史雑誌の原稿書きの仕事を頂くことになった。神楽坂をしっかりと歩くのは初めてだ。かつては花街として繁栄を誇った街は、多少の文明化と手をとり合いながらも、しっかりと今も昔の風情を守り続けてい... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/06/18 15:27
あなたは生きているだけで素晴らしいー運命は自分の力で変えられる
久々に天気の良い日曜だったので、早起きをして洗濯と布団干しをした。『ダ・ヴィンチ・コード』でも観に行こうと思ったのだが、依頼頂いている鑑定の続きがあるので来週にまわす。午後は、最近忙しくなって滞っていたビデオなどの映像関係の整理をした。物心つく頃から、映像への関心は深かった。家にビデオデッキが初めて来たのは小学校3年の時だ。初めて録画したのは『笑っていいとも!』だったと記憶している。それ以来、バラエティーだけでなく、音楽、スポーツ、ドラマ、映画、ドキュメンタリー、なんでも録画して記録として残すの... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/05/21 21:22
人間は一人では生きられないー“友達”をつくるのは「魂の修練」である
今日は17時で仕事を終えた後、高田馬場駅でおにぎりを2つ購入し早稲田へ。18時から「日本近代文学」の講義だ。教室に入り席に着くと、顔見知りの方を近くに見つけたのでしばし談笑。大学に入学して早1ヶ月になるが、いわゆる“サークル”というものにも入り、それなりにキャンパスに友達も増えてきた。“友達”というのは、この世で魂の旅を往くためになくてはならない存在である。人間は皆、この世に生まれ出る時はひとりぼっちだ。あの世で一人で魂の修行を決意して、わざわざ苦労を経験するためにこの世に生まれ出る。だから、本... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/02 23:49
新社会人の皆さんへー“心”を磨いて仕事で人生を輝かせよう
年が明けてから、春に初めて就職される高卒生、大卒生からの鑑定依頼が多かった。誰しもアルバイトではなく“正社員”として社会へ飛び出す時は緊張するものだ。果たして、自分の夢はこの会社で本当に実現できるのか。同僚の人たちは、優しく仕事を教えてくれるだろうか。意地悪な上司に、いじめられはしないか。自分に仕事を遂行する能力は備わっているのかーなどなど、頭の中を様々な思いが交錯して精神的に疲れておられる方も多いだろう。今日は入社から1週間を迎えようとしているフレッシュマンの皆さんへ、心理学の観点から“新入社... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/04/06 21:14
WBC総括ー“風声の人”イチローが見せた日本男児のあるべき姿
奇跡の世界一を成し遂げたWBCの興奮が、今もまだ冷め止まない。韓国に連敗し準決勝進出すら絶望と言われた状況からの、怒涛の快進撃。まさに地殻変動、天地鳴動を表す三碧木星・艮宮の星回りにふさわしい神風が巻き起こった出来事と言えよう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/03/24 22:58
荒川静香逆転の金メダル!トリノ五輪が教えてくれたこと
間もなく閉幕するトリノオリンピックも、フィギュアの荒川が見事な演技で表彰台の頂点に立ったことで、日本人にとって“いい歴史の記憶”となりそうだ。彼女が見せたフリー演技でのイナバウアーの美しさには、4年前にシャガールの「枝」を初めて肉眼で目の当たりにした時と同じ感嘆を覚えた。1981年12月29日生まれ・一白水星の彼女は本来控えめな性格で、野心も少ないが多くの人を魅了する能力を持っている。2006年の運気の流れとしては2月18日に取り上げた山田孝之と同じ“清算”の年で、今まで自分が培ってきたものを集... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

2006/02/26 17:19
「人脈」はつくるものではなく“誠意を尽くした生き方の結果”
仕事やプライベートで、会社を経営しておられる方と会う機会が多い。当然、夜は旨いものをつつきながら一献ということになるのだが、私が易占をやることを知るや、あれもこれもと将来のことを尋ねてくる場面が多々ある。多額の借金と従業員の生活を常に背負い、一つの集団を率いる指導者の責任。それは、トップに立った者にしかわかりえない重圧であろう。最近も社名変更や経営方針について、中小やベンチャーのプレジデントから相談を受けたことがあったが、もっとも多かった質問が「いい仕事につながるような人脈をつくれるか」という問... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/01/27 23:22
悩む18歳の進路・・・就職か専門学校か、それとも大学か
高校3年生の方から、将来の進路についての相談を受けたことがあった。本人は更に上級学校への進学を希望していたが、大学と専門学校のどちらにすべきかを悩んでいるようだった。一番仲のいいクラスメートが専門学校に行くから、自分も同じ学校へ行こうか。それとも、上京して東京の大学で将来の夢を見つけるか・・・18歳の決断は、その後の人生を決定づける重要な局面だ。このブログをご覧の高3生とご父兄の方へ、僭越ながら私の短見をお伝えしたい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/12/29 16:36
人生好転のためにーあなたの周りにいる“霊格の高い人”とつき合おう
「あの人はまるで神様のような人だ」という台詞を誰でも一度は吐いたことがあるだろう。物質主義的な観点から見れば明らかに損であることを、嬉々として行う人。そして、それらの行動を決して他人に誇らず誰もみていない場所で行っている人。「何の得にもならないのに」社会のために、他人のために大いなる善意を持って行動している人は、過去に何百回も輪廻転生し、魂を鍛えぬいている可能性が高い。過去の人生での様々な経験の集積から、地位や名誉といった現世限りの幸福(実際は本質的に不幸の場合が多い)に空しさを悟り、社会に貢献... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/12/18 20:42
一期は夢よ、ただ狂へ・・・与えられた時間を精一杯生きてみよう
昨夜は仕事帰りに、久々に舞浜で途中下車。イクスピアリで友人と夕食を共にした後、ディズニーストアとボンボヤージュに寄り、クリスマスプレゼントを購入した。かつては毎日の出来事だったが、今では年に3、4度のイベントになりつつある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/26 00:48
リクエストにお応えして・九星別ラッキーカラー一覧表
以前より有名人の運勢鑑定で「昭和○年生まれのラッキーカラーは××」などと記してきたが、これに関連して「私は昭和△年生まれですが、この年のラッキーカラーは何でしょうか」といったメールをよく頂いていた。今日はリクエストにお応えして、九星占術の観点からそれぞれのラッキーカラーを挙げよう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/10/30 02:11

トップへ | みんなの「前向きに生きようとする若者へ」ブログ

八田靖彦・奇跡の言霊ブログ(旧・奇跡の占いブログ) 前向きに生きようとする若者へのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる